スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

嬉野市議会が慰安婦問題で国の主張を求める

 佐賀県嬉野市の市議会が、慰安婦問題で、国の主張を求める意見書を可決した。
 
_/_/_/_/_/▼佐賀新聞より引用▼_/_/_/_/_/  

慰安婦問題で国の主張求める意見書可決 嬉野市
 
 嬉野市議会は定例議会最終日の26日、従軍慰安婦問題について、国が世界に対して調査研究に基づく事実を主張するよう求める意見書を賛成多数で可決した。
 意見書は米下院の「日本政府は公式謝罪をすべき」などの決議を受け、市議有志で起草して提案。同決議に疑問を呈するとともに、「謝罪を繰り返す国の外交政策は、現在や将来の国民の誇りを失いかねない重大な問題」と指摘。国にこれまでの研究に基づく事実を各国に説明していくことを求めている。賛成18、反対1で可決した。
 
同市議会事務局によると、県内10市で同様の意見書はこれまでなく、県町村議長会も「県内の町村議会で同様の意見書は記憶にない」という。同市議会の提案議員の1人は「事実はきちんと認めた上で、虚実については違うと強く主張するべき。地方から国にいろんなことを要求することも大事だ」と話した。
 
これに対し、反対議員は「外交にかかわる問題で事実についても見解が分かれており、慎重に対応すべき」と話した。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 私は、慰安婦問題で一番腹が立つのは、正業として生きるため、家族のため、国のために正に身を削って働いておられたであろう「元慰安婦」の方々に対して、現在に至って「性奴隷」だ「強制された」等と言って、その尊厳を傷つけ侮辱し、果ては政治・外交・金儲けにまで利用しようとしている輩である。


 戦時の慰安婦の方々は、ある意味、外地や前線における多くの兵隊の素顔やその心情を知り、戦争とは何かを知る、貴重な生き証人の方々でもある。
 「人権」を語って、現在の感覚で「可愛そう」「酷い」等といっているが、彼女達の思いが違うところにあるかも知れないと言うことは考えないのだろうか?
 当時は女学生も突然、強制的に工廠に派遣されたり、基地の雑用係をさせられたり、国民全てが強制されて生きていた時代だ。
 兵隊は勿論、大工であれ、左官であれ、医師であれ、慰安婦であれ、暗黙の強制による志願での労働も、当然有ったはずである。
 各々が自分の職業に誇りを持ち、生きるため、家族のため、国のために働いていたのではないか。
 そんな、当時は正業として働いていたはずの方々が、戦争が終わって何十年も経って突然「性奴隷だ」「人権が」と言われてしまう。
 この騒ぎを起こしている連中のおかげで、真の戦争を語れる生き証人達は口を噤んで潜んでしまっている。
 
 嬉野市議会の決議の内容詳細は知らないが、「事実はきちんと認めた上で、虚実については違うと強く主張するべき」と言うのは間違いない。
 付け加えるならば、事実というのは現象であって、為されるべきはその「現象」の一人歩きではなく「事実・現象」の起こった要因・状況・環境・動機等を含めて検証した「真実」の解明であろう。
 
 口を噤んで潜んでしまっている方々が、ひとりでもふたりでも、真の戦争を語れる環境にする事こそが「慰安婦問題」の「真実」を解明する所になると思う。

 国は、その真実を元に為すべき事を為さなければならない。
 外交や政治に使われるような愚を阻止すべく対応しなければならない。
 そして、次にすべき事は、ひょっとしたら、「謝罪」等ではなく、身を削って戦った女国士達への「感謝」でなければならないかも知れないと思う。

スポンサーサイト


靖国・近代の戦い | コメント(6) | トラックバック(0)2007/09/28(金)09:58

コメント

慰安婦差別

かなり前になりますが、正月にテレビ東京で放送した演芸番組の中の大喜利で、ハリセン大魔王としてプロレスラーの神取忍が登場しました。
その結果、神取忍が普段から乱暴であるかのような答えが出たときは、回答者は往々にしてハリセンの洗礼を受ける羽目となりました。
まあ、大喜利というお笑いの中ですから、こうしたことは洒落で済まされるかもしれませんが、神取忍が乱暴だとしたら、それはプロレスという商売の中に限ったことであって、私生活に戻れば普通の女性としての別の面が見られることでしょう。
慰安婦というのも、たまたま性を売り物にした商売であって、こうした商売に付いた女性が普段からふしだらというわけでもありますまい。
おそらくは、慰安婦問題が生じる背景には、そうした職業を卑しいものとしてみる風潮からでたものなのでしょう。卑しい職業だからこそ、強制的に仕立てなくてはならなかったという思い込みがあったにちがいないでしょう。

