国無し政権の恐怖!

 民主党、仙谷政権がいよいよ馬脚を現して来ました。
 えっ違う? 参議院予算委員会の委員長ともなれば、そんな事間違うはずも無いでしょう?
 それとも、これは民主党内部の「機密」を委員長が「流出」させてしまったのでしょうか?
 しかし、これもビデオと同じで、到底機密とは言えぬ、公然の事実ですね。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101118/stt1011180854002-n1.htm

 まあ、民主党政権の舌禍事件は揚げればキリが無いのですが、笑っている場合では無いのです。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011172357029-n1.htm

 ひとつには、本来の機密管理が実にいい加減であるという事です。
 仙谷氏は、国会で報道のカメラが注視している中、平然と国家機密に属する文書を晒していました。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101111/plc1011111748018-n1.htm
 そして、この件はどうして問題にならないのか不思議ですが、11月6日のTV番組で、出演者に「尖閣での対応は弱腰で間違っていた」と指摘された、長嶋国会対策委員長は「外交はいろいろあって単純じゃない」と言う様な事を言いました。そこまでは当然なのですが、続けて「フジタの社員はどうなっても良かったのか!」と口を滑らせたのです。
 フジタの社員の事件は尖閣とは関係ないと言うのが政府の立場であり、公然の秘密であっても絶対に言ってはいけない「外交機密」だと思います。少なくとも表向きは、フジタはフジタで断固釈放要求をするのがスジでしょう。
 それを、TV番組でこんな事言えば、世界に向けて「支那は日本人を人質に取り、しかも日本はその脅しに負けた」と発信したも同然ではないですか?

 野党時代に、外国の物まねで作った「影の内閣」は、全くのママゴト遊びであったという事です。
 そして、欲しかったのは「国益を担う公僕の頂点」ではなく「私利私欲の為の権力」であり、この連中の脳裏には「国」と言う概念が、完全に欠落しているのです。
 さらに恐ろしい事は重なります。
 政府・与党は自らのママゴトぶりを反省するどころか、国家の重要な外交機密などは垂れ流しにしておきながら、自分達に都合の悪い事を「機密」だ何だと言って、それを批判する言論の自由を封殺にかかろうとしています。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101113/plc1011130013000-n1.htm

 「人権擁護法案!」
 この法案の恐ろしさが、今一分からなかった方々も、「人権擁護」を「機密保護」と置き換えてみてください。
 そうすると、この法案が如何に危険で、支那共産党政府と同じく、政府の私利私欲・保身の為に、幾らでも恣意的に使う事ができると言う事がお分かりだと思います。

 自衛隊に対しても、悪意に満ち満ちた言動をしています。
 仙谷総理、もとい官房長官は、「自衛隊は暴力装置」等と言っています。
 「軍事力」や「武力」を「暴力」と言うならば、確かにその通りともいえます。
 しかしながら、日教組等が「義務」を「強制」と言うのと同様に、その感性を表す表現です。
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010111800250
 松崎議員に至っては、とにかく権力をひけらかしたくてしょうが無い様です。
 決まりが護れない、哀れな人です。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101118-00000513-san-soci
 
 そんな手足を縛られた極悪環境の中でも、我が自衛隊は粛々と任務を全うしています。
 パナマ船籍の事故船の、支那人乗組員の救助も行っています。
 以下の関連リンクを参照下さい。
 頭が下がります。
 感謝しかありません。
 
 それもこれも、詰まるところ、現政権・与党に「国」という概念が無いからだと思います。
 こんな国無し政権は、早々に潰さねば、本当に日本と言う国が無くなってしまいます。
 

_/_/_/_/_/ 関連リンク _/_/_/_/_/

☐沖縄県西表島南方沖における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について
 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/11/13a.html

☐ソマリア沖・アデン湾における海賊対処について
 http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/somaria/index.html

☐海賊対処のためのP-3Cの飛行実績について
 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/11/08b.html

☐アデン湾における第189回(海賊対処行動第148回)の護衛の終了について
 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/11/08a.html

☐アデン湾における第190回(海賊対処行動第149回)の護衛の終了について
 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/11/11a.html

☐急患輸送実績について を掲載
 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/11/10c.html

