スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「従軍慰安婦」は「南京」の前奏曲か

 米の「ホンダ」なる中国の子飼い議員の活躍によって、米議会で「従軍慰安婦」というフィクションが採決されようとしている。
 採決は5月に延びたという話も伝わっている。
 最初は「ホンダ」の影は「コリア」だと思っていたが「中国」だった。
 何故に中国が「従軍慰安婦」かと思っていたが、中国の「宣伝外交」の次の目玉「レイプ・オブ・南京」の前奏曲じゃないか。
 「日本軍は悪」という意識を植え付ける為の物である。
 時代劇じゃないが、毎回悪代官が企みをする商人が「越後屋」ばかりだと、「越後屋」が登場すれば「悪人」と思ってしまう物だ。
 そのタイミングで、既に10本は作られているという反日映画「南京」の五月雨攻撃が開始される。
 「原爆」の覆いにこれを使おうとする亜米利加人までが加担しているのも始末が悪い。
 
 しかしこれを、指をくわえて見逃して良い訳がない。
 既にご存じの方も多かろうが、日本でも、「南京の真実」を伝えようと、日本文化チャンネル桜 代表の水島総氏等が立ち上がり、『映画「南京の真実」製作委員会』が発足した。
 
 

 日本国内のみならず、世界中で公開して頂きたい物である。
 ほんとうに些少ながら、私も支援を送った。
 私は、どちらかと言うと、この様な「カンパ」には慎重な方である。
 今回は、仮に無駄になろうと送らずには居られなかった。理由はうまく説明できないが・・・・
 ここにおいでの皆さんには支援をお願いする物ではないが、この映画製作の応援を是非お願いしたいと思う。
 勿論、完成した暁には、国内では多くの方に見て頂いて、南京のフィクション思考から脱却して頂きたい。
 その時は、皆さんにも宣伝をお願いしたいと思う。
 
 中国に魂を売った、国内の国賊達やマスコミは必死になるだろう!
 自分の生まれ育った国を侵略しようとする国と結託して何がしたいのだ?
 中国にとって不要になれば、即廃棄されるだけだろうに!
 こんな奴らに、この日本をどうこうされてたまるか!
 
 どうして、自分の生まれ育った国を愛せない!どうして裏切る!情けない
 究極の選択を考えてみれば簡単なはずなのに・・・・
 
 祖国の為に死ぬか
 中国の為に死ぬか
 
 
 そう言えば、そのプロパガンダ爆弾「レイプ・オブ・南京」は50万部を超えるベストセラーとなり世界的に話題になった。
 しかし、同書の日本語訳が、この翻訳大国日本でいまだに出版されていないのは、言われてみれば一つの謎ではある。
 
 理由を拓殖大学の藤岡教授が「正論」で語っている。


_/_/_/_/_/▼Sankei Web「正論」より引用▼_/_/_/_/_/

【正論】拓殖大学教授・藤岡信勝 『レイプ・オブ・南京』未刊の理由

拓殖大学教授・藤岡信勝氏

 ■偽書から反日映画10本製作に怒りを


 ≪荒唐無稽な残酷記述≫


 アイリス・チャン著『レイプ・オブ・南京』の冒頭部分に次の一節がある。


 《多くの日本兵は、レイプだけにとどまらず、女性の腹を裂いて腸を抜き出し、乳房を薄切りに切り落とし、生きたままクギで壁に打ち付けた。父親は自分の娘を、息子は自分の母親を、家族が見ている目の前でレイプすることを強要された。生き埋め、性器切断、内臓摘出、火あぶりが日常的になっただけではない。舌に鉄のカギをかけて吊(つる)したり、腰まで生き埋めにされた犠牲者が生きながら軍用犬に引き裂かれるのを見物するといった悪魔的な行為が行われた。その吐き気を催す光景には南京在住のナチ党員たちすら慄然(りつぜん)とし、大虐殺は「機械仕掛けのけだもの」の所業であると断言したほどだった》(英文6ページ)


 チャンはこの記述を南京事件の生存者のインタビューに基づくと注記しているが、何の裏付けも与えていない。こんなことは日本人の習慣にはなく、日本人には思いつくことすら難しい種類の行為であることを読者は直ちに了解されるであろう。しかし、英語で同書を読んでいる多くのアメリカ人には日本と中国の文化の違いは分からない。そして同書は全編この調子で書かれているのである。


