スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「君が代」伴奏命令は合憲! 当然の判決と思う

 校長による「君が代」伴走命令の合憲性が争われていた訴訟で、最高裁判所は「思想および良心の自由を定めた憲法19条に反するとはいえない」との判断を示し、上告を棄却。東京高裁の合憲判決が確定した。

_/_/_/_/_/▼izaより引用▼_/_/_/_/_/

校長による「君が代」伴奏命令は合憲、初の判断

02/27 20:37


 ■最高裁「学習指導要領の趣旨にかなう」


 東京都日野市立小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏を拒否して戒告処分を受けた音楽教諭の女性(53)が、「校長の職務命令(伴奏指示)は思想、良心の自由を侵害するもので憲法違反」として処分取り消しを求めた行政訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。那須弘平裁判長は職務命令について「思想および良心の自由を定めた憲法19条に反するとはいえない」との初判断を示した上で女性教諭側の上告を棄却した。女性教諭の訴えを退けた2審・東京高裁判決が確定した。


 1審・東京地裁と2審の判決などによると、女性教諭は平成11年4月、入学式で校長から「君が代」のピアノ伴奏を指示されたが拒否。東京都教育委員会は同年6月、地方公務員法違反(職務命令違反、信用失墜行為)に該当するとして戒告処分とした。
 那須裁判長は判決理由で、女性が「君が代」が過去の日本のアジア侵略と結びついているとの思想を持っていることに絡み、「ピアノ伴奏を拒否することは女性にとっては歴史観ないし世界観に基づく一つの選択ではあろうが、一般的には不可分に結びつくものということはできない」と指摘。ピアノ伴奏の職務命令について「特定の思想を持つことを強制したり、児童に対して一方的な思想や理念を教え込むことを強制したりするものではない」と判示した。


 さらに「入学式等において音楽専科の教諭によるピアノ伴奏で国歌斉唱を行うことは、学習指導要領などの趣旨にかなうものであり、本件職務命令はその目的および内容において不合理であるとはいえない」とした。
 判決は5人の裁判官のうち、4人の裁判官一致の意見。藤田宙靖裁判官は「『思想および良心』とは正確にどのような内容であるかについてさらに詳細な検討を加える必要がある」との反対意見を付けた。


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 そもそも、こんな事が最高裁まで争われることが異常では無かろうか?
 国に限らず、複数の人間が存在する社会では秩序が必要である。
 日本は法治国家であり、秩序の規範を法に定めている。
 これは、各人の自由を、秩序が乱れない限り最大限認める為でもある。
 今回の判決は、それを再確認したに過ぎない。
 最高裁でも異議を唱えた判事はいるようだ。
 藤田宙靖裁判官、この方は行政法専攻の学者であり、学者枠での最高裁判事であられる。
 是が非でも判断を下さなければならない「判事」としての意見と言うより、やはり「学者」の意見である


 この類の訴訟は、すぐに「個人の思想および良心」を持ち出すが、そんな高尚な問題ではない。
 思想的に「赤」なので「赤信号」で止まるという規則は、「個人の思想および良心」を侵害しているので違憲であるとでも言いたかったのだろうか?
 
