スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

福岡の中学生の自殺と、教師 に思う

 福岡で、中学2年の男子生徒が自殺した。遺書によると苛めが原因らしい。


 厳しい様だが、敢えて私は、男子生徒には「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言いたい。
 そして、大変お気の毒とは思うが、結果的に悩みを相談する家庭環境を作れなかった、子供を救えなかったご両親には、「自らを良く省みて頂きたい」と言わせて頂く。


 そして、何にも増して、諸悪の根源はまたしても教師である。


_/_/_/▼asahi.comより引用▼_/_/_/_/_/


いじめ、教師の言動影響「自殺の誘因」 福岡の中2自殺
2006年10月16日01時20分
 福岡県筑前町の中学2年の男子生徒(13)が、いじめを受けたという遺書を残して自殺した問題で、1年生の時の担任教諭が生徒に対し、不適切な言動を繰り返していたことがわかった。生徒の両親が「教諭からいじめを受けていたのではないか」とただし、町教委や学校側が15日、認めた。校長は同夜、記者会見し、教諭の言動について「自殺の誘因になったと思うが、主因かどうかはわからない」との見方を示した。


 生徒の両親は、14、15両日、自宅を訪れた三輪中学校の合谷智校長やこの教諭らとの話し合いを記者団に公開。この中で、両親は同級生らから聞いたという教諭の過去の言動を示しながら、事実かどうか問いつめた。


 両親によると、1年生の1学期に、生徒がインターネットのサイトを繰り返し見ていると母親が教諭に相談。その後、その相談内容が同級生らに漏れ、それにちなんだあだ名がつけられた。生徒はあだ名で呼ばれるようになったことを嫌がり、「学校に行きたくない」と訴えるようになったという。両親は、相談内容を教諭が漏らしたと指摘した。


 また、教諭は友人が落とした文具を拾ってあげた生徒を「偽善者にもなれない偽善者」と呼んだという。生徒が2年に進級する際に担任が代わったが、新たな担任に対し、「この子はうそをつく子だ」と申し送りをしたとしている。


 ほかの生徒に対しても、漢字を書かせる際に、太った生徒には「『豚』が似合う」と言ったり、忘れ物をした生徒を教室にある花瓶でたたいたりといった行為があったのではないかと問いつめた。


 これに対し、教諭は相談内容を漏らしたことや「偽善者」という発言、「うそをつく子」という申し送りなどについて、「はい」などと答えて認めた。亡くなった生徒を集中的にいじめたのではないかと問いつめられたのに対しても、これを認め、その理由について「からかいやすいというのはありました」と説明した。教諭は話し合いの後、記者団に「一生かけて償います」と話した。


 合谷校長は席上、「そのこと(教諭の発言)が自殺につながった。一番大きな引き金になった。子どもたちの一連のいじめも実際にはあったが、大本となった」と謝罪した。同夜の会見では「教諭の言動で、その子が周りから見られる人間像が作られた。そのことによっていじめが生まれ、自殺に至ったと考えている」と語った。


 この問題では、自殺当日の11日、生徒が「死にたい」と漏らしたのに対し、同級生らが「本気なら下腹部を見せろ」などといい、ズボンを脱がせようとしたことなどがわかっている。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 


_/_/_/▼西日本新聞より引用▼_/_/_/_/_/


直前、同級生に自殺予告 筑前町・中2いじめ
 
 福岡県筑前町の三輪中学校(合谷(ごうや)智校長)2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺したとみられる事件で、自殺した11日に7人の同級生男子が男子生徒を学校のトイレで取り囲んだ際のやりとりが14日、明らかになった。自殺をほのめかす男子生徒は同級生の質問に答える形で「午後7時から8時の間に納屋で首つり自殺する」と予告していた。同中は同級生との会話が自殺とどう関連するのかを引き続き調査。朝倉署も同級生らから事情を聴くなど自殺の背景を調べている。



 同中が生徒から聞き取り調査した内容によると、6時間目が終了し、ホームルームまでの休み時間(10分間)に、男子生徒は同級生2人とトイレに入った。その後、出入りがあり、計7人の同級生が居合わせた際、男子生徒と自殺をめぐるやりとりがあった。


 自殺をほのめかす男子生徒に対し、ひとりが「おまえ、本当に死ぬのか」と質問。男子生徒が「うん」と答えると、別の複数の同級生から「はぁ?」「いつすると」「どんなふうに」などと質問が続いた。


 これに対し、男子生徒は「(今晩の)7時から8時の間か、明日自殺する」「(方法は)首つり自殺」「自殺する。もう最後やけん」などと答えたという。「遺書を残す」「自殺する場所は家の納屋」とも話していたという。


 その後、同級生7人は「最後やけん見ようや」などと言い、男子生徒を複数で羽交い締めにしながら、ズボンのベルトや上着のボタンを外した。腰の辺りまでズボンを降ろしたが、男子生徒が抵抗するなどしたため途中でやめたという。


 男子生徒はこの日、1、3、5時間目の授業中や休み時間に「死にたいっちゃん」などと話していたという。


 男子生徒はこの後、午後4時40分ごろ同級生と一緒に学校を出た。男子生徒の両親が同中から受けた説明では、男子生徒はこの同級生と自宅近くで別れた際、「今までありがとう」と話したという。男子生徒は同8時すぎ、いじめ苦を訴える遺書を残して自宅倉庫で首つり自殺しているのが発見された。


 合谷校長は14日午後、筑前町役場で記者会見し、男子生徒のズボンを脱がしかけた行為について「いじめに当たる」との認識を示した。


■嫌がらせは1年前から


 いじめが原因で自殺したとみられる三輪中学校(福岡県筑前町)2年の男子生徒(13)について、複数の同級生は14日、1年ほど前から、クラス内で笑いや冷やかしの対象となっていたと証言した。


 男子生徒について、1年時に同じクラスだった同級生は「冗談ぽい感じだが、クラスでは『エロい』と言われていた」と指摘。別の同級生は「授業中に彼が発表すると、みんな冷やかしたり、くすくす笑ったりしていた。少し浮いた存在だった」と話した。


 また男子生徒の父(40)によると、約1年前、田んぼの中から男子生徒の雨がっぱが見つかったが、男子生徒は「自転車で転んだ際にかごから飛び出たのを、そのままにしていた」と説明したという。


 父は「いじめと思われることが次々と明らかになりショックだ。息子に何があったのか。いじめが本当ならば、いじめた子は息子の前ですべてを謝り、二度といじめをしないと誓ってほしい」と話した。


=2006/10/15付 西日本新聞朝刊=


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 辞書によると
---------------------
し【師】
・特定の技能を身につけている人であることを表わす語。


