スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

朝日新聞の責任

 朝日新聞が、捏造された「従軍慰安婦・強制連行」を、自らの過去の記事を、無視あるいは歪曲してまでも執拗に言い続けていることは、昨今ではネットのみならず、紙メディアでも目にするようになりました。

 今回は news-postseven が記事にしています。
 「戦時中の朝日新聞 慰安婦強制連行したのは朝鮮人業者と報道」

 ポストセブンweb朝日の慰安婦強制連行

 記事中の朝日の記事画像は、ネットに出回っているのでしょうか?
 何処で拾ったかは定かではありませんが、私の所にもありました。
 朝日慰安婦強制連行

 以前には、あの橋下発言を受けて、雑誌 FLASH でも取り上げています。
 FLASH9_11号67ss FLASH9_11号05s



目覚めよ日本人!と思う方→  





 朝日新聞は、強制連行云々についても、戦時中には「朝鮮・徴兵制に感激の波高し」等の記事を書いています。
 朝日強制連行記事1

 戦後の昭和34年7月13日(月)付け紙面では「大半、自由意志で住居」と言う見出しで報じています。
 朝日強制連行記事s347013 朝日強制連行記事3

 そういえば、昔の教科書では「アカイ アカイ アサヒ アサヒ」と教えていたのですね。
 akaiasahi.jpg

 先人の、先見の明には感服しますね。

 


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(1) | トラックバック(0)2013/09/03(火)08:30

我が家の国旗掲揚柱

 写真は、集合住宅の我が家の国旗掲揚柱です。
  国旗掲揚柱

 集合住宅なので、表に穴あけや壁にアンカー打ちは出来ません。
 で、ホームセンターで2x4の木材を購入してカットして貰って防腐剤を塗ってみました。
 幸いささやかな鉄製格子の門扉があるのでこれを利用します。
 床に立てる形なので、重さを支える必要はありません。
 倒れ防止だけ考えればよいので、門扉に傷をつけないように裏側から同じ木材でサンドイッチにしてみました。
 ベルトの様なもので括っても十分です。
 ベルトの色や幅、位置を工夫すればデザイン的にも面白いかもしれません。
 軒先があれば木材の長いものを使えば固定方法もまたいろいろ思いつくのではないでしょうか?
 「国旗を掲揚したいけど」と思いながら掲揚されていない方。
 もしかして、無意識の内に「国旗を掲揚出来ない理由」を作ったり探したりしていませんか?
 「正しい国旗の揚げ方」とか「旗の大きさ」とかに拘って、こんな風に掲揚したら「あーだこうだ」言われるのではないかと思っていませんか?
 軍隊や官公庁は、TPOに応じて細かく掲揚方法が定められていますが、家庭の国旗掲揚はあまり難しく考えないで良いと思います。
 祝祭日には、一国民として自分の住んでいる場所に国旗を掲揚すると言う、世界標準の本能的な行為です。
 素朴に、「気持ちを込めて」掲揚する事が一番だと思いますよ。



目覚めよ日本人!と思う方→  




国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/08/31(土)08:40

水五訓

先日の勉強会、講師は博多では有名な銘菓会社「如水庵」の社長さん。
演題は、今度あの狗HKの大河ドラマになる黒田如水こと黒田官兵衛。
「如水庵」の名前は、もちろん黒田如水から・・・

その如水の水五訓がこれです。

一、自ら活動して他を動かしむるは水なり
一、障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり
一、常に己の進路を求めて止まざるは水なり
一、自ら潔うして他の汚れを洗い清濁併せ容るるは水なり
一、洋々として大洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり
  雪と変じ霰と化し疑っては玲瓏たる鏡となりたえるも其性を
  失わざるは水なり


