起訴すべし!

 時事通信によると、
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010092500060


 
 中華人民共和国共産党独裁政府は、「日本側の取った司法措置はすべて違法で無効で、日本側はこの事件について中国側に謝罪と賠償をしなければならない」と主張しています。
 船長の拘束を「主権の侵害!」として、日本に対して謝罪と賠償請求を求めるという事です。
 つまり「自国の領土・領海で他国(日本)の官憲が違法に漁船(を装った工作船に違いないと思う)を拿捕して船長を拘束した」と言っているのです。

 「主権の侵害!」
 即ち、尖閣諸島は、中華人民共和国共産党独裁政府の主権が及ぶと言っているのです。
 中華人民共和国共産党独裁政府の狙いは此処にあるのは明々白々だったはずじゃないですか?

 このまま黙っていれば、日本は尖閣諸島の主権を放棄した事になります。
 これが、検察の言う今後の日中関係なんですか?

 日本は「領土問題などは存在しない!」立場で事を進めるべきです。
 まだ間に合います。
 不起訴ではなく、処分保留のはずです。
 検察は、身柄は無くても、日本の国内法に基づい起訴すべきです。
 とにかく起訴するんです。
 そして、粛々と司法手続きを進めれば良いのです。
 中華人民共和国共産党独裁政府差し回しの飛行機で日本を出国したのですから、身元は中華人民共和国共産党独裁政府が握っています。
 裁判に召還するのです。
 被告が出廷を拒否しても、裁判は可能ですね。
 司法は、起訴事実を認めたとして粛々と判決を下せばよろしいのです。
 尖閣諸島は日本の領土であり、日本の法で裁くのは当然と言う確固たる意思表示をする事が最優先だと思います。
 釈放してしまったものはしょうがないですが、逆に起訴さえすれば、そして公判さえ開けば、釈放の意味合いは大きく変わります。

 最低限そこまでやれば、船長の釈放に関しては「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と言う言葉の意味は大きく変わるのです。
 日本の国内で、中華人民共和国人民の犯罪者を、日本の法の下に裁いたが、微罪だし、たかが中華人民共和国の鼠一匹、温情で身柄だけは返してやった!
 そういうことになりますね。

とにかく略式でも何でも起訴するように要望を出しましょう。

とにかく起訴すべし!と思う方→  


スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(7) | トラックバック(0)2010/09/25(土)12:52

コメント

東シナ海波高し

尖閣が日中の係争に格上げされたことで、この海域の国益は風前の灯火です。
中国が尖閣を占拠する事態になれば、台湾は中国に挟み撃ちされることになります。東シナ海の他の島嶼も危機的状況に追い込まれ東シナ海は中国が独占します。ここと南シナ海を抑えられれば、日本はマラッカ海峡へのシーレーンを封じられ、経済的窮地に立たされます。現政府にはそうした世界の現況を把握し、分析する能力に欠けています。米国も西太平洋の覇権を中国に明け渡す事態にもなりかねません。残念ですが現政権の菅、仙石は全学連当時からの全共闘などの闘士であり、その考えは今現在変更などされていません。国家体制を嫌い、国歌、国旗を敬うことを嫌い、自衛隊違憲を叫ぶ彼らに、自衛隊発動などという概念は存在しません、村山政権時の阪神淡路大震災を思い出せばお分かりと思います。日本の東シナ海の権益は風前の灯火です。

2010/09/26(日)07:58| URL | ☆君の名は?☆ #- [ 編集]

東シナ海波高し

失礼しました。
名前欄を入れ忘れました。

2010/09/26(日)08:01| URL | gannriki #- [ 編集]

