スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

安倍内閣の教育再生3法案が提出される

 安倍内閣の目玉というか、主要政策の一つ、教育再生のための3法案が提出される。
 以前から言われている「ゆとり教育」の見直しを含め、教員免許等も見直される事になる。
 
 産経新聞で山谷えり子補佐官が、社会総がかりに協力をと述べている。
 これは、官邸ホット対談・教育再生で安倍首相も、教育再生会議の野依座長も言っておられた言葉だ。
 (官邸ホット対談・教育再生の動画はこちら


_/_/_/▼産経新聞より引用▼_/_/_/_/_/


◆首相補佐官・山谷えり子 社会総がかりに協力を (産経 07/2/12)


 教育再生会議の第1次報告でゆとり教育の見直し、高校での奉仕活動の必修化を明記したことに対し、世論調査では7割が賛成している。


 マスコミからは「詰め込み教育に戻すのですか」と質問されることもあるが「ゆとりか詰め込みかではなく、よく学び、よく遊べ。正直、親切、勤勉、品位、進取の気性、親孝行。これらの意味を学んで幸福になるための教育再生です」と答えている。


 安倍晋三首相は、教育現場が責任を持ち、自由で温かな雰囲気で教育が行われるよう教育再生のための3法案を提出するよう指示した。


 これまでのやり方なら数年間を要するであろうが、伊吹文明文部科学相は早速「教育法制度整備推進本部」を発足、また中教審もこれまでの議論を進めて緊急対応してくださることとなった。


 ●さて、今国会提出3法案の1本目は「教育職員免許法改正」で、時代の要請に合った教育を行う能力確保のための教員免許更新制の導入である。修了認定を厳格にし、不適格教員に厳しく対応する。


 今後は頑張っている先生には手当、給与、昇進などで優遇し、児童、生徒にたっぷり向き合えるよう事務作業を削減する。すべての子供が恩師に出会える教室を作りたい。


 ●2本目は「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正」で、学校や教育委員会の“事なかれ主義”があった場合、それに対応するため国と教育委員会の責任と権限を明確にする改正である。


 ●3本目は「学校教育法の改正」で、教育基本法改正を学習指導要領改訂につなげることと、副校長や複数の主幹などの管理職を新設し学校運営が的確にできるようにする。


 基本法改正で“豊かな情操と道徳心”“公共の精神”“伝統と文化の尊重”“家庭教育、幼児教育”“宗教に関する一般的な教養”などの重要性が条文化された。


 再生会議の報告書は国語、歴史、道徳教育などの充実と、奉仕、自然、長期宿泊、職業体験、文化、芸術、ものづくり、ふるさと学習など価値観を育てるための環境整備を求めている。


 古典や偉人伝などの読書、童謡、茶道、華道、書道、武道などを通じ、徳目や礼儀作法、形式美、様式美を身に付ける機会の提供も求めた。


 人は、家庭や地域を繭(まゆ)のようにして育っていく。“どの子もわが子”の気持ちで、産業界、地域社会は社会総がかりで、子供を育成してほしい。


 この4月から“放課後子どもプラン”“土曜スクール”がスタートし、全国2万3000校の全公立小学校に1校あたり約500万円の予算がつくこととなるが、名乗りを上げているのはまだ1万校にすぎない。


 報告書の終わりの部分で「家族、ふるさとの価値・すばらしさ、生命継承の大切さを考える気運を高める。多世代交流をすすめる。知恵や人生経験の豊かな高齢者は、特に主役である」と記している。


 地域全体がビッグファミリーとなるよう、さまざまな人々の手助けや笑顔がいただけたらありがたい。そのための場所づくり、予算づけを今後とも働きかけていきたい。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 さて、仮に法案が成立すれば全て旨くいくのか?
 勿論そう簡単には行かないであろう。
 現場には、「日教組」の教師が蔓延り、これをサポートする団体や政党が無くなったわけではない。
 
 高崎経済大学教授・八木秀次氏が、改正教育基本法の落とし穴について述べられている。

_/_/_/▼Sankei webより引用▼_/_/_/_/_/

【正論】高崎経済大学教授・八木秀次 改正教育基本法の落とし穴に要注意


高崎経済大学教授・八木秀次氏(撮影・大西正純)
 ■遵守すべき「法令」の中身が問題


 ≪法律の定めるところで≫


 昨年12月、教育基本法が改正された。最大の眼目は、旧基本法の「教育は、不当な支配に服することなく」(旧第10条)の文言に「この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり」(改正第16条)と付け加えられたことで、(1)「不当な支配」の主体が大転換した(2)教職員に法令遵守(じゅんしゅ)を求めた-という点にある。これらは今後、教育界を大きく変えることになろうが、同時に懸念すべき点もある。