そういえば、明治大帝の御製にも水がありました。

  器にはしたがひながらいはがねもとほすは水のちからなりけれ

私の好きな御製の一つです。
先人達は、自然の力を良く知り、自然から学び、自然を崇めていたのだなぁって思います。
だから、八百万の神が坐。

そして、如水の辞世は

  おもひおく言の葉なくてつひに行く道はまよはじなるにまかせて

このような心境で逝けるとは凄い事だと思います。
私も、こうありたいものですが、なかなか出来そうもありません。
なんせ、邪念や煩悩の固まりですからね。



目覚めよ日本人!と思う方→  




一息・日本の力 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/08/28(水)14:20

二枚目には「えとうせいいち」と

明日は、第23回 参議院議員通常選挙です。
日本はどうなる事かと憂いておりましたが、八百万神は見捨てていませんでした。
国賊政府が倒れた後、神がかり的に安倍政権が誕生いたしました。
その安倍政権の生みの親とも言えるのが、衛藤晟一首相補佐官です。
えとうせいいちs

自民党政権と言うだけでは今の日本は立て直せないのです!
安倍政権でなければならないないのです。
だから、安倍総裁、安倍総理、即ち安倍政権の生みの親である衛藤晟一首相補佐官には、TOPとは行かぬまでも上位当選をして頂く必要があります。
芯が強く誠実で国家観がある、衛藤晟一氏はそんな人です。
自民党があろう事か、そも結党の目的であった「憲法改正」を党是から外す等と寝ぼけた論議を行ったときに、敢然と反対したのが安倍晋三、中川昭一、衛藤晟一の三人でした。
安倍晋三、故中川昭一、衛藤晟一の三羽烏は、中川氏を欠き二羽となりましたが「にわとり」にあらず「八咫烏」となりて日本をあるべき場所へ案内するでありましょう。
決して二枚目ではありません。(衛藤さん申し訳ない)
しかし、投票所では、二枚目の投票用紙に、是非「えとうせいいち」とお書き下さい。


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(0) | トラックバック(1)2013/07/20(土)16:44

烏山島ダムと八田興一

  台湾に八田興一の在りし日を知らぬは日本の人ばかりなり


 去る3月の28日、修学院の台湾研修で台北に行きました。
 本研修の事や台北の事は、他の方や、私も去年紹介しています。
 今回は、研修終了後、都合のついた3人で烏山島ダムに行きましたので、写真を貼ってご紹介します。
 八田興一技師の功績の説明はここでは省きます。
 
 ホテルからタクシーで台北駅へ向かいます。
 途中警察署の横を通りましたが、スクータの白バイがたくさん居ました。
 H25修学院@台湾 098s

 台北駅に着き、地下のコンコースへ・・・
 通路にキャバクラの広告、、かと思いきや、なんと整形手術をする病院の広告でした。
 H25修学院@台湾 099s

 今回は台中の南、嘉義まで高鐵(新幹線)を利用し、嘉義駅からはタクシーで烏山頭ダムに向かいます。
 ほぼ真っ直ぐ南下するので、博多から鹿児島に行くようなものでしょうか。
 H25修学院@台湾 102s H25修学院@台湾 107s

  一時間半後に嘉義駅に到着です。
 台北駅は地下ですが、ここ嘉義駅は高架駅です。
 H25修学院@台湾 109s H25修学院@台湾 110s

 1階に降りて目にする風景は、7ELEVENとかモスバーガーとか・・
 H25修学院@台湾 114s

 ここは、台湾です。
 
 タクシーで高速を使って烏山頭ダムへ向かいます。
 H25修学院@台湾 115s

 運転手さんに「昼飯食いたい」みたいな事言うと、サービスエリアに連れて行ってくれました。
 一緒に食べるかと思いきや、運転手さんは駐車場で待っているそうです。
 H25修学院@台湾 116s
H25修学院@台湾 119s H25修学院@台湾 118s

 いよいよ到着です。
 烏山頭ダムと八田興一記念公園全体の入園ゲートで入園料を払います。
 タクシーは公園の中あっちこっち移動して私達を連れて行ってくれました。
 先ず堤防に登って見渡すと、島や岬等が結構あります。
 H25修学院@台湾 121s-horz