 この辺り、「正論」で、百地章日大教授がわかりやすく解説しておられるので、私の理路不整然とした文よりもこちらを一読頂ければと思う。


_/_/_/_/_/▼Sankei Web「正論」より引用▼_/_/_/_/_/

【正論】百地章 国旗・国歌問題への誤解を正す
02/18 05:04
 
 ■「思想・良心の自由」の意味から考察
 ≪疑問の多い地裁判決≫  
 今年も卒業のシーズンが近付いてきた。卒業式といえば、これまで年中行事のように繰り返されてきたのが、日教組や高教組などによる妨害活動であったが、平成11年の国旗国歌法制定以来、国旗掲揚、国歌斉唱をめぐる混乱は全国的に収束に向かっていた。ところが昨年9月、東京地裁が国旗掲揚に際しての起立や国歌斉唱の強制は憲法違反であるとする判決を下したため、日教組などは再び勢いづいていると聞く。
 判決は、教職員に対して起立や国歌斉唱等の義務を定めた東京都教育長の「通達」は、国旗に向かっての起立や、国歌斉唱をしたくないという思想、良心を持つ教職員に対してこれらの「行為」を無理やり命ずるものであって、「思想・良心の自由」の侵害に当たるとしているが、これは疑問である。
 「思想・良心の自由」とは、通説によれば宗教上の信仰に準ずるような世界観、人生観、主義、主張など人格の形成にかかわる内面的な精神作用が、公権力によって侵害されないことをいう。つまり憲法が保障する「思想・良心の自由」とは、具体的には(1)特定の思想・信条等が、公権力によって強制されてはならないこと(2)思想・信条等を理由として、差別や不利益的な取り扱いがなされてはならないこと(3)思想・信条を強制的に表明させられないこと(沈黙の自由)-を指す。
 ≪自由の侵害と制約は別≫
 ここから言えることは、第1に「思想・良心」とは「内心作用」のすべてを指すわけではなく、単なる不快感などはこれに含まれないということである。第2に、法令や適正な職務命令に基づいて一定の「行為」を命ずることと「思想・良心の侵害」とは別だということである。例えば、校長が教職員に国歌斉唱を命じたとしても、それはあくまで「外部的行為」を命ずるだけであって、思想・信条は問題にしていないから、思想、良心の自由の侵害とはならない。教職員が内心においてどのような思想・信条を抱いていようとも、それは自由だからである。このことは、福岡地裁判決(平成17年4月26日)も認めている。
 第3に、思想、良心の自由の「侵害」と「制約」とは別であって、憲法が禁止しているのは「侵害」である。つまり、思想・良心は、それがいかに反倫理的、反国家的のものであったとしても、内心にとどまる限りは絶対的に保障される。しかし、それが外部的な行為となって現れる場合には、他の権利や自由と同様「内在的制約」や「公共の福祉による制約」を受ける。
 それゆえ、法律が国民に対して一定の義務を課している場合には、たとえそれが自らの思想・信条と異なるものであったとしても、国民はそれに従わざるをえない。例えば、納税など不要であるとの思想の持ち主がいたとしても、当然納税の義務を果たさなければならない。逆に、もし国民一般に課せられた法的義務を、思想、良心の自由を理由に拒否することを認めたら、国家秩序は崩壊する。
 ≪「心の教育」をめぐって≫
 このように「思想・良心の自由」といえども、決して絶対的なものではない。ところが「思想・良心の自由」が持ち出されると、たちまち腫れ物に触るようになる。例えば国旗・国歌や愛国心の問題になるとすぐに「思想・良心の自由」の侵害にならないかなどといった話に発展してしまうわけである。これは「内心に触れる」ことと、「思想・良心の自由の侵害」とは別問題であることが、正しく理解されていないことによる。
 「心の教育」ということがいわれるが、教育とは本来、精神的な営みであって、子供たちの心の襞(ひだ)や琴線にふれ、子供たちに感動を与えることこそ、真の教育といえよう。例えば、中学校学習指導要領の道徳教育では「父母、祖父母に敬愛の念を深め」るよう教えることになっているが、これらの徳目を子供たちに教え、身に付けさせようとすれば、当然、子供たちの内心に触れていかなければならない。しかし、そのことと「思想・良心の自由」の侵害とは全く別問題である。
 今回の教育基本法改正によって、新たに「国を愛する態度を養う」ことが、教育の目標として定められ(第2条)、国会では、安倍総理らによって「心」と「態度」は一体のものであり、「国を愛する態度」を養うためには、「国を愛する心」をしっかり教えることが必要であるとの答弁が繰り返されている。それゆえ今年こそ、全国で厳粛な卒業式が挙行され、国旗掲揚、国歌斉唱が整然と行われることを心から期待している。(ももち あきら=日本大学教授)


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 因みに、「個人の思想および良心」の侵害とか「国を愛する態度」を強制すると言うのは、某国のこんな教育を言うのじゃ無いのかと思う。


_/_/_/_/_/▼izaより引用▼_/_/_/_/_/

「安倍」呼び捨て、差別語だらけ…北朝鮮の仰天教科書
02/26 23:15
 
 外務省報道官声明で安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てるなど、悪態をつく北朝鮮。その根源ともいえる教科書の実態が明らかとなった。小学1年からいきなり「倭奴」「日帝野郎」「米帝獣野郎」といった差別語が頻出、金正日(キム・ジョンイル)総書記(65)は「天地をも動かす」と教え込むなど、いくら何でもムチャクチャすぎてビックリだ。


 19日の外務省声明で北は「安倍が首相の職務と体面を投げ捨てて狂乱的な(朝鮮)総連弾圧策動を率先する目的は、自らの対朝鮮強硬外交が失敗し、支持率が落ちたことを取り返すため」と決めつけた。人を見下した物言いは今に始まったことでなく、北メディアは日常的に日米を口汚くののしっている。


