スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

石破防衛大臣は国家感を持つべきだ!

 産経新聞によると、石破防衛大臣は、5月31日シンガポールで開催された「アジア安全保障会議」において自衛隊の国際平和協力活動について、「個別立法で対応することが、責任ある国家として適切なのかという疑問が日本で持ち上がっている」と指摘し、自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法制定の必要性を強調した。 また、東アジアの安全保障に関連して「(域内の安全保障で)中国の役割が重要になっている」と語り、中国に対して軍事面の透明性を図るよう求めた、と言うことで、至極真っ当な演説であったと思う。
 
 ところが、講演後の質疑応答において、自衛隊機による四川大地震の救援物資輸送を見送った背景について「中国の文化や伝統、国民感情、国民性に理解と敬意を示さなくてはならない」と説明したと言うのである。
 これに対し、中国から参加した馬暁天・人民解放軍副総参謀長は「中国の歴史と伝統を理解してくれて感謝している」と応じたそうである。
 しかし、時事通信によると、馬参謀長は救援物資空輸が実現しなかった理由について「歴史的・文化的な理由から、中国政府・人民はこのような結論に達した」と述べている。
 中共が、支援を受けるであるにも拘わらず『歴史的・文化的な理由から、中国政府・人民は自衛隊機による輸送を断った』と言うことではないか!
 馬参謀長は一方で『中国政府・軍は、日本政府と自衛隊を含む国際社会による中国の被災地への支援はいかなる形でも歓迎する』と言明し、自衛隊による救援活動も可能との立場も示したとも伝えられている。
 
 ふ~ん!と聞き流してはならない。
 斯様な発言が事実とすれば、中共の馬暁天・人民解放軍副総参謀長は『日本政府と自衛隊を含む国際社会による中国の被災地への支援はいかなる形でも歓迎する』が、日本単独の場合は『歴史的・文化的な理由から、中国政府・人民はこれを断る』と言い放ったと解釈できるのではなかろうか。
 そう解釈せねば、あまりに矛盾した、二つの発言ではないか。
 斯様な中共に対し「敬意を示さねばならぬ」と言う石破防衛大臣は、流石に「日本は間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない。」言った御仁である。
 国防のトップにある物が、自衛隊のそれも人道支援活動について、支援を受ける国から「自衛隊を含む国際社会」は良いが「自衛隊単体」はダメ等と指図され、ヘヘェ~畏まりましたと従うのみならず、その中共の、無礼極まる文化に『敬意を示すべき』とは呆れるばかりである。
 他国も軍が支援を行っているのだから『中国の歴史と伝統を理解するが故に、人道的立場から日本の自衛隊も物資を輸送する』と言って飛ばせば良かったのだ。
 世界の何処にこれを非難できる者があるのだ!
 折角の自衛隊の存在をアピールする機会を、自ら中共に媚びて無にしてしまった石破防衛大臣には、『国家感』が大きく欠落しているように思えてならない。

 本件「ブログ、台湾は日本の生命線!」でも、扱っておいでなので、こちらも是非ご覧頂きたい。

石破大臣は辞任すべき!と思う方→   


_/_/_/_/_/▼ブログ、台湾は日本の生命線!より引用▼_/_/_/_/_/

石破防衛相―中国に愚弄される朝貢使節
2008/06/01/Sun

中国の馬暁天副総参謀長は五月三十一日、シンガポールでのアジア安全保障会議で日本に感謝の意を表明した。では何に感謝したかと言うと、同会議で石破茂防衛相が、四川大地震への救援輸送には自衛隊機ではなく民間機を使用することに触れ、「中国の文化や伝統、国民感情、国民性に理解を示さなければいけない」(日経新聞)と述べたことに対してだ。馬氏は「中国の歴史や伝統に理解を示してくれることに感謝している」などと語っている。

自衛隊機の派遣に関して中国当局は、日本の救援を求めながらも、自衛隊をかつての憎むべき日本軍と重ねて見る国内の対日強硬派、反日世論からの非難を警戒しており、日本側はそれに配慮して民間機の使用に切り替えた。

中国は自衛隊が日本の国家の名誉を担う軍隊だとの認識を持っており、国内の自衛隊への誹謗がいかに無礼なものかははっきりと認識しているはずである。ところが日本側がこのように寛大な態度を示してくれたわけだから、ホッとして感謝の一言ぐらいは言いたくなるだろう。

ちなみに馬氏は十八日、米軍機が救援輸送を行ったことをキーティング米太平洋軍司令官に感謝の意を伝えている。しかし石破氏に対しては、自衛隊機を使用しないことに感謝したのだ。今日に至っても米軍は善で、自衛隊は悪だと言うことだ。

それにしても石破氏は、「援助してやる」立場にありながら、さらには防衛相の身でありながら、根も葉もない自衛隊誹謗を、「国民感情に理解しなければならない」などと言った理由で、よくも許容できたものだ。しかも、もし産経新聞の報道が事実なら、彼は「中国の文化や伝統、国民感情、国民性に理解と敬意を示さなくてはならない」とまで言っているのだ。

本来なら日本の名誉、自衛隊の尊厳にかけ、中国の反日感情に不快感を示すべき立場でありながら、「敬意」とはいったいどう言うことか。これは明らかに許しがたき国辱発言である。