きょうし【教師】
・(組織化された教育機関で)知識を授け技芸を指導する立場に在る人。
---------------------
その、教師様の弁は


>これに対し、教諭は相談内容を漏らしたことや「偽善者」という発言、「うそをつく子」という申し送りなどについて、「はい」などと答えて認めた。亡くなった生徒を集中的にいじめたのではないかと問いつめられたのに対しても、これを認め、その理由について「からかいやすいというのはありました」と説明した。


この教師にその資格は無い。さっさと職を辞するが良い。
学校に於いては、教師とは、生徒から見れば、年長者であり、閻魔帳を握る権力者であり、対等になる可からず存在であろう。
記者団には「一生かけて償います」と話したそうだが、どう償うつもりか?もう生徒は生き返らない。
私は何もかもを教師の責任にするつもりはない事は冒頭にも書いたが、本件は報道を信用すれば「主犯」はこの教師である。
そして、同じ職員室にいた教師は、言わば共犯であろう。
良く「そんな先生もいるが多くは、、」等という教師や団体がいる。
子供の同士の苛めを担任だけでは把握が難しいことが在るのは事実であろう。
しかし、教師自らが生徒を自殺に追いやるような言動をして、他の教師は誰1人気付かなかったというのか?
学校での教師は全生徒の教師であろう。中学ならば科目毎に何人がこの生徒の教室で授業をしたのだ?
そんな、「気がつかない」教師は、同罪である。
その能力が無いというのなら、教師など辞めるべきであろう。


おまけに、その教師を管理すべき責任者の校長の発言には絶句する。
>教諭の言動について「自殺の誘因になったと思うが、主因かどうかはわからない」との見方を示した。


・自殺の誘因になるような言動以外に何が必要なのだ?ロープを用意してやらねば責任は無いのか?
この様な校長の感覚が、かの様な破廉恥な教師をのさばらせるのである。


教師は先生とも呼ばれる。
辞書にはこうあった。


---------------------
せんせい【先生】
〔もと、相手より先に勉学した人の意〕 指導者として自分が教えを受ける人。〔狭義では教育家・医師を指し、広義では芸術家や芸道の師匠・議員などをも含む。


また、けいべつ・揶揄(ヤユ)の意を含めて言われることがしばしばある。
用例・作例
先生と 言われるほどの ばかでなし
---------------------


先生とは所詮かかるものであったか?


・拙ブログにコメントを頂く「ハメルーンの笛 不健康手帳 」の管理人「鵺娘」さんは、この様な狂使に破廉恥極まりない苛めを受け、家庭では、それを救ってくれるどころか虐待を受けるという壮絶な体験をし、これと戦ってこられた。
ご存じない方は、一度訪問されると良い。こんな馬鹿狂使の言動が「今に始まった訳ではない」こと「特殊なケース」では無いことが解って頂けると思う。


 

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(32) | トラックバック(5)2006/10/16(月)12:28

コメント

教育者は自戒せよ!

独断雑記 XYZさんも取り上げていました体罰問題といい、この福岡のイジメ自殺といい、学校現場はどうなっているのでしょう。
特に福岡のこの事件は、余りにも教育に携わる大人たちの身勝手さが、酷いものであるかを曝け出している。
概して、自殺する子供はどちらかというと責任感の或る優しい性格の子が多い、精神的に極限まで追い詰められ、逃げ場を失って大事に至る事が多い、そうした多感な子を教師が率先してイジメを誘導する行為は、何と形容していいのか、教師失格は当然としても人間として許せるものではあるまい。
前任の担当教師の責任は言うまでも無いが、おそらく他の教師や管理者たちも或る程度事態の様子を把握していた筈だ、にも拘らず自殺に至ってから事の重大さを認識するって共犯ではないか。
全国の教育現場はこの学校の問題点を他山の石として欲しい。

2006/10/16(月)14:02| URL | ばんばん #- [ 編集]

なんだかまあ

>厳しい様だが、敢えて私は、男子生徒には「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言いたい。

えーと。
あちしもこれに賛成でス。
そこまで早まらんでもいいぢゃないかと。
そうは思いまスねえ。
ちうか・・・
この教師、なんなんでしょね。
こないだ自分のとこでもでスね。
馴れ合い教師がどーのって書きまスたが。
それに通じるとこがあるんでしょか。
友達感覚で生徒と付き合ってるから、
ついでにいぢめにも加担しちゃう、とか。
だったとしたら、そんなヴァカな話はありませんねえ・・・

2006/10/16(月)16:08| URL | かっぱやろう #- [ 編集]

戦友

の字を 我に与えし 教育者
姥捨て山で 汚物にまみれ

 (る)の字を貰った男子は、最後まで戦ってくれました!
 小学の時も中学の時も外部の力を借りるしかなかった私は意気地なしだったのカナ?
 高校の時は戦う気力すら無くしていたし!

2006/10/16(月)19:22| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

ツライ...

>厳しい様だが、敢えて私は、男子生徒には「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言いたい。そして、大変お気の毒とは思うが、結果的に悩みを相談する家庭環境を作れなかった、子供を救えなかったご両親には、「自らを良く省みて頂きたい」と言わせて頂く。

勇気かぁ。
まぁ、言いたい事はわからんでもないけどね。
マイネザッハさんのブログでも同じような論調を結構多く見かけたっけ。
でもね、(イジメを)ヤメロ!とか、ヤメテくれ!、とか言った途端、イジメるヤツラの目つきがね急激に、更に醜悪に変化するのを目の前で見た事ある?。
なんで逃げないんだ!逃げればいいじゃないか!って書いてた人がいたのね。
アレなんかもう笑うしかなかった。
「今、なんちゅうた?...」って捨てゼリフ吐かれてさ、そんでね、総勢10数名が校舎を壁にして周囲を取り囲んでね、各手足に2~3人ずつ取り付いてね、それぞれ交代しながらいたぶるのよ。
周りを囲まれてね、片手に二人も組み付かれたらさぁ、相当の力自慢でもどうにもならんのよ。
アノ恐怖感や絶望感、脱力感って言ったらさ、味わったモンでないとわからんやろうねぇ。
人の壁に囲まれて殴られながら、ビクとも動けないんだから...。
肉体的なダメージもあるけどさ、それより何よりね、精神的なダメージってのが結構大きいのよ。
それでもね、男同士で卑怯なリンチをされただけなら、法的手段に訴えて生きる恐怖から逃れる事は可能なんだよね。
(その後クラスでチクリ屋と罵られたり、または最悪の場合、生きていられない場合もある事をお忘れなく)
でもね、もっと厄介なのはね、クラス中が男も女も全員で村八分してくる場合なのよ。
殴るでもなく、ただシカトしたり、侮蔑の言葉を投げかけたり、嘲るような落書きをされたりするような場合。
しかもそれがさ、イジメられてた女の子をかばったばっかりに、偽善者呼ばわりされたあげくイジメの対象が自分に跳ね返ってきたような時なんよね。
オマケにさ、かばった女の子が一緒になって自分を非難してきたらどう思う?。
しかもさ、「私をかばってくれたせいで、私に対するイジメがもっとひどくなるじゃないの!」なんて言われてみ?。
もうね、精神的にはね、コリャたまらんよ。
もうね、どうしろっていうのよ!って感じ?。
たださ、イジメられてる子に「勇気を持て」、「負けるな!」、「もっと頑張れ!」と言うしかないのは分らんでもないのよね。
他に何が出来る?、って他に何にもないのも事実だしね。
ただね、イジメられてる子供にかけようとする「言葉」がさ、その子を勇気づけるものであるのか、更に崖っぷちに追い詰めるものであるかは、その子供の性格やキャパシティにもよるものだから、良く考えてもらいたいんよ。
「勇気を持て!」というその言葉が、ひょっとすると限界を超えるキッカケになるかもしんないんだからね。
イジメられっ子の気持ちってのは、そうでない人にもある程度の想像や感情移入はできるんだろうけど、本当のところはイジメられたモンにしか分らんのよ。
まぁとにもかくにも、励まされるよりなにより先ずは気づいてあげて、ただただ話しを聞いてあげるのが先決なんだよね。
それだけで救われるって事も多いんだよね、イジメラレッ子ってのは。
何にしても、この手の事件はいつも言葉にならんし、身につまされてツライのよ、ったく。

