スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

陳総統「台日の準軍事同盟関係に期待」に思う

前記事にも揚げた陳水扁総統のパラオ訪問。
この際に日本のフジテレビの取材に対し、「現在台湾と日本は過去30年間で最良の時期を迎えているとの考えを述べるとともに、両国が準軍事同盟関係を締結することに期待を示した。」


 


_/_/_/▼台湾週報より引用▼_/_/_/_/_/


      陳総統「台日の準軍事同盟関係に期待」


  陳水扁総統はさきごろ、日本のフジテレビの取材に応え、現在台湾と日本は過去30年間で最良の時期を迎えているとの考えを述べるとともに、両国が準軍事同盟関係を締結することに期待を示した。また、10月末に開通予定の台湾高速鉄道(台湾版新幹線)の開通式典に、9月で退任する小泉首相を招待したい意向を述べた。


  これは陳総統が9月初めにパラオを訪問した際、同テレビ局が取材したもので、9月9日に報道番組の特集として日本で全国放送された。陳総統はこのなかで、2000年の就任当時、中国が台湾に照準を合わせ配備しているミサイルは200基であったが、現在その数は820基に増え、中国はさらにこれを毎年100~120基の割合で増やし続けており、台湾に対する武力行使を依然放棄していないと指摘した。また、中国は現在、台湾に対する侵攻計画として①2007年までに随時戦闘可能な作戦能力を備える②2010年までに全面的かつ大規模な戦闘能力を備える③2015年までに台湾侵攻の必勝能力を備える、の3段階に分けた計画を推進しているとの情報を入手していることを挙げ、警戒感を示した。


  陳総統はさらに、日本と米国が昨年2月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で台湾海峡問題の平和的解決を共同の戦略目標の一つとして盛り込んだことに深い謝意を表した。また、台湾と日本の間に正式な国交はないものの、台湾は日本と準軍事同盟関係を形成することを望んでいるとの考えを述べた。


  中国が台湾国内の分裂を図ろうとしていることに関し、陳総統は「中国は台湾が主権国家であることを認めておらず、台湾の国民によって選出された政府と直接協議することを避け、故意に台湾の野党との協議を進めている。これは明らかに台湾に対する統一戦線工作であり、台湾内部の団結を妨害し分裂させようとする行為に他ならない」と指摘した。そのうえで、台湾の一部の政党やリーダーが中国共産党の統一戦線工作に翻弄されている現状に強い遺憾の意を示した。


  また台湾から中国への投資が急増している問題については「台湾は中国に対する危機感と警戒を失ってはならない」と強調した。さらに、台湾には中国市場に幻想を抱き、中国への投資や貿易を拡大しようとする人も多いが、こうした人々のなかにもすでに台湾主体の立場でビジネスをしなければ自分自身に非常に不利となり、台湾という後ろ盾がなければ台湾のビジネスマンは存在できなくなるという認識が生まれ始めているとの見解を示した。


  陳総統は、台日関係が過去30年で最良だとの考えを示したうえで、9月で退任する小泉首相について、中国に対して「ノー」と言える首相であったことを強調し、心からの敬意を表した。また10月末に開通する台湾高速鉄道の開通式典に小泉氏を招待したい意向を示した。


  一方、同番組にゲスト出演した日本の超党派国会議員組織「日華議員懇談会」の会長を務める平沼赳夫・衆議院議員は、中国のミサイルのうち300基は日本に照準を合わせたものだとの情報があること、昨年中国が「反国家分裂法」を制定し、台湾への武力行使を辞さないと表明したこと、さらに中国とロシアが海軍の合同演習を実施したことなどを挙げ、台湾海峡は日本の生命線であり、両岸問題の対話による平和的解決は日本の利益にも合致しているとの考えを示した。平沼氏はさらに、現状を客観的に見て、中国が毎年二ケタの割合で軍事予算を拡大していることはまさに周辺地域に対する脅威となっており、中国の潜水艦が白日下で堂々と日本近海に現れ、東シナ海で油田開発を続けている現状においては、中国の動向に警戒せざるを得ないことを指摘した。そのうえで、台湾と日本、米国はこの問題に注目し安全保障の維持に努めるべきだとの考えを示した。