温家宝の国連演説はナチスと同じ

どうもお久しぶりです
 
 増長している中國の軍部は、日本に武力行使をちらつかせたと思います。潜水艦がアメリカ空母に接近浮上したことで、急速に自信を深めたようなのです。嘘を百回つくうちに自分たちもその嘘に縛られている。大本営発表のようなものです。
さらにフジタの社員を拘束し、中国内の邦人の安全と日本の資産を事実上人質したということです。だから、検察は半ば司法取引をしたのでしょう。とにかくやっていることが汚い。
 凶暴な相手と事を構えるには、今はあまりにも準備不足。ここは臥薪嘗胆。耐えるしかありません。人民元問題で中国は譲歩せざるを得ないので、アメリカに屈したと思われないため、日本をいじめているように思われます。

 今後は脱中国の動きを加速することが必要ですね。
 一方で、中国が危険な国と、世界が理解したのも事実。中国以外との連携を強めていくには好機なはずです。
 あまり言われませんが、鳩山外交の中国接近、アメリカ軽視で、韓国や台湾など、日本は首脳会談を続々と拒否され、ここ1年・・日本はアジアから孤立していたのです。小泉時代は中韓以外とは、円滑だった。それをみなは孤立だと散々非難していました。なんとも滑稽な風景」だったのです。世間はいったい何を見ているんだと強く思います。

2010/09/26(日)17:36| URL | SAKAKI #- [ 編集]

中国サン、いっぺん死んでみる?

日本の領海である尖閣諸島沖で起こった中国漁船による海保船への体当たり事件と、それに付随した「日中両国」の不愉快な対応の連発に、頭と心は常に臨界状態で爆発を繰り返しており、私は日々、粉微塵に爆散した理性の粉末を必死で拾い集めている。

このブログであれば今更な事だろうが、尖閣諸島の帰属については日本が1895年に領有権を宣言した事実や、200人を超える日本人が長らく居住して工場経営をしていた事実、尖閣沖で難破した中華民国の人々をそこに居住していた日本人に救助してもらった事について感謝状を送り、そこには紛れもなく日本の領土である事が記されている事実等々、日本がその領有を主張する歴史的根拠には事欠かない。
片や中国は「尖閣は自分の領土だ!」と、地面に寝転がって泣き叫ぶ子供のように繰り返すばかりで、さっぱりその根拠をがない。
(一応大陸棚論や米国占領時の日本地図を持ち出すなど、もうムチャクチャな論拠を持ち出してはいるが)
支那人に「真っ当な理屈」が通じない事など百も承知ではあるが、やはり言わずにはおれなくなる。

唐突だが、以下は君主論(マキャベリ)からの引用

「君主は、自らの権威を傷つけるおそれのある妥協は、絶対にすべきでない。・・・なぜなら、ほとんど常に、譲歩に譲歩を重ねるよりも、思い切って立ち向かっていったほうが、たとえ失敗に終わったとしても、はるかに良い結果を生むことになるからである。もしも、正面衝突を回避したい一心で譲歩策をとったとしても、結局は回避などできないものだからだ。」

政府関係者を含め、今の日本の腑抜けた日本の政治家どもには全く理解できないに違いない。

ところで話は変わるが、沖縄の人達は今回のこの事件を一体どう捉えているのだろうか?
自衛隊はその手枷足枷だらけで身動きの取れないシステムもそうだが、何よりも平和ボケした日本本土に住む日本人の’尖閣ってドコ?’とか’見なかった事にしよう!’といった他人事的な、そして自分が直接火傷するまでは理解できない究極の事無かれ主義ともいえる世論やマスコミによって、必ず動きが封じられる事も断言できる。
戦争ですらない阪神大震災の時でさえ、時の総理と政府は自衛隊だからという理由で災害出動にマッタをかけたのだから。それほどまでに、日本国の軍事アレルギーには強烈なものがある。
そして’もしも’の有事の際に能動的に動けるのは、米軍以外にありえない事も断言できる。
しかしながら沖縄住民は米軍には出て行け!と声高に叫び続けている。
米軍の普天間基地は確かに問題だが、辺野古への基地移設を反対したのは他でもない沖縄住民だ。
私はアメリカなんかより、民主主義も三権分立も表現の自由も無く、契約や約束も平気で反故にする中国の方が数万倍も恐ろしいと思っている。
沖縄県民は中国が恐くないのだろうか?。
私はそこが不思議でしょうがない。
中国は最近でもフィリピンのミスチーフ環礁を占領して基地を作り、スカーボロ環礁も中国のモノだ!と言って憚らない。
中国はインドのカシミール地方の一部も軍事占領し、無抵抗チベットや新疆ウィグル地区も虐殺と流血の上で軍事占領し、漢族(中国人)による民族浄化は未だに継続中だ。