2006/10/17(火)00:43| URL | MUU #4lQFW.ik [ 編集]

もう少し

あともう少し...

>厳しい様だが、敢えて私は、男子生徒には「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言いたい。

いじめられてる側っていうのはね、「勇気を持て!」、「もっと頑張れ!」って何度も何度も何度も、それこそ念仏のように繰り返して自分に言い聞かせ続けてるって事だけは知っておいて欲しいんよ。
自分で自分に言い聞かせながら、それでギリギリの緊張を維持し続けてるの。
それでもやっぱり、具体的な抵抗を示せなけりゃ結局無意味かな?。
努力が足りない?。
ま、そうなんかもね。
でもそう言われちゃうとしたらやっぱり虚しいなぁ。
ともかく言えるのは、全く自分を奮い立たせる事の無いイジメられっ子なんて絶対にいないって事だけは間違いないっすから。

2006/10/17(火)08:19| URL | MUU #4lQFW.ik [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>特に福岡のこの事件は、余りにも教育に携わる大人たちの身勝手さが、酷いものであるかを曝け出している。
・今日の報道では、かの教師は、過去にも他の複数の生徒ともトラブルを起こしていたそうですね。そして、校長は一度も教育委員会に報告してなかったそうです。

>精神的に極限まで追い詰められ、逃げ場を失って大事に至る事が多い、そうした多感な子を教師が率先してイジメを誘導する行為は、何と形容していいのか、教師失格は当然としても人間として許せるものではあるまい。
・仰るとおり。しかし、この教師等は恐らく弱い立場の生徒相手でなくては苛めなど出来ない、卑怯な連中だと思います。

>おそらく他の教師や管理者たちも或る程度事態の様子を把握していた筈だ、にも拘らず自殺に至ってから事の重大さを認識するって共犯ではないか。
・私も、その他の教師に触れているとおり、同罪と思います。

2006/10/17(火)08:59| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>かっぱさぬ

コメントありがとうございます。

>そこまで早まらんでもいいぢゃないかと。
>そうは思いまスねえ。
・苛められている方の精神的負担は、結果が示すように究極に在ったのでしょうから、私には想像も出来ません。どう戦って良いのかも分かりません。ただ、踏みとどまって欲しかったと思います。

>こないだ自分のとこでもでスね。
>馴れ合い教師がどーのって書きまスたが。
>それに通じるとこがあるんでしょか。
>友達感覚で生徒と付き合ってるから、
>ついでにいぢめにも加担しちゃう、とか。
>だったとしたら、そんなヴァカな話はありませんねえ・・・
・そんなヴァカな話しの様に思えます。
受けた方の負担と与えた方の感覚の差がありすぎるのが苛めなのでしょうが、この教師は、あまりに幼稚だし結果の重大さを認識していないように思います。

2006/10/17(火)09:09| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

MUUさん

 私は、どんなに苛められても誰も苛めなかった!誰も裏切らなかった事が、誇りです!
 私が庇った子も苛める側に廻る事によりクラスの一員と認められる事となりました。
 曰く、「あたしだって苛められていたんだから、何の責任も感じる必要はない!お前には、元々それだけの価値しかなかったんだ!(此処が、重要だから繰り返します!)価値しかなかったんだ!
 苛められぱなしで「誰かを苛めてやろう!」と言う気にもなれない「向上心のない奴は、何をやっても駄目だ!」と言われました!

2006/10/17(火)09:24| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>穢の字を 我に与えし 教育者
 姥捨て山で 汚物にまみれ

・乳母捨ての 山に生き晒す 教育者
 地獄へ堕ちろと 願うばかりや

>阿(る)の字を貰った男子は、最後まで戦ってくれました!
・数少ない戦友だね。

>小学の時も中学の時も外部の力を借りるしかなかった私は意気地なしだったのカナ?
・世間と言えば良いのか、全てが敵だった鵺娘さんに、外部は無いでしょう?
ただそこにある武器を使ったと言うことだと思います。
意気地無しに出来ることでは無いと思います。

>高校の時は戦う気力すら無くしていたし!
・辛すぎる話しですが、生きていてくれてありがとう。

2006/10/17(火)09:27| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

レスどうもッス

鵺娘さん、レスどうもっす

>私は、どんなに苛められても誰も苛めなかった!誰も裏切らなかった事が、誇りです!

そうっすねぇ、私もその程度の事でよければ「誇り」くらいありますねぇ。
皆が鵺娘さんみたいに、そういう風に誇れる人ばかりなら、こんな事件が多発するような事はないんですけどねぇ。
問題は、そうでない子供や人が結構いるって事と、イジメ側に同調する者も多いって現実。

>私が庇った子も苛める側に廻る事によりクラスの一員と認められる事となりました。

うぅ~ん?そこはちょっと良くわかんないなぁ。
いじめられっ子がいじめっ子側にまわることで安寧を得たって事ですか?。
でもそれって、人として根本的に間違ってると思うけどなぁ。苛められた経験があるから、絶対イジメは止めよう!って思うのが正しいあり方なんじゃないですか?。
ま、それヤルと自分に再度跳ね返ってくるから自己保身でイジメル側にまわるという気持ちは良く分りますけどね。
でもそんなんじゃ、いつまでたってもイジメなんて無くなんないと思いますよ。

>曰く、「あたしだって苛められていたんだから、何の責任も感じる必要はない!お前には、元々それだけの価値しかなかったんだ!(此処が、重要だから繰り返します!)価値しかなかったんだ!」苛められぱなしで「誰かを苛めてやろう!」と言う気にもなれない「向上心のない奴は、何をやっても駄目だ!」と言われました!

