スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

インド洋の給油は継続すべし

 sankei_terotokuso.jpg

 昨日、アフリカ・ソマリア沖で東京の海運会社が運航するパナマ船籍タンカーが21日、海賊に乗っ取られた。
 言わずと知れた、エネルギー・シーレーンである。
 ネクタイ外そうが、リサイクルしようが、まだまだエネルギーの基本は石油である。
 日本は、この石油を運ぶタンカーを自国で護衛出来ないと言う国である。
 致し方なく多国籍軍に守ってもらうが、日本はその多国籍軍の艦船へ給油と言う形で支援を行っている。
 この支援すら反対する人達が居る。
 反対する人は、海上自衛隊を多国籍軍に参加させるか、単独で護衛艦を出し多国籍軍と協力して海上警備にあたらせるかと言う主張かと言えばそうではない。
 「安全」を集ろう!と言う訳である。
 なんという恥さらしか?
 国の誇りも何もあったものではない。
 給油も海上警備も駄目!しかし集りではないと言う方法があれば、すぐにでも国会を開催して審議すべきだろう。
 「給油する」「しない」ではなく「給油支援する」「他のこの方法で護る」と言う論戦である。
 「何もしない」と言う「安全を集る」様な無様なまねだけは止めてもらいたいものである。

 安全を集るのは恥!と思う方→  


_/_/_/_/_/_/ 産経新聞より引用 _/_/_/_/_/_/



【主張】
 タンカー乗っ取り
 やはり給油支援は重要だ

 日本のシーレーン(海上交通路)の安全がいかに脅かされているかを如実に示す事件だ。アフリカ・ソマリア沖で東京の海運会社が運航するパナマ船籍タンカーが21日、海賊に乗っ取られた。
 スエズ運河に直結し、欧州と中東、アジアを結ぶこの海域の安全は極めて重要だ。日本の国益そのものである。
 忘れてならないのは、安全を守っているのが欧米などの多国籍海軍であり、海上自衛隊の給油支援を受けていることだ。
 日本は法的な制約から、自国タンカーを守ることすら他国に依存せざるを得ない。海賊行為を排除することができない法的な不備は一刻も早く是正されねばならない。だが、現状では来年1月に期限が切れる給油支援を延長し、国際社会の一員としての責務を果たさなくてはなるまい。
 問題は国際共同行動を担うという政治の意思がいまだにはっきり見えないことだ。公明党だけでなく、自民党内からも新テロ対策特別措置法の延長に慎重論が強まっている。臨時国会の会期幅が決まらないのもそのためである。
 公明党は新テロ法延長の再議決を前提にした会期には反対との考えを自民党に伝えたが、国際平和協力を放り出そうというのか。太田昭宏公明党代表が昨年12月、「テロ新法は必要」と述べ、再議決に賛成したのは一体何だったのかと疑問を持たざるを得ない。
 シーファー駐日米大使は20日、麻生太郎自民党幹事長と会談し、新テロ法延長について「日米同盟だけでなく日本と国際社会との関係においても重要だ」と強調したことを重く受け止めたい。
 ソマリア沖では今年4月、日本郵船の15万トンタンカーが海賊船から、5発の対戦車ロケット砲を発射され、被弾した。あわやというとき、駆けつけたのはドイツの駆逐艦だった。
 昨年10月には東京の海運会社のケミカルタンカーが海賊に乗っ取られた。追跡し、海賊の逃走用ボートを沈めたのは米駆逐艦であった。海自の給油支援を中断した場合、日本はシーレーンの安全をどこに委ねるというのだろうか。
 国連安保理は6月、各国に海賊行為の制圧を求める決議を採択した。国連決議を重視する民主党は海賊掃討のための枠組みを主張すべきではなかったか。
 与野党とも日本が置かれている立場をもっと直視すべきだ。

_/_/_/_/_/_/ 引用、ここまで _/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/ 産経Web「官房長官会見」より引用 _/_/_/_/_/_/



