スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

偏狭ナショナリズム

 まずは、ソフトボールの北京五輪優勝を祝福したい。
 選手たちは良く頑張ったと、心から敬意を表する。
 センターポールにあがる日章旗を見上げ「君が代」を口ずさむ選手たちの笑顔は、実に美しい。

 次は、星野ジャパンである。
 その星野氏がナショナリズムに凝り固まった人物だと仰せの方がおいでである。

 ダイアモンド・オンラインに載った「スポーツジャーナリスト」の方の記事である。
 「63年目の8月15日を北京で迎える576人の日本選手団のなかで、かつて日本が植民地支配や侵略戦争で中国民衆に甚大な被害を与えたことを、反省を込めて想起するものがどれだけいるであろうか。
 JOC(日本オリンピック委員会)選手強化本部長で選手団長を務める福田富昭氏は、現地での記者会見で相変わらずメダル勘定しか発言しなかった。「金メダル2けた以上、総メダル数30個以上でアテネ(37個)を超える」と。選手団のトップがメダルしか頭になく、それ以外のことには思考停止の有様で、過去の歴史認識などまったくない。おそらく、選手団全体も同様ではなかろうか。」
と言う書き出しで始まる。
 途中には、

  日の丸の赤は じんみんの血
  白地の白は じんみんの骨


と始まる詩を引用して、「この詩で『日の丸』を象徴とした侵略戦争によって2000万人ともいわれるアジアでの犠牲をだしたこと、そればかりか戦後もそのことに対して謝罪も補償もしない、そうした日本のあり方を厳しく批判しているのだ。
 日の丸を誇ったり、日の丸のために頑張る、というような単純で薄っぺらな発想がいかに愚かで誤ったことか、この詩は教えてくれる。」
とのたまう。

 最後には、「ケーテ・コルヴィッツは、国際主義によってナショナリズムを克服することで戦争のない平和な世界をつくりだせると確信していた。国を超える国際主義の思想によってしか相互理解や連帯などの人間的価値は、実現できないといえるだろう。ナショナリズムに呪縛されて日の丸やメダルしか考えていない日本選手団にとって、あまりにも難しい課題だ。」と、まるで国旗やメダルしか考えていないのは日本だけであるかのごとくこき下ろしている。

 記事の中では、 「北京オリンピックには、205の国と地域から1万人以上の選手が参加する。そのなかには戦争や貧困、飢餓、それに宗教、人種差別などによってスポーツ活動もままならない国や地域の選手たちもいる。そうした選手たちは、メダル競争ではなく、世界から集まった選手と出会い、共に競技することにオリンピックの意義を見出すに違いない。憲章に唱われているように参加した選手たちが友情、連帯、相互理解という人間性を発揮することにこそ、オリンピックの普遍的な価値があるはずだ。」とも仰せである。五輪の普遍的価値の議論なら、それはそれで行われるべきと私も思う。
 この記事が、各国政府、IOC、JOC等に向けて苦言を呈しているならば、賛同する部分も無くは無いが、あれもこれも日本が悪いと言うだけの内容である。
 ある意味、大変分かりやすい反日記事の典型だが、突っ込むと、「矛盾を探せ!」大会のようになりそうなので、ここは、読者の方ご自身で楽しんで頂ければ幸いである。

 こんな記事が載る事が凄すぎる!と思う方→  


_/_/_/_/_/_/ ダイヤモンド・オンラインより引用 _/_/_/_/_/_/


星野ジャパン人気に見る「偏狭ナショナリズム」という脅威
――メディアから視聴者、選手団まで「日の丸」に支配された北京五輪

 63年目の8月15日を北京で迎える576人の日本選手団のなかで、かつて日本が植民地支配や侵略戦争で中国民衆に甚大な被害を与えたことを、反省を込めて想起するものがどれだけいるであろうか。

 JOC(日本オリンピック委員会)選手強化本部長で選手団長を務める福田富昭氏は、現地での記者会見で相変わらずメダル勘定しか発言しなかった。「金メダル2けた以上、総メダル数30個以上でアテネ(37個)を超える」と。選手団のトップがメダルしか頭になく、それ以外のことには思考停止の有様で、過去の歴史認識などまったくない。おそらく、選手団全体も同様ではなかろうか。

ナショナリズムの象徴
星野仙一という存在

 現地入りする前にメディアから北京オリンピックについての抱負を聞かれた選手たちの多くが、「日の丸のためにメダルを目指して頑張る」と応えたのは印象的だった。とりわけ、テレビに出演する度に日の丸を徹底して強調した野球代表監督・星野仙一氏の存在が目立った。

星野氏は、プロ野球・中日ドラゴンズ監督時代、理論や論理ではなく暴力で選手を納得させる指揮官として知られた。また、日の丸の強調が象徴するように星野氏は、ナショナリズムに凝り固まった人物でもある。

