朝日新聞 お家芸の「捏造記事」にお詫び

 朝日新聞に、古来脈々と受け継がれている「K・Y魂」は、未だ健在の様である。
 今回は、2月9日付けの、兵庫県尼崎市の白井文市長の発言をめぐる記事に、捏造疑惑が発覚したが、15日付け朝刊1面に小さくお詫び記事を掲載した。

   asahi_owabi.jpg

 朝日新聞に寄ると『道路特定財源をめぐり、同市長が、国交省職員から暫定税率維持の「署名を求められた」と発言した』とする記事について、『改めて白井氏に確認したところ、国交省職員の訪問は受けたが、署名は求められなかった』と言うことで『発言を削除します。(中略)取材の過程で市長発言の確認が不十分でした』との「お詫び」である。
 あいも変わらぬ「アサヒる体質」である。
 マスコミに「勇み足」がある事は、スクープ合戦もあり、ある程度仕方がないとは思うが、今回の「お詫び」も1面とは言え申し訳程度の大きさだ。
 朝日新聞に限らず、故意、事故に限らず、真実を違えて記事にした場合は、必ず1面横抜き、又は4段抜き以上の「お詫び・訂正」記事を、元記事を明示の上掲載する義務を課してはどうかと思う。
 記事の扱いの大きさが違うと言うならば、誤記事を載せた、同1面の同じ場所に誤記事と同等の大きさ以上の「お詫び・訂正」を掲載する事が、恐らく毎日同じパターンで新聞に目を通す読者に対し、真実を伝える「義務と責任」を持つマスコミとして最低条件だと思う。
 「お詫び」さえすれば良いと言う物ではないが、お詫びが多ければ、読者の「信頼度」に当然影響するはずである。
 そのくらいの、本当の「マスコミ魂」があっても良いだろう。


 問題になっていたのは、9日付朝刊1面『「道路に全部使う」は違う ガソリン値下げも議論を』の見出しが付いた記事で、asahi.comでは以下の記事。

_/_/_/▼asahi.comより引用▼_/_/_/_/_/

署名拒否の尼崎市長「すべて道路に、は違うだろうと」
2008年02月09日

 冬柴国土交通相が国会で「全自治体の首長から道路特定財源を維持すべしと署名が来ている」と答弁後、「6人の市長の署名が欠けていた」と訂正、陳謝した問題で、署名に応じなかった6市長が8日、判明した。道路以外に市民のためになる使い道があるのではないかと悩む市長たちもいるようだ。

 仙台、東京都国立と狛江、京都府綾部、兵庫県尼崎、広島の6市長。署名は、全国の市町村長でつくる「道路整備促進期成同盟会全国協議会」が昨年11月に集めたもので、道路特定財源について「受益者負担の趣旨にそぐわない一般財源化や転用をせず、すべて道路整備推進のために充てる」「08年度以降も暫定税率を延長する」ことなどを求める内容だった。

 冬柴氏の地元でもある尼崎市の白井文市長は、「道路特定財源の維持に異存はないが、すべて道路のために使うというのは違うだろうと、拒否した。一般財源化の議論もあったはず。市バスなど公共交通にも使えるようにすればいい」と言う。

 四方八洲男(しかた・やすお)・綾部市長は「暫定税率延長は賛成で、拒否ではなく保留」としたうえで、「小泉内閣が打ち出した一般財源化を支持してきた。環境対策や国の借金返済にも充てるべきだ」と話す。

 関口博・国立市長は「自治体としては歳入維持を望むのは当然だが、市民生活を考えるとガソリン値下げも議論の対象であっていい」。矢野裕・狛江市長は「必要な道路は整備すべきだが、国は十分精査しないまま中期計画で59兆円を投入することにした。無駄遣いが通る仕組みが残される」と指摘した。

 広島市の米神健(こめかみ・たけし)・副市長は「秋葉忠利市長は、道路特定財源維持は問題だが暫定税率維持は賛成の立場。両方の賛成を求めていたため署名できないと判断した」とした。

 一方、仙台市の梅原克彦市長は「会長を務める東北市長会として国に同様の要望書を提出しているため」と説明、内容への異論ではないとした。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 リンク切れの場合
 asahi_usokiji.jpg
   

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(8) | トラックバック(0)2008/02/16(土)10:30

コメント

 事件は、大々的に報道されるけど訂正記事は、ごく小さいから気が、つかない事も多いですね?
 これも確信犯でしょう?
 人に怪我をさせて薬を塗れば罪が、消えるのでしょうか?
 「女の子のやった事で」「子供のやった事で」同様、「朝日新聞のやった事で」実際に言ってますね?