【タンカー乗っ取り事件】

「閣議については以上でありますが、あの、1、2の方からですね、8月21日11時47分に発生したアデン湾の海賊事件の少し詳しい状況を教えてもらいたいというご依頼がございましたので、お話をしておきますけれども、これはですね、船籍も所有会社も運航会社も日本ではない。そういう意味では日本関係船舶ではないんですが、管理会社というのがありまして、これが興洋海運という日本の会社でありますが、その興洋海運。管理会社である興洋海運の子会社と思われる興洋海運エイシア。
 これはシンガポールの法人ですが、これが運航会社という意味で、だから、最大限広く見れば、これが日本関係船舶といえないこともないことはないという関係にあるようでございます。フランスを発ってインドに行く途中というイエメン沖で、高速艇2隻に乗った海賊に襲われたということで、被害の状況等は必ずしもまだ詳しく分かっているわけではございません。で、世界全体ではですね、この海賊というものは今、いろんな面での管理がだんだん、だんだん進んできてまいりまして、全体としては少し減り気味なんですけれども、このソマリア周辺海域。アデン湾とか紅海とか、あるいはソマリア沖。ここだけは少し増えてきておりまして、2006年が20件、2007年が44件、2008年が上半期だけで24件という具合にですね、増えてきております。これはたとえば2007年の44件というのは世界全体263件の16.7%ということで、ここの比率が世界的にはむしろ高まってきている状況ということでございます。したがいまして、それを直接的に目的としている給油活動ではないわけではありますけれども、しかし、副次的な効果として海上輸送の安全に寄与していると。日本の原油の輸入の大動脈であるインド洋を中心とする海上輸送の安全に大変寄与しているのが補給支援活動であると、こういう位置づけをしているわけでございまして、そういう意味から、この活動が大変重要であると。日本と何の関係があるんだという向きがありますが、直接の目的ではないけれども副次的な効果としてわが国の国益にまさに合致する、そういう補給支援活動であるということは言えるわけでございます。もしこうした海上の警戒活動がなかりせば、もっともっとこの地域の海賊行為が増え、そして、日本の原油輸入等、あるいは日本の、これは観光船もですね襲われたりしたこともありますけれども、そうした面での被害がもっと増えるであろうということを考えたときに、この補給支援活動の重要性というのは、もちろん国際的なテロ対策ということが主たる理由でございますけれども、ま、副次的な効果としてそういう効果が直接的に日本にもあるんだということを改めて強調をしたいと思います。私からは以上でございます」

_/_/_/_/_/_/ 引用、ここまで _/_/_/_/_/_/

 反対なら車も電気も使うな!と思う方→  
スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(5) | トラックバック(2)2008/08/22(金)17:23

コメント

他人にただくれてやるのはけしからんと言うような意見もありますが、それならば、自前で護衛するしかありませんな。要するに海上自衛隊のお出ましであります。
サヨクの馬鹿珍のお得意の言葉「国は国民を守らない」と言うのは、連中自体が首かせ手かせ足かせをはめているからに過ぎません。下らん奇麗事こそ国民を守らない元凶であります!

2008/08/22(金)23:33| URL | DUCE #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/23(土)07:43| | # [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>他人にただくれてやるのはけしからんと言うような意見もありますが、それならば、自前で護衛するしかありませんな。
・相手は仕事とはいえ命かけてくれてますからね。
 ただとは思えませんね。
 寧ろ、給油くらいでで茶を濁すのはけしからん!と言うべきでは?

>要するに海上自衛隊のお出ましであります。
・それが極正常な国家であります。

>サヨクの馬鹿珍のお得意の言葉「国は国民を守らない」と言うのは、連中自体が首かせ手かせ足かせをはめているからに過ぎません。下らん奇麗事こそ国民を守らない元凶であります!
・しつこいですが、私は「国土と天皇在りて日本という国」「国在りて民在り」という考えですから、政府は民を護らねばなりませんが、民は国を護らねばならんのです。
 国が民を守るわけがありません。
 サヨサヨとは国家感の相違ですね。

2008/08/23(土)12:47| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

9条擁護と同じで、
こういった点にも左翼の矛盾がありますね。
おかしいと思わないのか不思議です・・・

2008/08/24(日)20:09| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>9条擁護と同じで、
 こういった点にも左翼の矛盾がありますね。
 おかしいと思わないのか不思議です・・・
・面白いですよね?
 あやまちは二度と繰り返しません→あやまちとは国内に核爆弾を投下されるに至ったことだと思うのですが違うそうです。
 天皇は大東亜戦争をすべきでなかったとか、もっと早く戦争を終わらせるべきだった→それは明治憲法と富国強兵の流れの軍国主義と帝国陸海軍は残ると言うことになると思うのですが違うそうです。
 天皇に戦争責任がある→富国強兵の為日露戦争まで勝ち続けた明治天皇にも戦争責任はあり、これは責任者として素晴らしかったという事かと言えば違うそうです。
 天皇に主権があったから戦争責任がある→今戦争が起こったら主権は国民にあるから、国民全員に責任があるのかと言えば違うそうです。
 分かりません???

2008/08/24(日)21:30| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/309-ce3af3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成20年度 富士総合火力演習 教育演習!

昨日行ってきました! 平成20年度富士総合火力演習 教育演習 富士山のふもと、東富士演習場畑岡地区(静岡県御殿場市)で低い雲が立ち...

2008/08/24(日)22:00│皇国の興廃、この一文にあり                        ―The Future of the Empire

「何もしない」福田首相を中川昭一氏大批判

 自民党の中川昭一元政調会長は23日、北海道帯広市で講演し、福田康夫首相について「何も発信しない首相だ。バブル崩壊で世界経済を不安...

2008/08/23(土)23:33│平成更級日記

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。