 旧基本法第10条は、その原案としてGHQ民間情報教育局が「教育は、政治的または官僚的な支配に服することなく」との文言を文部省に通告し、最終的に「教育は、不当な支配に服することなく」との表現になった制定の経緯もあって、長らく左派系教職員組合や連動する教育学者から「不当な支配」の主体として教育行政が想定されてきた。そのため、文部科学省や教育委員会が教育内容に関与することは「不当な支配」とされた。昨年10月、いじめ自殺の問題で、文部科学省の小渕優子政務官や教育再生会議の山谷えり子事務局長らが福岡県筑前町で現地調査しようとしたが、現場が拒否した背景にも国の調査を「不当な支配」として排除しようとする教職員組合の存在があったことが知られている。


 このように、従来は教育行政の関与を「不当な支配」として排除し、逆に一部の教職員組合や連携する民間団体の“不当な支配”を招いてきた。そのことは、昭和60年、広島県で知事・県議会議長・教育長が同和団体、教職員組合などと「八者合意」を結び、県の教育行政を一部の同和団体に牛耳らせてきたことに典型的に示されている。


 ≪イズムの「不当な支配」≫


 これに対して改正教育基本法は「この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり」との文言を付け加えることによって、教育行政の教育内容への関与は「不当な支配」ではなく、逆に法律を破ったり、無視して特定のイデオロギーを教育現場に広げる一部の教職員組合や民間団体こそが「不当な支配」の主体であることを明確にした。この点は伊吹文明文部科学大臣が繰り返し国会で説明している。


 「法律に基づいて行われる教育行政というものは、これはもう不当な支配に属さない、堂々と正当なものであるんだということをはっきりしていただいてるわけですから、むしろ各教育委員会が徹底しなければならないのは、特定の組合に属している教職員の人たち、そういう人たちにこのことをはっきりと分かってもらわねばなりません」(11月15日、衆議院教育基本法特別委員会)


 また、学習指導要領は教職員に国旗掲揚・国歌斉唱の指導義務を課しているが、伊吹大臣は「文部科学大臣告示」である学習指導要領に基づいて行われる教育は「不当な支配」に当たらないと指摘するとともに、「不当な支配」の規定は「学習指導要領によって全国一律の教育の内容を担保しているわけですから、それと違う内容をイズムによって教えたり、あるいは特定の団体が、結局その団体の考え方でもって教育を支配するということを排除する条項」であると説明している(11月22日、参議院教育基本法特別委員会)。特定のイズム(主義)や考え方によって教育を支配する団体、例えば、日教組など左派系教職員組合の影響力を排除することこそが改正基本法第16条の趣旨に他ならないと述べているのだ。


 ≪狙われる「自治体条例」≫


 こうして教育から排除されるべき「不当な支配」の主体は教育行政から教職員組合へと転換した。これにより日教組などはその活動に大きな制約を受けるであろう。しかし、安心は禁物だ。


 これまでは日教組などは学習指導要領をはじめとする法律を破ったり、無視して自らのイズムを教育現場に浸透させていった。だが、今後は法令遵守が求められる。それゆえこれからは自らのイズムに沿った法律を作らせて、「法令遵守」の名の下にイデオロギーの濃厚な教育を行うことが予想される。


 男女共同参画社会基本法はじめ国の法律を使うことは言うまでもないが、注意すべきは地方自治体の条例だ。男女共同参画条例、子どもの権利条例、地球市民条例、人権条例など各地で制定の動きがある条例が遵守すべき「その他の法律」になる可能性は高い。学習指導要領も、策定する文部科学省の教科調査官に特定のイズムの持ち主が就任しているとの指摘もある。今後は「法令」の中身が問題だ。警戒したい。(やぎ ひでつぐ)


(2007/02/12 04:59)


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 現場の「日教組」の教師をサポートして来た団体・政党が無くなっていない以上、今までと違った形での、法解釈論争や法廷闘争は当然考えられると言うことだ。
 「無防備都市宣言」、「外国人参政権」、各種「ジェッンダー条例」「子供の権利条例」等が各地で上程されたり、一部可決されたりしている状況を考えると、八木氏の警戒はもっともである。
 まさに、「社会総がかり」で教育を考えないと、大きな落とし穴に落ち込む可能性がある。
 身近な地方自治体に、怪しい罠が仕込まれた条例案が出てきたりしていないか、私達もしっかり監視する必要があると思う。

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(13) | トラックバック(3)2007/02/12(月)13:52

