スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

天皇は神に非ず、元首に非ず!

 昨日の天長節、今上陛下喜寿のお祝いでもあり、宮城へ一般参賀に参りました。
 東京の友人と合流して、9時15分に丸ビルを出発。
 天気晴朗なれど、凄い風です。
 三井ビルの巨大な日の丸が、千切れんばかりにはためいておりました。
   2010122308230000.jpg

 例によって、荷物検査やボディチェックの後、列へ。
 去年より多い様な気がしましたが、産経新聞の報道では、私達の参りました1回目のお出ましには、11,250人の人が集まったそうです。
 陛下のお言葉の後、日の丸の手旗を振り、やはり今年も「天皇陛下万歳!」と三唱せずにはいられませんでした。
 ネットでは、あの万歳三唱はさくらだとか、誰かが指揮していると言う馬鹿げた事を言う人も居るようですが、実際に参賀に赴けば分かります。
 あちらこちらから、自然発生で湧き上がる声なのです。
 
 さて、表題を見て、色々と異論のある方も多いとは思いますが、私はそう考えているという事でご容赦下さい。
 私は、日本の国體をいつも考えます。
 日本の国體とは何か?
 国土と天皇の存在に他なりません。
 天皇の存在が欠けると言うことは、三島由紀夫の言葉じゃないですが、日本!は無くなって、その代わりに、無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、ある経済的大国が残るだけなのです。
 天皇は、日本の国體の一部、あるいはその物であるという事です。
 
 天皇は神に非ずと書きましたが、今上陛下(を含め在位している天皇)と歴代天皇は分けなければなりません。
 歴代天皇は、色々な神社の御祭神として祀られており「神」である事に間違いは無いと思うからです。
 今上陛下はどうか?
 陛下が、最も大切にされる事であり、只管に行っておられるのが「祭祀」です。
 「祭祀」とは神に祈り、神に報告し、神に感謝する事です。
 此処に、神のお告げを受けると言う項が無いのが、神道の真髄なんだと思います。
 歴代の天皇も、その時々のご在位中にあっては、「祭祀」を行われています。
 その内容は「国」の、悠久の安泰と繁栄に他なりません。
 これは、そのまま、国民の幸せの基礎となるものです。
 即ち、今上陛下(歴代の即位中の天皇)は、「祭祀」を行われる存在であるが故に「神」ではないと、私は考えます。
 
 天皇は元首に非ず!にも異論がおありでしょう。
 しかし、私は、元首はたとえ王室であっても、権力の象徴と言う観念が抜けません。
 日本に於ける天皇陛下は、こう言っては他の王室に失礼かもしれませんが、権力の象徴などと言う下賎な存在ではありえないのです。
 天皇陛下は、日本の国體の一部、あるいはそのものでありますから、他の国の「元首」等と比べてもらっては困る!と言うのが私の考え方です。
 外国から見たら、天皇は「元首」ではないかと言う意見が在ります。
 そのとおりだと思います。
 外国には国體としての天皇の存在は無く、元首以上の存在を知らないというか、理解できないから当然でしょう。
 そういう意味で、外国語への翻訳も大間違いだと思っています。
 天皇を「emperor」等と訳しているからです。
 「emperor」を和訳したら、皇帝ではないですか!
 辞書によっては、日本の天皇も訳に入っていると言われるかもしれませんが、それがそもそも間違っています。
 天皇は「emperor」でも「japanese emperor] でも無く「The Tennou」とすべきだったのです。
 外国の元首が来日した時にはお会いになるではないか?
 日本の元首等、総理で十分だと思いますが、恪の違いから総理では役不足の事も、国際儀礼上あり得るのはわかります。
 その時に、陛下が元首の代わりに、他国の元首とお会いになる事を否定する物ではありません。
 天皇を「元首」とした方が分かりやすく便利である事は認めますが、日本の国體はやはりしっかりと認識しておくべきだと考えます。
 日本を大統領制にする!と言うと目くじらを立てる方々がおいでになります。
 天皇こそ元首であるという方に多いようにも感じます。
 私は、大統領制に反対しません。
 たかが行政のトップを議員が選ぶか、国民が直接選ぶかの違いだと思うからです。
 首相公選制と大統領制は違うといわれるでしょうが、所詮政治の話、権力の話であり、大同小異です。
 目くじらを立てる人たちは、国體たる天皇陛下を、まさか、ころころ変わるたかが行政のトップと比較しているのでしょうか?
 冗談ではありません。
 日本で大統領制が実施されたとて、その大統領なる行政のトップを、首相と同じく宮殿において認証を与えるのは、あくまで天皇陛下なのです。
 大統領を元首とする、主に共和制の国の所謂「大統領制」を当てはめる事は、日本が日本である以上ありえないのです。
 先にも書いた様に、そんな事が可能となった時には、それは日本ではなく、無機質な、空っぽな~ある経済大国に成り果てたという事です。
 
 私は、天皇は日本の象徴だと思っています。
 しかし、もちろん現日本国憲法に言う「国民統合の象徴」等ではありません。
 国民統合の象徴などと言う表現は、共和制の国の言い草です。
 何度も言いますが、天皇は日本の国體そのものです。
 私が言う象徴とは、富士山が日本の国土を象徴するように、その国土を含む日本の国體を象徴していると言う事です。
 日本と言う国は、このように「国あって民あり」と言う国家です。
 国土と天皇の存在があれば、国體は成立しますから、「民ありて国あり」の諸外国と混同してはいけないと考えます。
 
 私がこの考え方に固まってきた要因の一つが、今上陛下のお言葉です。
 「維新から終戦までの、天皇のありかたは、本来では無い様に思います」
 不敬覚悟で申し上げれば、私には、在位中の例えるならば「神の候補」であるべき天皇を、神と祀られるのを待たずに「神」そのものとした事を言われているとのでは無いかと感じたのです。
 
 天皇陛下は日本の国體そのものなのです。
 天皇無くして「日本」は存在し得ないのです。
 これは、私の中に、深く深く刻まれています。
 異論のある方もおありでしょうが、私は今後も、この「国體を護る!」活動を続けていく所存です。
 
 天皇陛下 万歳!


日本は世界に無比の国體を持つ!と思う方→  


スポンサーサイト


天皇・国體・皇室 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/12/24(金)16:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。