スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

日本は、独立国「台湾」と国交を結ぶべき と思う

 台湾の話である。
 日本人は、もっと台湾に感心を持つべきである。
 台湾も、「アジアの国」しかも「隣国」である。
 最近、私の周辺でも、台湾を「中華民国」=「中国から独立しようとしている国」と思っている人が多いのに驚いた。
 これは、台湾は「中国の一部」又は「中国の植民地」という発想である。
 あまりの、あまりの勘違いではないか!
 
_/_/_/▼「西村真悟の時事通信」より引用▼_/_/_/_/_/


台湾、この素晴らしい隣国、最も近い友邦


                      西 村 真 悟


 日本といわゆる中国(正確には中国共産党)との交流が活発になってきた。
 安倍総理が昨年秋に就任早々訪中してのち、4月には温家宝首相、秋には胡錦涛主席が来日する予定らしい(首相と主席がどう違うのかはどうでも
いいが)。
 そういうなかで、中共の中央対外連絡部長という肩書きを持つ人物が民主党の大会に来賓として出席し、民主党本部で講演したという。そして、日中関係は最悪の状況を脱したとう認識を示し、台湾独立などと言ってはならないと注文を付けたと報道されている。その時、民主党内の同志は、如何なる思いで大会に出て講演を聴いていたのだろうかと考えた。


 この状況に接して、やはり「台湾」について記しておかねばならないと思う。
 先ず、基本的事実を押さえよう。
1、台湾の総統つまり大統領は、如何にして決まっているのか。
 答・・・台湾国民の投票によって決まる。
2、現在、台湾を統治している他の国は存在するのか。
 答・・・台湾を統治している他の国は存在しない。


 以上の事実から明らかなことは、台湾は「民主主義の独立国家である」という事実である。
これ以外の結論があるというならば教えて欲しい。


 では、その既に独立国である台湾に関して、何故、独立するのしないのという論理矛盾の議論が出ているのか。
 それは、大陸の中国が台湾は自分の領土であるという架空のプロパガンダに固執しているからである。
 しかし、中華人民共和国は、一九四九年に建国を宣言した新興国家であり、
一度も台湾を統治したことはないのであるから、統治したこともない台湾の独立を許さないなどという主張が通るはずはない。これはすぐ分かる。
 
 しかし、中共の人間ではなく、台湾の人間にも「台湾は独立しない」と言う者がいる。昨年秋に日本に来た国民党の党首である馬英九氏だ。
 そこで私は、馬氏に直接尋ねた。
「貴方は、台湾は独立しないと言うが、台湾は現在何処かの外国に支配されているのか、一体何処から独立しないのか」と。
これに対し、馬氏は直接答えず、最後の方で「我々は、中華民国です」とちょろっと言ったのだ。


 この台湾から来た国民党の党首が表明した「我々は中華民国です」という認識、これが、台湾の深刻な課題である。
つまり、大陸の中国が独立させないと言っているのは、明白な架空の論理で領土拡張の帝国主義的野望に過ぎないのであるが、
台湾から来た者が言う独立しないとは、
「自分たちは、中華民国国民であり、台湾は中華民国から独立しない」という意味の自己認識であるから始末に負えない。始末に負えないとは、この認識でおられるといずれ東アジアから民主主義的独立国家が崩壊しかねないからである。


 そこで、そもそも馬氏がいう「中華民国」とは何かということになるが、これが実態のある国ならば馬氏のいうことも「そう思うんなら仕方がない」ということになるが、実態がなければ、「いい加減に、空理空論を振り回して、二千二百万の台湾人の運命をもてあそび、東アジアに不安定要因をばらまくな」ということになる。


 さて、「中華民国」とは何なのか。
それは、首都は南京で昔の清朝の最大版図を領土にもつ国、つまりチベットはもちろん、今のモンゴルも領土に含む国家である。
 一体、このような国が地球上の何処にあるのだろうか。


 結局、中共がいう台湾独立拒否論も、台湾から来た者が言う台湾独立拒否論も、ともに「架空」ではないか。
 架空であるが、これを言っている者を中国共産党と中国国民党と置き換えれば、共産党も国民党も、架空の前提を設けて台湾を独立させないと主張しているということが分かる。
 この架空のことをごり押しする両者の共通点は、「中華意識」である。これが、昔ながらの東アジアの不安定要因である。そして、台湾の深刻な「国内問題」とは、台湾の第一野党の党首が、台湾の国民党ではなく、架空の中華民国の国民党と思っていることである。


 ということで、この度、我が国の政党本部に招かれた中共の中央対外連絡部長が、台湾独立許さずという中華思想を述べたということになる。


 では、中華思想に振り回される必要もない我々日本人は、如何にこの両者の主張に対処すべきであろうか。
 これは、簡単である。即ち、架空のことに振り回されてはならない。事実と実態を直視して対処すべし。これが全てであろう。
 しかし、架空のことを言い張る者に限って、架空を指摘されると怒る。従って、その主張を「尊重してお聞きする」ことにしておけばよい。
 
