スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

消えゆく「大学は最高学府」という誇り

朝、
教員3~4人が校舎の入り口付近に立ち、
登校する学生に、「おはよう。ちゃんと勉強してるか」などと声をかけている。


のどかだ・・・だが、「学生」?

 「あいさつで日本一」「服装・身だしなみで日本一」。
キャンパス内の各所にそんな標語が掲げられている。


 がんばれよ・・・えっ「キャンパス内」??

 小学校の話じゃないのか???

 これは、埼玉県狭山市にある大学校『西武文理大』の話である。
 
 「大学まで行って、いったい何を勉強してきたのだ!」というような話ではない、何とも口あんぐりである。
 かく言う私も、大学で何を勉強して来たのだ!と言われそうな人間であるが、これには違和感を通り越して寒気がしてしまった。
 
 さらに、
 大学で挨拶を教える!
 大学でゴミの分別を教える!
 大学でノートの取り方を教える!
 大学で交通標識の見方を教える!
 大学で・・・・・・・・・
 大学生と言えば、殆どが「少年法」の適用も受けない、社会では「大人」扱いされる年齢に達しているのではないか?
 
 どうなっているのだ?
 これも、「モンスターペアレント」や「人権派」教師に育てられ、権利と自由だけを謳歌してきた結果なのか?
 義務と責任だらけの社会の入り口が見えたときに、慌てて付け焼き刃。
 ファーストフード店の店員のマニュアル挨拶・対応とさして変わらないのではないか?

 そう言えば、仕事で新人の営業マン等とも会うが、『ご面会させて貰いたいのですが』等のアポ電話を受けることが多い。
 気持ちは解る、が、会ってから「ご面会」したいのは誰?と聞いても、意味が解らないらしくポカンとしている。
 「国語」で「基本」をしっかりと教えないから、こんな宇宙人的「日本語」になるのである。
 教えるのが15年遅いのではないだろうか?


_/_/_/_/_/▼読売新聞より引用▼_/_/_/_/_/
 
あいさつ、出欠確認、ゴミの分別…大学の生活指導どこまで

 えり好みしなければ、誰でも大学に入れる「大学全入時代」の到来を控え、勉強以前の社会常識や生活態度まで学生に指導する大学が出始めている。あいさつの仕方を教える大学もあれば、出欠状況を管理する所も。未熟な学生をそのまま社会に送り出せば、大学の評価も下がるだけに、中高生に接するような手取り足取りの指導を行う必要に迫られていると言えそうだ。

 埼玉県狭山市の西武文理大では、朝、教員3~4人が校舎の入り口付近に立ち、登校する学生に、「おはよう。ちゃんと勉強してるか」などと声をかけている。「あいさつで日本一」「服装・身だしなみで日本一」。キャンパス内の各所にそんな標語が掲げられている。

 全学年で必修の「キャリア開発」の授業では、スーツ姿の学生が「おはようございます」「ありがとうございます」と大きな声で言いながら、教壇の講師にお辞儀を繰り返す。企業トップを招くこの授業では、社会人としてのマナーを身につけてもらう狙いがある。

 「服装も乱れ、あいさつも出来ない新入生もいる。社会で活躍できる下地を作るには、ここまでやる必要がある」と、就職委員長の小山周三教授は説明する。就職した学生に対する企業の評判は良好という。

 鳥取大は2004年から、入学式後の5日間、新入生が学生食堂で教職員や先輩学生と食事をする朝食会を開いている。新入生に無料の朝食券を配布して午前7時40分から行う朝食会には、「1時限目からきちんと授業に出る習慣をつけてほしい」(同大学生部)との思いが込められている。

 学生の出欠状況をパソコンで一元管理しているのは八戸工業大(青森県八戸市)。欠席が多くなった学生を早めに把握し、教員が携帯電話に連絡して出席を促す。連絡が取れないと下宿先に足を運ぶこともある。