 非常識な態度に影響を与える教科書に注目、20日に出版した「北朝鮮・驚愕の教科書」(文春新書)で超偏向教育を暴いたのは、北朝鮮グッズコレクターでおなじみの山梨学院大経営情報学部教授の宮塚利雄教授(59)。


 宮塚教授は北の学校で使われた教科書を中朝国境を行き来するブローカーを通じて入手した。その内容に宮塚教授自身も「あまりに敵意に満ちている」と驚き、約2年前から徹底的に収集を開始。現在ではほぼ全学年、全教科をそろえ、コレクションは韓国の関係機関も欲しがるほどになったという。


 宮塚教授が注目するのは小学1年「国語」の教科書だ。60ページ目でいきなり「日帝野郎を憎まれる 心を育まれ 大元帥様(金日成(イルソン)主席)は 秘密の連絡に行って来られました」と、抗日闘争を題材にした読み物が登場。北では「日本人」という単語の前に「日帝野郎」と子供たちは教えられるのだ。
 続いて「遊撃隊員たちは 普天堡(ポチョンボ)の倭奴をことごとくやっつけました」と、今度は「倭奴」という新たな卑称を使用。さらには日本人の「巡査野郎」を子供たちが襲撃し、溺死させるという、殺人をも肯定する物語も掲載されている。題材の舞台は朝鮮戦争に移り、そこでは「米帝獣野郎」が登場と、ほとんどが軍記物で、過激この上ない内容となっている。


 また将軍様への偏向教育も著しく、「金正日元帥様は、御幼少の時お母様と一緒にある小学校をお訪ねになられました」と始まるストーリーでは、金少年が小学校で日本と朝鮮半島が同じように赤く塗られた地球儀を発見。憤りを感じた金少年は日本の部分だけ黒く塗りつぶすと「この日、日本では驚くべきことが起きました」。


 何が起きたか驚くなかれ、「突然、日本中が真っ暗になりました。そして稲光がし、雷が轟き、長いこと激しい夕立が降り注ぎました。この時から人々は偉大な領導者金正日元帥様は、空と土地も自由に動かされる才能をお持ちであると話しました」と、エスパーでもあると教えている。


 共著として翻訳を担当した宮塚教授の長女で、韓国・明知大博士課程に留学中の宮塚寿美子さん(26)は「本の中では触れなかったが、算数の教科書では『3人の日本兵を殺しました。残りは何人でしょう』という問題が普通に出てくる。北の子供はアメリカよりもキューバの国土が広いと教えられている」と、変な教育は全教科に及ぶという。


 こんな教育を続けているありさまでは、日朝関係が進まないのも当然だろう。


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 伴奏を拒否した先生!
 この国でやってみてくれたまえ。
 きっと、裁判等と言う煩わしい過程を経る事無く、永久に伴奏も呼吸も出来なくなる様な気がする。
 法治国家に住んでいて良かったね。
 己が法治国家の恩恵を一番受けているのだから、もう下らないことで無駄な税金を使わせないでくれたまえ。
 教育の場からの引退を祈る!

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(17) | トラックバック(10)2007/03/01(木)00:00

コメント

TB有り難うございます。

きっと、藤田氏は全会一致だと北朝鮮並と呼ばれるのを恐れて嫌々反対意見を書いたのですよ、そうとでも考えないと理解できませんから(笑)

2007/02/28(水)20:14| URL | 練馬のんべ #.GslOXVU [ 編集]

本末転倒するな、伴奏を拒否した先生!

訴えることそのもの、「異常」としか思えないです。
敗訴して当然でしょう。
学校を、普通の職場と考えれば、
1)上司の業務命令に従えなかった、
2)従っていない自分を棚に上げ、
3)裁判沙汰にするなんて、
4)これを本末転倒と云う?
とんでもない裁判ですぞ。
負けて当たり前。
勝ちでもしたら、日本国は大変な事態になる。
同じレベルで、全国津々浦々にて裁判に持ち込んでいるらしい同類項の狂師がワンサと居ると言う。
やっぱ、教育世界は狂っています。こんな非常識な提訴に、なかなか結論出せない「我国司法」も、おかしげなことだ。
それを平然と、報道で取り上げるマスコミも、何故か狂師の味方をしているように思えてなりません。これまた馬鹿げている。
もっと報道しなくてはならぬこと、多々在るにもかかわらず。です・・・

