スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

そりゃ無いよ・・ミス日本

 破廉恥ミスユニバース01 破廉恥ミスユニバース03

 ミスユニバースの日本代表が誰であれ、どんな格好であれ私はどうでも良いのであるが、この衣装を見た時には流石に「それは無いだろう」と思った。
 何で、パンツ丸出しなんだよ?
 これが、ファッションショーとか「ミス下着」とか「ミス破廉恥」とか「ミスエロチカ」とか「ミス下半身」とか「ミス水着」なら、別に気にもならない。
 しかし、「ミスユニバース」と言うのは、国を代表して「美貌と知性」を競う大会であったと思う。
 たかが美人コンテストとは言え、世界中のマスコミへの露出度は相当な物であるはずだ。
 この、パンツ丸出しの姿で「日本代表」として「これが日本の着物とか日本女性の知性」と言われても恥さらし以外の何者でもない。
 何か、毎日新聞の英語版サイトがフラッシュしたのは私だけだろうか・・・
 なんと言われても、これは頂けない。
 古いとか感情的と言われようと、私は、この格好で「日本代表」を名乗るのは絶対に許せない。

 デザインした店の代表は、抗議や批判に対して
 『今年の狙いは、「着物は奥ゆかしき日本人女性の象徴である」という現代の日本人が作り上げた妄想と、「着物は未来永劫変わってはならない」という、これまた現代の日本人が勝手に作り出した不文律の否定にあります。』
 と宣っている。
 私は『「着物は奥ゆかしき日本人女性の象徴である」という現代の日本人が作り上げた妄想』と言うこと事態「妄想」だと思う。
 
日本の恥!と思う方→  


 デザインした店のサイトは抗議・批判で炎上気味であるが、それに対する返答をサイトから引用しておく。

_/_/_/_/_/_/ 義士東京本店日記より引用 _/_/_/_/_/_/

先日より当ブログにミスユニバース2009、日本代表のナショナルコスチュームに関するご意見やご批判が多数寄せられております。

 これを受けて、この度のナショナルコスチューム製作のプロデューサーを担当した弊社代表・緒方義志の手記を掲載させていただくことで、諸々のご意見やご質問に対する回答とさせていただきます。
長文ですが、本件にご関心のある方は是非ご一読下さい。

先日、都内某所でミスユニバース2009世界大会に向けて
日本代表の壮行会が行われ、そこで今年の民族衣装部門で着用する「ナショナルコスチューム」が発表されました。今年の衣装は特に刺激的な着物のデザインに挑戦したのですが、それをかたちにする上でこだわったのが、本物で質の高い日本独自の伝統的表現技法を武器にするということです。これを実現するために、普段ではなかなか一緒に仕事をすることができないような有力な呉服屋や織元、伝統工芸の老舗企業や実力派の職人、さらには権威ある着付けコンテストの全日本優勝者など、各業界を牽引する強力なプロの方々にこのプロジェクトに対する賛同を頂き、全面協力を賜ることができました。結果、実に贅沢な布陣の製作チームが結成され、日本文化に関する多くのご意見番の指導と後押しを頂きながら、見事期日までに衣装を完成させることができました。
ご協力をいただいた製作チームの皆様方に
この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

私をはじめ衣装製作に従事してくれた方々も、着物の常識を覆す刺激の強いデザインとスタイリングに関しては、ある程度の批判は覚悟していました。しかし、思いのほか衣装デザインに対して多くの批判が寄せられている状況を鑑み、この度はプロデューサーである私から改めて今年の「ナショナルコスチューム」のデザインに込めた思いと事務局の狙いをご説明させていただくことに致しました。
まず、はじめに、ミスユニバースで行われるナショナルコスチュームのコンテストは、直訳すると「民族衣装」のコンテストということになりますが、誤解されがちなのはこのステージで求められるプレゼンテーションは、単に各国の古典的な装束を発表するということではなく、その国独自の装束に新たな創作を加え、そのデザインとパフォーマンスで会場の観客を楽しませるエンターテイメントの要素が強く求められるということです。
日本のように確固たる民族衣装を有する国もあれば、日本ほど独自の衣装を持たない国もある中で、各国はその国を象徴するような意匠や小道具、独特の振り付けなどを駆使してその国らしさを表現していきます。そんな理由から、この部門は観客と審査員に対して大きな印象を残すことができる格好の舞台であると同時に、各国が最も自由な表現を許される万国ファッションショーのようなステージなのです。