うぅ~ん?これも良く分らん?。
事イジメに関して言えば、それって「向上心」って言えるんでしょうか?。
競争社会を生き抜くために自ら向上心を持って高みに昇り、それによって相対的な結果により周りが没落していく事と、意識的に理不尽な暴力や言葉で人を足蹴に蹴落としていく事は根本的に違うでしょ。
でもまぁ、そういう考えもあるんだよね。
オレもそういう考え方や気持ちってのは充分理解できるしね。
強くなければ生き残れないのは事実だしさ。
でもね、そんなんじゃ絶対イジメは無くなんないですよ。
それだけは言える。
でもまぁ、苛められてる子に「少しでも強くあって欲しい」と願うのは一緒なんですね、多分。
ただオレとしては、イジメられる側に強くあれと迫る前に、先ずは苛める側を断罪し、厳罰を科すべきだと思ってるんすよね。

2006/10/17(火)12:43| URL | MUU #4lQFW.ik [ 編集]

>MUU さん

コメントありがとうございます。

>なんで逃げないんだ!逃げればいいじゃないか!って書いてた人がいたのね。
・きっと「どうやって逃げろと言うんだ?」と言うと「自分で考えろ!」って言う類かもしれませんね。

>アノ恐怖感や絶望感、脱力感って言ったらさ、味わったモンでないとわからんやろうねぇ。
・仰るとおり。私は他人の気持ち(精神状態)等解りません。
解るって人は、自分の経験の中で一番近い状態から想像しているだけですよね。
数置に表せるものじゃないですしね。
なので、出来るだけ話しを聞いて「解る」に近づくように、常々思っていますが、難しい事ですね。

>ただね、イジメられてる子供にかけようとする「言葉」がさ、その子を勇気づけるものであるのか、更に崖っぷちに追い詰めるものであるかは、その子供の性格やキャパシティにもよるものだから、良く考えてもらいたいんよ。
>「勇気を持て!」というその言葉が、ひょっとすると限界を超えるキッカケになるかもしんないんだからね。
>イジメられっ子の気持ちってのは、そうでない人にもある程度の想像や感情移入はできるんだろうけど、本当のところはイジメられたモンにしか分らんのよ。
・仰る事は良く解るつもりです。
文章が下手なのでもしも誤解をされていれば申し訳ないですが、苛められてると解った時点で「勇気を持て!」等と言うつもりは毛頭ありません。解ればこちらも話しも聴ければ手も打てるからです。

>まぁとにもかくにも、励まされるよりなにより先ずは気づいてあげて、ただただ話しを聞いてあげるのが先決なんだよね。
>それだけで救われるって事も多いんだよね、イジメラレッ子ってのは。
・そう思います。問題はどうやって「気づく」かですね。

>いじめられてる側っていうのはね、「勇気を持て!」、「もっと頑張れ!」って何度も何度も何度も、それこそ念仏のように繰り返して自分に言い聞かせ続けてるって事だけは知っておいて欲しいんよ。
・そう言う人も多いことは、私なりには承知しています。

>自分で自分に言い聞かせながら、それでギリギリの緊張を維持し続けてるの。
・所詮解らないと言われそうですが、結果を見ればギリギリで在ることの想像はつきます。

>それでもやっぱり、具体的な抵抗を示せなけりゃ結局無意味かな?。
・そんなことを言うつもりはありません。
具体的な抵抗を苛める側に対して示すと言う事では無いのです。
苛める側に抵抗を示した不幸な事件は、例の長崎の件がそうだと思いますが、これにしても同様で、
「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言うのを「勇気を以て、自殺(殺人)を思いとどまって、貰いたかった」と読み替えて頂ければ、私の本意は多少なり理解して頂けるでしょうか?
両極の不幸を踏みとどまって欲しかったのが、私の本意です。

>努力が足りない?。
>ま、そうなんかもね。
>でもそう言われちゃうとしたらやっぱり虚しいなぁ。
・私とてかような経験が無いわけではありませんが、今は他の壮絶な苛めに比べれば、対したことは無いじゃないかと思うようになりました。軟弱な私にはそれなりにプレッシャーは在りましたが。
今そう仰るMUUさんも、拙ブログにおいで頂く苛めの経験者の方々も、私の知り合いも含めて、生きておられる方々です。
十分な勇気があり努力をされた結果では無いのでしょうか?
そう言う方々のように、何とか両極を踏み止まる事は出来無かったのかという気持ちを察して頂ければ幸いです。
そして、
何故、親は気付かなかったのか?私にはとても残念なところです。
最後に教師及び教育関係者には心底怒りを感じているし、二度と教育の場に立つべきではないと思います。

2006/10/17(火)12:59| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん、>MUU さん

私がたらたら返コメ書いてる間に、論議コメント入れて頂きありがとうございます。

勿論、訳ワカラン誹謗中傷はは削除しますが、拙ブログコメント欄での討議は歓迎しますので、どうぞ遠慮無くやって下さい。

私が、ヽ(;´Д`)ノヤメテーと言うまでは(笑)

2006/10/17(火)13:09| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

了解ッス

>仰るとおり。私は他人の気持ち(精神状態)等解りません。解るって人は、自分の経験の中で一番近い状態から想像しているだけですよね。

いやいや、まぁ普通それで充分っすよ。
先ずは想像する「努力」からっす。
それに大体そんなイジメの経験なんざ、ないに越した事はありませんぜ。
ところでね、イジメの暴力リンチで一番絶望感を味わう瞬間ってどんな時か分ります?。
それはね、人囲いの中で手足を羽交い絞めにされて殴られてる時じゃないんすよ。
それよりもね、助けを求めた目線の先にいる遠巻きのヤツラがね、コッチにチラ~ッと一べつをくれただけで速攻で目を伏せ、ソソクサと逃げ出すのを見た時なんすよね~。
イヤハヤ、アレには心底絶望しまっせ~。

>そう思います。問題はどうやって「気づく」かですね。

それそれ!それが「二番目」に大事だと思うんだよね。
でもナカナカ難しいんだろなぁ。
イジメらレベルが高いイジメられっ子ほど、かなり限界まで「普通の表情」、あるいは逆に「ほがらか」な表情で表面を取り繕い、我慢する傾向があるからね。
だから周りは尚更気付き難いんだよなぁ。

>苛める側に抵抗を示した不幸な事件は、例の長崎の件がそうだと思いますが、これにしても同様で、「もう少し勇気を持って貰いたかった」と言うのを「勇気を以て、自殺(殺人)を思いとどまって、貰いたかった」と読み替えて頂ければ、私の本意は多少なり理解して頂けるでしょうか?
両極の不幸を踏みとどまって欲しかったのが、私の本意です。