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/02/12(月)20:20| | # [ 編集]

既存の教育基本法でもまずい点が頻発したから改正って事になるのですが、それでもまだ不備な点があるわけですな。まあ、まだ修正可能な段階にあることを期待したいです。

これまでも指摘されてきたように、「不当な支配」とは法律や行政にたてつく連中でしかない。彼らが言う「不当な支配」ってのは要するに犯罪者が「サツ」を嫌うのとおんなじな訳ですから。

2007/02/12(月)23:19| URL | DUCE #- [ 編集]

いやん

日凶礎が既に「不当な」団体だからナア。
ついでに撃滅してほしーんでスけどねー。
サヨはキライでスよ・・・

2007/02/13(火)15:39| URL | かっぱやろう #- [ 編集]

条例は要注意ですね

いよいよ、改正教育基本法の精神を具体化する法案が提出されることは、喜ばしいですね。

しかし、なるほど「条例」は曲者です。

拙ブログで扱っていますところの「無防備都市宣言」など、典型的なものでありまして、
こちら石川県でも、日教組出身の金沢市議会議員・森一敏が、色々と「無防備都市宣言」についての戯れ言を言っております。

もちろん、その主張、説明などは、小学校教員だったクセが抜けないのか、子供騙しもよいところであり、
共産党までもが反対している現状では、無防備条例が可決されることはないと思われますが、
今後、警戒すべきは朝日新聞、NHK等とタイアップしてのプロパガンダです。
それによっては、ポピュリズム傾向のある民主党が賛成に回る危惧もあり、そうすると「条例制定」の危険性は増します。

「無防備都市宣言」も、単に安全保障の面だけではなく、
教育とのリンクも考えながら、その欺瞞性を世間に知らしめていく必要がありましょう。

2007/02/13(火)18:15| URL | 加賀もん #RqWBMyRA [ 編集]

八木氏が述べていますように遵守すべき「法令」の中身が問題なんですよね。
「不当な支配」は、はっきり法律で縛りをかけたわけですけど、関連する法律は屁理屈を付ければ人権法案だって対象にしかねません。
地方行政においては、われわれには計り知れない得体の知れない条例もありますし、この辺は厳格に適応させないと虻蜂取らずになりますね^^;

2007/02/14(水)16:44| URL | ばんばん #- [ 編集]

八木さんのご指摘は大事なポイントですね。
いくら教育基本法が改正されても、
法令がしっかりしていなければ意味がありません。
とにかく大事なことは現場を変えることであり、
特定のイデオロギーによる偏向教育などさせないことだと思います。
その為の法令ですから、
しっかり監視する必要があると思います。

2007/02/15(木)16:47| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

法改正されても、それを端の現場の教師達が実行しなければ意味が無いです。
しかし今の学校教育の現場を見れば反日思想家達が支配し、法律も平気で破ろうとする構えを見せてますし。
「信条の自由」を口実に、「エゴを押し通すのも自由」と思ってます。
「イジメ対策の実態調査」と言うイデオロギーと全く関係無い政府の要望に対しても、協力を拒否しましたからね。
法律に違反した教師をクビにしたとしても、塾を開いて活動を展開して更にややこしくするかも

2007/02/15(木)19:38| URL | こと #eggAsH0k [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>まずい点が頻発したから改正って事になるのですが、それでもまだ不備な点があるわけですな。まあ、まだ修正可能な段階にあることを期待したいです。
・法の持つ二面性というか、条文を細かくするほど運用は制限されますが、運用幅(解釈)を拡げると本来の条文の意図が薄れる
。今回は条文を変えてた上で、やや細かく制限した感じですが、それを逆手にとろうとする連中がいるわけで、そのしつこさに負けてはいけません。

>これまでも指摘されてきたように、「不当な支配」とは法律や行政にたてつく連中でしかない。彼らが言う「不当な支配」ってのは要するに犯罪者が「サツ」を嫌うのとおんなじな訳ですから。
・都合の良い解釈で、あらゆる手を使ってきますから。。。

2007/02/16(金)20:18| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>かっぱさぬ

コメントありがとうございます。

>いやん
・ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァァァ~

>日凶礎が既に「不当な」団体だからナア。
ついでに撃滅してほしーんでスけどねー。
サヨはキライでスよ・・・
・神風特別撃滅隊を結成しましょうか?