                                                                  《2006年9月11日》
_/_/_/▲引用ここまで▲_/_/_/_/_/


中国のミサイル820機以上が台湾に向けてセットされている。
また、日本の主要都市には全て中国のミサイルが照準を合わせている。
陳相当の発言も当然だし、日本としても願ったりでは無いのか?
これが、憲法に拘わる問題となるならば、早急に憲法を改正しなければならないのではないのだろうか?
中国は着々と台湾を狙っている。
台湾は当然、それをひしひしと感じている。
陳総統の発言は、それを語っている。
日本は?
台湾を取られれば、中国は海に出てくる。
日本の石油シーレーンも危ない。
台湾を守ることは、日本を守ること。
期限切れのクレジットカード「ヤスクニ」に目を向けさせ、こそこそ中国が何をやっているのか?
スキミングも完了している。
中国が「ヤスクニ」の期限切れを認めたときに、何が起こるかよく考えなくてはいけない。
目を背けて、媚を売ったり、阿たりしている場合では無いと思う。

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(17) | トラックバック(2)2006/09/13(水)12:30

コメント

んだんだ

>日本の石油シーレーンも危ない。

そーだそーだ。
シーレーンを抑えられたら、
喉元に刀突きつけられるよーなもんでスよねえ。
日本政府、裏では着々と台湾同盟を準備してる・・・
そんなこたないか・・・

>台湾を守ることは、日本を守ること

激しく同意でス。

2006/09/13(水)14:23| URL | かっぱやろう #- [ 編集]

台湾かぁ・・

日下公人氏が講演されてましたね。
昔の日本なら、いまの状況なら台湾なんぞ軍事併合するって。私は・・英連邦のように・・天皇陛下のもとに集いあう大ニッポン連邦に加入させたい・・・

2006/09/13(水)15:02| URL | SAKAKI #- [ 編集]

友の為に涙を流し~

我もまた 価値なきモノで ある故に
友の苦難を 捨てては置けぬ

 左翼の人は恩ある人を裏切るいい訳として必ず「それだけの価値しかない!」と言います!
 私達は、「価値のない!」「モノを考えない人間!」だけど「友達を裏切ったりしないよ!」と言う意味で作りました。

2006/09/13(水)18:41| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

死那との友好は属国化への道です。台湾との友好を深めて、死那に対抗しなくてはいけません。

2006/09/13(水)18:43| URL | DUCE #- [ 編集]

日本も共同体

中国の危険性は先日の環境問題もそうですが、内政の矛盾な状況の中、内政から人民の目を外に向けるかによって、台湾情勢は動く可能性が有るという事ではないでしょうか。
ナショナリズムは国論を一致させる尤も安易な方法です。
この様な兆候をキャッチするためにも、日本の諜報機関を早期創設し、日米台の軍事的連携を裏で構築しておく必要があります。
日本は早期に憲法改正を行い、集団的自衛権を確立し新たな環太平洋諸国をリンクした集団安保体制を構築すべきです。
ハードな面でも、向けられているミサイルを迎え撃つだけでなく、敵の基地を叩けるミサイルを装備する事も当然の事です。
万全の装備をする事が最大の防御になる事は、歴史が証明しています。
くだらない平和ボケは論外です。

2006/09/14(木)08:55| URL | ばんばん #- [ 編集]

シナ人は相変わらず

台湾との関係は、小泉首相になってから多少マシになったとはいえ、まだまだですよね。
建て前上、今は仕方無い事とはいえ、もっと台湾との関係を日のあたるトコロに出して欲しいもんですねぇ。

>期限切れのクレジットカード「ヤスクニ」に目を向けさせ、こそこそ中国が何をやって>いるのか?スキミングも完了している。中国が「ヤスクニ」の期限切れを認めたときに、何が起こるかよく考えなくてはいけない。目を背けて、媚を売ったり、阿たりしている場合では無いと思う。

中国は卑怯で汚いけれども、狡賢いから「靖国カード」が賞味期限切れである事をとっくに認識してますよね。
中国は小泉首相の力量を見誤って反日カードを切り続けてしまった事を後悔し、その後の様々な悪影響に危機感すら感じているように思えます。
だからなのか、今じゃ手のひら返して恥ずかしげも無く、こんな媚を売るように擦り寄ってきてますね。