2007/09/28(金)14:45| URL | DUCE #- [ 編集]

 尾羽打ち枯らしたから今は、成功している嘗ての「悪友」を訪ねて来て恐喝する様なモノでは?
 自分は、被害者ではなく共犯なのにね?
 言いなりになっていたら全財産を絞りとられますよ!

2007/09/28(金)21:23| URL | 鵺娘 #wWBNAr2Y [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>慰安婦というのも、たまたま性を売り物にした商売であって、こうした商売に付いた女性が普段からふしだらというわけでもありますまい。
 おそらくは、慰安婦問題が生じる背景には、そうした職業を卑しいものとしてみる風潮からでたものなのでしょう。
・それはあると思います。そうでなければ、従軍看護婦のように軍属としての本当の「従軍慰安婦」もあり得たと思います。

>卑しい職業だからこそ、強制的に仕立てなくてはならなかったという思い込みがあったにちがいないでしょう。
・そうですね。性奴隷と言われれば、イヤイヤさせられたと言うしかありませんね。
 本当は兵隊と一緒に戦う様な気概の持ち主であってもね。

2007/09/29(土)13:07| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>尾羽打ち枯らしたから今は、成功している嘗ての「悪友」を訪ねて来て恐喝する様なモノでは?
・なるほど、言い得て妙ですね。
 
>自分は、被害者ではなく共犯なのにね?
 言いなりになっていたら全財産を絞りとられますよ!
・そう、搾り取られます。
 税金ですよね。
 決して国益にはならない、税金の使い道になってしまいます。

2007/09/29(土)13:17| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

当時は違法ではなかった。しかし、心ならずも家族のために戦地に赴き軍人相手の娼館に勤めた女性たちの多くは、以前このブログで読ませて頂いた、拉孟の慰安婦と同じ気概であったのではと思います。たしかに日本人慰安婦と異なり、朝鮮人慰安婦は金のために身は売っても、死にたくはなかったのでしょう。そういう輩が生き残り害毒を流しているのだとも思います。しかし、一方で「私たちは拉孟守備隊の母であり、妻である」こう言って守備隊と一緒に玉砕した方々のためにも、日本政府はこの問題をはっきりさせ、また後者の方の名誉をまもらなければならないのではないでしょうか。

2007/10/01(月)15:10| URL | 寄り道 #R9FelWv2 [ 編集]

>寄り道さん

コメントありがとうございます。

>当時は違法ではなかった。しかし、心ならずも家族のために戦地に赴き軍人相手の娼館に勤めた女性たちの多くは、以前このブログで読ませて頂いた、拉孟の慰安婦と同じ気概であったのではと思います。
・国家総動員状態ですから、どうせ行かなきゃならぬならと気持ちが切り替わるのは、いつの世でも人間にはあると思います。
 それが、命懸けで戦っている兵隊を目の前にすれば、かのような気概となる事も充分にあったと思います。

>たしかに日本人慰安婦と異なり、朝鮮人慰安婦は金のために身は売っても、死にたくはなかったのでしょう。そういう輩が生き残り害毒を流しているのだとも思います。
・朝鮮人慰安婦そのものが金のためであろうと、死にたく無かろうと私達がとやかく言える物では無いと思いますが、必死に生きてきて黙して潜んでいた人達を引っ張り出して、イデオロギーや銭儲けに利用する輩が一番許せません。

>しかし、一方で「私たちは拉孟守備隊の母であり、妻である」こう言って守備隊と一緒に玉砕した方々のためにも、日本政府はこの問題をはっきりさせ、また後者の方の名誉をまもらなければならないのではないでしょうか。
・そうだと思います。
 なぜ、かの方々が表に現れないのか?
 現代の目で見るからだと思います。
 「当時」の背景を検証して、仰るように名誉を守るのも国の大切な仕事だと思います。


2007/10/02(火)08:24| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。