 しかし、メディアは、そうした星野氏の本質的な資質を見ようとせず、「闘将」「熱血漢」などと偽称して持ち上げ、頼りがいのある指導者のイメージを作り上げてきた。そして、星野氏の理屈抜きで感情的に思いついたことをずばずばという語り口が、メディアによって思考力を奪われた視聴者に受けたといえよう。

 選手団のなかで存在感の大きい星野氏だけに、その偏狭なナショナリズムが野球ばかりでなく他の競技の選手にも影響を与えることを危惧せざるを得ない。

1つの詩が教えてくれる
「日の丸」に隠された真実

 「原爆詩人」として知られる栗原貞子さんの「旗」という作品の一部を紹介する。

 日の丸の赤は じんみんの血
 白地の白は じんみんの骨
 いくさのたびに
 骨と血の旗を押し立てて
 他国の女やこどもまで
 血を流させ 骨にした

 いくさが終わると
 平和の旗になり
 オリンピックにも
 アジア大会にも
 高く掲げられ
 競技に優勝するたびに
 君が代が吹奏される
 千万の血を吸い
 千万の骨をさらした
 犯罪の旗が
 おくめんもなくひるがえっている
「君が代は千代に八千代に
 苔のむすまで」と
 そのために人民は血を流し
 骨をさらさねばならなかった
 今もまだ還って来ない骨たちが
 アジアの野や山にさらされている
   略
 日の丸の赤はじんみんの血
 白地はじんみんの骨
 日本人は忘れても
 アジアの人々は忘れはしない

 栗原さんは、この詩で「日の丸」を象徴とした侵略戦争によって2000万人ともいわれるアジアでの犠牲者をだしたこと、そればかりか戦後もそのことに対して謝罪も補償もしない、そうした日本のあり方を厳しく批判しているのだ。
 
 日の丸を誇ったり、日の丸のために頑張る、というような単純で薄っぺらな発想がいかに愚かで誤ったことか、この詩は教えてくれる。

国威発揚の手段にされる「メダル競争」
ナショナリズムを克服するには

 北京オリンピックには、205の国と地域から1万人以上の選手が参加する。そのなかには戦争や貧困、飢餓、それに宗教、人種差別などによってスポーツ活動もままならない国や地域の選手たちもいる。そうした選手たちは、メダル競争ではなく、世界から集まった選手と出会い、共に競技することにオリンピックの意義を見出すに違いない。憲章に唱われているように参加した選手たちが友情、連帯、相互理解という人間性を発揮することにこそ、オリンピックの普遍的な価値があるはずだ。

 しかし、実際にはナショナリズムに基づいた国威発揚の手段としてメダル競争がオリンピックを支配してしまい、選手の人間性は歪まされ壊されている。ナショナリズムを克服するにはどうすればいいのだろうか。

 ドイツで戦争と革命の世紀を生きた女性画家のケーテ・コルヴィッツは、第一次大戦が始まったとき、息子への手紙にこう書いている。

<私たちは言いました。『国際主義の理念はしばらく後退せざるをえないだろう。しかし、あらゆるナショナルなものの背後に、インターナショナルなものが厳存する』と。ナショナルな発展の現状は、袋小路に行き着きます。民族的な生活を保持しながら、ナショナルなものどうしの衝突を不可能にするような立場を、見いださねばなりません>【「ケーテ・コルヴィッツの肖像」(績文堂出版)】

 ケーテ・コルヴィッツは、国際主義によってナショナリズムを克服することで戦争のない平和な世界をつくりだせると確信していた。国を超える国際主義の思想によってしか相互理解や連帯などの人間的価値は、実現できないといえるだろう。ナショナリズムに呪縛されて日の丸やメダルしか考えていない日本選手団にとって、あまりにも難しい課題だ。

_/_/_/_/_/_/ 引用、ここまで _/_/_/_/_/_/

 日本から出て行けば良いのに!と思う方→  
スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(9) | トラックバック(0)2008/08/22(金)11:45

コメント

この左翼人は、歴史認識の相違とかナショナリズムに対する考えの違いを批判する事を通り越して、まるで「脳みそ筋肉のお前たちなんかに、崇高な国際主義なんぞ解りはしない。相互理解の邪魔だから黙っていろ。」とでも言っているようである。なんと言う傲慢不遜。私は“ケーテ・コルヴィッツ”の言うような、ナショナリズムを克服した社会は否定しないし、そうなれば良いとも思う。しかし、そのような社会は、まだまだ理想であり実現の可能性からして疑わしいと思う。
今、この現実の世界情勢の中では、国旗に誇りさえ持てない、まして国旗を蔑むような人物の思想こそ、単純で薄っぺらではないか。

2008/08/22(金)16:58| URL | 寄り道 #R9FelWv2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/22(金)17:27| | # [ 編集]

