スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

外国人参政権、最高裁暴論は政治的配慮

   産経_参政権政治的配慮
 産経新聞によると、永住外国人の参政権の裁判において、憲法違反の判断を下しながら、傍論で「憲法に違反しない」とした判決に加わっていた(ご存知のように最高裁は複数判事制です)園部逸夫元最高裁判事が、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言したそうです。
 さらには地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」事を想定していたと語り、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討している事を「ありえない」と批判しました。
 最高裁が、公の判決の傍論で、ごく一部の外国人をなだめる為に国家の主権を揺るがす様な事を言うこと自体「ありえない」とは思いますが、この告白により民主党や民団等がこの法案を推進する根拠の屋台骨が大きく崩れたのは間違いありません。
 また、推進派の良く口にする「強制連行されてきた多くの人々」と言う常套句も、昭和34年の朝日新聞で既に否定されています。
 そもそも「外国人への参政権付与法案」等は、「傍論」を「判決」そのものであるかの様に吹聴しなければ話題にさえならない様なものであったという事です。
 だから、民主党はマニフェストに載せられず、カムフラージュのインチキな夢物語ばかり並べて、この法案を隠していたのです。
 今こそ、この法案が以下に欺瞞に満ちているかを多くの方々に知って頂き、今国会のみならず、未来永劫話題にも上がらないように、徹底的に葬らなければならないと思います。
 明後日2月21日(日)は、ソラリアステージ前で情宣する私達だけでなく、天神界隈では他の団体や、街宣車も反対の情宣をする様です。
 一般の方には「外国人参政権?何それ?」と言う方も多いはずです。
 しかし、あちこちで同じ事に反対しているのは一体何事なんだ?と思ってもらう事から、感心を持ってもらう方へ、更にはこれは危険な事だと認識してもらう様に啓蒙しなければならないと思います。
 それが、この法案を永久に葬る唯一無二の方法だと信じます。



 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

外国人参政権阻止!と思う方→  


_/_/_/_/_/_/ 産経新聞 より引用 _/_/_/_/_/_/

「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白

平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。

 園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。

 判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

 判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

 園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。

 ■外国人地方参政権に関する最高裁判決 永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。
_/_/_/_/_/_/_/ ここまで _/_/_/_/_/_/

最高裁も罪だよ!と思う方→  
スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(1) | トラックバック(0)2010/02/19(金)09:35

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/02/20(土)04:58| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。