 チャンは2万件から8万件のレイプ事件と最大で43万人の市民虐殺があったというが、何の証明もない。チャンの流儀を象徴する記述がある。1937年8月15日に昭和天皇が松井石根大将を皇居に召喚して南京大虐殺を指示したと書いている。唯一の根拠は偽書として悪名高いバーガミニの『天皇の陰謀』の記述である。しかしその事実を裏付けるいかなる史料も存在しない。チャンの本は学問的に無価値なトンデモ本であり、反日目的の偽書である。


 ≪暴露された偽造写真≫


 それにしても50万部を超えるベストセラーとなり世界的に話題になった同書の日本語訳が、この翻訳大国日本でいまだに出版されていないのは一つの謎といえよう。以下、その謎解きをする。


 1997年12月、『レイプ・オブ・南京』が出版された時、私は同書の内容もさることながら、同書に収録された34枚の写真の影響力のほうがもっと恐ろしいと思った。私は南京事件の本格的な研究に取り組んでおられた亜細亜大学の東中野修道教授のお力添えを得て、翌年2月「プロパガンダ写真研究会」を組織し、チャン本掲載の写真を虱(しらみ)潰(つぶ)しに検証する作業を開始した。それによって写真の偽造が次々と明らかにされ、その成果は逐次産経新聞が報道したので、広く知られるところとなった。内容はのちに藤岡・東中野共著『「ザ・レイプ・オブ・南京」の研究』(祥伝社)としてまとめられた。
 日本の出版社・柏書房は早くからチャン本の翻訳権を取得し、平成11(1999)年2月25日に発売の運びとなっていた。しかし、私たちの写真検証が大きな圧力となり、原著のままでは出版できない状況になった。


 加えて、原著にはおびただしい誤りがあった。徳川氏の政権の成立時期が1世紀もずれていたり、陸軍将校の階級名である大佐を「タイサ」というファースト・ネームと混同するなどの初歩的な誤りが100カ所以上も発見されていた。


 ≪放置すれば浸透する≫


 柏書房は左翼系の出版社ではあるが、歴史の専門書の出版社としてもそれなりの実績があった。誤りをそのままに出版することは出版社の信用を失墜させる。そこで柏書房は訳注と解説で誤りを訂正する措置をとろうとした。ところが、チャンはこれを拒否。窮地に陥った柏書房は、原著は訂正せず出版するものの、その誤りや問題点を指摘した解説本を同時に発売することにした。苦肉の策である。


 同年2月8日付の産経新聞夕刊は日本語版が無修正で発行されることを報道し、解説書の出版にも言及した。これを読んだ朝日新聞の記者がチャンに電話取材したところ、解説書の出版を知らされていなかったチャンは激怒した。こうして急遽(きゅうきょ)、著者の指示で翻訳書の出版は差し止められたのだ。翻訳書出版が頓挫した原因は、原著のあまりのデタラメさにあったのである。


 しかし、どんなデマでも放置すれば浸透する。私たちは上記共著の翻訳をアメリカの200を超える出版社に持ちかけたが、ことごとく断られた。かくして南京陥落70周年の今年、チャンの荒唐無稽(むけい)な偽書をベースにした反日映画が10本近くもつくられることになった。日本人は怒るべきであり、日本政府は国の名誉にかけて対応すべきである。(ふじおか のぶかつ)(2007/03/27 05:24)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


私は本書は読んでいないが、上で言われる「写真検証」を行った本『南京事件「証拠写真」を検証する』は購入して読んだ。
大変な検証作業だったと思う。
本当に頭の下がる思いである。


 

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(13) | トラックバック(3)2007/04/02(月)11:14

コメント

TB、有り難うございました。

どうもお久しぶりです
最近はブログ更新もすっかりサボり気味になっております。

小生が言うことではありませんが、カンパの方、有り難うございました。
もうすぐ自己資金の4千万を足して漸く目標の半分になろうとしておりますが、まだまだ長い道のりです。
最近は虐殺派の反駁活動も激化して参りまして、何分、彼らにはバックに左翼アカデミニズムと云う葵の御紋があるだけに厄介です(そのアカデミニズムが偏向していること自体が問題なんですがね)。
彼らはこうした現象が中共その他のプロパガンダであるという観点を無視するか逆に視点が狭いなどと否定派を子供扱いする始末です。

