スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

■父の記憶


見送るも行くも別れを知りながら微笑むこころ誰か知るらむ


父の記憶と言っても、他界した父を思い出す話ではありません。
大正15年生まれで、今なお健在の父が、私のやっている活動などを少しづ知って、やっと最近ぽつぽつと話す戦争中の記憶の事です。
父は、高等小学校を出て、勉強して海軍通信学校に入団しました。
当時、海軍は「入団」、陸軍は「入営」と言ったそうです。

「あん時は、俺も一生懸命勉強したなぁ!」

と自慢しておりましたが(笑)、志願して海軍を目指す憂国の士!と思い、志願の理由を問うて見ました。

「そりゃぁ、お前、海軍の制服がかっこ良かったけん・・」(爆)

全く想定外の回答に、ソファから滑り落ちましたよ。
しかし、考えてみれば当時は軍の存在は当然であり、軍人は尊敬される時代です。
貧乏な家で育ち、当時それなりの給料と安定感のある海軍は、就職先としても憧れの的だった様です。

そして、父は海軍鹿屋航空基地で終戦を迎えました。
鹿屋は、あの有名な知覧よりも多くの特攻機が飛び立った基地です。
基本的には、知覧は陸軍、鹿屋は海軍の特攻基地と言う事のようです。
一度思い切って聞いた事があります。

「特攻隊って・・・どんなだった?」

父は、一瞬の間の後話してくれました。

「自分は穴倉の中が仕事場だから、いつも見送った訳じゃないが、あいつら出撃の前の晩は大騒ぎしよったなぁ。」

「で、出撃する時は、飛行機に源頼朝だかなんだかの弁天様の幟を立ててな、笑って行きよった。」

この、幟は、恐らく源頼朝や北条政子が戦いの前に戦勝祈願をしたと言う「旗上拚戝天」と描かれたものでは無いかと思われます。
 旗上弁財天の幟

父が私に嘘を言ってもしょうがないので、この辺りの事は事実だと思います。

「笑って行きよった・・・・」

事実であろうだけに、胸が詰まります。

最近、私の車に乗って買物に行きました。
「海の進軍」と言う軍歌がかかっていましたが、父はなつかしい!と言うと思いきや、

「この歌はなんという歌だ?聞いた事が無い!」

と言いました。
考えてみれば、当時の軍歌は、ある意味「銃後」の方が沢山聞いていたのかも知れません。
兵隊は、各々の基地や部隊、船等の中で歌い継がれた歌は知っていても、その他の軍歌を知る術が無かったのでしょう。

「愛国行進曲は無いのか?」

と言うのでかけると、口ずさんでいました。

「海ゆかばは?」

と言うので、これもかけましたが、
今度は口ずさむ事は無く、

「これを聞くと涙が出る・・」

と言ったきり黙ってしまいました。

父の様に、軍隊に居ながら、戦争で死なずに済んだ人間は、靖國神社や護国神社に祀られる英霊と違って、
「生き残ってしまった者」にしか解らない「何か!」を背負っているように思います。
だから「俺達が代わって日本を再興する」と言う思いがあったように思います。
それが、あの高度経済成長時代を呼んだのではないかとも思います。

情報の溢れる現代では、ややもすると「生き残ってしまった者」は悪者にされる様に感じる言動が目見に付きます。
そんな人達は「生き残ってしまった者」が、靖國神社に参拝するまでには、時間と勇気を必要とした事を知ってもらいたいと思います。
何と言っても、英霊の御霊の重さを、一番良く解っているのは「生き残ってしまった者」なのですから。

今年も、靖國神社、護国神社の「みたままつり」には献灯をしようと思っています。



目覚めよ日本人!と思う方→  



スポンサーサイト


靖国・近代の戦い | コメント(6) | トラックバック(1)2012/05/25(金)14:16

コメント

ご無沙汰です。

お父上、お元気なんですね。
昭和5年生まれの私の父は昨年秋に亡くなりました。
末期の予科練兵でした。

2012/05/25(金)15:59| URL | おばりん #Wa8vY8KE [ 編集]

Re: ご無沙汰です。

☆おばりん さま
 コメントありがとうございます

> お父上、お元気なんですね。
・数年前7歳も若い母が、くも膜下出血で倒れ一時は諦めかけましたが、何とか持ちこたえました。
 今は車椅子で、記憶や内容は怪しいですが、毒舌だけは達者な母の介護が生甲斐の様に思えます。

> 昭和5年生まれの私の父は昨年秋に亡くなりました。
・それはご愁傷様です。
 ご冥福をお祈りいたします。

> 末期の予科練兵でした。
・父は通信兵ですが、まだ若かったが故に内地の基地勤務だったと思います。
 通信学校を出て、2年か3年で終戦だったようです。
 もっと早く私が目を覚ましていれば、色々な実体験を聞けたのにと思いながら、実家に帰るたびに少しずつ話をしています。
 戦争を余りに簡単に語る若い世代に、その重さを少しでも伝え残せればと思います。

2012/05/25(金)16:42| URL | tono #- [ 編集]

父親の健在、羨ましいですね。親子での会話。いいものですね記事拝見。ご家族のご健勝を祈念しまして、一言の激励を!書きました。

2012/05/25(金)17:20| URL | 筑後川の日本人 #- [ 編集]

久しぶりです

沖縄に行かれたんですね、ご活躍ご苦労様です。

「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」
歳を取っても親は親、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いものです。

お父上を大事にしてください。

海ゆかば 良いですよね
わたしも大好きです。

2012/05/26(土)22:18| URL | gannriki #- [ 編集]

Re: タイトルなし

☆筑後川の日本人 さま
 コメントありがとうございます。

> 父親の健在、羨ましいですね。親子での会話。いいものですね記事拝見。ご家族のご健勝を祈念しまして、一言の激励を!書きました。
・ありがとうございます。
 父母の存在という物は、元気なときには気付かない物だと思うこの頃です。

2012/05/27(日)22:34| URL | tono #- [ 編集]

Re: 久しぶりです

☆gannriki さま
 コメントありがとうございます。

> 沖縄に行かれたんですね、ご活躍ご苦労様です。
・初めて沖縄の地に参りました。
 行って、いろいろ見方が変わるところが多々ありました。

> 「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」
> 歳を取っても親は親、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いものです。
・松陰ほど偉大でも行動的でもありませんが、親子の情については、解るような年になってきたのかも知れません。

> お父上を大事にしてください。
>
> 海ゆかば 良いですよね
> わたしも大好きです。
・ありがとうございます。
 本日の日本海海戦追悼式でも流れていましたが、やはり海ゆかばには多くの思いが宿っているように感じます。

2012/05/27(日)22:39| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/638-e0c9a466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

父の出征

 友人のジェームスの父君をシリーズで紹介してますが、割り込みで我が父をはさみます。 昭和5年生まれ、15歳で海軍の予科練生に合格して出征していきました。  下の写真

2012/05/25(金)15:55│おばりんの写真日記

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。