==(読売新聞より引用開始)==
日中首相の握手写真、ASEMのHPに…中国の要望で小泉首相が出席したヘルシンキでのアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の公式ホームページに、首相と中国の温家宝首相が会場内で笑顔で握手した瞬間をとらえた写真が11日、掲載された。
両首相は、靖国神社参拝問題をめぐって関係が冷え切っているが、10、11両日の会議期間中は場内で非公式に何度か軽くあいさつした。各メディアは握手の瞬間を撮影していなかった。
ところが、11日は、中国政府の公式カメラマンが至近距離で両首相の握手の瞬間を撮影していたという。ASEM議長国のフィンランド政府によると、同日午後、中国政府から「日本の首相との握手の写真を撮ったので、ASEMホームページに掲載してほしい」と写真提供があり、掲載を決めた。同日、フィンランド政府からヘルシンキ市内で連絡を受けた日本政府筋は「日本との関係改善に意欲を示す中国からの明確なメッセージだと受け止めている」と語った。
(2006年9月13日3時10分 読売新聞)
==(引用終了)==

ところがこんな中共節を唄っちまうような相変わらずぶりで...。

==(人民網日本語版より引用開始)==
温家宝総理「小泉首相のあいさつに応えただけ」

「中国新聞網」によると、温家宝総理は11日にヘルシンキで取材を受けた際、アジア欧州会議(ASEM)での小泉純一郎首相との接触の有無について言及し、「小泉首相が自らあいさつしてこられたので、わたしもあいさつしたが、接触はしていない」と述べた。温総理は続けて次のように述べた。
中日両国は隣国であり、長く友好を続けていくべきだ。中日関係の発展におけるわれわれの立場は明確だ。つまり中日間の3つの政治文書に確立された基本原則を堅持し、歴史を鑑(かがみ)として未来に向かうということだ。しかし、日本政府の指導者が中国人民およびアジア人民の反対を顧みず、繰り返し靖国神社を参拝したために、中国人民およびアジア人民の感情はきわめて深く傷つけられ、中日関係の発展に対する政治的障害となっている。
われわれは日本の今後の指導者が、中日両国と両国人民の根本的利益に立ち、この件を正しく処理することで、両国間の政治的障害を取り除き、両国関係を正常に戻すよう望む。
そうすることが中日両国の人民にも、世界の平和と安定にもプラスとなる。(編集NA)

「人民網日本語版」2006年9月12日
==(引用終了)==

小泉首相との握手の写真を掲載してくれって頼み込んでおきながら、「小泉首相が向こう挨拶してきたもんで、仕方ないからコッチも挨拶してやったアル」的な発言っすか...アハハ(脱力しすぎて笑っちゃうッス)。
ま、これは国内向けの言い訳かもしんないけど、こんな調子だからシナ人は信用されないんだよなぁ。
日本の左巻きなアホ議員でもあるまいに、狡猾なシナ人ともあろうものが、ネットでツツヌケな現代の情報社会を未だに認識してないんやろか?。
それでもまぁ、「実」を考慮して愛想笑いしながら擦り寄る思考回路が残ってる分朝鮮人なんかよりはまだマトモ(狡猾)と言える分だけマシかもねぇ。
ところで朝鮮人といえば、能無ヒョンくんが訪米するらしいけど、頼み込んで15分の会談をなんとか30分に延長してもらったとはいえ、タッタ30分で一体何を話してくるんだか。
ブッシュ大統領の前でも、小泉首相に対して取ったような倣岸不遜な態度で突っ張り続けてくれたら面白い結果になるのに、な~んてワクテカしてる今日このごろだったりするのよねぇ~。
ワクワク!