うんうん、それは良く分るんだけど、自殺にまで至るまでガマンするような子供ほど、自分の非や勇気の無さを、自分の中で臨界点まで責め続けられる子が多いのよね。
苛められのトレーニング?によってレッドゾーンの位置は高くなってるくせに、その代わりにレッドゾーンの幅が一本の線みたいに狭くなってるっていうのかな。
「もう少しの勇気」って幅が、通常より相当狭く切り詰められてるの。
だからレッドゾーンに針が飛び込んだ途端、バルブサージング起してしてピストンを突き抜け、エンジンがブローアップしちゃう。
そんな感じかな。
ところでイジメられっ子が自殺する事で、イジメっ子が負う贖罪意識なんて、絶対にたかが知れてるんだよね。
命を賭してまで訴えた結果が、どれだけ自分をイジメた子に良心の呵責を与える事になるのか?
な~んて真剣に考え、そのクソガキに与えるダメージと自分の命を天秤にかけた途端、大体はアホらしくなって自殺なんかする気になんてなれなくなるんだよね。
まぁ、それでも日々のイジメから逃れられるというメリットってのはあるんだけど、そんなものならもっと色んな方法があるなんて事は大体真っ先に気付く事だしね。
自殺で得ようとする最大の対価は、自分がイジメから逃れるというよりも、相手に対して絶対に逃れようの無い贖罪意識を植え付けたい!キサマが死ぬまで後悔させたい!出来る事ならキサマの枕元に化けて出て、キサマを呪い殺したい!そして周囲にはいつまでも自分を憐れんでいて欲しい!ってというのが最大の理由なの。
だってその場から逃げ出すだけなら、先にも言ったけど色んな方法があるんよね実際。
実にツマラン理由でしょ?。
笑って笑って。
ま、いずれにせよ先ずはイジメに気付いてあげる事かな。
でもこれが一番難しいんだけどね。
そんで、自殺なんかしても「そんな対価は得られない!」って事を充分教えてやる事だよね。
イジメっ子は後悔なんてしないんだ!自殺なんて死に損だぜ!ヤツは表向き涙するかもしれんけど、かえって喜んじまうじゃん!だって君の命に涙するようなヤツが、そもそも君をイジメたりするかい?
ヤツは君が「自殺するなんてバッカじゃない!」って思ってるんだよ、って思った途端、心底悔しくなるのよね。
くっそぉ~、死んでたまるか!あんのクソ野郎が死ぬまでは、死んでも死なねぇぞ!なんてねぇ。
普通はわかんないよね?こんな気持ちって、アハハハ。

>十分な勇気があり努力をされた結果では無いのでしょうか?

勇気を奮い起こしたり何らかの努力は多分したのかもしれんけど、一線で踏みとどまった最大の理由は、自分が死んでもあのクソ野郎は表面的に取り繕ろいながらも、十が十、内心は贖罪意識のカケラも持たないだろうし、結局は何も残らないんだ!と思った瞬間に気持ちが切り替わったのね。
これって勇気とは違うんだよなぁ。

>そして、何故、親は気付かなかったのか?私にはとても残念なところです。

これ難しいよね。
イジメられっ子はさ、概ね優しい子が多いからね、近しい人にほど心配事を打ち明けられないんだわ。肉親には特に念入りに普通を装うのよ。
それでも、それに気付くのが親じゃないか!と言われればそれまでなんだけど、オレはソコントコあんまし責められないなぁ。
まぁ、そんな親は甘いっていわれても仕方ないけどね。
スンマソン。

>最後に教師及び教育関係者には心底怒りを感じているし、二度と教育の場に立つべきではないと思います。

これには激しく同意。

>私がたらたら返コメ書いてる間に、論議コメント入れて頂きありがとうございます。
>~討議は歓迎しますので、どうぞ遠慮無くやって下さい。

えぇっ!?
鵺娘さんと論議や討議してるつもりなんてサラサラなかったんすけど、そんな風に見えましたかねぇ...。
ちょっと反省。

>私が、ヽ(;´Д`)ノヤメテーと言うまでは(笑)

クケケッ!
了解!

2006/10/17(火)19:43| URL | MUU #4lQFW.ik [ 編集]

同じ言葉でも

私の場合は、クラスでイチバン優秀なA君ならその先生はおおいに満足し、私は嫌われ、殴られたこともあります。予習禁止と言われた授業をみな予習し、それを隠していたから??でしょうか。生意気だったんでしょうね。ほかにツッパリや万引き、妊娠した奴もいたのに・・そんな教師が多かったんですよね。だんだん酷くなっている・・

 中三のとき、高専か進学校か迷いました。もし高専に行くと、その中学から進学校へ行った実績がたった1名になってしまう恐れがあり、周囲から説得され、私は高専を諦めました。どちらが自分に適しているかよく分かりませんし・・私を嫌い差別した先生の面目は保たれました。
 そして今度は長男が同じ選択で悩んでいます。すっかり高専を気に入っている・・幸い、先生には嫌われてません。本人の好きな方に行けでいいのか・・父として悩んでいます。

2006/10/17(火)21:58| URL | SAKAKI #- [ 編集]

昔ですが、ウチの知り合いにもいます。
アホ教師にイジメられ、不登校になった人間が!


中学校に不登校でもいいと思います。学校だけが世界じゃないですから。
義務教育は、一日も行かなくても卒業できますし、そこそこの高校にもあがれますしね。

一言
このウマシカ教師、絶対許さん!

2006/10/17(火)22:15| URL | NS大川 #- [ 編集]

>MUU さん

コメントありがとうございます。

>ちょっと反省。
・反省するこたぁござんせん ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
私自身、自分の言いたい放題もさることながら、来訪頂ける方の貴重な言いたい放題を読む楽しみが、ブログ開設の動機の一つでござりますゆえ!
 私の勝手な判断でコメントそのものも消せますので、どうぞまた、おこし下さいませ。

2006/10/18(水)08:55| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>SAKAKI さん

コメントありがとうございます。

>予習禁止と言われた授業をみな予習し、それを隠していたから??でしょうか。
・違うと思いますね。その狂使は「理由もなくただ嫌い」だったのでしょう。そんな感情で行動する奴が教壇に立つことがそもそも異常事態ですね。

>だんだん酷くなっている・・
・私の時代では考えられませんでしたが、今では周りの子を持つ親に聞くと本当に酷いですね。

>本人の好きな方に行けでいいのか・・父として悩んでいます。
・私にには起こりえない悩みですが、私の高校(普通高校)時代には高専を2年で辞めて入試を受け直して入学してきた人がいました。最近は逆に、高専卒業後大学に編入した人も知っています。昔よりは途中での進路変更の幅も広いようですね。

2006/10/18(水)09:23| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>NS大川さん

コメントありがとうございます。

>昔ですが、ウチの知り合いにもいます。
>アホ教師にイジメられ、不登校になった人間が!
・狂使が生徒を苛めて、のうのうと職を続けていられる事が異常ですね。私の時代なら、そんな事したら、狂使は卒業式の日に廃人です。今は日教組が守ってくれるのでしょうか?

