スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「国史画帖 大和櫻」も出てきた

 前記事でご紹介した「海軍写真帖」を発見した時に、実はもう一冊、多分珍しいと思われる本が出てきた。
 
 「国史画帳 大和櫻」

 国史の逸話・伝説を絵で綴った物である。

       これも古い 


 ファイルサイズの関係で本来絵の右側にある解説を、切り取って別に紹介する。
 解説文も、読んで欲しいと思う。
  絵をクリックすれば、大きな絵がご覧頂けるが、それでもアプリケーションによっては勝手に画面内に納めてしまい字が読みにくいかもしれないので、大きく表示した画像を一旦保存して、ペイントなどの画像ソフトで開けば綺麗に読めると思う。

 どんな、絵があるかというと、例えば最初の絵は、

 『素戔鳴尊八岐の大蛇を退治給ふ』 と言った物だ。

 こちらにおいでの方には、ご存じの方も多いと思われるが、解説には、「この大蛇の尾から出てきた劔を天照大神に献じ、「天叢雲劔」(あめのむらくものつるぎ)と称して三種の神器の一つとされたのである。」と記されている。
       


 


 絵については、かなり粗くなっているが、ご了承頂きたい。
 実際は、かなり緻密な絵であり、70年の歳月を経て、この色彩は凄いと思う。


 以下、解説を読みながらご覧頂きたい。


    『大和地方御平定の神武天皇』 
          


    『小確尊女装して梟師を誅さる』
         


    『日本武尊 寶劔を以て危難を免れ給ふ』
         


    『神巧皇后三韓を征し給ふ』
         


 この「国史画帖 大和櫻」には、こういった絵が60枚ほど収まっている。
 
 残念ながら一枚は破損紛失しているが、他は無事の様である。

 私は、この本などは、「日本史」の副教科書等に使えば良いのにと思った。 

 スキャンと画像編集作業の進行と共に、残りの絵もご紹介して行きたいと思うので、興味のある方は、またお越し頂ければ幸いである。

スポンサーサイト


国史画帖 大和櫻 | コメント(27) | トラックバック(3)2007/03/28(水)20:35

コメント

これはすごいですね。一つずつ拡大してみました。迫力のある絵なので、仰るように「日本史」の授業に使えば、子供達も興味が沸くと思いますね。
「日本史」に限らず、小学校の低学年ぐらいに、絵を見せてお話は先生が語ってやるという形式も良いかも知れません。小さい子の方が感受性が強く、こういう絵に感心を持つかもしれません。

2007/03/29(木)15:48| URL | milesta #S4B2tY/g [ 編集]

愛されぬ 姉の笑顔を 得る為に
汝(な)が分身を 何故に殺すや

 素戔鳴尊には、自分と重なる部分が多くあります!
 一人だけ親の愛を知らないし・・・
 三船敏郎「日本誕生」という映画を見た事ありますか?
 天照が、原節子で、アメノウズメは乙羽信子だったカナ? 

2007/03/29(木)15:54| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

よく残ってたねー

なんか、懐かしい絵柄を見させてもらいました。
やまたのおろちの話は子供の頃に古い昔話の絵本で見て怖いって記憶が今でもどこかに残っているんですね。
でも、「国史画帳 大和櫻」よく残ってましたね。
古本屋でも、なかなか見つからないでしょう。
実家には土蔵でもあるんですか^^;
おいら家も親父の代ごろまでは物置蔵も在ったんですが、今じゃ何も残ってません^^;

2007/03/29(木)16:29| URL | ばんばん #- [ 編集]

すごい!貴重な本ですね。私もしっかり大きくして見ました。続きが楽しみです。

2007/03/29(木)20:53| URL | 練馬のんべ #.GslOXVU [ 編集]

これは大変貴重な本ですね。「日本史」の副教科書等に使えば良いのにとのことですが、このような神話や逸話は、非科学的だということで学校では殆ど教えられていませんから、是非この本を教材にして子供達に教えて欲しいです。
続きも楽しみにしています。