そして沖縄に関しては中国の軍部が、「そもそも沖縄は中国に朝貢外交してきた歴史があり、もともと中国の領土である!」と公言してはばからないというのに...。
沖縄県の人達が米軍の存在意義を散々足蹴にし、全てを御破算にして’とにかく出ていけ!’とシュプレヒコールを上げたのはつい先日の事だ。
ならば自らが窮地に陥ったとて、まさかあれだけ散々罵声を浴びせた米軍になどに’恥ずかしげもなく’頼るハズはない!と、同じ日本人として私は確信している。

私は、沖縄県民は実に勇気があると思う。
何しろ沖縄県民だけで尖閣を含む沖縄県全土を守ろうというのだから。

2010/09/28(火)13:51| URL | MUU #G6KY6t/Q [ 編集]

Re: 東シナ海波高し

☆ gannriki さま
 コメントありがとうございます

> 尖閣が日中の係争に格上げされたことで、この海域の国益は風前の灯火です。
> 残念ですが現政権の菅、仙石は全学連当時からの全共闘などの闘士であり、その考えは今現在変更などされていません。国家体制を嫌い、国歌、国旗を敬うことを嫌い、自衛隊違憲を叫ぶ彼らに、自衛隊発動などという概念は存在しません、村山政権時の阪神淡路大震災を思い出せばお分かりと思います。日本の東シナ海の権益は風前の灯火です。
・仰るとおりです。
 しかし、一体誰の勢でこんな事になったのでしょう?
 多くの国民は「何がどうなってるの?」状態でしょう?
 現在の日本は「愚民主主義」の典型だと思います。
 何をすべきか?
 普段マスコミが伝えないのに、事が大きくなりすぎて表に出てきた機会を逃さず、少しでも多くの国民に、支那の実態、マスコミの報道、現政権の危険さを周知しなければなりません。
 中国大使館に10万人のデモをかけ、地元の議員たちに参加を呼びかけたら、確実な地盤を持たない議員たちは票が気になるはずです。
 昔なら平民が権力を倒す手段は「一揆」しかありませんでしたが、今は合法的に「デモ」をかけられるのに、全く危機感が無いのです。
 この、国賊政府を解体できるのは国民であり、有権者しかいないと思います。

2010/09/30(木)09:40| URL | tono #- [ 編集]

Re: 温家宝の国連演説はナチスと同じ

☆ SAKAKI さま
 コメントありがとうございます
 
> どうもお久しぶりです
・お久しぶりですね。
 おいで頂いてありがとうございます。
 
> 大本営発表のようなものです。
・特に一部のマスコミが同調している所まで似ています。

> さらにフジタの社員を拘束し、中国内の邦人の安全と日本の資産を事実上人質したということです。だから、検察は半ば司法取引をしたのでしょう。とにかくやっていることが汚い。
 凶暴な相手と事を構えるには、今はあまりにも準備不足。ここは臥薪嘗胆。耐えるしかありません。 
・外交は、ある意味そういった物だと言うのを、日本が平和ボケで知らないだけですよね。
 相手が汚い戦法で来ても、正攻法で迎え撃つならそれなりの覚悟で挑まなければ、やられるに決まっています。

>人民元問題で中国は譲歩せざるを得ないので、アメリカに屈したと思われないため、日本をいじめているように思われます。
・面白い見方ですが、ありえますよね。

>  今後は脱中国の動きを加速することが必要ですね。
>  一方で、中国が危険な国と、世界が理解したのも事実。中国以外との連携を強めていくには好機なはずです。
・仰るとおりだと思います。
 既に一部の企業は行動を開始しましたし、フジタの件は、当然に刺激になったと思います。
 南米等でも、日本企業社員の危険さはありますが、国策でと言うのは無いでしょう?
 