その中でも日本は、3年前にベストナショナルコスチュームを受賞し、2年前には総合優勝を果たしたこともあって、毎年大きな期待がかけられている国のひとつです。さらには、日本の伝統装束である着物は、既に世界的に有名なため、逆に見慣れられているということもあり、日本を評価する基準は年々高くなってきています。それだけ期待が大きいというのは喜ばしいことではありますが、日本が民族衣装部門で世界の観客と審査員に驚きと感動を与えるためには、毎年新しい試みに挑戦しなければ満足してもらえないということでもあるのです。ゆえに私たち日本の民族衣装は、その伝統に対する自信と自負をしっかりと持ちながらも、保守するだけのものという枠に押し込めることなく、伸びのびと自由に進化する、生き続けるファッションとして捉えるべきだと考えています。
ミスユニバースのナショナルコスチューム部門における衣装製作には
毎年そんな思いが込められているのです。

今年の狙いは、「着物は奥ゆかしき日本人女性の象徴である」という現代の日本人が作り上げた妄想と、「着物は未来永劫変わってはならない」という、これまた現代の日本人が勝手に作り出した不文律の否定にあります。

日本人女性が「奥ゆかしい」性質を持っているということは、自他共に認める民族性のひとつだとは思いますが、その日本人の着物が奥ゆかしさを強調するだけの装束だとは私は考えていません。日本人の個性や民族性が「奥ゆかしい」だけではないように、着物にもさまざまな気分や雰囲気を演出する奥の深さや表現の多様性があってしかるべきなのです。そもそも、世界一の美を競う大会で「奥ゆかしさ」を一番の武器にして勝とうとする戦略は、その理論構築が完全に矛盾していると言わざるを得ません。「奥ゆかしさ」はアピールするものでないのですから。なによりも、日本人女性の魅力は奥ゆかしさだけでは決してないのです。西洋の女性に勝る色気があります。大胆さがあります。強さがあります。激しさがあります。そして、美しい肉体があります。それは今も昔も変わりません。日本人女性には世界を虜にする情熱的で官能的な一面があるのです。時代は進化しています。女性の感性や美意識も進化しています。いつまでも「奥ゆかしさ」だけを売りにしていたのでは、自由で活力のある現代の日本人女性の魅力や輝きを表現することはできません。そこで、今年は、着物を軸にして如何に日本人女性の大胆さや色気を刺激的に伝えるかということに挑戦したのです。

そこで立ちはだかるのが現代における着物という装束にまつわる、日本史始まって以来と言ってもよい程の極めて保守的で変化を悪とする暗黙の掟です。まずは、この掟を否定するところから始めなければならないと考えました。それは、私が理想としている「生きた着物文化の再来」を促進する上で絶対に必要な作業だと考えているからです。

もし今日における着物が女性の自由な服飾表現を束縛する衣服であったとするならば、着物はさらに淘汰されていくのみです。現に、今日、着物文化は衰退の一途をたどっています。これはひとえに、着物が伝統的装束という枠の中に押し込められてしまい、ファッションとして捉えられなくなってしまったからです。着物は日本人の伝統文化であることをことさら強調して、「着物は元来こうあるべきだ」とか「着物はこうでなければ美しくない」といった風に、「禁止事項」をたくさん設けて自らを決まりごとでがんじがらめにしてしまっています。確かに、先人から伝わるお洒落のコツや極意、または伝統的美意識のようなものもたくさんあります。しかし、糞真面目にそれだけを守っていたら着物のデザインは一向に進化することはないでしょう。着物が日常の衣服として生きていた時代には、様々な身分や職業の人たちがもっと自由にもっと直感的にお洒落を楽しんでいたはずなのです。この気風が蘇らなければ、着物の進化・発展はないと言っても過言ではありません。

しかし、あいにく現代の日本人の服飾文化は着物からはるかに遠ざかってしまっているのが現状です。誰もが皆、「着物は私たち日本人の文化だ」と口では言うものの、実際に日常生活で着物を着る人は極少数であり、ファッションの街である原宿や青山などで着物を着て歩いている人を探すことも簡単ではありません。
この現状を知りつつも、「着物は私たちの文化だ」と強がったところで、人々がそれを使わなければ文化は次第に淘汰されていき、生きた文化として捉えることがどんどん難しくなっていくことでしょう。この状況に対して、「このままでは着物はいつか消えてしまう。もっと日本の伝統や文化を見直し、着物の魅力に気づいてください」、と呉服業界が消費者に訴えたとしても、消費者は「べき論」ではモノを買いません。欲しいと思うか思わないか、購買の動機はただそれだけです。この動機を喚起できないのには様々な理由が考えられますが、その理由のひとつとして考えられるのは、やはり、着物は私達日本人にとってもはやファッションではなく、伝統的装束というお堅い民族衣装でしかないからだということです。