2007/03/29(木)21:38| URL | spiral #- [ 編集]

拝見致しました。ルビは矢張り大事ですね。

2007/03/29(木)21:51| URL | 葦原屋 #OGRijmqw [ 編集]

>milesta さん

コメント&TBありがとうございます。

>これはすごいですね。一つずつ拡大してみました。迫力のある絵なので、仰るように「日本史」の授業に使えば、子供達も興味が沸くと思いますね。
>「日本史」に限らず、小学校の低学年ぐらいに、絵を見せてお話は先生が語ってやるという形式も良いかも知れません。小さい子の方が感受性が強く、こういう絵に感心を持つかもしれません。
・これの元本は特別大きくは無いのですが、A4の私のスキャナーでははみ出すので、2回に分けて撮って、画像ソフトで貼り合わせているんですよ。
 解説の画像が、スキャンした元寸のままです。
 子供達には、是非見せてあげたいですね。

2007/03/30(金)14:01| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>愛されぬ 姉の笑顔を 得る為に
 汝(な)が分身を 何故に殺すや

>素戔鳴尊には、自分と重なる部分が多くあります!
>一人だけ親の愛を知らないし・・・
・そうでしたか。
 周りが八岐の大蛆だらけというのも・・・・

>三船敏郎「日本誕生」という映画を見た事ありますか?
 天照が、原節子で、アメノウズメは乙羽信子だったカナ?
・あっ、無いです!
 ビデオありますかね? 探してみよう。

2007/03/30(金)14:10| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>よく残ってたねー
・ほんとですね。見たときはびっくりしましたよ。

>なんか、懐かしい絵柄を見させてもらいました。
>やまたのおろちの話は子供の頃に古い昔話の絵本で見て怖いって記憶が今でもどこかに残っているんですね。
・私は、見たのか見てないのかも記憶にありません(笑)

>でも、「国史画帳 大和櫻」よく残ってましたね。
>古本屋でも、なかなか見つからないでしょう。
・ググッて見たら、本の名前はあったけれど「在庫無し」でした。

>実家には土蔵でもあるんですか^^;
>おいら家も親父の代ごろまでは物置蔵も在ったんですが、今じゃ何も残ってません^^;
・いやいや、土蔵はありませんがね。
 貧乏性で、捨てられなかったのかも・・・

2007/03/30(金)14:15| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>練馬のんべさん

コメントありがとうございます。

>すごい!貴重な本ですね。
>私もしっかり大きくして見ました。続きが楽しみです。
・ほんとにね、皆さんに、ブログ用にサイズダウンする前の絵(jpgで一枚3.7MB位になる)をお見せしたいですよ。
 苦労してスキャンして貼り合わせた(笑)んダス!

2007/03/30(金)14:24| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>spiral さん

コメントありがとうございます。

>「日本史」の副教科書等に使えば良いのにとのことですが、このような神話や逸話は、非科学的だということで学校では殆ど教えられていませんから、是非この本を教材にして子供達に教えて欲しいです。
・歴史と神話、教えて欲しいですね。
 私は小学校のバス遠足では「天の岩戸」なんかも見た記憶があるんですよ。少しは習っていたんですね。

2007/03/30(金)14:28| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>葦原屋さん

コメントありがとうございます。

>拝見致しました。ルビは矢張り大事ですね。
・さすが葦原屋さん、そこに目が行かれましたか?
 私も、解説を読んでいるときに、葦原屋さんのブログを読んでるような感じがしました。
 元図は解説が絵の右側に書かれていますので、また一味違います。

2007/03/30(金)14:34| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

拝見しました

よくぞ残っていましたねー。発行が昭和十年でしたか。
絵も綺麗だし、解説も記紀そのままで、これは子供達に
伝えて欲しいですね。
続きも期待しています。

2007/03/30(金)16:15| URL | 小楠 #00DmkO4s [ 編集]

>小楠さん

コメントありがとうございます。

>よくぞ残っていましたねー。発行が昭和十年でしたか。
・父の物やら、母のものやら解りませんが、発行年に購入したとすれば、父=尋常小学校、母=3才ですから、父の物でしょうね。

