スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「日本国憲法」を考える(3) 第二章 国防と安全保障

 今回は、憲法改正の目玉と言われている9条に相当する部分を考える。
 所謂「戦争の放棄と戦力の不保持」であるが、私は前にも書いたように、前文と第一条で日本の国体の定義がしっかり出来ればこのあたりの条文は必然的に定まる物と思っている。


 現憲法の草案作りの際に、マッカーサーが示した三原則、所謂「マッカーサー・ノート」の第二項に以下のように書いてある。
『国家主権の発動としての戦争は、廃止される。日本は、紛争解決の手段としての戦争のみならず、自国の安全を維持する手段としての戦争をも放棄する。日本は、その防衛と保全とを、今や世界を動かしつつある崇高な理想に委ねる。
 日本が陸海空軍を維持する機能は、将来ともに許可されることがなく、日本軍に交戦権が与えられる事もない。』


 そして、これが現在の憲法の前文書かれているのである。
 曰く『日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。』
 この、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」と言う夢の実現が有って初めて以下の現憲法は成立する。


_/_/_/▼日本国憲法より引用▼_/_/_/_/_/


第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 「60年我慢してみたが、夢は叶わなかったから憲法改正」という声も多いがそうではない。
 「現状に合わないから憲法改正」これも違う。
 私の思う、国体をきっちりと定義する憲法が、60年間もの間存在していなかった!
 だから、創るのである。


_/_/_/▼トノゴジラの放言・暴言的案▼_/_/_/_/_/


第九条【国防と安全保障】


 日本は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、自国の安全と平和は自らの国権により護持すると共に、相互に安全保障を約する国の安全と平和をも同時に護持する。
 
二.日本は、前項の目的を達するために必要な戦力を、「国軍」として保持し、国際機関の活動にも貢献する。「国軍」の詳細は当該関連法により定める。


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/


 櫻井よしこさんが、著書「気高く、強く、美しくあれ」の中で、改正案を提示しておられる。


_/_/_/▼「気高く、強く、美しくあれ」より引用▼_/_/_/_/_/


憲法第二章(安全保障)


【憲法第九条】(国防権)
①日本国は自らの独立と安全を守り、国民を守るため、国防軍を持つ。
②他国に対する侵略を目的とした武力の行使を放棄する。
③国防軍の指揮監督権は内閣総理大臣に属す。
④国防軍の出動は、国家緊急事態を除いて国会の事前の承認を必要とする。
⑤軍事裁判所は、内閣総理大臣がこれを統括する。


【憲法第一○条】(国際貢献)
日本国は、正義に基づく国際秩序の形成と維持、その発展に責任ある役目を果たすため、国際機関の運営及び活動に貢献する。


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/
 
 さすがであり、言わんとする所は理解できるつもりだし、同意出来る。
 しかし、私の暴論からいくと、細かすぎる。
 少しでも具体的にと言う、桜井さんらしさでもあろうが、法律で定めるべき物が多すぎると思う。
 今語るのは「憲法」である。
 そもそも、軍隊を持つの持たないのなんぞ憲法に書く必要は無いのである。


 大日本帝国憲法から「軍隊」の文字を探してみた。


_/_/_/▼大日本帝国憲法より抜粋・引用▼_/_/_/_/_/


第十一条
 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス


第十二条
 天皇ハ陸海空軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム
 
第三十二条
 本章ニ掲ケタル条規ハ陸海空軍ノ法令又ハ紀律ニ牴触セサルモノニ限リ軍人ニ準行ス


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/


 これだけである。


 全て、軍は当然有って然るべきという前提で書かれている。
 私の案でも、今まで軍隊が無かった!から、一文を入れただけの事である。
 元来、独立国としての国体を掲げたからには、国防や安全保障は国の責務であり、当然の事で、現憲法に於いても、第九条が論点になるのは枝葉の議論に思えてならないのである。
 枝葉の改正でない「憲法」の原点に立ち返った議論の上で、新憲法の制定を切に望むところである。

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(14) | トラックバック(1)2007/01/09(火)23:06

コメント

僕の町は戦場だった!!


 半世紀 約半分は 国想う
 残る日数は 国に尽さん

 tono様も始めから国の事を考えていた訳ではないという気持ちを込めて・・・
 かく言う私は、小学生の時から周囲の「大人」達より国を想っていた自負は、あります!