彼らの拠り所の史料は日本側(戦闘詳報、陣中日記等)のもので、「南京の真実」でこれらをどう扱うかによって彼らの批判度は変わってくることでしょう。
無視したらそれこそ・・・もう!って感じです。
いっそのこと、タイムトラベルでもして当時の南京を見てきたい気分になってしまいます。

2007/04/02(月)20:29| URL | kousotsudr #- [ 編集]

南京の真実

spiralさんのところで並んでコメント欄に載り大変うれしく思っています。tono様は何からこんなに勉強されたのでしょう?わたしはてっきりチャンネル桜をごらんになっているとばかり思っていました。
「南京の真実」是非すばらしいものを作ってほしいと思います。
>仮に無駄になろうと
無駄にしてはいけません。是非とも作り上げ世界の人に真実を伝えてほしいのです。私たちには真実があります。tono様のエントリーにありました日本人と中国人の死生観の違いや、その他歴史、文化の違いなど考えるときアイリス・チャンの作った虐殺は日本人のものとは思われません。真実は我が方にあるとの信念で応援していきたいと思っています。
「お国のために!」

2007/04/02(月)21:38| URL | さくらこ #- [ 編集]

追伸

「南京の真実」の応援ありがとうございます と題をつけたかったのですが「」をつける前に変なところを押したのでしょう。送信されてしまいました。すみません。

kousotsudr様 当時の南京の様子が記録映画として残っています。1938年東宝映画「南京」から見えるもの~「南京ー戦線後方記録映画」を見てください。日本映画新社からDVDで出ています。チャンネル桜で3月31日に水島さん、東中野先生、冨澤先生解説で2時間番組として放送されました。よくぞこのような映画を当時にとっておいてくれたものよと思いました。

2007/04/02(月)22:04| URL | さくらこ #- [ 編集]

 この件で抗議の自殺を「はかった」中国人がいたそうですよ!
 これって売れなくなった歌手が、マスコミ各社に電話を掛けた上で自殺を「はかる」のや、男が、本妻の下に帰ろうとすると手首を切るのとどう違うの?

 若松孝二が連合赤軍の映画を取る為の資金調達にご協力をと言う運動もありますよ!
 確かに見たい気はあるけど一口3万は出せんな!

2007/04/03(火)08:46| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>kousotsudrさん

コメント&TBありがとうございます。

>最近はブログ更新もすっかりサボり気味になっております。
・私なんぞ全く不定期で、日々更新されている方々には頭が下がりますねぇ。

>小生が言うことではありませんが、カンパの方、有り難うございました。
・いえいえこちらこそ、立ち上がって頂いたスタッフの方々や応援している皆さんに感謝したところです。

>最近は虐殺派の反駁活動も激化して参りまして、何分、彼らにはバックに左翼アカデミニズムと云う葵の御紋があるだけに厄介です(そのアカデミニズムが偏向していること自体が問題なんですがね)。
・紅の御紋とでも呼んでおきましょうか?
 で、彼らは「紅の豚」?←映画があったような。

>彼らはこうした現象が中共その他のプロパガンダであるという観点を無視するか逆に視点が狭いなどと否定派を子供扱いする始末です。
・いずれにせよ、対等に論争が出来ないと言う裏返しでもありますか?

>彼らの拠り所の史料は日本側(戦闘詳報、陣中日記等)のもので、「南京の真実」でこれらをどう扱うかによって彼らの批判度は変わってくることでしょう。
無視したらそれこそ・・・もう!って感じです。
・確かに自分らは無視大好きですが、無視されると爆裂しますねぇ。困った生き物です。

>いっそのこと、タイムトラベルでもして当時の南京を見てきたい気分になってしまいます
・南京の日本人48人の証言?を呼んでいると、最初は矛盾?と思えた事も、48種類もの視点からの証言を合わせていくと、言わば48台のマルチカメラで事実という一つの物を移している訳ですので、私の脳裏には「多分これが事実」という物が浮かび上がってきましたよ。

