初めて二重橋を渡った

 12月23日の天長節、都内在住の友人ブロガー氏と宮城の一般参賀に上がった。
 福岡発の一便で飛び、9時30分に2分程遅れて、友人と待ち合わせの東京駅丸の内南口に到着。
 荷物をロッカーへ入れる。
 宮城は何度か来た事はあるが、一般参賀は生まれて初めての体験であるので、友人のコバンザメを決め込み早速宮城へ向かう。
 街宣車がずらりと停車しているが、1台が「天長節の歌」を流していただけで、異様に静かである。
 広場に入ると、日の丸の手旗を配って居たので頂く。
 厳重な警備に誘導されて、金属探知機と女性警察官によるボディチェックを受ける。
  sanga_check.jpg
 運良く待たされる事も無く列は進み、いよいよ「石橋」を渡り「正門」を通って宮殿に向かう。
  sanga_seimon.jpg
 警備は私服が増える。
 警視庁と宮内庁警察それぞれの警備隊形があるようだ。
 歌にもある「二重橋」から先に通った「石橋」を見ると、どんどん人が歩いてくる。この石橋をニ重橋と勘違いしている人が多いようであるが、二重橋は正門前から見て奥の方、伏見櫓の横である。
  sanga_nijubasikara.jpg
 伏見櫓の門をくぐると、宮殿東庭に入り陛下がお出ましになる長和殿中央バルコニーが見えてくる。
  sanga_toutei.jpg
 「奥の方が比較的前方が空いています」と言う案内を聞き進む。
 陣取った場所は、バルコニーに向かってやや右手だが、かなり近くに立つ事が出来た。
  sanga_miekata.jpg

天皇陛下万歳!と思う方→  


 大きな国旗や幟は中央付近には立てないようにとのアナウンスがあったが、既に承知の人ばかりだからか、大きな国旗などは両側と後方に待機している。 10時20分、いよいよ天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下がバルコニーにお出ましになった。
 何の誘導がある訳でもなく、一斉に日の丸の手旗が振られ、何処からとも無く「天皇陛下万歳」の声が上がる。
 途切れることなく続く。
 「天皇陛下のお言葉があります」の放送があると、水を打ったように静寂が訪れた。
 恐らく報道では伝わらないと思うが、所謂怖い右翼のおじさん・お兄さん方も、観光気分のおばさん達も、築地の市場では無法の限りを尽くす外国人も、あれだけの人数が居ながら、ピタリと声が止まったのである。
 お言葉の内容は、既に報道されたであろうが、その場で直接拝聴出来るのは、参賀に訪れた人だけの何物にも代えがたい「特典」である。
 お言葉が終わると、また一斉に日の丸が振られ、「天皇陛下万歳」の声が湧き上がる。
 陛下のお姿が見えなくなってやっと徐々に静かになり、みんな粛々と退場を始める。
  sanga_taisyutu.jpg
 お出ましになった陛下の写真が無いと思われるかも知れないが、とてもカメラなど向ける気持ちにはならなかったのである。
 行けば解ると思う。
 ここで感じたのは、やはり日本と言う国は「天皇陛下」の存在無しには存在し得ない国であると言う事だ。
 本当に日本人に生まれてよかったと思った。

 その後友人に「靖国神社」はまた何時でも行けるし、天気が良いので「武蔵陵墓地」まで行きませんかと言われ、即再びコバンザメとなった。
 御存知の方も多いと思うが、ここには
 大正天皇の陵である多摩陵(たまのみささぎ)
 貞明皇后の陵である多摩東陵(たまのひがしのみささぎ)
 昭和天皇の陵である武藏野陵(むさしののみささぎ)
 香淳皇后の陵である武藏野東陵(むさしののひがしのみささぎ)
 がある場所である。
 東京駅から中央線快速等で1時間10分程であろうか「高尾駅」に到着。
 歩いて10分程度で「武蔵陵墓地」入り口に到着する。
  musasinoryou_iriguchi.jpg
 ここから、砂利道を歩くが、結構歩きにくい。
 各々皇后陛下の「東陵」は、天皇陛下の「陵」に添うように造られている。
 写真は、左手が昭和天皇の武藏野陵、右手が香淳皇后の武藏野東陵である。
  musasinoryou_syouwatennoukougou.jpg
 皇居でもらった日の丸の手旗を持って歩いていると、団体の中のおばさんが一人近付いてきて、「その旗は、お参りしたら貰えるのかね?何処で貰えるのかね?」と尋ねてきた。
 「これは、先に一般参賀に行ってもらった物ですよ」と答えると、少し悲しそうな顔をされたのが印象的だった。
 あげれば良かったかな・・・

 一日コバンザメをさせて頂いた友人には、本当に感謝している。
 思い出に残る一日であった。

天皇陛下は日本そのものだ!と思う方→  

スポンサーサイト


天皇・国體・皇室 | コメント(5) | トラックバック(2)2008/12/25(木)09:59

コメント

カメラなんて向けることは出来ませんよね。
御皇室を戴いていることを実感いたしました。
また来年も行きたいですね。

2008/12/25(木)15:38| URL | スバリスト #zlAQJbYM [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/25(木)17:08| | # [ 編集]

天皇陛下、ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい!
まことにおつかれさまでした。また行きましょ!

2008/12/25(木)21:36| URL | 練馬のんべ@家族がいちばん #- [ 編集]

>スバリストさん

コメントありがとうございます

>カメラなんて向けることは出来ませんよね。
・バシバシ撮っている人も居ましたが、私は、現場で「天皇陛下万歳」と言えただけで・・・

>御皇室を戴いていることを実感いたしました。
 また来年も行きたいですね。
・今回は本当に幸運でした。
 病み付きになりそうです・・と言うか日本人の血が騒ぐのでしょうか?

2008/12/26(金)17:02| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>練馬のんべさん

コメントありがとうございます

>天皇陛下、ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい!
 まことにおつかれさまでした。また行きましょ!
・まことにありがとうございました。
 日帰りが十分可能な事は確認できましたしね。
 

2008/12/26(金)17:03| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/355-dce1ad6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奉祝 天長節

天皇陛下のご感想 1  しばらくの間は,日程を軽くするようにとの医師の勧めに沿って,今回は,記者会見を取りやめることになりました。私...

2008/12/26(金)22:27│桜とサムライ

十二月二十三日、御皇室の弥栄を心よりお祈り申しあげます。

天皇陛下におかれましては、本日12月23日ご誕生日を迎えられ、75歳になられましたことをご皇室を尊ぶ国民のひとりとして、心よりお慶...

2008/12/25(木)15:25│皇国の興廃、この一文にあり

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。