スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

忘れていませんか?

 尖閣問題では、未だに逮捕と称して拉致されたフジタの社員は釈放されていません。
 ただ、非難されるかもしれませんが、中華人民共和国の共産党独裁政府と言うのはそういう政府だと言う事は分かっていたはずだと思います。
 ある意味自ら飛んで火の傍に居たのではないかと思います。リスクの範疇ではないでしょうか?
 それでも多くの日本人が怒り、行動を起こしました。
 東京では2600人もの大行進が行われました。
 当然の覚醒だと思います。

 しかし、33年前、尖閣の様に経済水域や領海ではなく、日本の領土内に於いて、13歳の少女が北朝鮮の工作員に連れ去られると言う、そして、この事件は少女一人では無かったと言う重大な事件が、忘れ去られようとしています。
 北朝鮮による日本人拉致事件です。
 この拉致問題は、フジタの社員逮捕より遥かに大きな問題を含んでいます。
 拉致された人たちは、先に非難覚悟で申し上げたリスクの範疇に居た訳では無いのです。
 本来、一番安全なはずの故郷日本で普通に暮らしていたのです。
 それなのに、日本国内に於いて北朝鮮の工作員に連れ去られてしまった・・・・・
 この拉致事件が発覚して以来、私達「北朝鮮に拉致された日本人を救う福岡の会(救う会福岡)」は、この事件は人権問題であり、国家主権侵害問題であり、日本人の安全保障問題であるとして政府へ被害者の奪還、安全保障の確立等を訴えて来ました。
 しかし、ご存知の様に、今の民主党政権に限らず、政府は本腰を入れることは有りませんでした。

 私は尖閣問題も根は同じだと思っています。
 自国の主権を蹂躙されて動かず、自国民の安全を脅かされて動かず、加害国の恫喝に狼狽して動き回る。
 しかし、こんな政府を代々作り出して来たのは「国民」では無いのでしょうか?
 民主党の言う「国民の生活が第一」と言うのは正論です。
 ただ、本義が抜けています。
 国家の主権を蹂躙されぬ様動き、国民の安全が脅かされぬように動くのがこの言葉の本義では無いのでしょうか?
 福岡では、今年も10月17日に「救う会九州連絡協議会」主催で国民大行進を行います。
 http://tonogodz.blog70.fc2.com/blog-entry-535.html
 
 尖閣であれだけ盛り上りデモが行われています。
 本質は国の、政府の姿勢にあります。
 それは、「拉致」も「尖閣」も同じです。
 そして拉致問題は未だ現在進行形なのです。
 たった数名しか奪還出来ていないのです。

 尖閣よりも深く国内に入り込んだ、国家主権蹂躙、国民の安全保障放置に対して、もっと怒りの声を上げてください。
 国民自身が目覚めなければ、その国民が選ぶ政府が変わるはずがありません。
 私達と一緒に怒りの声を上げてください。
 当日のご参加、心よりお待ちいたしております。

 国民の生活が第一だ!と思う方→  
 

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/10/08(金)12:39

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。