 さて、台湾に関する事実と実態とは、冒頭に述べた二つの事実によって認定されたことである。台湾は民主主義によって統治されている何処からの支配も受けていない国ということ。
 即ち、台湾は我が国と自由と民主主義という価値観を共有する二千二百万人の国民を擁する親日国として存在する。
 この民主主義国家台湾が、今更国共内戦の果てに武力で他国に併呑されることを日米は力を合わせて許してはならない。


 しかし、この国共内戦路線が困難と観たときの、中共の出方であるが、それは過去二回行われた国共合作路線である。つまり、中国共産党と中国国民党の三回目の和解だ。
 次の台湾の総統選挙で、国民が、自分たちは「中華民国の政党」だと思っている党首をもつ国民党を勝利させれば、民主主義国が共産党独裁帝国に吸収される可能性が一挙に広がる。
 その選挙における勝利のために、ほとんど大陸と国民党の影響下にある台湾のマスコミは、政権与党の腐敗報道に余念がないのである。しかし、もっと大規模な腐敗は、長年の支配者であった国民党の体制のなかにあるのだ。報道されないだけだ。


 以上、我が国は、現在、近隣の民主主義国家と二千二百万国民の運命に危機が迫っているという認識のもとに、中国と付き合わねばならないのだ。
 何故なら、我が国の動向が、台湾国民に重大な影響を与えるからである。この自覚がないのは我が国だけである。
 この意味で、中共の要人を軽々しく党本部で講演させてはならないのだ。第三の場所での講演を勝手に聴きに行くのならともかく。


 よってこの度、中共の中央対外連絡部長が、我が国で日中関係は最悪の状況を脱したと発言し、春から秋に、首相や主席が来日するのも、我が国を中共側に引き寄せて台湾併合の障害を除去しようとする中共の戦略という観点から吟味しなければならない。


 中共にとって、日本が中共の配下に入ったか否かを判断する証は、今のところ、効果があると判断させてしまった、総理大臣の靖国神社参拝である。安倍内閣になってからの相次ぐ首脳会談の設定も、安倍総理にその屈服の証を求めるためである。


 結局、台湾を含む東アジアの安泰のために我が国は貢献しなければならないとするならば、それは、日本の自律である。これが、現下の最大の貢献である。
 我が国は、東アジアと台湾の安泰のために、中華思想によるプロパガンダから自律しなければならない。
 その意味で、中国が靖国神社を道具にして我が国の自律を敵視して屈服を迫っている以上、安倍総理は、春、夏、秋と靖国神社参拝を怠ってはならない。できれば、週末毎に参拝して神社境内で他の参拝者と歓談すればよい。
 
 小泉前総理は、総理になる前によく参拝していたのかどうかよくわからない。少なくとも総理になる前には、八月十五日に小泉さんを靖国神社で見かけなかった。
 しかし、安倍さんは、何時も我々とともに、八月十五日に靖国神社にいた。従って、安倍さんが総理になったとたんに参拝しないと言うことは、完全な中国への屈服となるのである。


 このように、中共が台湾併合と海洋への膨張という帝国主義的中華思想実現のために日中の関係を組み立てている以上、アジアと台湾の安泰のために、総理は靖国神社に参拝を続けねばならない。これが、日本という国家の独自のありようである。


 誰にも文句を言わせてなるものか。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 少なくとも、本引用文にある西村真悟氏の主張には賛成である。
 隣に「中国共産党」という「脅威」を抱える日本にとって、「台湾」の存在が如何に大きく大切な物であるか?
 その「中国共産党」は、世界一の人口を抱え、プロパガンダ戦略、軍事成長率、環境悪化、人権問題、侵略覇権を公然と「是」として憚らないのである。
 地図を見てみるが良い。
 台湾が「中国共産党」に乗っ取られたときに、日本の周辺環境がどう変わるのか?
 「中国共産党」と「友好」等という妄想を抱く人には分からないかも知れないが、3面を「敵」に囲まれることになるわけだ。
 台湾問題は、ひとつ台湾だけの問題ではなく、日本にとっては「死活問題」であり「生命線」でも在るのだ。
 政府も「中国共産党」と反目するだけでなく、協議を開始したことは評価出来るが、「靖国」も「台湾」も、はっきりと主張出来ないのであればば、反目よりも始末が悪い。
 日本は、国連に「台湾」を戻す運動を活発に行ってはどうか?
 ヨーロッパよりも、アフリカよりも、アメリカよりも、何処よりも影響を受けるのは「日本」なのだから。

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(8) | トラックバック(2)2007/01/22(月)16:45

コメント

中華民国?