 次に「八田興一記念堂」と言う小さな展示館です。
 H25修学院@台湾 132s H25修学院@台湾 138s

 ここでタクシーを降りますが、この公園の辺りは帰りのタクシーを拾えるような雰囲気が感じられない場所です。
 運転手さんに、迎えに来てくれる?って聞くと、予約があるから4時(半だったかな)なら良いとのこと。
 どうしようと相談しましたが、時間に追われるよりは良いと言うことでお迎えをお願いしました。
 「八田興一記念堂」からは、公園内を歩き回ります。
 とにかく広いです。
 H25修学院@台湾 161s

 歩いていると「竣工碑」が見えて来ました。
 H25修学院@台湾 160s H25修学院@台湾 155s-vert

 給水所もあります。
H25修学院@台湾 168s

 工事の時に使用した機関車も展示してあります。
 H25修学院@台湾 176s

 ありました、ありました、八田興一技師のお墓と銅像です。
 戦後蒋介石が台湾に来たときに住民たちが壊されないように隠したといわれる銅像です。
 H25修学院@台湾 189s H25修学院@台湾 184s

 銅像の下の堤防道路から見るとダムの広さが感じられます。
 H25修学院@台湾 180s

 途中に河津櫻がたくさん植えられていました。
 プレートには李登輝氏による書があります。
 H25修学院@台湾 197s-horz H25修学院@台湾 194s

 今度は昨年完成したばかりの「八田興一記念公園」に向かいます。
 途中の廃屋んは「行政府農業委員會漁業署」と書いてありました。
 H25修学院@台湾 205s

 水力発電所もあります。
 H25修学院@台湾 211s

 「八田興一記念区」は、まだまだずっと先、この長い道路の突き当たりです。
 この通りも櫻の植樹が行われています。
 H25修学院@台湾 223s H25修学院@台湾 227s

 
 やっと入り口に到着です。
 向こうにテニスコートと田中&市川邸(長屋)と八田邸が見えます。
 H25修学院@台湾 229s H25修学院@台湾 232s

 足元を良く見ると、ここは試験室の跡でした。
H25修学院@台湾 234s

 展示室を覗いて見ます。
 烏山頭ダム工事の大きさが垣間見えます。
 H25修学院@台湾 252s-vert

 烏山頭ダムの潅漑区域の広さに唖然とします。
 H25修学院@台湾 243s

 当時の宿舎群の配置図画ありましたが、先ほどのテニスコートも載っています。
 H25修学院@台湾 246s

 八田邸です。
 H25修学院@台湾 274s H25修学院@台湾 285sJPG

H25修学院@台湾 275s H25修学院@台湾 284s

 田中&市川邸(長屋)です。
 H25修学院@台湾 288s H25修学院@台湾 295s

 休憩所でタクシーを待つことにしますが、ここには太陽丸の写真がありました。
 
 1942年4月陸軍省は八田興一を南方開発派遣要員に任命した。
 彼をはじめとする1360名の開発要員・乗組員を載せた太陽丸は同年5月5日出発、同年5月8日長崎県男女群島付近で米艦の雷撃を受け沈没。
 八田興一を含む817名は殉職しました。
 H25修学院@台湾 307s H25修学院@台湾 303s

 帰りは運転手さん飛ばす飛ばす・・・
 何で?と思ったら、〇時〇分の高鐵があるので間に合うようにと言うことでした。
 優しい運転手さんでした。
 
 この、八田興一技師の事を、どれだけの日本人が知っているのでしょう?
 今回の台北を基点とする訪問ルートは、日本の技術万歳の高鐵と言い、日本の中学・高校生の修学旅行には最適ではないでしょうか?
 韓国など行かずに、台北-烏山頭ダム・八田興一記念公園に行って、日本の誇りを感じて欲しいものです。



目覚めよ日本人!と思う方→  




 


一息・日本の力 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/06/05(水)12:45

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。