2006/09/14(木)13:43| URL | MUU #4lQFW.ik [ 編集]

中国より台湾です

台湾はある意味、
日本より日本的な感じがしますから、
日本人とは考えなどが合うのではないかと。
(個人的考えという事で(^^;))
これから先の日本と台湾の安全を考えれば、
台湾と組んだ方が最善だと思います。
もしかしたら、台湾と組む事で、忘れかけた
日本人精神を思い出すかもしれません。

早く憲法改正をして、
降りかかる火の粉を払うのに、何の問題も
ないようにしてもらいたいですね、政府には。
でないと自衛隊の方々が辛すぎます。

2006/09/14(木)14:19| URL | 勉強中の整体師 #- [ 編集]

安部氏台湾切捨てカードを持って訪中?

ASEM議長国のフィンランドで小泉首相との握手の写真を掲載からもう1歩進んだ憶測がまことしやかに流れています。
FACTAの阿部さんが報じたとカンベーさん、てっくさんが安部首相になって直ぐに孤立化を恐れる韓国の顔を立ててソウルへ立ち寄った後で北京へ土産「台湾カード切り捨てカード持参」を持って会談する。>と言う記事です。しかし先般中国は外国報道機関の情報統制を決定して今欧米報道機関から異議・抗議を受けてるがその事の中国の対応は無い。日本の報道も政府も何の異議申し立てをしていない。資本主義の根幹は経済で情報の公正・正義・透明さには自由な報道が保障され無いと崩壊する。増して投資家は著しく不利になる、汚職や捏造など起きてきて公正な経済競争
経営内容も不明になる。そういう重大な事柄が起きてるし又台湾を正式呼称にして国連加盟運動を起こすと発表してるが、どうも次期は中国よりの馬氏が優勢で中国と統一への方向に向かってるから、日本も台湾から中国へ軸足を移す方が流れに乗り遅れない事であると言うメルマガも配信されてる。非常に思惑が錯綜して流れてるが、台湾のシーレーンは日本に取り死活問題。又長いスパンで日本の将来を眺めると親しくする国を間違えると戦前のような悲惨な事になる。独、伊と三国同盟を結んだ事は大きな間違いだった。中国が外国資本が枯渇すると国内経済が混乱する国である事は自明。投資が減ってきてるので日本からの企業誘致を願ってるのが中国です。土産まで持って中国と親しくするのは、米国からの暗黙の指図なのか?台湾を捨てて韓国を助ける事は無いと思う。韓国と北朝鮮の統一と中国が台湾の統一を図るのも連動して中国の狙いだけど、米国が中国べったりの中国経済拡大を図る程、メリットがある事等考えれない。確かに中国と日本が東アジア共同体を作り米国のドルに代わる通貨を発行すると言う野望も中国を利するだけで日本の国益にはならない。米国が力を減少させ、ドル垂れ流しの赤字体制を維持できなくなるから簡単に承知するほど通貨問題は複雑だと思われる。中国へ日本から訪問する事だけは止めて欲しいし、台湾切捨てなどと言う土産扱いは
非常に性質が悪いデマだと思いたい。

2006/09/15(金)13:28| URL | ようちゃん #VmV1yANw [ 編集]

中国で進む対日開戦準備

http://blog.goo.ne.jp/tike_hiko2000/e/a5ab3edab233639aac6325ac18689d9d

悪魔の帝国:中国で進む対日開戦準備(1)


1.不穏な中国軍の動き
 日本では次期政権の課題が浮上している。台湾でもやはり後継政権をめぐる動きが加速している。いずれも「中国」の政治的影響を無視できない。新政権への提言は、これから書いていきたいが、8月中に目に付いた中国の動きについて、私の”独断と偏見”で、お知らせしておきたい。