2008/02/16(土)12:55| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>事件は、大々的に報道されるけど訂正記事は、ごく小さいから気が、つかない事も多いですね?
 これも確信犯でしょう?
・間違いないですね。
 信頼度急降下中ですすから、そろそろ墜落しても良いのですが。。。

>人に怪我をさせて薬を塗れば罪が、消えるのでしょうか?
 「女の子のやった事で」「子供のやった事で」同様、「朝日新聞のやった事で」実際に言ってますね?
・冬柴さん、血相を変えていたそうですが・・・

2008/02/16(土)14:56| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

どこまでも

暫定税率維持を目指そうという気持ちはよく分かりますが、何もそこで「嘘」をつくことはないでしょう。冬柴の根性も汚いですが、アサヒるの本場もまあ、汚いですね。
何だかどっちもどっちのような気がしますけどね。

2008/02/16(土)22:47| URL | かついち #JalddpaA [ 編集]

デマと誤報

 はじめまして。
 意図的に誤った情報を流すのはデマですね。人間に間違いは付き物だから、マスコミでも誤報はあるでしょう。しかし分かっていてそれを訂正しなかったら、意図的だからデマと同罪です。アサヒはそういう前科が沢山あるけどそれは今日は置いといて、今回の訂正を目立たなくするのも、デマに近い罪があると思います。

2008/02/17(日)14:42| URL | のらりひょん #- [ 編集]

>かついちさん

コメントありがとうございます。

>暫定税率維持を目指そうという気持ちはよく分かりますが、何もそこで「嘘」をつくことはないでしょう。
・デマは活動の一つではありますがね。

>冬柴の根性も汚いですが、アサヒるの本場もまあ、汚いですね。
 何だかどっちもどっちのような気がしますけどね。
・狐と狸のアサヒり合いとでも申しましょうか。
 

2008/02/17(日)20:46| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>のらりひょんさん

コメントありがとうございます。

>はじめまして。
・いらっしゃいませ。
 何処かのブログでは良くお見かけしますね。

>意図的に誤った情報を流すのはデマですね。人間に間違いは付き物だから、マスコミでも誤報はあるでしょう。しかし分かっていてそれを訂正しなかったら、意図的だからデマと同罪です。アサヒはそういう前科が沢山あるけどそれは今日は置いといて、今回の訂正を目立たなくするのも、デマに近い罪があると思います。
・仰るとおりで、ある意味「人間だから間違いはある!」を隠れ蓑にしてデマ垂れ流し放題にならぬように「人間だから間違いはしっかりと謝罪・訂正」させることが、デマの乱発防止に繋がると思います。
 これに、依存があるのは「デマ」の魂胆があると見なして良いですよね。

2008/02/17(日)20:55| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

形だけの謝罪なんて要りません。
謝罪するならするで、
しっかりすべきだと思います。
それも正しい報道の為に必要な姿勢だと思います。

2008/02/18(月)21:05| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>形だけの謝罪なんて要りません。
 謝罪するならするで、
 しっかりすべきだと思います。
・そう思いますよ。
 本当に間違いなら、本来必死で訂正するはずですね。
 不良のファンヒータを売ってしまったのと同じくらい、必死で回収や修理をするべきでは無いですかね。

>それも正しい報道の為に必要な姿勢だと思います。
・必死で訂正しないと言うこと自体、その間違った事が事実として残って良い!もっと言えばそれが狙いと受けとられても仕方ないですね。

2008/02/18(月)21:56| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。