>絵も綺麗だし、解説も記紀そのままで、これは子供達に
伝えて欲しいですね。
・この、解説も是非読む(と言うより鑑賞)して頂きたくて無粋ながら切り離した次第です。

>続きも期待しています。
・作業・・・・頑張ります。

2007/03/30(金)18:12| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

「輝く海軍寫眞帖」と言い、tonoさんのところには、なかなか貴重なものが出てきましたなぁ。いわゆる掘り出し物! ただただ、驚きに尽きます。

2007/03/30(金)21:06| URL | DUCE #- [ 編集]

すごいです。
珍しい、というより、貴重な…


社会科の資料集にしてほしいです。

2007/03/30(金)22:35| URL | NS大川 #- [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>「輝く海軍寫眞帖」と言い、tonoさんのところには、なかなか貴重なものが出てきましたなぁ。
・これは、親と言うより、時代からして祖父母の趣味?でしょうか。感謝です。

>いわゆる掘り出し物!
・(´∀`*)ウフフ まさに、掘り当てた!

>ただただ、驚きに尽きます。
・私もです。

2007/03/31(土)10:53| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>NS大川さん

コメントありがとうございます。

>すごいです。
>珍しい、というより、貴重な…
・そうですね、資料としても、美術品としても貴重かもしれません。

>社会科の資料集にしてほしいです。
・そうですね。CDRにして教育委員会に持ち込みますか。

2007/03/31(土)11:21| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

珍しいモノを拝見いたしました。
ところで私、一度同じようなモノをどこかで見たことがあるような気がしたのですが・・・。学校の授業の時でもないし、どこで見たんだろう・・・。まあとにかく、こういった伝説や神話は後世に残していかなければなりません。誇り高き日本民族の宝ですからね。

2007/03/31(土)14:29| URL | かついち #JalddpaA [ 編集]

>かついちさん

コメントありがとうございます。

>珍しいモノを拝見いたしました。
ところで私、一度同じようなモノをどこかで見たことがあるような気がしたのですが・・・。学校の授業の時でもないし、どこで見たんだろう・・・。
・皇居外苑の宝物殿とか、明治神宮とか、博物館、図書館、美術館なんかには、この原図とかありそうですね。

>まあとにかく、こういった伝説や神話は後世に残していかなければなりません。
>誇り高き日本民族の宝ですからね。
・そうですね。少しでも残し、伝えられればと思います。

2007/03/31(土)17:51| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

TBありがとうございました。

こういう貴重な物をネット上に残すという作業は、ものすごく意味のあることだと思います。いままで、図書館や博物館に足を運ばないと、目にすることはおろか、存在を知ることもないことがほとんどですからね。
それがネットなら、検索したり、何かのきっかけで偶然目にして知ることもできるようになりますから。

と、いうわけで悪ガキtonoさんのご幼少の砌の粗相が多少あってもかまいませんので(笑)、たくさんアップして欲しいです。「国史画帖 大和櫻」も「輝く海軍寫眞帖」も続編に期待!

2007/03/31(土)18:08| URL | j.seagull #CevbjWJc [ 編集]

>j.seagull さん

コメントありがとうございます。

>TBありがとうございました。
・こちらこそ、いつもありがとうございます。

>こういう貴重な物をネット上に残すという作業は、ものすごく意味のあることだと思います。いままで、図書館や博物館に足を運ばないと、目にすることはおろか、存在を知ることもないことがほとんどですからね。
それがネットなら、検索したり、何かのきっかけで偶然目にして知ることもできるようになりますから。
・そうですね。私も半世紀以上全く知らなかった訳ですから、一生知らない人も多いわけで・・・
 何人かでも見て頂ければと思います。

>悪ガキtonoさんのご幼少の砌の粗相が多少あってもかまいませんので(笑)、たくさんアップして欲しいです。「国史画帖 大和櫻」も「輝く海軍寫眞帖」も続編に期待!
・海軍の方は、かなり悪ガキが暴れ回っていますが、そのままUPしていきたいと思います←開き直り!