しかしながら、一部の呉服屋や生地の織元、その他和装に関わる伝統工芸従事者たちは、このことに既に気付いて新しい試みを始めています。また、もっと斬新な試みに挑戦しようともしています。ところが、消費者の頭はなかなかに固く、着物を着ていてそれなりにこだわりがある人ならばまだしも、着物を着ない人ですら「着物はこうでなければならない」という価値観が道徳的だとする風潮が強いのです。着物が生きた文化であった頃には、着物の着方などは千差万別で何でもありだったはずです。高級な着物もあれば使い古しのボロキレでできたような着物もあり、上品なデザインのものもあれば、奇抜なものも当然ありました。その重層的で自由なものづくりの中に様々なスタイルが生まれ、ファッションが生まれます。それこそが、真に生きた文化と言えるのではないでしょうか。

残念ながら、現代の着物文化はその次元からは程遠く、今日の日本人のファッションは欧米文化に依存していると言っても過言ではありません。「メイド・イン・ジャパン」の商品だったとしても、そこに日本独自の知恵や発想や美意識を感じ取ることのできる衣服は服飾産業全体の中で捉えた時にそれはごくわずかです。そんな洋服を中心とした服飾文化は時代を先取りするかのごとく刻々と変化し進化していきます。消費者はそれをファッションととらえ、そこに新たな服飾表現の楽しさを感じ、洋服文化は作り手と買い手が共に刺激をし合いながら活力を帯びていくのです。一方で着物文化はというと、「昔の人たちはこうだったから今も絶対にこうじゃなきゃいけないんだ」という発想がとても強いため、そんな価値観の中からは新しい文化が極めて育ち難いという状況です。進化しないものは時代に取り残され、いずれは淘汰されます。ピーク時には2兆円を超えるとも言われていた呉服市場が、今ではその4分の1程度にまで縮小し、業界全体の売上げが毎年5~10%の範囲で縮小し続けている今日の現実は、私達日本人が当事者としてこの文化をどうやって再興していってよいのか分からないという理由から取り敢えず変化を否定すると言う不健全な保守思想をとったことによるものではなかったのでしょうか。そして、着物よりも洋服の方が買いやすく着やすく楽しいからという理由から、着物はいとも簡単に洋服に取って変わられてしまったのです。

もし私達日本人が本気で着物文化を再び生き返らせたいと考えるのであれば、
うんちくを並べて枠からはみ出すようなことはしないという姿勢からこそまずは脱却すべきであり、もっと着物を楽しむ方法を様々な感性のもとに考え出し、それをまずはやってみるということが大切だと思うのです。特にファッション関係者や消費者が面白いと思うことや新しいことにどんどん挑戦していくことで、着物に対する種々の価値観がぶつかり合い、刺激し合い、そして時には喧嘩し合いながら、その中で今日の時代にあった新しい着物文化がきっと創出されていくはずです。そのようなアクションを起こさずに、ただひたすら衰退を待つということこそ、日本人が回避すべき不作為なのだと考えます。

今年のミスユニバースの舞台において、日本事務局のディレクターであるイネス・リグロンさんは、着物で世界の観客に衝撃を与え、かつ着物の持つファッションとしての普遍性をアピールしながら積極的で大胆な日本人女性像を演出するという挑戦に大いなる関心を示してくれました。このミスユニバースという大舞台を利用して、少しでも日本の着物文化の新しい試みに日本のみならず世界の人々の関心が集まることを私たち制作チームとミスユニバース日本事務局は期待しています。さらには、このナショナルコスチュームが最優秀賞を獲得し、宮坂絵美里の優勝に貢献できることを期待していますそして、その結果がどうであろうと、この試みが今まで着物という民族衣装の進化・発展をなおざりにしてきた
私たち日本人に何かしらの思いや考えを巡らす良いきっかけとなることを願っています。

_/_/_/_/_/_/ここまで _/_/_/_/_/_/
 
 やはり毎日英語版と同じだ!と思う方→  

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(10) | トラックバック(1)2009/07/27(月)09:33

コメント

!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

(;゚Д゚)スゲエ
下半身が思い切り前見せ状態じゃないですか。
これがはなからえろい見世物と言う前提ならばいざ知らず←それでも、こんな物があっては「変態新聞」を正当化してしまうと言う点では感心できません。
企画にふさわしかる形で披露してもらいたいですね。

2009/07/27(月)18:44| URL | DUCE #- [ 編集]

これで「世界戦」に臨むのですか

変態以外の何者でもありません。
製作者側がこれだけ長い言い訳をしなければいけないと言うこと自体が、後ろめたいことの表れです。

でも、これで本当に「世界戦」に臨むのですか?

