スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

選択性夫婦別姓の勘違い

 所謂「選択性夫婦別姓」がまた蒸し返してきました。
 国民新党の反対で、何とか食い止めている危険な状態です。

 この「選択性夫婦別姓」は、推進派の本質を隠したインチキな扇動・洗脳が浸透しつつあります。
 民主党や社民党が推進しようとする「選択性夫婦別姓」は、まず民法の改正から入り、最終的には戸籍法に手を付けて、家族制度を崩壊させ、個々の人間の親の世代すら記録に残さず、個人のみが存在する世界を目指している物です。
 そういう狙いがありながらも、巧妙なだましの情宣を行っています。

 一つが「選択性」と言う言葉です。
 「選択性」だから、選択しなければ同じでも良い訳で、何の問題も無いと言う思考への誘導です。
 選択できるという法律が出来れば、選択した場合の事を全て網羅した法整備が必要となります。
 したがって「選択しなかった」と思うのは錯覚で、二人が、たまたま「同じ姓」を選択しただけ!と言う体系に変わってしまうという事を隠しています。
 そして、子供はその「どちらか」の籍になるという事です。
 ここは、夫婦が同じ姓であっても、天と地ほどの違いがある事をしっかりと認識する必要があると思います。

 もう一つが「旧姓の使用が出来なくなるので不便」と言うものです。
 これは、現実的に説得力があるので、反対派はしっかりと説明のポイントを纏めていなければなりません。
 「旧姓の使用が出来なくなるので不便」の解決法は、決して「選択性夫婦別姓」等ではなく、「婚姻後の旧姓使用の合法化」です。
 つまり、戸籍上はあくまで一つの姓ではありますが、旧姓を永住外国人の通名程でなくても、一般社会生活や、行政サービスにおいて使用できるように法整備をすれば済む事です。
 戸籍法では、戸籍上の姓(家族名)はニ世代までしか使えませんから、姓を変えた方の旧姓欄を、有効に活用するような発想で良いはずです。
 こうする事で、子供と両親の戸籍上の姓は同一が保たれ、現行どうり戸籍上の親子別姓は発生しなくなります。
 永住外国人は本名とは全く違う姓名の通名を創作出来ますが、この旧姓使用の合法化は、本名とは全く違う姓名を創作する訳でも無いので、寧ろ通名等よりも煩雑製は遥かに低いはずです。
 従って、役所側は「前例が無い」と言う訳にはいきません。
 そもそも、立法府の国会においてさえ、旧姓どころか芸名などの通名で選挙を戦い議会に出席しています。
 また、婚姻による姓の統一は、現実的に女性の負担が多い等と言う賛成派の論調は、法の主旨を曲解させる為の扇動情宣に過ぎません。
 しかし、意外と有効な扇動であり「殺し文句」なのです。
 「旧姓使用の合法化」が法整備されれば、この「殺し文句」も荒唐無稽な主張である事が顕著になります。
 
 そして、ここでも触れた永住外国人の通名使用と、選択性夫婦別姓を組み合わせると、日本人と外国人が分からなくなると言うのも推進派の大きな目的の一つだと思います。

 以上、現時点での私の認識を簡単に記述してみました。
 日本の伝統的家族制度の規範である戸籍法と民法は、改悪を阻止しなければなりません。
 その為には、「選択性」と言う言葉の危うさや、「夫婦別姓」と「旧姓使用」とは全く別物と言う認識をしっかりと持たなければならないと思います。



夫婦別姓と旧姓使用は別物!と思う方→  


スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(3) | トラックバック(1)2010/12/17(金)14:22

コメント

郵便では、結婚した女性が旧姓で受け取るというケースが良くあります。職業的見地から言えば、それを禁ずるだけの法的規制がなく、勝手次第状態であります。
しかり、その割にはそうした事をろくすっぽ届け出ないで受け取ろうとする馬鹿どもがいます。極端な話、こういう連中は当職業に対する嫌がらせでもやっているのかと思います。
他人に公表もできない姓なんぞで郵便を受け取るな、この卑怯者!(#゚Д゚)ドカーン!!
自分としては、せめて届け出た上で受け取って欲しい物です。

2010/12/17(金)19:47| URL | DUCE #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/19(日)04:36| | # [ 編集]

Re: タイトルなし

☆DUCEさま
 コメントありがとうございます

>郵便では、結婚した女性が旧姓で受け取るというケースが良くあります。職業的見地から言えば、それを禁ずるだけの法的規制がなく、勝手次第状態であります。
>しかり、その割にはそうした事をろくすっぽ届け出ないで受け取ろうとする馬鹿どもがいます。極端な話、こういう連中は当職業に対する嫌がらせでもやっているのかと思います。
>他人に公表もできない姓なんぞで郵便を受け取るな、この卑怯者!(#゚Д゚)ドカーン!!
>自分としては、せめて届け出た上で受け取って欲しい物です。
・ご怒りご尤もです。
 郵便の場合は、その住所地に、その名前の人が住んでいる(事が明確である)という事が重要ですね。
 旧姓使用の法的整備は、こと旧姓に限れば、郵便・宅急便関係の方にも良い話だと思います。

2010/12/20(月)10:52| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/568-194b3443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暴走する内閣府・男女共同参画会議(前編)

※産経ニュースより夫婦別姓に関する記事を引用します。 ■男女共同参画基本計画を閣議決定 夫婦別姓は引き続き検討 表現後退も趣旨は変わらず 2010.12.17 ※男女共同参画会議で菅直人首相(右)に答...

2010/12/21(火)18:41│新・へっぽこ時事放談

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。