スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「國史画帖 大和櫻」その4

 ご無沙汰でした、大和櫻です。

 先日「戦後教科書から消えた人々」等という本を読んでいたら、この大和櫻の絵を挿絵にしたいような人物がいろいろ登場していました。

 なんと言っても、國史に残る出来事であり、人物達ですね。

   (義仲法住寺殿を焼き討つ)
      

   
   (鬼神に勝る巴御前の奮戦)
      


   (實森白髪を染め戦場の花と散る)
      
   (朝比奈三郎怪力を以て城門を破る)
      
   (武士の面目躍如たる佐野源左衛門)
      
   (國史は輝く元寇の戦ひ)
      
   (駄馬を奪って高綱鎌倉に駈け着く) (゚∀゚)シャバダバ シャバダバ
      
   (宇治川の先陣 佐々木高綱)
      
   (思ひ出は悲し笠置山)
      
   (名和長年 舟上山に義兵を挙ぐ)
      
   (村上四郎義光 錦旗を奪還す)
      
   (金作の太刀を龍神に捧ぐる義貞)
      
   (櫻の木に赤誠を記す忠臣高徳)
      

   (國乱れて忠臣現る)
      
   (楠公父子櫻井驛の訣別)
      
   (四条畷の花と散る小楠公)
      
   (新田義貞藤島にて戦死す)
      

   では、また次回気長にお待ち下さい。   

スポンサーサイト


国史画帖 大和櫻 | コメント(6) | トラックバック(0)2007/07/13(金)13:47

コメント

源平合戦の中の木曽義仲とか、巴御前なんて、
ドラマだけでしか見ません。そういえば、巴御前は珍しく
いくさの場で活躍する女性ですが、フェミな御仁はどんな
評価を下すでしょうかねぇ。ちょっと興味深いですね。
新田義貞といえば、徳川家康が、松平家は新田源氏の流れ
を組んでいると自称しました。おかげさまで将軍になれま
したよ。(*´∀`)アハハン♪

2007/07/13(金)14:25| URL | DUCE #- [ 編集]

百姓の 戦は永久(とわ)に 実盛虫

巴御前は、女性に過度の負担を強いる事になるからいけないそうです。
 
 実盛は、稲に躓いて敵に討たれた!
 だから浮塵子(うんか)になって稲の穂を食い荒らす様になった。
 これを知らずにコオロギに直した奴がいたな・・・

2007/07/13(金)20:51| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>源平合戦の中の木曽義仲とか、巴御前なんて、
ドラマだけでしか見ません。
・確かに実物は、(~-~;)ヾ(-_-;)ウヲイ ソウイウモンダイカ?

>そういえば、巴御前は珍しくいくさの場で活躍する女性ですが、フェミな御仁はどんな評価を下すでしょうかねぇ。ちょっと興味深いですね。
・ピンクのヘルメットを被るべきだ!とか、男が盾になるべきだとか、いいそうですね。
 だいたい、優秀な女性はフェミの敵ですから!

>新田義貞といえば、徳川家康が、松平家は新田源氏の流れ
を組んでいると自称しました。おかげさまで将軍になれま
したよ。(*´∀`)アハハン♪
・新田義貞は、楠正成が「忠臣」「知将」の評価が多い中、諸説ありますよね。義貞戦死もこの絵の「馬が倒れ額に流れ矢が・・」が結構有名ですが、これまた諸説乱存!
 この辺の話、面白いですよね。
 
 

2007/07/14(土)10:52| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>巴御前は、女性に過度の負担を強いる事になるからいけないそうです。
・フェミはそう言ってますか?
 とにかく、何事にも優れた女性は敵、集り力のあるのが偉い訳ですね。

>百姓の 戦は永久(とわ)に 実盛虫
 
>実盛は、稲に躓いて敵に討たれた!
 だから浮塵子(うんか)になって稲の穂を食い荒らす様になった。
・そうですか。
 これは知りませんでした。

>これを知らずにコオロギに直した奴がいたな・・・
・祝日を月曜日に変える輩と同じ?

2007/07/14(土)10:56| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

名調子

いつものことなのですが、この大和櫻の文章を開くと、ついつい声に出して音読してしまいます。こういう名調子の教科書だったら楽しく勉強できるのに。

2007/07/14(土)19:04| URL | milesta #S4B2tY/g [ 編集]

>milesta さん

コメントありがとうございます。

>名調子
いつものことなのですが、この大和櫻の文章を開くと、ついつい声に出して音読してしまいます。こういう名調子の教科書だったら楽しく勉強できるのに。
・そう言えば、私も読んでいて、なんか紙芝居か、講談のような感じを受けますね。
 本文にもチョット触れた「戦後教科書から~」の本には、結構この辺りが書いてあって絵を思い浮かべるとなかなか面白いです。
 是非、大きな絵で見て頂きたいと思います。

2007/07/14(土)21:54| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。