>中学校に不登校でもいいと思います。学校だけが世界じゃないですから。
>義務教育は、一日も行かなくても卒業できますし、そこそこの高校にもあがれますしね。
・高校でも不登校になったら、、、、難しいですね。
自分に子供が居たら、どうするか想像できません。

>このウマシカ教師、絶対許さん!
・産廃処理場での廃棄を希望します。

2006/10/18(水)09:38| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

さすが

tono様のブログですね。
皆様のコメント奥が深い。
あまり大したことでなく申し訳ありませんが、
少しだけ書かせて下さい。

この問題で、結論を1つに絞ることはできないし、
tono様をはじめ、皆さんが仰ってることはみな正しいと思って読ませて頂きました。
結局大事なことは、
皆がこういったことを問題視し、
普段から少しだけでもそういったことを頭に置き、
解決したいと思って“行動”することではないでしょうか?

もちろん個人でできることは限られてますから、
“行動”と言っても、大それたことを言ってるのではなく、
例えば、子供に学校の様子を聞き、
自分の子供ではなくても、
“いじめ”があってるならば学校に連絡するとか、
いじめられてる側の親に連絡するとか、
そういった小さな行動を皆が行うことが大事ではないでしょうか?
保護者が団結すれば、
ある程度は学校や教育委員会の重い腰を上げさせることができると思います。
言いたい事が上手く纏まらなくてすみません…

最後に一言。
本来、子供を護る筈の教員がいじめに加担、
更には、子供の“死の抗議”紗枝隠蔽しようとする。
こんな輩に教育に携わる資格無し!

2006/10/18(水)18:13| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

おじゃまします

かっぱさんの弟子で、「おしょう」と申します。
何度か訪問させていただいておりましたが、コメントデビューもさせていただきます。

さて、私もふたりの中学生(娘)をもつ父親として、この件は、「人ごとではないな」と考えております。
確かに、子どもが発するSOSのシグナルを、読み取れなかった親の責任は大きいと思いますが、それ以前に、これを「いじめによる自殺」と断じて、片づけてしまってよいものなのでしょうか?
正直、はなはだ疑問です。

集団で、ひとりをいたぶる…。
しかも、自殺に追い込むまで…。

これは、「犯罪」ですなぁ。決して、「いじめ」などという子どもの戯れ事ではありません。
心の強さには、当然、体の強さと同じように個人差があります。
それを教えるべき教師、いや親、いやこの日本の社会そのものの、未熟さが原因となった犯罪ではないでしょうか。
私はこれこそ、すぐにでも正すべき社会病理だと認識しております。皆で真剣に考えて、改善に向けて取り組むべきです。

生意気言いました。でも、決して悪意ではありません。何卒、ご容赦ください(礼)。

また、遊びにきます。

2006/10/18(水)23:05| URL | おしょう #- [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>皆様のコメント奥が深い。
・私ではなく皆様のおかげです。

>結局大事なことは、
皆がこういったことを問題視し、
普段から少しだけでもそういったことを頭に置き、
解決したいと思って“行動”することではないでしょうか?
・刀舟さん、仰るとおりです。学校や家庭にそれぞれ丸投げではダメだと思います。

>例えば、子供に学校の様子を聞き、
>自分の子供ではなくても、
>“いじめ”があってるならば学校に連絡するとか、
>いじめられてる側の親に連絡するとか、
>そういった小さな行動を皆が行うことが大事ではないでしょうか?
>保護者が団結すれば、
>ある程度は学校や教育委員会の重い腰を上げさせることができると思います。
>言いたい事が上手く纏まらなくてすみません…
・良く伝わっていると思いますよ。
保護者があの子が苛められていればうちの子は大丈夫と思っていてはなかなか難しいでしょうけれどね。

>最後に一言。
>本来、子供を護る筈の教員がいじめに加担、
>更には、子供の“死の抗議”紗枝隠蔽しようとする。
>こんな輩に教育に携わる資格無し!
・これは、その通りだと思います。
・シツコイですが、荷担しただけでなく知っていて知らん顔していたとしたら他の狂使も同罪です。

今日、遊就館で「昭和天皇の学ばれた教育勅語」という本を買ってしまいました。


2006/10/19(木)18:45| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>おしょうさん

いらっしゃいませ。

コメントありがとうございます。

>かっぱさんの弟子で、「おしょう」と申します。
>何度か訪問させていただいておりましたが、コメントデビューもさせていただきます。
・良くいらっしゃいました。
歓迎致します。
かっぱさぬのところではお目にかかっておりましたが、実は私、ホークスファンです。
しかし、吉田監督で阪神が久しぶりに優勝した(古い)時には阪神デパートまでグッズを買いに行ってしまいました。
福岡在住もあり、もとライオンズの真弓等が阪神に移って以来の隠れ阪神ファンなのです。
もちろん「六甲おろし」歌えますよ。

>さて、私もふたりの中学生(娘)をもつ父親として、この件は、「人ごとではないな」と考えております。
>確かに、子どもが発するSOSのシグナルを、読み取れなかった親の責任は大きいと思いますが、それ以前に、これを「いじめによる自殺」と断じて、片づけてしまってよいものなのでしょうか?
>正直、はなはだ疑問です。
>集団で、ひとりをいたぶる…。
>しかも、自殺に追い込むまで…。
>これは、「犯罪」ですなぁ。決して、「いじめ」などという子どもの戯れ事ではありません。
>心の強さには、当然、体の強さと同じように個人差があります。
・苛めの発覚が難しいところもそこですよね。する側と、される側の感性というか、認識にあまりに開きがあり過ぎる。
苛める側が「殺そう」とまでは思ってないであろうところが逆に防ぐ手だてを失うことになっているようで、、何とも。

>それを教えるべき教師、いや親、いやこの日本の社会そのものの、未熟さが原因となった犯罪ではないでしょうか。
>私はこれこそ、すぐにでも正すべき社会病理だと認識しております。皆で真剣に考えて、改善に向けて取り組むべきです。
・仰るとおりだと思います。
私が本文に書いた、知らんぷりの教師も同罪だというのも、そこの部分です。

>生意気言いました。でも、決して悪意ではありません。何卒、ご容赦ください(礼)。
・何を仰います。悪意と判断したら速攻で対処する所存です(笑)

>また、遊びにきます。
・是非、またお越し下さいませ。
ありがとうございました。

2006/10/19(木)19:04| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

「イジメ」は私が子供の頃もありました。
そして私もイジメに加わったこともあり、逆にイジメられたこともあります。
しかし当時はイジメられたからといって自殺を考える子供はいなかったのではないでしょうか。(登校拒否はありましたが)

強い子、弱い子はいつの時代も存在します。(大人でも同様)
しかし現在の子供はコミュニケーション力、我慢する力が欠如してると言えるでしょう。

まず子供にもっとコミュニケーションする場をあたえ、痛みを教える事が、教師並び大人の大切な仕事だと感じます。

2006/10/21(土)19:08| URL | TS@捻くれ者 #- [ 編集]

>TS@捻くれ者さん

コメントありがとうございます。

>「イジメ」は私が子供の頃もありました。
>そして私もイジメに加わったこともあり、逆にイジメられたこともあります。
>しかし当時はイジメられたからといって自殺を考える子供はいなかったのではないでしょうか。(登校拒否はありましたが)
・私の時代は、苛めという概念がいまと違ったようです。
そして、登校拒否もありませんでした。40年の間に何が変わってしまったのでしょう?