2007/03/01(木)10:21| URL | エセ男爵 #r3GBGjCs [ 編集]

こういう裁判が起こされるということ自体が、如何に日本の教育界が世間の常識から懸け離れた、歪んだ輩が多いかを物語っていると思います。最高裁の判決は極めて真っ当なもので、同種の裁判にも良い影響を与えるでしょうね。

2007/03/01(木)11:26| URL | spiral #- [ 編集]

つかれます^^;

最高裁の判決も出たことですし、従わなければ職務の不履行を理由に懲戒解雇でいいでしょう。
サボタージュを目的に教育現場や司法をオモチャにして遊ぶことは教師としてあるまじき行為です^^;
教師以前に社会人として失格です。

2007/03/01(木)12:39| URL | ばんばん #- [ 編集]

本当は弾けない?

 教え子の 顔と身体が 嫌いなり
 師に許される 内心の声

 小学校の時の担任に言われました!
 「お前の顔も身体も髪の毛も大嫌い!」
 「先生も人間だから好き・嫌いが、あるのは当然!何の責任も感じる必要はないんです!
 アハハハハ!」
 同僚の教師に言われたけど、人間だったの?
 嫌いなモノでも顔や態度に表さずに接す事が出来るのが、人間で大人なのでは、ありませんか?
 次に来る言葉は、「女性だから!」
 女性は幾つになっても「女の子」である事が許されると思い職場に何をしに来ているかも分からない人も多い様です!
 教員の前に「女の子」である人も多い?
 自分の要求が通らないからと言って学校の前に座り込むのと玩具を買って貰えないからお店の前に寝転ぶのとどう違うの?

2007/03/01(木)16:09| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

いつまで

こんなことやってんでしょうね。
非常に馬鹿げてます。
裁判になること自体が異常です。

今後は、
『単なるワガママに付き合うほど裁判所も暇じゃねぇんだよ!』
ってつき返して欲しいですね。
もちろん無理でしょうが…

2007/03/01(木)17:14| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

おとといフジテレビで放送した「こたえてちょーだい」の中で、授業参観中に1人の児童が床にひっくり返った亀のごとき醜態を見せて「のど渇いたー!お茶のみたーい!」なんぞと駄々をこねて、母親に持ってきてもらったなんてトンでもごとが紹介されていました。
連中の言う、「信条の自由」なんてこんなものでしょうな。国旗、国歌は宗教のようなインターナショナルなものとは違うから、上記のような「信条の自由」がてきめんに通用するものではないことは当然でしょう。

2007/03/01(木)20:08| URL | DUCE #- [ 編集]

鵺娘さんが「本当は弾けない?」と書かれていますが、冗談じゃなく「本当に歌えない」先生がいっぱいいるのではないでしょうか。20~30代前半の方がよく「習ったこと無い」「歌ったこと無い」と書かれていますし、サッカー選手だって思想がどうこうでなく知らなくて歌っていないような人もいますよね。スポーツの大会で独唱した歌手が歌詞を間違えていたこともあります。その世代なら先生方も歌ったことがないと思うのです。
そもそも、教育大にも国歌・国旗を否定しているような教授がたくさんいるようですし、その辺も見直していかないと・・・。教員免許を与えるときに歌えるかどうかのテストをしたっていいですよね。

2007/03/03(土)20:32| URL | milesta #S4B2tY/g [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/06(火)03:21| | # [ 編集]

>練馬のんべさん

コメントありがとうございます。

>きっと、藤田氏は全会一致だと北朝鮮並と呼ばれるのを恐れて嫌々反対意見を書いたのですよ、そうとでも考えないと理解できませんから(笑)
・なるほど。
 さすが、学者さんだ。
 心情・思想の自由を力一杯謳歌している人種に限って、更なる我が儘要求をする物ですね。

2007/03/06(火)12:27| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>男爵様

コメントありがとうございます。

>本末転倒するな、伴奏を拒否した先生!
>訴えることそのもの、「異常」としか思えないです。
>敗訴して当然でしょう。
・御意!