☐ロシア海軍艦艇の動向について
 http://www.mod.go.jp/jso/press2010.htm

☐ロシア機の沖縄方面への飛行について
 http://www.mod.go.jp/jso/press2010.htm

☐ソマリア沖・アデン湾海賊対処 活動状況資料
 http://www.mod.go.jp/jso/kaizokutaisyo.htm

☐ソマリア沖・アデン湾護衛活動実績
 http://www.mod.go.jp/jso/escort_activity.htm

☐ゴラン高原派遣輸送隊 活動状況資料
 http://www.mod.go.jp/jso/pko_undof_activity.htm

☐平成22年度日米共同統合演習(実動演習)
 http://www.mod.go.jp/jso/press2010.htm

☐【南極地域観測協力】南極に向け砕氷艦「しらせ」活動状況 を掲載
 http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/operation/nankyoku.html

☐【災害派遣活動】洋上で行なった災害派遣活動
 http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/operation/disaster.html

☐ソマリア沖アデン湾における海賊対処活動の写真
 http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/operation/pirates.html




もう民主党政権はこりごりだ!と思う方→  
スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(3) | トラックバック(0)2010/11/18(木)16:04

コメント

仙谷、地金が出ましたか

仙谷官房長官が国会で自衛隊を「暴力装置」と評しました。
国を統治する政府の官房長官が国を守る要の「自衛隊」を「暴力装置」とは、聞いたときは、一瞬唖然、呆然としました。
しかし、これまでの仙谷の言動からすれば至極当然だったのかもしれません。
日本を守る自衛隊を普通には武力、軍事力、自衛力とか表現するのが一般的です。
この人は明らかに日本国民の目線で自衛隊を見ていないということを、図らずも自ら吐露したことになります。
だってそうでしょう、軍事力を暴力と見るのは軍事力に脅威を受ける側です。
だから抑圧される民衆は軍の圧制を暴力と表現します。
国家の場合は軍事力を暴力と思っているのは、敵国側のものの捉え方です。
日本の自衛隊を敵と思っている国の考え方なんです。
中国船長釈放もこういう考え方なら、当然のことです。
尖閣に中国が武力侵攻しても、決して自衛隊を発動しないという確信が間違っていない証明にもなります。
そんなこと証明するなよ。な、仙谷!
広く国民覚醒のための啓蒙だとすれば、誠におめでたいことであります。(わらい

2010/11/19(金)11:34| URL | gannriki #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/11/22(月)07:56| | # [ 編集]

Re: 仙谷、地金が出ましたか

☆gannriki さま
 コメントありがとうございます
 
> 仙谷官房長官が国会で自衛隊を「暴力装置」と評しました。
> 国を統治する政府の官房長官が国を守る要の「自衛隊」を「暴力装置」とは、聞いたときは、一瞬唖然、呆然としました。
> しかし、これまでの仙谷の言動からすれば至極当然だったのかもしれません。
・仙谷の活動履歴から言えば、標準語ですね。

> 日本を守る自衛隊を普通には武力、軍事力、自衛力とか表現するのが一般的です。
> この人は明らかに日本国民の目線で自衛隊を見ていないということを、図らずも自ら吐露したことになります。
> だってそうでしょう、軍事力を暴力と見るのは軍事力に脅威を受ける側です。
> だから抑圧される民衆は軍の圧制を暴力と表現します。
> 国家の場合は軍事力を暴力と思っているのは、敵国側のものの捉え方です。
> 日本の自衛隊を敵と思っている国の考え方なんです。
> 中国船長釈放もこういう考え方なら、当然のことです。
> 尖閣に中国が武力侵攻しても、決して自衛隊を発動しないという確信が間違っていない証明にもなります。
> そんなこと証明するなよ。な、仙谷!
・敵の「暴力装置」に対抗する「暴力装置=軍隊」が日本にもあるよと言っている訳ですから、自衛隊が軍隊である事を堂々と認めた、最初の官房長官として名を残す事でしょう。

> 広く国民覚醒のための啓蒙だとすれば、誠におめでたいことであります。(わらい
・半島で暴力装置がドンパチやりましたが、この事態を想定していたのでしょうねwwww

2010/11/24(水)11:21| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。