2007/03/31(土)18:38| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

こんにちは

これまた凄いですね。
全部解説も読ませて頂きました。
ルビがなければ絶対に読めないですね…orz

>私は、この本などは、「日本史」の副教科書等に使えば良いのにと思った。

賛成です。
小学生であれば、文章は簡単にして、
国語の時間などにも使って欲しいぐらいです。
必要なことだと思います。

PS
今日は休みだったのでコメント致しました。
来週一杯は忙しくて…
また明日からコメントできないと思います。
もともとたいしたコメントはできませんが…orz

2007/03/31(土)19:16| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>これまた凄いですね。
>全部解説も読ませて頂きました。
>ルビがなければ絶対に読めないですね…orz
・私もルビがないと読めませんでした(*´д`*)アハァ

>賛成です。
>小学生であれば、文章は簡単にして、
>国語の時間などにも使って欲しいぐらいです。
>必要なことだと思います。
・CDRにして教育委員会に持ち込みましょうかね。

>今日は休みだったのでコメント致しました。
>来週一杯は忙しくて…
>また明日からコメントできないと思います。
・仕事一番で。
 コメント無くても、ず~~と後からでも、楽しんで頂ければそれで嬉しいです。

>もともとたいしたコメントはできませんが…orz
・そんなことはありません。
 パンチが効いていて、楽しみです。

2007/03/31(土)20:06| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

感激あるのみ!さらに、云うまでも無く・・・

海軍海軍ダイスキ人間の不肖エセ男爵にとって、こういう資料に対して、憧れはおろか畏敬の念を以って居るわけでありまして、もろてを揚げて賞賛する希少価値の「塊」、絶品なのであります。
先のコメントバックにて頂戴している「殿下のお言葉」、若しお差し支えなくば「実行」の願い申上げたく、たいへんご面倒をおかけしますが、メールの添付資料にて「ご送呈」いただければまことに光栄です。
何卒宜しく、(E-mail添付にて)お送りくださいますようお願い申上げます。
但し、お願い!
・・・あります。
当方、未だADSL高速回線にあらず、かったるいISDN回線仕様の仕様にて、数日間に分けて資料分解し、お送り下されば幸いです。
何卒宜しくお願い申上げます。。。。

2007/04/03(火)11:44| URL | エセ男爵 #r3GBGjCs [ 編集]

>男爵さま

コメントありがとうございます。

>先のコメントバックにて頂戴している「殿下のお言葉」、若しお差し支えなくば「実行」の願い申上げたく、たいへんご面倒をおかけしますが、メールの添付資料にて「ご送呈」いただければまことに光栄です。
・(・∀・)イイ!!郵便にて連絡させて頂きます。

2007/04/04(水)08:43| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/29(水)18:20| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/94-df3540ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜-靖国神社と北の丸公園より・・・

いつも拙ブログにお越しいただきありがとうございます<(_ _)>日頃のお礼として、私が撮ってきた桜の写真をいくつかお届けします。下手っぴな写真ですけどね(^^;  ページの表示が遅くなったらごめんなさい。(

2007/03/31(土)18:01│考察NIPPON

『名画にみる國史の歩み』 小堀桂一郎 所功

名画にみる国史の歩み小堀 桂一郎 (2000/04)近代出版社この商品の詳細を見るオーストラリアの学校では、国民の祝日・記念日の前後にはその由来や歴史的なことを学ぶ集会や授業が行われる。1月26日建国記念日の際はファー

2007/03/29(木)15:50│本からの贈り物

『日本の神話』 松谷 みよ子

日本の神話司 修、松谷 みよ子 他 (2001/04)のら書店この商品の詳細を見る前回紹介した『楽しい古事記』の記事にも書いたが、今の日本には古事記をあまり子供達に教えたりしたがらない人もいるようだ。信憑性がないからだと

2007/03/29(木)15:49│本からの贈り物

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。