拉致問題の難しさ

 「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)」は、毎月第二土曜日(14:00~16:00)福岡市天神ソラリア前で、情宣・署名・募金・チラシ配りの活動を行っている。
 私も時間の許す限り、演説、署名活動に参加している。
 立場・主張としては「国家主権侵害である拉致問題の解決(国家主権侵害状態の正常化)無くして国交正常化はあり得ない」と言う事だ。
 しかし拉致問題は、被害者家族や支援組織をも一枚岩ではないのが現状である。
 先日、拉致被害者家族会の元副代表、蓮池透氏が福岡で講演を行うと言う情報があった。
 招いたのは「福岡県日朝友好協会」である。
 昨今の蓮池透氏の言動からも、主催者を見ても想像頂けようが、こちらは国交正常化が先という立場である。
 立場はどうあれ、拉致問題の解決は、国民の統一した意思だと考える。
 そこで「救う会福岡」の副代表以下数名で、講演会場にご挨拶に伺った。
 私は同行しなかったが、電話でのドキュメンタリ報告によると、面会を申し込むと「お待ち下さい」と言われて30分以上放置された挙句、対応に出た佐賀大学の準教授とか言う人物に、礼を失した態度を取られ、トラブルを防止するために引いて面会せずに帰ったとの事であった。
 蓮池透氏は、もちろん「救う会福岡」の立場はご存知であろうが、拉致解決の想いは同じであり、お互い頑張りましょうとエールを交換する事は出来なかったのだろうかと、非常に残念な気持ちになった。
 蓮池透氏は、いつからか、まず国交正常化が先と言う主張に変わった様に思われる。
 何があったのかは分からない。
 拉致されると言う事は、北の工作員がたくさん日本にいると言う事であり、その監視がある以上、被害者や家族が多くを語れなかったり、本人の純粋な意思をそのまま語れないのも状況からして理解は出来る。
 しかし、率先して「国交正常化が先」との立場で活動される事には、私は合点が行かない気持ちである。
 それとも、取り巻きに既に工作員が居ると言う推測も強ち大外れでは無い様な気がしてくる。
 因みに、対応にでた佐賀大学の準教授と言うのは、数年前傷害事件で逮捕された当時「佐賀大文化教育学部助教授」だった森善宣氏だそうである。
 氏については以下のサイトに多少の紹介が載っている。↓
 http://mblog.excite.co.jp/user/haluhico/entry/detail/?id=4527472
 
拉致問題解決が先!と思う方→   


_/_/_/_/_/_/ 毎日新聞より引用 _/_/_/_/_/_/

日朝友好の集い:蓮池透さん講演 拉致解決へ単独戦略を /福岡

10月12日14時0分配信 毎日新聞

 ◇「平壌宣言履行につなげ」
 北朝鮮による拉致被害者家族会の元副代表、蓮池透さん(54)が11日、東区の県教育会館であった「日朝友好の集いin福岡」(県日朝友好協会主催)で講演した。
 平壌宣言から7年。だが、日朝関係は行き詰まりを見せている。蓮池さんは「核開発やミサイル問題はグローバルだが拉致は日朝間の問題。単独で戦略をきちんと立てるべきだ。やみくもな経済制裁は感情を悪化させ、結束を固めさせるだけだ」との認識を示した。
 更に「これまで4度あった問題決着の試みが、日本側が約束を破って失敗した」と指摘。福田康夫首相(当時)の辞任で流れた拉致問題再調査のための調査委員会設置と、制裁一部解除の日朝同時実行を突破口に「平壌宣言の履行につなげるべきだ」と話した。
 ただ、「平壌宣言にのっとると、北朝鮮側が発表した8人死亡が前提となってしまう。大変なジレンマ」と苦しい心中も明かした。その上で、鳩山政権に対し、関係者の声に反してでも、解決に強いリーダーシップを発揮するよう求めた。【江田将宏】
_/_/_/_/_/_/ここまで _/_/_/_/_/_/

 何かおかしい!と思う方→  
スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(2) | トラックバック(1)2009/10/13(火)10:09

コメント

いずれも相手の意志次第?

拉致問題と同様に頭を悩ます問題として中国残留孤児があります。いずれにしても、返すも返さないも向こう側の意志が不可欠となっています。
前者の方は返してもらうのは当然ですが、後者の方は却って疑問ですね。後者の方も人道的と言われていますが、不法に日本に居ついた外国人が帰国したがらない事を考えれば、長年死那に居ついた者が嬉々として日本に帰れると言うのはどうも胡散臭いです。
死那側としては嬉々と帰られたのでは、あたかも長年捕虜として抑留していたみたいな印象を与える結果となり、却って墓穴を掘ったと言うべきでしょう。
よって、人道的配慮で残留孤児を帰すなんて事はあり得ません。過剰人口の口減らしと第五列の送り込みが目的と見て間違いありますまい。←実際いんちきも多いわけですし。
一方、日本の側の受け入れに至ってはそれに輪をかけた胡散臭さを感じます。口では日中友好ですが、上記のような理由から、まともな日中友好などありようがありません。帰国が人道なら、おのずと残留孤児たちから死那で捕虜生活を強いられたと恨み節が蔓延するではないでしょうか。
ましてや、二世、三世まで平然と受け入れる行為は、ますます以って死那が人間の住む所ではないと吹聴する事でしかありません。←これで日中友好とは聞いてあきれる。
ただ、二世、三世の受け入れを行えば、これからもこれらの団体の「仕事」がなくなってしまう心配がなくなる訳で、いわゆる人権ビジネスとして永続化する事、および死那側の第五列の送り込みに加担する事を意図していると見るべきでしょうね。

2009/10/13(火)14:57| URL | DUCE #- [ 編集]

Re: いずれも相手の意志次第?

☆DUCEさん

> 拉致問題と同様に頭を悩ます問題として中国残留孤児があります。いずれにしても、返すも返さないも向こう側の意志が不可欠となっています。
> 前者の方は返してもらうのは当然ですが、後者の方は却って疑問ですね。後者の方も人道的と言われていますが、不法に日本に居ついた外国人が帰国したがらない事を考えれば、長年死那に居ついた者が嬉々として日本に帰れると言うのはどうも胡散臭いです。
・拉致は国家主権の侵害と言う大問題であり、残留孤児とは性格が異なります。
 残留孤児は既に他人が日本に来たい為にという事案も発覚していますね。
 何れも頭を悩ますと言う意味では、確かに由々しき問題ですね。
 
>過剰人口の口減らしと第五列の送り込みが目的と見て間違いありますまい。←実際いんちきも多いわけですし。
> 一方、日本の側の受け入れに至ってはそれに輪をかけた胡散臭さを感じます。口では日中友好ですが、上記のような理由から、まともな日中友好などありようがありません。帰国が人道なら、おのずと残留孤児たちから死那で捕虜生活を強いられたと恨み節が蔓延するではないでしょうか。
・そういうことですね。
 十分な暮らしであれば、出自が分かって安心した!とは思っても、なかなか日本に帰る環境は無いですよね

>第五列の送り込みに加担する事を意図していると見るべきでしょうね。
・ここは、大いに要素がありますね。
 注視すべき点ではありますが、なんか他に堂々と送り込まれている件が多いような・・・・

2009/10/13(火)18:01| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/452-62ea332d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

救う会や家族会が朝鮮総連らの親北朝鮮集会に抗議活動

昨日、東京一ツ橋にある日本教育会館で開催された朝鮮総連などの団体による海外同胞大会に対して、救う会や家族会、チャンネル桜、地方議員...

2009/10/17(土)17:56│なめ猫♪

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。