2007/01/10(水)16:49| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

核心ですね。

簡潔にして解かりやすくですね。
現行九条だけは破棄して条文を新たに制定しなおすようにして欲しい。
前文で国体護持を明記してあれば、安全、独立、平和、が本文に入っていれば後は統帥権を内閣総理大臣でいいかな。
準じて国際貢献、集団的自衛権ですか。

改憲のためには自民党単独で三分の二以上の議席を一度確保すること。
コバンザメが付いていると碌なことないからね、振り払わないと^^;

2007/01/10(水)19:16| URL | ばんばん #- [ 編集]

んだんだ

軍がない独立国なんざありまへんよねえ。
とりあえず省に昇格したでスが。
本丸はこれからでスよなあ。
がんがって欲しいでス。
遅ればせながら。
今年もよろすくお願いしまス。
<(_ _)>

2007/01/10(水)23:41| URL | かっぱやろう #- [ 編集]

>枝葉の改正でない「憲法」の原点に立ち返った議論の上で、新憲法の制定を切に望むところである。

同感です。現憲法は改正してどうにかなるものではないので、新憲法を制定するのが良いと私も思います。

防衛庁が「省」に昇格しましたが、この際ですから、「防衛省」ではなく「国防省」に改め、自衛隊も「日本軍」に改名して欲しかったです。そして、政治家の方々には国の安全保障について現実を踏まえて真剣に議論し、具体策を講じて欲しいです。
北朝鮮に百名以上も国民を拉致されて、四半世紀が過ぎても取り戻せない、などという情けない状況から脱却し、少なくとも隣国から侮られることのない国になって欲しいです。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

追伸:tonoさんお薦めの軍歌のCD、良かったです。

2007/01/11(木)02:00| URL | spiral #- [ 編集]

同感

こうあるのが普通の国です。普通の国は、侵略戦争したくて常にうずうずしているわけではありません。

2007/01/11(木)23:10| URL | DUCE #- [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>半世紀 約半分は 国想う
 残る日数は 国に尽さん

>tono様も始めから国の事を考えていた訳ではないという気持ちを込めて・・・
・ザックリと刺されました。ヽ(´Д`;)ノアゥア...
 そりゃあもう、半分の半分位じゃないでしょうか?
 その反動も相当なようで、周りからは色々言われますが、最近は快感に!

  失いし 四分の三を 跳ね返す
  少なき残り 熱く生きなん

>かく言う私は、小学生の時から周囲の「大人」達より国を想っていた自負は、あります!
・それは、ひしひしと感じています。
 それも、私が鵺姫を尊敬する理由の大きな一つです。

2007/01/12(金)13:57| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>核心ですね。
>簡潔にして解かりやすくですね。
・そうです。
 細かく書けば書くほど「解釈」なんぞが出てきたりするんです。
 万世一系の天皇が元首である四面海の美しい独立国、これを定義すれば、後は必然的にする事は決まるでしょう。

>現行九条だけは破棄して条文を新たに制定しなおすようにして欲しい。
・まあ全文改訂→新憲法が理想ですが、九条の内容だけは何としても廃棄せねばなりません。

>後は統帥権を内閣総理大臣でいいかな。
・ここが難しいところです。中共等の様に「政府」や「政党」の軍ではなく、あくまで「国軍」でなければいけません。その点ポジションとしての「帝國海軍」「帝國陸軍」は良かったのですが。

>準じて国際貢献、集団的自衛権ですか。
・「国益」の為に為すべきは全てやると言うことで。。

>改憲のためには自民党単独で三分の二以上の議席を一度確保すること。
>コバンザメが付いていると碌なことないからね、振り払わないと^^;
・仰るとおり。without「ソウカ&国賊」で三分の二が欲しいところです。

2007/01/12(金)14:11| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>かっぱさぬ

コメントありがとうございます。

>んだんだ
>軍がない独立国なんざありまへんよねえ。
・先進国や主要な国々という意味ではそのとおりですよね。

>とりあえず省に昇格したでスが。
>本丸はこれからでスよなあ。
・記事みたいな正面突破は、現実には難しいと思いますが、考え方は間違ってないと思います。←ソリャジブンノイケンダモノ

>がんがって欲しいでス。
・上手く一歩進めて欲しい物です。

>今年もよろすくお願いしまス。
><(_ _)>
・こちらこそよろしくお願いします。
 九段で飲むというのもよろしいかと!