 このほか、金沢大では昨年から、新入生の必修授業「大学・社会生活論」で、ノートの取り方だけでなく、ゴミの分別の仕方や交通標識の見方まで教えている。ノースアジア大(秋田市)は「教育指導室」という部署を新設。元高校教諭やメーカーの元営業マンらスタッフが、学内を巡回しては、講義中にイヤホンで音楽を聴いていたり、携帯電話をいじったりしている学生を注意する。

 京都文教大の中村博幸教授(高等教育論)は「大学に入りやすくなり、進学の動機がはっきりしない『高校4年生』のような学生が多くなった」と指摘した上で、「意外にも、口うるさく指導されることを学生も嫌がらない。指導を強化する大学はさらに増えるだろう」と予想している。(大木隆士)

(2007年11月9日 読売新聞)


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 高校4年生ではないだろう、これでは小学校13年生ではないか?
 おかしい!
 絶対におかしい!
 
 等と思って嘆いているのは、tono爺だけなのか?
 それでも、やはりおかしいと思う。

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(15) | トラックバック(0)2007/11/14(水)11:22

コメント

大学の入学試験に親が、ついて来るってありませんでしたか?
 親専用の控え室のある大学もありましたが、そうでない大学では、試験が、終わるまで親が、外で待っているのですよ!
 「大学生にもなって!」「じゃあ、控え室のある大学に文句を言え!
 高校で禁止されているライブハウスの出入りを咎められると「学割を設けているライブハウス側に言え!」と言うガキの理論を大人になっても持っているのです。
 
 新卒の入社試験で親子面接のある所もあります。
 新卒の能力なんて皆、同じ、何か損害を起こした時に親の経済力が、モノをいうという理論は、今は、分からなくないのですが、だったら人柄が、どうのと言って欲しくないですね?
 入社後も「女の子なのに何故仕事をさせた?」言ってくる親も珍しくありません。

2007/11/14(水)14:31| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

ここまで落ちましたか

これ、たとえ必要なことでも、大学でこんなことを
していること自体、知れると恥だとは思わないのか、
大学側そのものも程度が低すぎるようですね。
こんなことをする大学へ入りたいと思う学生や親が
いるんですかね。
確かに小学13年生がぴったりきましたよ。

2007/11/14(水)15:16| URL | 小楠 #00DmkO4s [ 編集]

大学の門を「とーれん」

昨年、ブログで、ドイツ語の冗談で「君たち馬鹿どもは、対大学の門をとーれん。その代わり、予備校の門をいくつか通れ」と書いたことがありました。
「とーれん」とはドイツ語の「Toren」という、馬鹿野郎を意味する言葉の複数形を引っ掛けたしゃれですが、こんな有様では、大学の門を通っても(大学生になっても)、通ったうちに入らないでしょうな。
かつては、中学ですら義務教育でなかったために、入ることが難しかったですから、大学なんかはなおのこと難しかったことは間違いありません。
それが今では、頼みもしないのに、高校生には、頻繁に、大学進学を前提とした、教育産業からのDMが着たり、はたまた電話での勧誘ありと、猫も杓子も大学進学をする時代となり、したがって、量の増大は質の低下をもたらす結果となりましたようで。
いつぞやも、大学無年金問題で、大学生が国民年金に加入することが義務でない時代に重い障害を負った人が、ほかの人に比べて、もらえる障害年金が少ないことで裁判沙汰になった記事を新聞で見つけました。
それによると、お上が大学生に国民年金加入を義務化しないから、そうなったのだと言うのですよ。

2007/11/14(水)17:48| URL | DUCE #- [ 編集]

大学の数が多すぎて、なおかつ選考方法が学力試験だけ。人間の器は無視ですから・・教育を儲けの手段にしてきたからですよね。勉強しない若者が大学へ、勉強したい社会人は仕事が忙しく大学なんか行けない・・ねじれていますね。