2007/04/03(火)09:15| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>さくらこさん

コメントありがとうございます。

>spiralさんのところで並んでコメント欄に載り大変うれしく思っています。
・私もです。

>tono様は何からこんなに勉強されたのでしょう?
・それはもう、多くの知識をお持ちの多くのブロガーの皆さんとコメントをされている方々のおかげです。
 勿論、性格上なんでも重要と感じた物(当然自分の基準ですが)は鵜呑みにせず、自分なりに調べて納得するようにしています。
 あまり好きではなかった本も、読むようになりました。
 元々こういう類の知識は空に近かったので、ズブズブ染み込みます(*´д`*)アハァ

>わたしはてっきりチャンネル桜をごらんになっているとばかり思っていました。
・残念ながらチャンネル桜は一部動画がアップされている物しか見たことがありません。

>「南京の真実」是非すばらしいものを作ってほしいと思います。
・頑張って頂きたいと思います。
 宝くじでも当たれば、ドカッと支援したい・・・・・

>無駄にしてはいけません。
・仰るとおりですね。反省_| ̄|○

>是非とも作り上げ世界の人に真実を伝えてほしいのです。私たちには真実があります。
 tono様のエントリーにありました日本人と中国人の死生観の違いや、その他歴史、文化の違いなど考えるときアイリス・チャンの作った虐殺は日本人のものとは思われません。
 真実は我が方にあるとの信念で応援していきたいと思っています。
・そうです、真実は一つですね。
 支那に言わせれば「美国」は亜米利加でしょうが、日本は過去・未来永劫「美しい國」であるはずです。

>「お国のために!」

  永代の 美しき國 護らずば
  先逝く父祖に 申し開けぢ

>送信されてしまいました。すみません。
・私も時々やってしまいます。

>kousotsudr様 当時の南京の様子が記録映画として残っています。1938年東宝映画「南京」から見えるもの~「南京ー戦線後方記録映画」を見てください。日本映画新社からDVDで出ています。チャンネル桜で3月31日に水島さん、東中野先生、冨澤先生解説で2時間番組として放送されました。よくぞこのような映画を当時にとっておいてくれたものよと思いました。
・情報ありがとうございます。

2007/04/03(火)10:04| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>この件で抗議の自殺を「はかった」中国人がいたそうですよ!
・そんな人がいたんですか?
 半島では良くありますが、支那でもあるんですね。
 共産党の幹部に抜擢して欲しかったんじゃ無いでしょうか?

>これって売れなくなった歌手が、マスコミ各社に電話を掛けた上で自殺を「はかる」のや、男が、本妻の下に帰ろうとすると手首を切るのとどう違うの?
・死ぬ気は無いパフォーマンスとしては同じでしょうか?

>若松孝二が連合赤軍の映画を取る為の資金調達にご協力をと言う運動もありますよ!
 確かに見たい気はあるけど一口3万は出せんな!
・確かに見ては見たいけれど3万は出せんな!
 

2007/04/03(火)10:13| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

誰が喜ぶんでしょうか。

真実の裏づけもない忌まわしい歴史なるものが跋扈し、世界に拡散している原因の多くが、日本のマスコミやしたり顔の知識人なる輩に起因しているのが、なんともやり切れませんね。
皮肉にも、世界でも先進した部類の民主国家で平和や人権、人道を大事にし法治国家として成り立っている日本が、その対極にある非人道的抑圧、反民主独裁国家を妄信する人々のプロパガンダに世界で非難され、その主張を正当化されているとは、悪い冗談にも程度があろうというものです。
中韓の根底にある反日主義の本質を軽視し媚びれば友好が保てると間違った観念でいる多くの日本人は現実の日本を取り巻く情勢をシビアに見る気持ちの転換がなされなければ、残念だけどいつの日か取り返しのつかぬ事態に直面するだろうね。
そう言えば、過っては日本に厳しかった民主党のダニエル・イノウエ氏が慰安婦決起案の採決取り下げを委員長に申し込みしたようですね。
真に心ある政治家や外交官は、この時と、行動を起こすべきなんですよ。
ことの真偽や国家間の信義を考えれば、斯様な決議案が採択されれば、例え法的拘束力はなくても日米間の離間には蟻の一穴になるでしょうからね。

2007/04/03(火)12:44| URL | ばんばん #- [ 編集]

tonoさんのブログでも「南京の真実」を取り上げて下さり、ありがとうございます。大手メディアではこの映画のことは全く取り上げないので、ブログ等を通じて広めていき、やがて大手メディアも無視できない状況になればと思っています。