2.もう”靖国”問題の次元ではない
 8月中、日本のマスコミは相変らず、日中問題として”靖国”問題だけを取り上げ、日本の外交課題だと主張していた。しかし、中国の戦略は、もう次の段階に入っていると思われる。つまり、日本を”靖国”問題などで恫喝してODAや各種の経済援助をせびり盗るとか、アメリカや日本でいわゆる”人権活動家”と協力して”対日賠償請求裁判(例:従軍慰安婦裁判、731細菌戦国家賠償請求訴訟”、残留孤児国家賠償請求など)を起こして金銭を強奪するとか、「人権擁護法」など中国・韓国が日本を間接統治するための言論弾圧法を作る(例:人権擁護法案)という、中国流”民主主義・平和主義・人権擁護・中日友好”を第一段階での対日攻撃とすれば、これはすでに既定の事実として実行に移され効果を上げている。中国が今進めていると予想される、北朝鮮・韓国軍を先鋒とした人民解放軍による日本への直接攻撃と軍事的占領および”日本人の組織的民族撲滅”を行ういわば”日本占領計画”の準備は、次の選択肢の一つとしての、第二段階に当たる。
 もちろん、未来のことは誰にも分からず、中国が第二段階で直接攻撃だけを対日戦略の選択肢としているというわけでもないが、中国が第二段階を重要な対日戦略として具体化し、実行に移している間接的な証拠には事欠かない。
 全体像は、これから明確になってくると思われるが、8月中には、いくつかそうした徴候を如実に反映した記事が、中国共産党中央委員会機関誌『人民網』に流れたので、お知らせしておきたい。

3.不穏な軍関係の動き
 最近目立つのは、日本との直接的軍事衝突を予告する記事である。以下は、その代表的な例。
①”日本が中国を侵略する”という反対キャンペーン
未來戰爭假想中的現實因素:美國前防長預言日軍2007年偷襲中國(近未来戦争の仮想中の現実的要素:アメリカ前国防長官日本軍の2007年中国奇襲を予言) ●本報主筆 邱永崢 2006年08月13日09:19
 これは、8月13日に他紙から転載された記事。記事では、レーガン政権の国防長官だったワインバーガー(Caspar Weinberger)が1996年に出した『Next War(ネクスト・ウォー―次なる戦争)』を、なぜか今頃になって紹介している。

詳細は蓬莱島をクリックしてお読みください。
陳総統の「台日の準軍事同盟関係に期待」は希望でも何でもない、緊急に迫ってる危機を日本へ知らせてるメッセージだと受けッとた方が良い。上海の不動産バブルは崩壊寸前で香港などの主な中国投資家がロシアに逃げてロシアでマンション建設ラッシュや土地買占めで不動産が沸騰してるのです。国内も年間3万件も暴動が起きてるし、河川の汚染や環境悪化も日本にまで漏れてNHKまで報道してる。だから厳しい言論統制・新聞報道規制をしたのです。罠があるから姑息な手段でフインランドで握手写真を頼み込んで掲載させたと考える方が辻褄が合います。


2006/09/15(金)14:38| URL | ようちゃん #VmV1yANw [ 編集]

>さっぱさぬ

コメントありがとうございます。

>喉元に刀突きつけられるよーなもんでスよねえ。
・まったく、そのとおりです。

>日本政府、裏では着々と台湾同盟を準備してる・・・
>そんなこたないか・・・
・あって( ゚д゚)ホスィ…

>激しく同意でス
・ありがとうございます。

2006/09/19(火)15:37| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>SAKAKIさん

コメントありがとうございます。

>昔の日本なら、いまの状況なら台湾なんぞ軍事併合するって。
・台湾も望むところでしょう。

>私は・・英連邦のように・・天皇陛下のもとに集いあう大ニッポン連邦に加入させたい・・・
・良いですね。国旗も英連邦みたいに、何処かに日の丸が入ってるとか。

2006/09/19(火)15:39| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>我もまた 価値なきモノで ある故に
>友の苦難を 捨てては置けぬ

・ 目の前の 友の苦難を 捨て置きて
  たれそ大和の もののふたらん

>「友達を裏切ったりしないよ!」と言う意味で作りました。
・恩を仇で返すような国とは違いますよね。
そんな国を放って置いて良いはずはありません。


2006/09/19(火)15:46| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>死那との友好は属国化への道です。
・友好はありえません。

>台湾との友好を深めて、死那に対抗しなくてはいけません。
・みんなもう一度地図と歴史をよく見て欲しいですね。

2006/09/19(火)15:48| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>中国の危険性は先日の環境問題もそうですが、内政の矛盾な状況の中、内政から人民の目を外に向けるかによって、台湾情勢は動く可能性が有るという事ではないでしょうか。
・台湾に関しては、建国以来一貫して覇権戦略に組み込稀手居ると思います。これに内政を利用して居るとも考えられますね。

>日本の諜報機関を早期創設し、日米台の軍事的連携を裏で構築しておく必要があります。
・仰るとおりだと思います。日本は情報が少なすぎます。それとも得た情報を使え無さ過ぎるのか?

