短歌同人誌「反射光」第24号(平成廿三年冬号)が届きました

 短歌の同人誌「反射光」第24号(平成廿三年冬)が届きました。
 反射光23年冬


霊峰の裾野につどふ防人の士気揚々と総合火力演習
(富士の演習場で行われた陸上自衛隊「富士総合火力演習」を見学して)


菅過ぎて野田来たれども政界の春の訪れいまだ聞こへず
(くるくると総理の首がとっかえられるが、政界は真冬の暗雲垂れ込めたまま)


誰よりもハンマー遠くへ投げこみてテグの蒼きに日の丸なびく
(精進の賜物。室伏選手、見事の一言で)


いつのまに途絶へし夏の朝の声また聞く声は土に眠れり
(いつの間にか蝉の声が聞こえなくなった。来年の「夏の声」は土の中だろう)


紅の朝な夕なに吹く風はゆるりと夏の幕をひきゆく
(秋の兆しが感じられると、あの夏の猛暑は「一幕の芝居」のごときに)


絵のやうな川瀬の鷺の舞ふそばで吾は露天の湯船にう浮かぶ
(手を伸ばせば獲れそうな川瀬の鷺。川原近い温泉の露天風呂でしばしのくつろぎ)


迫りくる納期はピクとも動かねど時はつるべの落つるがごとく
(納期が迫れど作業は遅遅として進まず、時は無情に過ぎて行く)

スポンサーサイト


一息・日本の力 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/12/13(火)13:46

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。