> 小泉時代は中韓以外とは、円滑だった。それをみなは孤立だと散々非難していました。なんとも滑稽な風景」だったのです。世間はいったい何を見ているんだと強く思います。
・世間は情報を得ようとせずに、与えられていたと言う事でしょう。
 やはりマスコミの威力は大きいですが、国民自体が少しずつ気が付いて来ていると信じたいところです。
 

2010/09/30(木)09:54| URL | tono #- [ 編集]

Re: 中国サン、いっぺん死んでみる?

☆ MUU さま
 コメントありがとうございます
 
>頭と心は常に臨界状態で爆発を繰り返しており、私は日々、粉微塵に爆散した理性の粉末を必死で拾い集めている。
・私もそうかも知れません。
 体調にまで、若干異変が・・・

>支那人に「真っ当な理屈」が通じない事など百も承知ではあるが、やはり言わずにはおれなくなる。
・此処は重要ですね。
 理屈が通じなければどうするか?
 昔の日本人は良く知っていたと思います。
 
>「君主は、自らの権威を傷つけるおそれのある妥協は、絶対にすべきでない。・・・なぜなら、ほとんど常に、譲歩に譲歩を重ねるよりも、思い切って立ち向かっていったほうが、たとえ失敗に終わったとしても、はるかに良い結果を生むことになるからである。もしも、正面衝突を回避したい一心で譲歩策をとったとしても、結局は回避などできないものだからだ。」
・そのまんまですな。

>ところで話は変わるが、沖縄の人達は今回のこの事件を一体どう捉えているのだろうか?
>沖縄住民は米軍には出て行け!と声高に叫び続けている。
 米軍の普天間基地は確かに問題だが、辺野古への基地移設を反対したのは他でもない沖縄住民だ。
・各地域の利権屋の戦争に、沖縄住民が巻き込まれているように思えてなりません。
 報道ではまるで全ての沖縄住民が米軍に反対しているように扇動していますが、広大な面積の「借地」と基地関連業種によって経済が支えられている事も一番良く知っているの沖縄の人でしょう。
 誰だって、基地は無い方が良いけれど、経済・防衛を考えればどこかがやらなければならないジレンマも沖縄が一番でしょう。
 そのジレンマを反対運動をする事による、賃料アップや保証額の増額でバランスを取ってきました。
 それが、市長選や知事選で、あっちに転んだりこっちに転んだりする沖縄の人の正直な心境だと思います。
 本当に米軍の基地が無くなるなら・・と思うのは素朴な期待です。
 ところが、政権が変わり、その反対運動が他の目的に利用されだした訳です。
 国防はどうする? と言うのを沖縄の人に問い詰める事は、私は出来ません。
 そんな事は当然に政府が良きに計らう事が前提ですから。
 普天間だって既に片付いて収まっていたものを、鳩政府が突っついて爆発させた訳で、少なくともそんな政府を誕生させた日本国民全体の落ち度ですね。
 敵は沖縄に暗躍する、支那の工作員と連携する日本人だと思います。

>沖縄県民は中国が恐くないのだろうか?。
 私はそこが不思議でしょうがない。
・少なくとも、本土で鳩や菅政府を誕生させた愚民達より、恐さを知っていると思います。
 
>私は、沖縄県民は実に勇気があると思う。
 何しろ沖縄県民だけで尖閣を含む沖縄県全土を守ろうというのだから。
・上にも書きましたが、米軍に反対しているのは、基地の地主でもなく、関連産業でもなく、時に沖縄の住人でさえない連中が殆どですよね。
 それを全沖縄人の意思として拡散しまくる。
 結果、沖縄の切り離し!
 支那工作員や連携する報道の目標はそこにありますね。
 今の政府を倒さなければ、沖縄が危険である事は言うまでも無いと思います。

2010/09/30(木)11:01| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。