>日本は早期に憲法改正を行い、集団的自衛権を確立し新たな環太平洋諸国をリンクした集団安保体制を構築すべきです。
・今度憲法改正も記事にしてみたいのですが、勉強中です。しかし、見切り発車でも上げてみようと思います。

>くだらない平和ボケは論外です。
・お説ごもっともです。

2006/09/19(火)15:55| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>MUUさん

いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

>もっと台湾との関係を日のあたるトコロに出して欲しいもんですねぇ。
・そうですね。なんか奥歯に物が挟まってますね。

>中国は小泉首相の力量を見誤って反日カードを切り続けてしまった事を後悔し、その後の様々な悪影響に危機感すら感じているように思えます。
・意外と盛り込み済みでしょう。慌てているのは増塵の方かも。

>小泉首相との握手の写真を掲載してくれって頼み込んでおきながら、「小泉首相が向こう挨拶してきたもんで、仕方ないからコッチも挨拶してやったアル」的な発言っすか...アハハ(脱力しすぎて笑っちゃうッス)。
・その為のシャッターチャンスを創ったんですね、きっと。
国内が慌ただしいのは相当に伝わって来ますね。

>能無ヒョンくんが訪米するらしいけど、頼み込んで15分の会談をなんとか30分に延長してもらったとはいえ、タッタ30分で一体何を話してくるんだか。
・まあ、みなさん想像しているとは思いましたが。。。。

>倣岸不遜な態度で突っ張り続けてくれたら面白い結果になるのに、
・それすら出来ずに、蛇に睨まれた蛙状態で帰る事になったようで。。。

また、お越し下さいまし。

2006/09/19(火)16:04| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>整体師さん

コメントありがとうございます。

>台湾はある意味、
>日本より日本的な感じがしますから、
>日本人とは考えなどが合うのではないかと。
・特に内省人に関してはそう思いますね。

>これから先の日本と台湾の安全を考えれば、
台湾と組んだ方が最善だと思います。
・と言うか、組まなければ危険です。

>早く憲法改正をして、降りかかる火の粉を払うのに、何の問題もないようにしてもらいたいですね、政府には。
・憲法改正は、いや、自主憲法制定は急務だと思います。

>でないと自衛隊の方々が辛すぎます。

2006/09/19(火)16:09| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ようちゃんさん

コメントありがとうございます。

いつも、詳しい情報ありがとうございます。
安倍さんが総理就任後、早い時期に訪中するであろう事は、かなり確度が高いようですね。
ただ、韓国はまず素通りだと思います。
中国が北朝鮮に見切りを付け、これに関しては米露と共闘する気配を見せているようです。
日本は、ここで中国に阿るのではなく、これを利用しなければなりません。
訪中は結構ですが、一切の妥協・手みやげは不要です。
寧ろ「ヤスクニ」「A級」を封じる手腕が問われます。
乗り込む以上、呼び出された様な印象は絶対に避けねばなりませんし、自主憲法でも核でもカードに使って米露さえも使う覚悟が必要でしょう。
もちろん「台湾」と交換などはとんでもない話しですね。
安倍さんに、「日本を美しい国にする」覚悟がどれ程あるのか注目です。

2006/09/19(火)16:24| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/46-838ca6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軍事等々

日本も四辺を海に囲まれた島国であり、海岸線の長さは北方領土を含めて4842カイリ、つまり8967.496kmに及び世界第7位、排他的経済水域の面積は3861.1k?に及ぶ。オイルショックなどの影響から産油国との外交関係、そしてシーレーンの安定化が不可欠と感じた日本は1982年頃か

2007/04/21(土)02:57│軍事等々

M 徳永英明

秋の夜・・しみじみ泣いてみたいと思うときがあります。 さっきまで、サイドシートで泣いていた女性がいます。 まだ、そのぬくもりと、涙の跡がまだ残っています。 たくさんたくさん涙を流しておりました。 

2006/09/15(金)11:35│浦安タウンのオモシロ経済学

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。