>学校を、普通の職場と考えれば、
1)上司の業務命令に従えなかった、
2)従っていない自分を棚に上げ、
3)裁判沙汰にするなんて、
4)これを本末転倒と云う?
>とんでもない裁判ですぞ。
・そうなんですよ。
 まさに「とんでもない裁判」だと思います。

>負けて当たり前。
>勝ちでもしたら、日本国は大変な事態になる。
>同じレベルで、全国津々浦々にて裁判に持ち込んでいるらしい同類項の狂師がワンサと居ると言う。
・この判決が前例となって、尽く打ち負かして欲しいですが、何とも税金の無駄遣い。

>やっぱ、教育世界は狂っています。こんな非常識な提訴に、なかなか結論出せない「我国司法」も、おかしげなことだ。
>それを平然と、報道で取り上げるマスコミも、何故か狂師の味方をしているように思えてなりません。これまた馬鹿げている。
>もっと報道しなくてはならぬこと、多々在るにもかかわらず。です・・・
・「日凶礎」「増塵」の共同戦線ですからね。一気に駆逐!

2007/03/06(火)12:40| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>spiral さん

コメントありがとうございます。

>こういう裁判が起こされるということ自体が、如何に日本の教育界が世間の常識から懸け離れた、歪んだ輩が多いかを物語っていると思います。
・仰るとおりかと!
 本当は、実に下らない裁判なのですが。。

>最高裁の判決は極めて真っ当なもので、同種の裁判にも良い影響を与えるでしょうね。
・そうですね。
 以下同文で、バッサリと始末して欲しいと思います。

2007/03/06(火)12:47| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>つかれます^^;
・同意!

>最高裁の判決も出たことですし、従わなければ職務の不履行を理由に懲戒解雇でいいでしょう。
・式のドタバタは主人公の生徒達に精神的苦痛を与えたとして、卒業生・新入生等で集団訴訟を起こしたらどうなるのかなぁ(゚∀゚)アヒャ

>サボタージュを目的に教育現場や司法をオモチャにして遊ぶことは教師としてあるまじき行為です^^;
>教師以前に社会人として失格です。
・被害者が生徒達ですから、心の傷は大きい!
 傷害罪で告訴しましょうか?
 せめて、教育の場からは消えて欲しいものですよね。

2007/03/06(火)12:52| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>本当は弾けない?
・それはあるかも。

>教え子の 顔と身体が 嫌いなり
>師に許される 内心の声

  規則違反 師にだけ許さる はずも無し
  我が儘だけの 内心の声

>「先生も人間だから好き・嫌いが、あるのは当然!何の責任も感じる必要はないんです!
 アハハハハ!」
>同僚の教師に言われたけど、人間だったの?
・鬼畜以下の生き物でしょう?人間としては死んでいる鬼畜骸?

>嫌いなモノでも顔や態度に表さずに接す事が出来るのが、人間で大人なのでは、ありませんか?
・しかも教師はプロですから!

>教員の前に「女の子」である人も多い?
・要りません!

>自分の要求が通らないからと言って学校の前に座り込むのと玩具を買って貰えないからお店の前に寝転ぶのとどう違うの?
・寸分違わずと見たり!

2007/03/06(火)13:01| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>非常に馬鹿げてます。
>裁判になること自体が異常です。
・激しく同感です。
 税金の無駄遣いこの上ない!
 まあ、最高裁が税金を友好に使ってくれたと言うことで、他の裁判は節約できることでしょう。バッサリと!

>『単なるワガママに付き合うほど裁判所も暇じゃねぇんだよ!』
>ってつき返して欲しいですね。
>もちろん無理でしょうが…
・いや、微妙ですが、最高裁で勝てないとなれば同種の訴訟は減るでしょうから、突き返す必要も減ると信じたいですね。

2007/03/06(火)13:05| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>連中の言う、「信条の自由」なんてこんなものでしょうな。
・いや、全くそのレベルでしょう。
 この教諭、校歌は演奏するんですかね?

>国旗、国歌は宗教のようなインターナショナルなものとは違うから、上記のような「信条の自由」がてきめんに通用するものではないことは当然でしょう。
・当然だと思いますが、この連中は、自分たちの言っていること・していることがどういう事か解っていないと思います。
 

2007/03/06(火)13:13| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>milesta さん

コメントありがとうございます。

>鵺娘さんが「本当は弾けない?」と書かれていますが、冗談じゃなく「本当に歌えない」先生がいっぱいいるのではないでしょうか。
・確かに、それはあると思いますね。情けない話しですが。

