スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

国防産業を育成すべき

 先日、長崎港遊覧船に乗ってきました。
 とにかく暑い日でしたが、湾内とはいえ海の上はやはり涼しいです。
 遊覧船は湾内をぐるりと1時間ほど廻る訳ですが、半分以上が三菱重工長崎造船所見学になってしまいます。

 最初に目に入ったのが、点検中の護衛艦(N0.104)「きりさめ」です。
   DD_きりさめ

 1999年3月18日に就役して、2001年11月~2002年2月には、護衛艦「くらま」、補給艦「はまな」と共に、2007年7月~11月2日には、補給艦「ときわ」と共にインド洋に派遣されていた艦艇です。
 ご苦労様でした。

 続いて、N0.2ドッグで、護衛艦(だと思う)が建造されているのが見えました。
   DD_建造中

 今から70年前、現在まで日本が建造した最後の戦艦になってしまった戦艦「武蔵」が、この三菱No.2ドッグから進水しています。
 帝国海軍最後の戦艦が進水した同じドッグで、最新鋭の護衛艦が建造されている事は、単に艦の大きさによる必然性だけだとは思いますが、三菱の何かしらの思い入れがある様にも感じてしまいました。

 日本の造船技術は今でも世界一だと思いますが、後継者不足との声も耳にします。
 国防軍備を出来る限り国産、内製でやると言う当たり前の事を考えれば、今金を使わなければならない物の一つに、国防産業の育成があるのではないかと思います。
 それには、当然宇宙開発も含まれます。
 これは、雇用の拡大に繋がる事は言うまでも無いし、日本の高い技術の継承の為にも必要な事では無いでしょうか?
 もちろん技術や国防機密の国外流出を抑えるためには「機密漏洩防止法」「スパイ防止法」に相当する法整備も当然に必要となります。
 景気対策として公共事業が果たした役割は少なくないでしょうが、ムダもやはり多くなる事は必然です。
 しかし、国防産業の育成は長期的国家観から見れば、ムダにはならないのでは無いかと思います。
 「核」の抑止力は、その潜在能力の暗示性にあると思います。
 「もしも使ったら・・」と言う想像が難くないと言うことです。
 であれば、国防産業の充実は、ある意味現実的「抑止力」となる部分も当然あると思います。
 今や国家意識の無い政府のおかげで、優秀な技術を持つ企業が、次々に国防産業から撤退しています。
 国防産業の充実、法の整備等がなされることが、公務員や高技術産業への「外国人」の無差別雇用と言う愚かさをも無くせると同時に、優秀な人材の確保に繋がると思います。
 こういう事を言うと「軍国主義!」「外国人差別!」などと喚くおめでたい人達が日本にはたくさん居るようです。
 そのたくさんの人達が、自身が国防を担う自衛隊の最高指揮官であることに何の責任も矜持も持てない総理大臣を生み出したのだと確信します。

 帰りに、長崎縣護國神社に参拝して参りました。
  長崎県護国神社

 高台にあり、小さめですが、きれいなお社でした。
 

 国防産業育成!と思う方→  

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(7) | トラックバック(0)2010/08/24(火)09:45

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/08/25(水)09:36| | # [ 編集]

国防産業

まったく、同意見です。

いま、日本に必要なのは富国強兵です。

2010/08/27(金)17:25| URL | bingo #mIug5Ryo [ 編集]

軍国主義って?

連合国も案外、日本をこき下ろす言葉には相当悩んだんじゃないでしょうか。別段ファシズムに相当するような独裁勢力があったわけじゃなし、大政翼賛会は第一次世界大戦の城内平和に過ぎません。
軍国主義と言ったところで、元からべらぼうに軍隊の規模が大きかったわけでもありません。そういうことはソ連にでも言ったらいいようなものです。元から師団の数か多い物だから、大佐で師団長が勤まったのです。それに引き換えわが国の場合、師団の数が元来少なかった物だから、中将で任命せざるを得なかったのです。
大将にいたっては特に明治の頃はは非常に少なかった物だから、中将で大臣に任命されたケースも珍しくなかったようです。
要するに軍国主義とは連合軍と日教組合作のでっち上げですな。

2010/08/27(金)22:43| URL | DUCE #- [ 編集]

同意!

まさにその通りです。
利潤のみを追い求め、中国に出て行き、国内工場を縮小、空洞化させ、更に安い商品を輸入し、国内産業を壊滅に追い込もうとする企業には、愛国心のひとかけらもありません。
現在の駐中国大使をみれば、いまの政権がそのことを推進していることがはっきりわかります。

日本の国防産業は、世界的に見ても優秀な技術力を持っていますが、武器の輸出は求めないという原則にしばられ、利潤を得ることが出来ず、結局開発費も投下できないという悪循環に陥っています。

ぜひこの原則を撤廃し、国防産業を国の大きな産業として育成するべきかと思います。

こんど、沖縄にひゅうがが来航します。
もちろん、見学に行ってきます。

2010/08/28(土)08:24| URL | わんぬうむい #3..SH0Gc [ 編集]

Re: 国防産業

☆ bingo さま
 コメントありがとうございます

> まったく、同意見です。
> いま、日本に必要なのは富国強兵です。
・仰るとおりですね。
 富国強兵→軍国主義と言う短絡洗脳は阻止しなければいけませんね。

2010/08/30(月)15:35| URL | tono #- [ 編集]

Re: 軍国主義って?

☆ DUCE さま
 コメントありがとうございます
 
>連合国も案外、日本をこき下ろす言葉には相当悩んだんじゃないでしょうか。別段ファシズムに相当するような独裁勢力があったわけじゃなし、大政翼賛会は第一次世界大戦の城内平和に過ぎません。
 軍国主義と言ったところで、元からべらぼうに軍隊の規模が大きかったわけでもありません。
 そういうことはソ連にでも言ったらいいようなものです。
・確かに悩んだでしょうね。
 でなければ、事後法まで持ち出すことは無いでしょうからね。
 
>要するに軍国主義とは連合軍と日教組合作のでっち上げですな。
・それは確かにありますね。

2010/08/30(月)15:38| URL | tono #- [ 編集]

Re: 同意!

☆ わんぬうむい さま
 コメントありがとうございます

>まさにその通りです。
 利潤のみを追い求め、中国に出て行き、国内工場を縮小、空洞化させ、更に安い商品を輸入し、国内産業を壊滅に追い込もうとする企業には、愛国心のひとかけらもありません。
 現在の駐中国大使をみれば、いまの政権がそのことを推進していることがはっきりわかります。
・確かに・・・

>日本の国防産業は、世界的に見ても優秀な技術力を持っていますが、武器の輸出は求めないという原則にしばられ、利潤を得ることが出来ず、結局開発費も投下できないという悪循環に陥っています。
 ぜひこの原則を撤廃し、国防産業を国の大きな産業として育成するべきかと思います。
・私も是非そうするべきと思います。

>こんど、沖縄にひゅうがが来航します。
 もちろん、見学に行ってきます。
・ひゅうがは、まだ生で見たことも乗った事もありません。
 良いですね。
 ヘリ用のエレベータ動かしてくれるのかな?

2010/08/30(月)15:41| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。