>強い子、弱い子はいつの時代も存在します。(大人でも同様)
>しかし現在の子供はコミュニケーション力、我慢する力が欠如してると言えるでしょう。
・昔は強い子=苛めっ子でしたが、他のクラスや学校と揉めれば強い子が戦っていたようにも思います。今の苛めは大勢で1人をというパターンが多いですね。これが陰湿さに繋がるのでしょうか?

>まず子供にもっとコミュニケーションする場をあたえ、痛みを教える事が、教師並び大人の大切な仕事だと感じます。
・仰るとおりだと思います。しかし、教師が一緒になって苛めている等と言うのはやはり、教育現場の監督や教師の資質、資格は厳しくしなくてはならないし、また親が子供から情報を吸収出来る関係が必要ですね。

2006/10/23(月)11:42| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

お久しぶりです。

私もおしょうさんが書かれているように社会的病理だと思います。

・教師がいじめの片棒を担ぐ。
私のクラスでいじめられていた子は、やはり担任の一言から始まっていました。小学生くらいだと先生が何か言ったら、クラスみんながそれに合わせますからね。先生の一言の影響が大きいことを教師は知っておくべきで、軽口は慎むべきです。生徒の受けなんて狙わなくていい。

・子供がいじめの限度を知らない。
テレビのバラエティ番組とかゲームの影響もあるのではないでしょうか?規制できないのかしら?
また親のしつけも問題ある。弱い者いじめはダメとか、卑怯なことはダメとか、悪いことをしたらバチが当たるとか、基本的なことを教えないんでしょうかね?

・親が気づけない。
確かにいじめられる子は、親に心配をかけたくなくて言えないこともあるでしょうから、難しいかもしれませんが、やはり親が日頃から子供をよく観察していなければならないと思います。(私自身も)
うちの母は、私の「ただいま。」の声でイヤなことがあった日はわかると言っていました。(←わかりやす過ぎです。)

・死を選んでしまう。
MUUさんの書かれている

>自殺なんかしても「そんな対価は得られない!」って事を充分教えてやる事だよね。

というのがとても大事だと思います。自殺したって誰も反省や後悔しないとわかったら、死ぬのがバカらしくなりますよ。
それプラス、もしも死んだらお父さんやお母さんがどんなに悲しむかということをわかっていれば、もっといいですね。
それから、いじめられていた子が社会に出たら活き活きと仕事をしたり、家庭を持って楽しく子育てしたりしていることもある、ということも教えてやるべきでしょう。
刹那的な死が、どんなにバカらしいことかを、あらゆる方向から徹底的に教えてやることです。

勝手なことを書きました。でも、何か書かずにはいられませんでした。一つでも多くの命を救いたいです。

2006/10/25(水)00:26| URL | milesta #S4B2tY/g [ 編集]

本当に勉強になります!!

いつも、夫ともどもお世話になってます。
今回のエントリーの福岡で起こった教師のいじめがきっかけの自殺の件・・・・・
先月にも、北海道で小学生の女子児童がいじめによる自殺の報道がありましたが、私を含め、大人が成熟しきってないんでしょうね・・・・・すべては子どもたちにその皺寄せが来るのだと思います。
こんなことを書き込みますと夫に叱られそうですが、私は小学2年生の時、担任の女教師に精神的な嫌がらせを受けた経験があります。
私自身の持病や家庭的な背景もあり、突っ込みどころが満載だったんでしょうね・・・・・その女教師は鬱憤を晴らすかのように、テストの解答に正しい答えを書いても×をつけ、通信簿の備考欄には、信じられないような文言で埋め尽くされた評価を見た時は、背筋に冷水を浴びせられたような気持ちになったこともありました。(その反面、腸が煮えくり返る、心境にもなりました。)
しかし、幾人かの同級生が、私を庇ってくれたこともあり、随分、人のありがたさを学んだ時期でもありました。
しかし・・・・・自殺にまで追い込まれてしまったこどもたちは、本当に優しすぎて親にも知らせたくなかったのかもしれません。私も小学2年生時、母には死んでも担任にいじめられていることだけは話せませんでした。
しかし、勝手なもので我が子を持つ身になりますと、本当に学校で理不尽な目に遭った時は、正直に私と夫の胸に飛び込んできて欲しいと切に願ってしまいます。
残念な結果になってしまった、二人の子どもたちも、勇気をもって親若しくは、近しい大人の人の胸に飛び込んで欲しかった。死んでも何も解決にはなりません。
心ある人間が切なくなるだけなんです・・・・・・・
支離滅裂なコメントに終始致し大変申し訳ありませんでした。

2006/10/25(水)22:32| URL | むっつりお竜 #cMnBD31A [ 編集]

お竜さん tonoさま

大威張り ブラ透けさせる 書かれたる
1より辛き  通信簿かな

 小学校5~6年の時は、テストは何を書いても0点、成績もオール1でした!
 5年生ともなればブラくらいしている子は他にもいるのに私の場合は「特別に大きすぎる!」んだって!!
 「先生だって人間なんだから相手が生徒でも好き嫌いが、あって当然!」と言う人がいますが、あの方と中学3年間の担任は露骨すぎました!
 それと人間だったのですか?

 私のブログのテーマはまさにこれです!