2007/01/12(金)14:16| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>spiral さん

コメントありがとうございます。

>同感です。現憲法は改正してどうにかなるものではないので、新憲法を制定するのが良いと私も思います。
・同意頂きありがとうございます。現実の正面突破は相当の抵抗が有りそうですが、考え方をせめて前文、一章、二章に盛り込んで貰いたいです。そうすれば当然九条は変わります。

>自衛隊も「日本軍」に改名して欲しかったです。
・賛成です。
 軍の方が、兵の意識も誇りも上がりますし、不祥事の対策も厳しく出来ますからね。

>政治家の方々には国の安全保障について現実を踏まえて真剣に議論し、具体策を講じて欲しいです。
>北朝鮮に百名以上も国民を拉致されて、四半世紀が過ぎても取り戻せない、などという情けない状況から脱却し、少なくとも隣国から侮られることのない国になって欲しいです。
・全くです。侮られてはいけません。
 特に隣国sに対しては、強さのアピールが必要です。

>遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
・こちらこそ。よろしくお願いします。

>追伸:tonoさんお薦めの軍歌のCD、良かったです。
・気に入って頂いて良かったです。
 私は車の中では何時も、、聞いています。

2007/01/12(金)14:25| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>同感
・ありがとうございます。

>こうあるのが普通の国です。普通の国は、侵略戦争したくて常にうずうずしているわけではありません。
・正にそのとおり。
 近隣が不当な内政干渉など出来ない「凛」として「平和」な国になるだけの事です。

2007/01/12(金)14:28| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

マッカーサーは、そのマッカーサー・ノートの件で、後に、最初に言い出したのは弊原喜重郎男爵だなんてこといってるようです。
責任のなすりつけですね。(゜Д゜)、ペッ


憲法9条の解釈は、私が知る限り、6つに分かれてます。
あういうのを見ると、改正が必要だと思います。
恣意的に拡大解釈ができる法律は、危険ですからねぇ。


新憲法9条は、tono様の案でいいと思います。
序列は、付随の法律で決めればいいことですし。

2007/01/13(土)11:11| URL | NS大川 #- [ 編集]

>NS大川さん

コメントありがとうございます。

>マッカーサーは、そのマッカーサー・ノートの件で、後に、最初に言い出したのは弊原喜重郎男爵だなんてこといってるようです。
>責任のなすりつけですね。(゜Д゜)、ペッ
・後で、あれは自衛の戦争だった何て言っているのも良心の呵責に苛まれたのでしょうか?

>憲法9条の解釈は、私が知る限り、6つに分かれてます。
・6つですか? そりゃ多すぎますね。
 というか条文を成していませんね。

>恣意的に拡大解釈ができる法律は、危険ですからねぇ。
・駄文である証かもしれません。

>新憲法9条は、tono様の案でいいと思います。
>序列は、付随の法律で決めればいいことですし。
・賛同頂きありがとうございます。
 特に憲法は、最小限且つ必要十分な国体の定義に尽きると言うのが私の憲法観です。

2007/01/13(土)14:15| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

こんにちは

憲法の内容とはちょっと話が違うのですが、
“憲法改正”に反対する一般国民ってどのくらいいるのでしょう?
普通に考えて、
『時代に合わせて憲法を変えるのは当然』
と考えるのではないかと思います。
もちろん内容にもよるでしょうが・・・

まあ、いきなり新憲法制定だとハードルが高いと思いますので、
まずは憲法改正からしっかり進めて頂きたいと思います。

2007/01/17(水)11:57| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>”憲法改正”に反対する一般国民ってどのくらいいるのでしょう?
>普通に考えて、
>『時代に合わせて憲法を変えるのは当然』
>と考えるのではないかと思います。
・私の様に、憲法は寧ろ不変こそ理想で、後は法律の範疇にするようにと言う人は少ないでしょうが、私もこの法律の範疇は時代に合わせて行うべきだと思いますね。
 そう言う意味で「時代に合わせて改正」に反対の人は3割ぐらいでしょうか?(全くの推量ですが)

>もちろん内容にもよるでしょうが・・・
>まあ、いきなり新憲法制定だとハードルが高いと思いますので、まずは憲法改正からしっかり進めて頂きたいと思います。
・そうですね、それは前進と捉えられる様な内容にして欲しいですね。
 まず、前文の「国体の定義」と「元首天皇」、「独立国とその国防」ですね。次が「権利の前に義務」「個の前に公」でしょうか?

2007/01/17(水)14:20| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。