>永代の 美しき國 護らずば
  先逝く父祖に 申し開けぢ

本当にその通りですね。美しき国を守る為、命懸けで戦って下さった父祖に、あらぬ汚名を着せてはなりません。今生きてる私たちが頑張るしかないと思います。

2007/04/03(火)18:18| URL | spiral #d1TckGxQ [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>誰が喜ぶんでしょうか。
・支那とその飼い犬が笑うためでしょう

>真実の裏づけもない忌まわしい歴史なるものが跋扈し、世界に拡散している原因の多くが、日本のマスコミやしたり顔の知識人なる輩に起因しているのが、なんともやり切れませんね。
・増塵・痴識塵と言われる所以です。←(~-~;)ヾ(-_-;)ホントウカ?

>皮肉にも、世界でも先進した部類の民主国家で平和や人権、人道を大事にし法治国家として成り立っている日本が、その対極にある非人道的抑圧、反民主独裁国家を妄信する人々のプロパガンダに世界で非難され、その主張を正当化されているとは、悪い冗談にも程度があろうというものです。
・先進に見えても「与えられた」権利・似非人道が蔓延っていているのは未熟と言うことではないかと思います。

>現実の日本を取り巻く情勢をシビアに見る気持ちの転換がなされなければ、残念だけどいつの日か取り返しのつかぬ事態に直面するだろうね。
・仰るとおりです。周りにも「無意識9条派」が多いです。

>過っては日本に厳しかった民主党のダニエル・イノウエ氏が慰安婦決起案の採決取り下げを委員長に申し込みしたようですね。
真に心ある政治家や外交官は、この時と、行動を起こすべきなんですよ。
・民主主義国亜米利加の良識はまだ残っているのかな?ある意味イノウエ氏の方が政治家のプライドがあると言うことですか。

>例え法的拘束力はなくても日米間の離間には蟻の一穴になるでしょうからね。
・それが目的ですから、日本はサヨクンから見たら過剰反応をして見せるべきだと思います。

2007/04/04(水)08:24| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>spiral さん

コメントありがとうございます。

>tonoさんのブログでも「南京の真実」を取り上げて下さり、ありがとうございます。大手メディアではこの映画のことは全く取り上げないので、ブログ等を通じて広めていき、やがて大手メディアも無視できない状況になればと思っています。
・何かしなければと思う気持ちが・・・年でしょうか?

>永代の 美しき國 護らずば
 先逝く父祖に 申し開けぢ

>本当にその通りですね。美しき国を守る為、命懸けで戦って下さった父祖に、あらぬ汚名を着せてはなりません。今生きてる私たちが頑張るしかないと思います。
・難しいイデオロギーは要らないはずですよね。住んでいる祖国を代々護って来た父祖に感謝し、我々以降も護って行くだけの事だと思うんです。

2007/04/04(水)08:28| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

腰が痛いのは、辛いですね。


腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。

2008/02/19(火)17:25| URL | 腰痛アドバイザー #- [ 編集]

>腰痛アドバイザー さん

コメントありがとうございます。

>腰が痛いのは、辛いですね。
・全くですね。

>私が考案した腰痛解消法をお試しください。
>腰をお大事に。
・藁をも掴むと言う心境でもありますね。
 いろいろやってみます。
 ありがとうございました。

2008/02/20(水)14:31| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/96-7eb644a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これぞ日本の男・水島総「南京の真実」

 「Doronpaの独り言」さんや「新・へっぽこ時事放談」さん、そして「切捨御免!トノゴジラの放言・暴言」さんを見て知ったので、私ももっと早く書こうと思ったのですが、この問題に対する自分の意識がとぎれないように、少

2007/04/06(金)22:49│子供達の未来

「日本文化チャンネル桜」無料放送開始!

私が視聴している衛星放送の「日本文化チャンネル桜」が、今月より無料放送となります。スカイパーフェクTV!が受信出来る方は、是非ご覧下さい。詳細は、チャンネル桜のHP、及びメルマガより引用します。【重要

2007/04/03(火)18:08│新・へっぽこ時事放談

時事一口雑感

一週間ぶりの更新となります。仕事圧が少し上昇し、更にネットに...

2007/04/02(月)20:08│もののふのこころ

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。