2006/10/26(木)08:34| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>milesta さん

コメントありがとうございます。

>・死を選んでしまう。
>MUUさんの書かれている
>自殺なんかしても「そんな対価は得られない!」って事を充分教えてやる事だよね。
>というのがとても大事だと思います。
・仰るとおりですね。

>自殺したって誰も反省や後悔しないとわかったら、死ぬのがバカらしくなりますよ。
>それプラス、もしも死んだらお父さんやお母さんがどんなに悲しむかということをわかっていれば、もっといいですね。
・私も大切な友人を自殺で亡くしています。
嫁と3才の娘を残したままでした。
仰られる様なことが分かってないはずも無いと思うのですが、やはりその時は、、、、未だに私の中で?が解き切れません。

>それから、いじめられていた子が社会に出たら活き活きと仕事をしたり、家庭を持って楽しく子育てしたりしていることもある、ということも教えてやるべきでしょう。
刹那的な死が、どんなにバカらしいことかを、あらゆる方向から徹底的に教えてやることです。
・これはとても大切な事だと思います。多くは「アンタに私の気持ちなんか分からない」所から始まると思うので、出来れば体験者の言葉は有意義・有効だと思います。

>勝手なことを書きました。
・何を仰います。ここは管理人からして放言・暴言吐きまくりですから、もっともっと吐いて下さい。

>でも、何か書かずにはいられませんでした。一つでも多くの命を救いたいです。
・同感です。なので私も記事にしましたが、大変貴重な多くのコメントを頂き、改めて、感心の高さを認識した次第です。

2006/10/26(木)16:49| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>むっつりお竜さん

コメントありがとうございます。

>いつも、夫ともどもお世話になってます。
・こちらこそ、お世話になっております。

>すべては子どもたちにその皺寄せが来るのだと思います。
・大人でさえある事。増して思考回路も感情制御もままならぬ子供達にはやはり、大人が先回りして手を打つことが在るはずですよね。

>私自身の持病や家庭的な背景もあり、突っ込みどころが満載だったんでしょうね・・・・・その女教師は鬱憤を晴らすかのように、テストの解答に正しい答えを書いても×をつけ、通信簿の備考欄には、信じられないような文言で埋め尽くされた評価を見た時は、背筋に冷水を浴びせられたような気持ちになったこともありました。(その反面、腸が煮えくり返る、心境にもなりました。)
・そうでしたか。いるんですねぇそんな鬼畜骸狂使が!

>しかし、幾人かの同級生が、私を庇ってくれたこともあり、随分、人のありがたさを学んだ時期でもありました。
・これも重要ですね。「1人ではない」事を知るのは大切なことだと思います。

>私も小学2年生時、母には死んでも担任にいじめられていることだけは話せませんでした。
>しかし、勝手なもので我が子を持つ身になりますと、本当に学校で理不尽な目に遭った時は、正直に私と夫の胸に飛び込んできて欲しいと切に願ってしまいます。
・一つのパターンでは決してくくれないことを、大人がもっと認識する必要があると思いますね。

>残念な結果になってしまった、二人の子どもたちも、勇気をもって親若しくは、近しい大人の人の胸に飛び込んで欲しかった。
・そうなんですよね。残念です。

>死んでも何も解決にはなりません。
>心ある人間が切なくなるだけなんです・・・・・・・
・一番感じなければならない連中が一番感じていません。
尊い犠牲の為にも、馬鹿共には相応の責任を取らせるべきと思います。

>支離滅裂なコメントに終始致し大変申し訳ありませんでした。
・とんでもないです。また何時でも寄って下さいませ。

2006/10/26(木)17:03| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>大威張り ブラ透けさせる 書かれたる
 1より辛き  通信簿かな
・先生とか生徒以前の問題ですよね。人非人!

>小学校5~6年の時は、テストは何を書いても0点、成績もオール1でした!
>5年生ともなればブラくらいしている子は他にもいるのに私の場合は「特別に大きすぎる!」んだって!!
・ふざけるんじゃない!と言うか人間剥奪?既に人ではない様な。

>「先生だって人間なんだから相手が生徒でも好き嫌いが、あって当然!」と言う人がいますが、あの方と中学3年間の担任は露骨すぎました!
・好き嫌いを出さないのが教師という職業でしょうに!

>それと人間だったのですか?
・違うと思います。
 
>私のブログのテーマはまさにこれです!
・そのつもりで、読ませて頂いております。

2006/10/26(木)17:20| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

追記

今回のテーマは重い問題でしたが、同時に十分討議すべき事柄でもありますね。
いろいろの方のコメントを拝見し、中にはいじめに直面した方の貴重な意見もありまして身に詰まされる思いもあります。
教育現場に携わる方々が真摯に、当事者同士が討議の場を自ら作り事案の問題点や対処を見出して欲しいものですね。
余談ながら、自治体の教育委員会は短期交代の名誉職ですから、物事の本質を見ることが出来ません、抜本的に改革する必要がありますね。
再投稿、お許しください。

2006/10/26(木)20:09| URL | ばんばん #- [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>今回のテーマは重い問題でしたが、同時に十分討議すべき事柄でもありますね。
いろいろの方のコメントを拝見し、中にはいじめに直面した方の貴重な意見もありまして身に詰まされる思いもあります。
・思いがけず多くの方のそれも体験からのご意見を頂き感謝しております。

>教育現場に携わる方々が真摯に、当事者同士が討議の場を自ら作り事案の問題点や対処を見出して欲しいものですね。
・是非ともかように願いたいものです。

>余談ながら、自治体の教育委員会は短期交代の名誉職ですから、物事の本質を見ることが出来ません、抜本的に改革する必要がありますね。
・まさに、在職中に事起こらずを祈ると言う輩が多いのは報道からだけでも分かりますね。

>再投稿、お許しください。
・いえいえ、何度でもコメントお寄せ頂ければこれに勝る喜びはございません。

2006/10/26(木)22:36| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/54-870f2d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真の教育改革は

最近拙ブログで教育問題がメインになっていまして、「教育ブログ」に変身しつつありますが、この記事をアップしなければいけないほど教育問題は深刻です。私たちが義務教育を受けていた時代はまだ良かったと思いますが、

2006/10/29(日)12:09│新・平成徒然草

教育勅語を生かす努力

 明治23年(1890年)10月30日、「教育に関する勅語」が発布されてから今年で116年になります。昨今教育現場における"モラルハザード"(道徳崩壊)が叫ばれ、戦後間もなくに占領下で作られた「教育基本法」の見直し、教育指針の建て直

2006/10/21(土)23:42│新・平成徒然草

やられたら殺りかえす

ホントに教師が狂死になりました。非常に気分が悪いです。

2006/10/17(火)14:00│若手(?)整体師の独り言

なれあいはイカン

いー天気でスねえ。あちしは仕事してまスけどネ。家で。(_Д_)アウアウアー会社で使う書類がでスねえ。いろいろ変わるので。その準備をせんじゃいかんのどスよ。( ゚д゚)、ペッんで

2006/10/17(火)11:41│ふまじめざんス

我の事 神思わなば 生きられぬ 悪の集いし メキドの丘や

『大嫌いな××マリ先生へ』     六年 四組 ●● NUE 革命という崇高な理想を持って集まった筈の連合○軍が、何故崩壊してしまったのか?  それは、本来戦わなければならなかった大きな敵に向かって行こう

2006/10/16(月)19:09│ハメルーンの笛 不健康手帳

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。