実態としては、今の「中華民国」は台湾人に統治される民主主義国ということでしょう。独立まかりならんと言うのは、外省人たる国民党が統治すべきだから? 内省人たる台湾人は外省人に支配下に服すべしと言うのでしょうか。そういう意味なら、要するに台湾人の独立まかりならんと言う意味もある程度理解できる訳ですが。とは言え、とんでもないことですな。

2007/01/22(月)19:00| URL | DUCE #- [ 編集]

私だって小学生の時から働いていました!

 台湾はインドネシアと共に亜細亜の中では、数少ない誇りを持った国なのでしょうね?
 他の国は、親からのお小遣いが少ないと文句を言っているガキ!
 しかも小遣いをくれる親を批判している!

2007/01/23(火)19:43| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>中華民国?
>実態としては、今の「中華民国」は台湾人に統治される民主主義国ということでしょう。独立まかりならんと言うのは、外省人たる国民党が統治すべきだから? 内省人たる台湾人は外省人に支配下に服すべしと言うのでしょうか。そういう意味なら、要するに台湾人の独立まかりならんと言う意味もある程度理解できる訳ですが。とは言え、とんでもないことですな。
・台湾は「中華民国」ではなく「台湾」として独立したい訳ですね。現「中華民国」の国旗も好みませんし、あくまで「中華民国」は、日本の統治から放れた「台湾」に蒋介石が乗り込んで来て作った政府と言うことですね。
 日本人としては、政治・経済・軍事で非常に重要な国である「台湾」のことをもっともっと知るべきではないかと思います。

2007/01/24(水)10:49| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>私だって小学生の時から働いていました!
>台湾はインドネシアと共に亜細亜の中では、数少ない誇りを持った国なのでしょうね?
・そう思いますね。
 誇りと傲りを勘違いしている国が隣近所に多いですから、尚のことそう感じます。

>他の国は、親からのお小遣いが少ないと文句を言っているガキ!
>しかも小遣いをくれる親を批判している!
・言い得て妙!というよりそのまんまですね。
 奴らに「誇り」「感謝」はありませんからね。

2007/01/24(水)10:53| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

意味の解らない隣国など、
適当に相手をしておけば良いのです。

それよりも、台湾は日本の防衛の面から見ても大事ですからね。
台湾への中国人の流入が多いと言う話も不安になりますし・・・
ある意味、“運命共同体”ぐらいの意識を持っても良いのではないでしょうか?
そんな気がします…

2007/01/24(水)16:12| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>意味の解らない隣国など、
>適当に相手をしておけば良いのです。
・所謂、視界内で放置と言う奴ですね。

>それよりも、台湾は日本の防衛の面から見ても大事ですからね。
・そうです。
 地図を見せて、石油がどう運ばれ、領海はどうなのか描けば、中学生でもわかります。

>台湾への中国人の流入が多いと言う話も不安になりますし・・・
・高い政治意識で、内省人の方が頑張っているのですが、日本は何故応援しないのでしょう。

>ある意味、“運命共同体”ぐらいの意識を持っても良いのではないでしょうか?
>そんな気がします…
・そう思います。
 台湾を完全独立させて、同盟を結ぶ。アジア、アジアという人の脳も変わらざるを得なくなると思うのですが。

2007/01/24(水)17:39| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

台湾は大切な友邦ですね

台湾は実に大切な友邦ですね。中共のために台湾を切ったなど、今思えば許し難い暴挙でした。台湾の記事を少し前に書いたのでTB入れました、ご了承を。

2007/01/25(木)21:23| URL | 練馬のんべ #.GslOXVU [ 編集]

>練馬のんべさん

コメント&TBありがとうございます。

>台湾は実に大切な友邦ですね。中共のために台湾を切ったなど、今思えば許し難い暴挙でした。
・そうですよね。アメリカと日本では台湾の重要性には大きな違いがありますしね。独自で国交回復すべきですよね。

>台湾の記事を少し前に書いたのでTB入れました、ご了承を。
・同じ旗を貼ってあったので、ず~~と前の記事TBさせていただきました。

2007/01/26(金)01:38| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/74-fc3184b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇陛下万歳!、李登輝前総統万歳!

『台北の天皇誕生日祝賀会、李登輝・前総統が初出席』 実に有難いことです。ぜひ台湾

2007/01/25(木)21:20│家族がいちばん

東アジアに平和を 再投稿

100年前の列強の帝国主義の時代に迷走した李氏朝鮮は日本に併合された。日本からの離脱の後に朝鮮戦争を経て北朝鮮はソ連に擁立されて生まれた。その儒教道徳国家の金氏朝鮮王朝は共産主義で赤く厚化粧しながら周辺国に寄生し、チェチェと舌を鳴らしながらかろうじて生き

2007/01/22(月)20:16│異議あり!

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。