2007/11/15(木)10:12| URL | SAKAKI #- [ 編集]

tonoさんだけではありませんよ

私もおかしいと思いますよ。大学生に生活指導なんて、何考えてるんでしょうか、ホントに。どれもこれもみんな教育が悪いのでしょうかね?教育以前に親の躾の問題ではないかと思いますが。入試をやってまで入学させてるんだから、きちんと家庭でしつけなさいよ、って話しですよ。こんなありさまなので大学なんて遊びに行ってるようなものだと、私が大学進学を「拒否」したんです・・・。

2007/11/15(木)11:32| URL | かついち #JalddpaA [ 編集]

tonoはいく星間違えたのだ。
そのうち巨大化して暴れてください。
コケー

2007/11/18(日)18:20| URL | せ~ちん #tHX44QXM [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ありません。

>大学の入学試験に親が、ついて来るってありませんでしたか?
・私の頃には、あまり見たことはありませんが、弟の世代(3.5年、三学年下)で既にあったと聞いたように思います。

>親専用の控え室のある大学もありましたが、そうでない大学では、試験が、終わるまで親が、外で待っているのですよ!
・いやあ、仮に親が行くと言っても、断らないのかなぁ?

>「じゃあ、控え室のある大学に文句を言え!」
 「学割を設けているライブハウス側に言え!」と言うガキの理論を大人になっても持っているのです。
・「そんなガキを育てた親に文句を言う」のは良い?

>新卒の入社試験で親子面接のある所もあります。
 新卒の能力なんて皆、同じ、何か損害を起こした時に親の経済力が、モノをいうという理論は、今は、分からなくないのですが、だったら人柄が、どうのと言って欲しくないですね?
・この一例、TVで見ました。
 親と役員の食事会まで設定されていたと言う奴!
 企業側は、正に本人を宛にしていないと言うことでしょうか?
 履歴書に親、姉弟の個人情報を書くのは駄目でも、親と面接はOK?

>入社後も「女の子なのに何故仕事をさせた?」言ってくる親も珍しくありません。
・「仕事しないなら、入社するなよ!」では終わらないところが、おぞましい世の中ですね。
 

2007/11/18(日)20:56| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>小楠さん

コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ありません。

>これ、たとえ必要なことでも、大学でこんなことを
していること自体、知れると恥だとは思わないのか、
大学側そのものも程度が低すぎるようですね。
・恥の概念も薄れているのか、高校は大学の予備校化、大学は就職の予備校化???そこにすら至っていないような・・・

>こんなことをする大学へ入りたいと思う学生や親が
いるんですかね。
 確かに小学13年生がぴったりきましたよ。
・小学校超高学年躾熟?
 め、めまいが・・・・

2007/11/18(日)21:02| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ありません。

>「君たち馬鹿どもは、対大学の門をとーれん。その代わり、予備校の門をいくつか通れ」と書いたことがありました。
 こんな有様では、大学の門を通っても(大学生になっても)、通ったうちに入らないでしょうな。
・大学への予備校は分数の足し算から教えなければならないし、それも理解せぬまま大学を「通過」して社会人になっているのが多いです。
 大学は目標ではなく、人生の「通過点」とは言う物の「通過」の意味が違うだろう!って感じですね。

>量の増大は質の低下をもたらす結果となりましたようで。
・単純に分母が増えて、平均が下がるという以上の劣悪さに見えます。

>それによると、お上が大学生に国民年金加入を義務化しないから、そうなったのだと言うのですよ。
・義務ではないが、禁止されていたわけでは無いでしょう?
 権利を振り回すのが好きな癖に、自ら権利を放棄しておきながら、その言いぐさは筋違いじゃ無いでしょうか。

2007/11/18(日)21:17| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>SAKAKIさん

コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ありません。

>大学の数が多すぎて、なおかつ選考方法が学力試験だけ。人間の器は無視ですから・・教育を儲けの手段にしてきたからですよね。
・なるほど。
 躾の手段ですか、確かにそう言う見方は出来ますね。
 おまけに、学力試験も○×かされていては「人」は見えないでしょう?