>20~30代前半の方がよく「習ったこと無い」「歌ったこと無い」と書かれていますし、サッカー選手だって思想がどうこうでなく知らなくて歌っていないような人もいますよね。
・なるほど、知らない!ですか?
 今後国の代表選手で知らない人は、練習して海外に出さないと本人も恥ですよね。海外でプレーする場合でも、国旗・国歌を無視することはできませんからね。

>スポーツの大会で独唱した歌手が歌詞を間違えていたこともあります。その世代なら先生方も歌ったことがないと思うのです。
・そもそも、そこが変ですよね。なぜそういう事態になったかが。

>教員免許を与えるときに歌えるかどうかのテストをしたっていいですよね。
・試験項目に歌唱と伴奏を入れるのも良いかも知れません。
 教育は国の仕事ですから、もっと必要な物から教えると言う原点に戻って、それが教えられない人は教師にはなれない様にして欲しいですね。

2007/03/06(火)13:28| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/87-7215ec15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公教育と安倍総理の教育改革を妨害する次代の両陛下[3/7 9:00]

[3/7 9:00追記]★人の上に立つ人が負う義務と責任★ご皇族はその御身分=職務★愛子内親王を叱らないとは★国民に悪しき範を示している東宮ご一家★教育現場が迷惑する.◆雅子妃の 行状の品格を欠いた数々の振る舞いについては下記拙スレッド(本局)http://bluefox-hispee

2007/03/07(水)17:21│雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う

さざれ石

<(_ _)>いつもいつもでスねー。つたないあちしにでスね。みなさんいろんなこと教えてくだすって。(TдT)アリガトウ感激でスる。んで。コメント頂いた中にでスね。さざ

2007/03/06(火)03:21│ふまじめざんス

君が代止めますか、教師辞めますか

サッカーのワールドカップなどではサポーターは日の丸を振りかざし、君が代を自然な感情で歌う。国と国がぶつかる戦いではごく当たり前の風景であり、帰属意識を感じる場面であろう。これが学校となると状況が一変。変な教師が国旗掲揚や国歌斉唱に異議を唱える。日の丸、君

2007/03/01(木)23:11│かきなぐりプレス

最高裁裁判官「藤田宙靖」に乾杯!!

[朝日新聞] 君が代のピアノ伴奏命じた校長の命令は合憲 最高裁判決 第三小法廷は、伴奏命令は(1)「君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついている」とする教諭の歴史観・世界観自体を否定しない(2)特定の思想を持つことを強制・禁止したり特定の思想の有無の告...

2007/03/01(木)22:45│葦原屋日記

最高裁まで待たないとわからないよね。

君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断2月27日23時25分配信 読売新聞  東京都日野市の市立小学校の入学式で、「君が代」のピアノ伴奏を命じた校長の職務命令を拒否したことを理由に懲戒処分を受けた音楽科の女性教諭

2007/03/01(木)22:09│礼の宇宙

戦後教育の真の病根にメスを入れよ

今回は、『日本の息吹』2月号(日本会議発行)に掲載されていた、関岡英之氏(ノンフィクション作家)の論文を引用します。■戦後教育の真の病根にメスを入れよ関岡英之(ノンフィクション作家)教育基本法が改正された。

2007/03/01(木)11:26│新・へっぽこ時事放談

【君が代裁判】子供の側には教師選別の自由は無いのだから

こんなことを最高裁で真面目に裁かなければならないこと自体、馬鹿馬鹿しい限りだが、 入学式の国歌斉唱のピアノ伴奏を拒否した音楽教諭の処分をめぐる最高裁判決で伴奏を命じた職務命令が合憲とされた。 それを伝える、産経新聞(iza)の記事 『女性教諭「大きな憤り、音楽

2007/03/01(木)09:34│加賀もんのブログ

最高裁が最後の良識とは一寸情けない

極めて妥当な判決を「不当判決を許さない」とはこれ如何に??・...

2007/03/01(木)07:41│もののふのこころ

君が代伴奏命令は合憲でした

「伴奏を命じた校長の職務命令は、合憲」[color=FF0000]「思想・良心の自由を保障する憲法19条に反しない」[/color]「君が代」のピアノ伴奏をしなかったとして戒告処分を受けた反日女性音楽教論が、都教育委員会を相手に処分取り消しを求めた訴訟の上

2007/03/01(木)01:46│★★反日ブログ監視所★★

君が代判決社説は各紙のスタンスを象徴

君が代を公立小学校で伴奏拒否した日教組組合員への処分に合憲判決が最高裁判例として

2007/02/28(水)21:07│家族がいちばん

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。