石破防衛相。国の名誉を汚す相手になぜ「敬意」を表したのか

このように見れば馬氏の「中国の歴史や伝統に理解を示してくれることに感謝している」と言った発言などは、朝貢使節と変わらぬ日本の防衛相への謝辞と言うより、「よく理解できたな」との見下しの褒め言葉にしか聞こえない。

しかし従来の日中関係の経緯を見れば、この日の二人のやり取りこそが中国の求める「日中友好」だと理解できるだろう。日本側が中国側の自尊心を満足させながら、その要求に応じて差し上げることこそが「友好」なのである。だから中国側は感謝を口にした。

「日中友好」とは日本の国辱の上にしか成り立たないものであると言うことが、これではっきりしたのではないだろうか。

そもそも石破氏はかつて中国のメディアの取材を受け、「日本は間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない」「日本には南京大虐殺を否定する人がいる。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ」「慰安婦に日本軍が関与していたことは間違いない」などと言い放った人物。このように歴史の真実すら平然と踏みにじれる欠陥人間だからこそ、国辱的な「友好」に走ることができるのだ。

そしてこうした問題ある人物を防衛相に任命するような日本には、中国の属国になり下がる資格(可能性)が充分にあると言えよう。

ところで馬氏はこの日、さらに「『中国政府・軍は、日本政府と自衛隊を含む国際社会による中国の被災地への支援はいかなる形でも歓迎する』と言明、自衛隊による救援活動も可能との立場も示した」(時事)のだと言う。つまり自衛隊機の派遣は問題ないと言っているのだ。もっともこれは日本の反日感情の高まりを嫌ってのものかも知れないが、明らかに日本の防衛相を愚弄している。しかし愚かなのは明らかに愚弄される方である。

救援を行おうとしてかえってここまで愚弄される日本は、実はすでに属国に成り果てていると言うことなのだろう。国家の主権と独立を憂えながら、はっきりとそれを強調したい。そして「日中友好」は国辱行為であるとして、その打破を訴えたい。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/▼産経新聞より引用▼_/_/_/_/_/

石破防衛相が恒久法制定に強い意欲 アジア安全保障会議で表明
2008.5.31 15:00

シンガポール=藤本欣也】石破茂防衛相は31日、アジア・太平洋地域の国防相らが出席してシンガポールで開かれた「アジア安全保障会議」(英国際戦略研究所主催)で講演し、自衛隊の国際平和協力活動について、「個別立法で対応することが、責任ある国家として適切なのかという疑問が日本で持ち上がっている」と指摘し、自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法制定の必要性を強調した。

 また、東アジアの安全保障に関連して「(域内の安全保障で)中国の役割が重要になっている」と語り、中国に対して軍事面の透明性を図るよう求めた。

 講演後の質疑応答では、自衛隊機による四川大地震の救援物資輸送を見送った背景について「中国の文化や伝統、国民感情、国民性に理解と敬意を示さなくてはならない」と説明。これに対し、中国から参加した馬暁天・人民解放軍副総参謀長は「中国の歴史と伝統を理解してくれて感謝している」と応じた。

 石破防衛相はこの後、ゲーツ米国防長官と会談し、米国側からは自衛隊のインド洋での給油活動再開に謝意が示された。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/▼時事通信より引用▼_/_/_/_/_/

2008/05/31-18:21
歴史的・文化的理由が背景=自衛隊機受け入れ見送り-中国軍副総参謀長

 【シンガポール31日時事】中国人民解放軍の馬暁天副総参謀長は31日、当地で開かれているアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)の質疑で、日本の航空自衛隊による四川大地震被災地への救援物資空輸が実現しなかった理由について、「歴史的・文化的な理由から、中国政府・人民はこのような結論に達した」と述べた。中国の当局者が空自輸送機派遣見送りに直接言及したのは初めてとみられる。
 ただ、馬副総参謀長は「中国政府・軍は、日本政府と自衛隊を含む国際社会による中国の被災地への支援はいかなる形でも歓迎する」と言明、自衛隊による救援活動も可能との立場も示した。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

やはりおかしいだろう!と思う方→   

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(3) | トラックバック(0)2008/06/03(火)16:00

コメント

( ゚Д゚)ノ ソウダ ソウダ

よしんば、過去が良くないものだとしても、今は今、援助によって今の善を売り込むことに何の不届きがあろうというのでしょうか。
もし、いちいち過去にこだわって、死那が援助を遠慮するというのであれば、せめて、わが国はせっかく援助を申し出たのに、なぜか知らんが相手は、それを拒否したと世界に喧伝すべきです。
かように、いちいち過去にこだわって、相手の好意をかたじけなく思わない国は援助に値しない国であると割り切るべきであります。((( ̄へ ̄井) フンッ

2008/06/03(火)19:05| URL | DUCE #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/03(火)21:25| | # [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>援助によって今の善を売り込むことに何の不届きがあろうというのでしょうか。
・それが外交と言う者でしょうね。

>せめて、わが国はせっかく援助を申し出たのに、なぜか知らんが相手は、それを拒否したと世界に喧伝すべきです。
・要するに、そう言うことであります。
 何故、それをしない( `,_・・´)フンッ

>相手の好意をかたじけなく思わない国は援助に値しない国であると割り切るべきであります。((( ̄へ ̄井) フンッ
・それも必要でありましょう。

2008/06/04(水)18:41| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。