>勉強しない若者が大学へ、勉強したい社会人は仕事が忙しく大学なんか行けない・・ねじれていますね。
・私は会社で組合の委員長をしていますが、「年齢給」を無くせ!と言ったことがあります。
 高卒と大卒の年齢によるメリットを会社が明確に示せなかったからです。
 その分、能力給や実際に生活に必要な「手当」に回して、少しでも家族の生活の心配を減らして「能力」を競わせ、評価すべきだ!と思ったからです。
 もはや「大卒」等という「学歴」は崩壊しつつあるように思えます。

2007/11/18(日)21:28| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>かついちさん

コメントありがとうございます。
遅くなって申し訳ありません。

>tonoさんだけではありませんよ
私もおかしいと思いますよ。大学生に生活指導なんて、何考えてるんでしょうか、ホントに。どれもこれもみんな教育が悪いのでしょうかね?教育以前に親の躾の問題ではないかと思いますが。
・これが、極少数派では無くなりつつある現実は無視できませんよね。

>入試をやってまで入学させてるんだから、きちんと家庭でしつけなさいよ、って話しですよ。
・高校入試に「箸の持ち方」なんて事も最近話題になりましたが、大学の授業でこれとは・・・・・

>こんなありさまなので大学なんて遊びに行ってるようなものだと、私が大学進学を「拒否」したんです・・・
・「大卒」に企業が期待する物が、ドンドン変化してハードルが下がって来てはいましたが、最後の砦「在学中に成人式を迎えるのだから、高卒とは違う」と言う一線まで崩壊しかけています。
 ある意味、その一線だけを死守しようとする大学の試みなのでしょうか?・・_| ̄|○

2007/11/18(日)21:36| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>せーちんさん

コメントありがとうございます。

>tonoはいく星間違えたのだ。
・う~む、宇宙船が「青惑星」から出発し、ワープしたときに、本能からか『美しい「青い星」に気を取られて、そちらに向いてしまった』と、時の「航海士」の告白は事実であったか???

>そのうち巨大化して暴れてください。
・そうすると、ウルトラマンを地球上で暴れさせる口実を作ってしまうので難しいところだなぁ・・・

>コケー
・な、何故、我が母星語を知っておられる??

 「産廃星」に送り込みたい連中が多くて困った物ですね。

2007/11/18(日)21:46| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/19(月)11:21| | # [ 編集]

ここまで、規範が解体するのは、何をやっても許される親の『過保護』と仲間内での『無圧力』に原因がありそうですね。

最近、大学生や若者と接する機会が多いのですが、彼らは一見素直ではあるのですが、対象性がない(視野が狭い)。

だから、ミスも多い。

モンスターペアレントなどと世間では言われてますが、無圧力空間に身を置く親も子供も、あまりにも空気が読めない自己中が、最近増えている気がします。

2007/11/22(木)22:56| URL | やっさん #- [ 編集]

>やっさんさん

コメントありがとうございます。

>ここまで、規範が解体するのは、何をやっても許される親の『過保護』と仲間内での『無圧力』に原因がありそうですね。
>モンスターペアレントなどと世間では言われてますが、無圧力空間に身を置く親も子供も、あまりにも空気が読めない自己中が、最近増えている気がします。

・大学生の親も、怪しい教育の影響を受けた世代になっています。
 とにかく「自分」と、大きく勘違いした「自由」しかないのですね。
 家庭や他人や社会に山のように恩恵を受けながら「感謝」も知らないし、それが出来ないことが「恥」だとも感じない。
 仲間内から社会に出て、何か違うと思ってもを、何が違うのか分からない様です。

2007/11/23(金)10:01| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。