2007/02/16(金)20:20| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>加賀もんさん

コメントありがとうございます。

>いよいよ、改正教育基本法の精神を具体化する法案が提出されることは、喜ばしいですね。
・そうですね。これは、間違いなく良い方向ですから。

>しかし、なるほど「条例」は曲者です。
・そうなんです。自治体で「法律」が作れるんですよね、「条例」という。要注意です。

>拙ブログで扱っていますところの「無防備都市宣言」など、典型的なものでありまして、こちら石川県でも、日教組出身の金沢市議会議員・森一敏が、色々と「無防備都市宣言」についての戯れ言を言っております。
 もちろん、その主張、説明などは、小学校教員だったクセが抜けないのか、子供騙しもよいところであり、共産党までもが反対している現状では、無防備条例が可決されることはないと思われますが、今後、警戒すべきは朝日新聞、NHK等とタイアップしてのプロパガンダです。
・敵も必死です。総力戦は目に見えますね。

>それによっては、ポピュリズム傾向のある民主党が賛成に回る危惧もあり、そうすると「条例制定」の危険性は増します。
・幹部が言うことをコロコロ変える政党ですからね。数がそこそこ在るだけに危険ですね。

>「無防備都市宣言」も、単に安全保障の面だけではなく、
教育とのリンクも考えながら、その欺瞞性を世間に知らしめていく必要がありましょう。
・そうですね。隠されている嘘を晒すだけでも相当に効果はあると思われます。

2007/02/16(金)20:27| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>八木氏が述べていますように遵守すべき「法令」の中身が問題なんですよね。
「不当な支配」は、はっきり法律で縛りをかけたわけですけど、関連する法律は屁理屈を付ければ人権法案だって対象にしかねません。
・仰るとおりだと思います。縛りの強さは両刃の剣なので、十分に警戒が必要かと思います。

>地方行政においては、われわれには計り知れない得体の知れない条例もありますし、この辺は厳格に適応させないと虻蜂取らずになりますね^^;
・というか、殺虫剤が跳ね返って来る?
 安心は出来ません。

2007/02/16(金)20:30| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>八木さんのご指摘は大事なポイントですね。
>いくら教育基本法が改正されても、法令がしっかりしていなければ意味がありません。
・仰る通りだと思います。
 尊守すべき法令が問題です。

>とにかく大事なことは現場を変えることであり、特定のイデオロギーによる偏向教育などさせないことだと思います。
・その為のツールは手に入れたわけで、使い方を誤らないようにしなければいけません。

>その為の法令ですから、しっかり監視する必要があると思います。
・これは、他人任せには出来ませんね。

2007/02/16(金)20:34| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ことさん

コメントありがとうございます。

>法改正されても、それを端の現場の教師達が実行しなければ意味が無いです。
 しかし今の学校教育の現場を見れば反日思想家達が支配し、法律も平気で破ろうとする構えを見せてますし。
「信条の自由」を口実に、「エゴを押し通すのも自由」と思ってます。
「イジメ対策の実態調査」と言うイデオロギーと全く関係無い政府の要望に対しても、協力を拒否しましたからね。
・この辺りを押さえるための法改正ですが、その法が制御力を発揮できるのが「他の法の遵守」という方法なので「他の法」があらぬ方向を向いていると大変な事になりますね。
 絶対に、今まで以上に監視が必要だと言うことでしょう。

>法律に違反した教師をクビにしたとしても、塾を開いて活動を展開して更にややこしくするかも
・やるでしょうね。
 しかし、仮に本来の学校が正常化されれば、在らぬ方向を向いた塾は、そっぽを向かれるでしょう。
 殺すわけにはいかないので、まずは本来の学校の教壇から引き摺り降ろす事が先決でしょうね。

2007/02/16(金)20:42| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/84-6d298642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『日本の神話』 松谷 みよ子

日本の神話司 修、松谷 みよ子 他 (2001/04)のら書店この商品の詳細を見る前回紹介した『楽しい古事記』の記事にも書いたが、今の日本には古事記をあまり子供達に教えたりしたがらない人もいるようだ。信憑性がないからだと

2007/02/13(火)20:31│本からの贈り物

『行儀よくしろ。』 清水 義範

行儀よくしろ。清水 義範 (2003/07)筑摩書房この商品の詳細を見る大変失礼ではあるが、わかりやすく言うと清水義範さんは詐欺師のような作家だ。有名な『蕎麦ときしめん』では、関東の蕎麦、関西のうどんに次ぐものとして名古屋

2007/02/13(火)20:29│本からの贈り物

『嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語』 小柳 陽太郎、石井 公一郎 他

嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語小柳 陽太郎、石井 公一郎 他 (2001/01)明成社この商品の詳細を見る小学校の頃は、進級すると新しい国語や道徳の教科書をもらえるのが嬉しかった。お話がたくさん載っているからだ。し

2007/02/13(火)20:29│本からの贈り物

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。