死那の方こそ、その国旗の下に自国民を1億近く殺したじゃないですか。それはいくさとは関係のない、国内政治の下での殺戮であります。こんなので、国際主義だなんて、ちゃんちゃらおかしいですな。かような危なっかしい国と国境フリーにしたら、殺人鬼が容易に日本に入ってくるじゃないですか。もっとも、今でも充分に入っていますが。q(゚皿゚メ)(メ゚皿゚)p

2008/08/22(金)23:28| URL | DUCE #- [ 編集]

>寄り道さん

コメントありがとうございます。

>この左翼人は、歴史認識の相違とかナショナリズムに対する考えの違いを批判する事を通り越して、まるで「脳みそ筋肉のお前たちなんかに、崇高な国際主義なんぞ解りはしない。相互理解の邪魔だから黙っていろ。」とでも言っているようである。なんと言う傲慢不遜。
・左翼の特色でもありますからね。

>私は“ケーテ・コルヴィッツ”の言うような、ナショナリズムを克服した社会は否定しないし、そうなれば良いとも思う。しかし、そのような社会は、まだまだ理想であり実現の可能性からして疑わしいと思う。
・至極、賛同致します。

>今、この現実の世界情勢の中では、国旗に誇りさえ持てない、まして国旗を蔑むような人物の思想こそ、単純で薄っぺらではないか。
・仰るとおりだと思いますね。
 日の丸と日本人しか批判していないので、国旗という概念を否定しているかどうかもよく分かりませんね?
 所謂「ヒステリー」ならぬ「ヒノマルステリー」症候群の様です。

2008/08/22(金)23:32| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>死那の方こそ、その国旗の下に自国民を1億近く殺したじゃないですか。それはいくさとは関係のない、国内政治の下での殺戮であります。こんなので、国際主義だなんて、ちゃんちゃらおかしいですな。かような危なっかしい国と国境フリーにしたら、殺人鬼が容易に日本に入ってくるじゃないですか。もっとも、今でも充分に入っていますが。q(゚皿゚メ)(メ゚皿゚)p
・妄想に生きる人たちは、目的以外の物は目に入らないか、入ると排除してしまうのですよ。
 これが、技術屋にもいるのですよ。
 たとえばある物を造るのにどうしても空気の抵抗は避けられませんが、これを試験問題じゃあるまいし「無視」して造ってしまう・・・・恐ろしい事です。

2008/08/23(土)12:23| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

ご無沙汰しております

日本の何がそんなに気に入らないのか知りませんが、
まだこんなことを書く人がいるんですね・・・
本人はさも冷静に、客観的に書いてるつもりなのでしょうが、
あまりにも一方的過ぎて・・・
具体的に突っ込む気にさえなれません

>日本から出て行けば良いのに!と思う方

激しく思います!

2008/08/24(日)20:07| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>ご無沙汰しております
・こちらこそ。
 いろいろこそこそ動き回っておりまして・・・

>日本の何がそんなに気に入らないのか知りませんが、
 まだこんなことを書く人がいるんですね・・・
 本人はさも冷静に、客観的に書いてるつもりなのでしょうが、
 あまりにも一方的過ぎて・・・
・世界の話もオリンピックも、すべて日本が悪くないといけないようです。
 分かりやすいと言えば分かりやすい人たちですが・・・

>具体的に突っ込む気にさえなれません。
・私もです。
 なので、皆さんで楽しんで?頂こうと・・・

>>日本から出て行けば良いのに!と思う方
>激しく思います!
・日本人ならそう思うと思います。

2008/08/24(日)21:35| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

おひさしぶりです

なんで、選手が己の練習の成果を発揮するのに歴史認識なんてものが必要なんですかね?
それも、欺瞞と自己満足と日本を卑下したような戯言に!


そんなこと言ってるから何時まで経っても戦争はなくならないのです。

嘆かわしい!


そういや、どこの国のスポーツジャーナリストだって書いてないですね。
支那人か…

2008/08/26(火)23:16| URL | NS大川 #- [ 編集]

>NS大川さん

コメントありがとうございます。

>おひさしぶりです
・お元気でしたか。

>なんで、選手が己の練習の成果を発揮するのに歴史認識なんてものが必要なんですかね?
それも、欺瞞と自己満足と日本を卑下したような戯言に!
 そんなこと言ってるから何時まで経っても戦争はなくならないのです。
 嘆かわしい!
・いやいや、どれもこれも、仰せの通りです。
 歴史認識も正しければ(日本人の大人として)持って置くに越したことはないですが、何で反日捏造認識なんぞ持たにゃあならんのか?

>そういや、どこの国のスポーツジャーナリストだって書いてないですね。
 支那人か…
・あっ、そう言えば書いていない。
 鳥取市生まれだそうだが、日本海沿岸に流れ着いた難民の子孫やもしれませぬ。

2008/08/26(火)23:26| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。