スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

御礼状-福岡憂国忌

 去る11月23日に催されました「福岡憂国忌」には、多くの方にご参列頂き、誠にありがとうございました。

 H231123_福岡憂国忌御礼状

             御 礼 状

謹啓 師走の候、皆様方には益々ご清栄の事とお喜び申し上げます。

 本年の第四十一回福岡憂国忌は、過去最高の四百三十五名の方々にご参集戴きました。四十年余に及ぶ福岡憂国忌の歴史の中で筥崎宮の境内から会場を移し、また四百名を超える参列者は初めての経験でした。毎年の盛会は、偏に福岡憂国忌を大事に支えて下さっている皆様方のお蔭と深く感謝申し上げる次第です。
 第一回福岡憂国忌より神事、式典、直会の継承は、両烈士の御霊を祭場に仰ぎ、三島先生の遺文や檄文等に心を傾け、自らの一年を省察する場と心得ているからであります。生命を賭して国家再生、国民覚醒を訴えられた三島先生の遺志を憶念し、その継承をお誓いする聖なる場と肝に銘じております。
 さて本年、「尖閣を守れ!―海上保安官の使命と誇り」と題した一色正春氏のご講演は、氏の生き様が語られた内容でした。昨年十一月四日、尖閣事件の映像をネットに流すに至った決意は、事件の非は中国ではなく我が国日本にあるとの疑念が国際社会に広がりつつあることを危惧し、わが国の名誉と真実を守るためであったことを語られました。三島先生は檄文において「我慢に我慢を重ねても、守るべき最後の一線をこえれば、決然立ち上がるのが男であり、武士である」と述べられましたが、本来ならその責務は政府や国会議員に所属するものですが、事件の映像を見て真実を知る人間としての責任を感じ、氏は勇気を奮って実行されました。正に人生の中に国家を据えて生きていく一人の日本人(武士)によってわが国が守られたことを実感させられました。
 また一色氏は、わが国の自衛隊が海上警備行動や自衛隊発動を出されるには閣議の了承や国会承認が必要であり、緊急時には間に合わないことや、自衛隊は他国の軍隊と異なり法律にかかれていることしか行動できないために、国家を守る真の軍隊に成り得ていない現実を指摘されました。その背景には、三島先生が指摘された、わが国の建軍の本義は「天皇を中心とする日本の歴史・伝統・文化を守る」ことにあるとの本質が忘却されていることに起因することを改めて痛感させられた次第です。
 自らの体験と見識を謙虚に述べられた一色氏のご講演でしたが、檄文の中の「一個の男子、真の武士としての蘇へり」を訴えられた三島先生の言葉が思い起こされ、私たち一人ひとりにそのことが問われていることを教えられた講演会でした。
 最後に、内憂外患の厳しい時代を迎えておりますので、福岡憂国忌の世話人団体を務めさせて戴いている福岡黎明社一同は、三島先生の遺志にしっかりとお応えすべく祖国日本の為に戦い続けていく事をお誓い申し上げ、御礼の言葉とさせて戴きます。敬白

 平成二十三年十二月一日
                     福岡黎明社
                        辻 幸男

スポンサーサイト


お知らせ | コメント(4) | トラックバック(0)2011/12/07(水)13:00

コメント

平成の憂國の烈士誕生。

石川県の護国神社の清水 とうる憲法学者元枢密院の先生碑前にて!大学生が 杉田智殿。

2011/12/13(火)00:21| URL | 筑後川の日本人 #gpiJ.kIk [ 編集]

Re: 平成の憂國の烈士誕生。

筑後川の日本人 さま
 コメントありがとうございます。

> 石川県の護国神社の清水 とうる憲法学者元枢密院の先生碑前にて!大学生が 杉田智殿。
・これですね↓
 http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/61605623.html
 マスゴミは当然、何も伝えないでしょうね。
 無念です。
 杉田智烈士の、ご冥福を祈ります。

2011/12/17(土)10:53| URL | tono #- [ 編集]

元警察官よりお尋ね致します。

昔、筥崎宮のお隣で働いていました。感心はありましたが、お恥ずかしながら福岡憂国忌についてはよく存じ上げず、50を目前にしてやっと次回は参列させて頂けたらと思い立ちました。そこでお尋ねしたいのですが、誰でも参列させて頂けるのでしょうか? 中島

2011/12/20(火)00:52| URL | 中島辰夫 #- [ 編集]

Re: 元警察官よりお尋ね致します。

☆中島辰夫 さま
 コメントありがとうございます

> 昔、筥崎宮のお隣で働いていました。感心はありましたが、お恥ずかしながら福岡憂国忌についてはよく存じ上げず、50を目前にしてやっと次回は参列させて頂けたらと思い立ちました。そこでお尋ねしたいのですが、誰でも参列させて頂けるのでしょうか?
・福岡憂国忌に感心を頂き感謝申し上げます。
 福岡憂国忌は、どなたでも参列頂けます。
 メールで連絡差し上げましたので、ご一読頂ければ幸いです。
 
 この度はお問合せ頂きありがとうございました。
 今後とも、福岡憂国忌を宜しくお願い致します。

2011/12/20(火)11:14| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。