もしかして誰かが日本を陥れようとしていないか、とさえ思ってしまいます。

2009/07/28(火)14:18| URL | kawa #- [ 編集]

Re: これで「世界戦」に臨むのですか

☆kawaさん
 コメントありがとうございます

> 変態以外の何者でもありません。
・どこかのファションショーなら、デザイナーの品位の問題だけなので、ありかと思いますけどね。

> 製作者側がこれだけ長い言い訳をしなければいけないと言うこと自体が、後ろめたいことの表れです。
>
> でも、これで本当に「世界戦」に臨むのですか?
> もしかして誰かが日本を陥れようとしていないか、とさえ思ってしまいます。
・結果的に陥れる事になるという認識が無いようです。
 陥れること!の確信犯かどうかはともかく、単なる話題性での確信犯だと思います。
 「あんたの品位は落ちようと構わんが、国家の品位を汚すで無い!」と言いたいですね。

2009/07/28(火)15:58| URL | tono #- [ 編集]

どうやら変更になるそうです。これで安心しました。
次は「日本人のための選挙」が行われることを願うばかりです。

2009/07/31(金)18:06| URL | kawa #- [ 編集]

Re: タイトルなし

☆kawaさん
 コメントありがとうございます

> どうやら変更になるそうです。これで安心しました。
・最悪のケースは無くなったようですが、そもそもミスユニバース自体「下着審査」まであるという時点で権威もへったくれも無いような気がします。
 変更後もミニだそうで、さてさて、どんな事になりますやら・・・

> 次は「日本人のための選挙」が行われることを願うばかりです。
・仰せの通り。
 全く同意します。

2009/08/01(土)12:54| URL | tono #- [ 編集]

デザインもデザイナーの言い訳もアホくさくて素晴らしい
どっかズレてるんでしょうね

2009/08/02(日)06:31| URL | 名無し #- [ 編集]

Re: タイトルなし

☆名無しさん
 コメントありがとうございます

> デザインもデザイナーの言い訳もアホくさくて素晴らしい
> どっかズレてるんでしょうね
・確かに、どっかずれていますね。
 とにかく日本代表等と言わなければ、勝手に恥じさらしていれば良いわけですね。

2009/08/03(月)09:10| URL | tono #- [ 編集]

(⊃ Д)⊃

(゚Д゚)スゲエ
下半身が思い切り前見せ状態じゃないですか。
これがはなからえろい見世物と言う前提ならばいざ知らず←それでも、こんな物があっては「変態新聞」を正当化してしまうと言う点では感心できません。
企画にふさわしかる形で披露してもらいたいですね。

2009/09/12(土)13:29| URL | DUCE #- [ 編集]

Re:(⊃ Д)⊃

☆DUCEさん
 コメントありがとうございます

> 下半身が思い切り前見せ状態じゃないですか。
> これがはなからえろい見世物と言う前提ならばいざ知らず←それでも、こんな物があっては「変態新聞」を正当化してしまうと言う点では感心できません。
・真剣に毎日新聞英語版Webの実施版かと思いましただよ。
 ストリップでももそっと隠れる衣装のような・・・・

>企画にふさわしかる形で披露してもらいたいですね。
・まったくです。
 このデザイナーは抗議も批判もかえるの面に・・・馬の耳に・・・確信犯か無知かすら分かりません。
 国家の品位の話なのですが、単にデザインの論議だと思ってっているようです。

2009/09/12(土)13:30| URL | tono #- [ 編集]

Re:

☆DUCEさん
 コメントありがとうございます

> (;゚Д゚)スゲエ
> 下半身が思い切り前見せ状態じゃないですか。
> これがはなからえろい見世物と言う前提ならばいざ知らず←それでも、こんな物があっては「変態新聞」を正当化してしまうと言う点では感心できません。
・真剣に毎日新聞英語版Webの実施版かと思いましただよ。
 ストリップでももそっと隠れる衣装のような・・・・

>企画にふさわしかる形で披露してもらいたいですね。
・まったくです。
 このデザイナーは抗議も批判もかえるの面に・・・馬の耳に・・・確信犯か無知かすら分かりません。
 国家の品位の話なのですが、単にデザインの論議だと思ってっているようです。

2009/09/15(火)12:32| URL | tono #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/427-e5b42f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国会議員の説明ボードにテレビ朝日が自粛要請 

自民党と民主党の政策の違いを理解するには非常にいいツールだと思いますが、報道機関として選挙期間と言うのを非常に意識しているのでしょ...

2009/07/30(木)14:56│なめ猫♪

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。