スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

李登輝氏の國神社参拝を、心から歓迎し、感謝する

 来日中の台湾の李登輝前総統は7日午前、東京・九段の靖国神社を訪れ、本殿に昇殿して参拝した。

 参拝を済ませた李登輝ご夫妻
  
  
 國神社には、旧日本軍人としてフィリピンで戦死した2歳上の李登輝氏の実兄・李登欽氏が「岩里武則」の日本名で祭られているそうである。
 参拝後、「兄の霊を守ってくれていることに、感謝の意を表したい」と述べられた。

 李登輝氏は、英霊のご遺族である。
 その方が、國神社を参拝するのに、
「どうか、歴史的政治的にとらえないでほしい、あくまで兄の戦死を弔うため。家庭の事情である」
「個人的な家庭の事情での参拝。政治的にとらえないでほしい」
 等、大変な気遣いである。
 英霊のご遺族が、國神社を参拝する。
 こんな当たり前の事をするのに、ここまで気を使わ無くてはならない事自体異常ではないか。

 世界二十数カ国が、単なる「交流」ではなく正式「国交」を持つ、アジアの一つの国『台湾』に対して、『一つの中国』等と、侵略宣言に等しい事を平然と言い放つ中国。
 中国は『台湾』と「国交」を持つ国々に対して、仁義無き切り崩し工作を行っている。
 昨日もコスタリカが台湾と断交、中国と国交を樹立したニュースが伝わったばかりだ。
 
 ムチとなる軍事力もアメとなる援助も、日本からの多くのODA等の資金が直接・間接に関与しているのは言うまでもない。
 自分で自分の首を絞めているとは、こういう事ではないのか?


 「目的は台湾独立をあおり、中日関係を破壊すること」
 「台湾独立をにらんだ動き」
 「台湾独立分子に活動の舞台を提供しないことを希望する」
 
 これら中国の発言は、見てのとおり、台湾があたかも独立して無いかのように印象付ける発言に過ぎない。
 
 日本は早く『台湾』と「国交」を回復するべきである。
 アジアや極東を遠めがねで眺めて、小より大を選べばよいば良い多くの国とは違い、日本にとっては生命線の話であり、国防の話である
 この様な重要な事のために「日本」が他のどの国と「国交」を持とうが、本来他国の介入すべき事ではない。
 そして、私は重要だと思うが、これは直ちに日本側から中国への「断交」を意味する物では無い。
 どちらかではないのである。
 二つの国は、別々の国なのだ。
 生命線を護らねばならない日本こそが、それを一番に世界に示せるのではないか?
  
 本件を含めて、最近は策士中国にしては、歯に衣を着せる余裕が見えなくなっている様に感じるのは私だけか?
 元々、搦め手で、ジワジワと攻める手法のはずが、どうも最近は行き当たりばったりの言動で、どんどん墓穴を掘ってきているようにも感じる。
 また、ここぞとばかり中国のご機嫌を損ねると大騒ぎするマスコミも、ややトーンが低く感じる。
 騒ぐほどに、台湾は中国ではない事が、サイレントマジョリティに知れ渡るジレンマだろうか?
 参考までに、李登輝氏の國神社参拝に関する、各紙の報道を揚げておこう。

 尚、記事の文字色の違いには、何の意味もないので、悪しからず。
 
 _/_/_/_/_/▼Sankei Webより引用▼_/_/_/_/_/
 
 李登輝氏が靖国参拝 戦死の実兄しのぶ

 靖国神社参拝を終えた台湾の李登輝前総統=7日午前10時38分、東京・九段北
 来日中の台湾の李登輝前総統は7日午前、太平洋戦争で日本兵として戦死した実兄が祭られている東京・九段の靖国神社を参拝した。李氏は「兄の霊を守ってくれていることに、感謝の意を表したい」と説明、私人としての参拝を強調した。


 李氏は同日午前10時ごろ、曽文恵夫人らとともに靖国神社を訪れ、本殿に上がった。兄は台湾が日本統治下にあった1945年2月、マニラで戦死したとされ、李氏は5月30日の来日後「兄貴が60年前に祭られているのに全然会ったことがない」と語っていた。


 靖国参拝前、李氏は都内のホテルで「個人の立場で行きます。政治的、歴史的には何も考えないでください」と述べ、兄への思いを強調した。


 安倍首相は李氏が靖国参拝の意向を示していたことに対し「私人として来日した。当然、信仰の自由がある」と語っていた。
(2007/06/07 12:14)
_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


_/_/_/_/_/▼NIKKEI NETより引用▼_/_/_/_/_/

台湾の李登輝前総統、靖国神社を参拝
 
 来日中の台湾の李登輝前総統が7日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。日本の植民地統治下にあった台湾から日本兵として太平洋戦争に出征、戦死した実兄がまつられており、参拝理由を「兄の霊を追悼するため」としている。


 李氏は午前10時過ぎ、靖国神社に到着し、本殿に昇った。本人はクリスチャンということもあり、「二礼二拍手一礼」など神道形式にはのっとらなかったもよう。同行した作家の曽野綾子氏によると「神社側の指示に従って参拝した」という。


 参拝前の記者会見で李氏は「参るのは私個人の望みであり、政治的、歴史的なものではない」などと日本語で語り、私人としての立場を強調した。しかし中国政府は、これまで李氏を「台湾独立勢力の代表」とみなしてきただけに、反発を強めるとみられる。  (13:22)


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


_/_/_/_/_/▼asahi.comより引用▼_/_/_/_/_/ 

台湾の李前総統、靖国神社を参拝 「個人的行為」と説明
2007年06月07日10時55分


 来日している台湾の李登輝前総統(84)は7日午前10時ごろ、東京・九段の靖国神社に参拝した。関係者の話によると、本殿に上がり黙祷(もくとう)したという。李氏の兄は第2次大戦中、日本が植民地統治していた台湾から日本軍兵士として出征、戦死して、靖国神社にまつられている。李氏は「62年前に別れた兄に頭を下げる個人的行為だ」と説明した。


 靖国神社には、李氏の実兄、故李登欽氏が「岩里武則」の日本名でまつられている。登欽氏は海軍兵士としてフィリピンで戦死したとされる。参拝時間は約40分。参拝形式について、神社側は「個人の参拝なので説明は控えたい」という。


 李氏はキリスト教徒。神社訪問直前、記者団に「政治的、歴史的(行為)と考えないでほしい」「父が兄の戦死を信じていなかったため、実家には位牌(いはい)もなく、(追悼も)何もしてこなかった」と語った。


 李氏は副総統時代の85年に東京を訪問。今回の来日に際して「22年前は(兄がまつられていることを)知らなかった。今回行かないのは人情として忍びない」と述べていた。中国の反応については「問題ない」との認識を示していた。


 「台湾は中国の一部」とする中国は、「日本植民地経験を持つ台湾は中国とは違う」という李氏の主張を「独立派の証し」と警戒。総統退任後の来日自体も「台湾独立をにらんだ動き」と一貫して批判してきた。


 李氏は5月30日に「私人としての学術文化交流」を目的として来日。6日まで「日本文化を深く知るため」、東北地方の「奥の細道」ゆかりの地を回っていた。総統退任後は01年4月と04年12月に来日している。

 _/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/
 
_/_/_/_/_/▼mainichi-msnより引用▼_/_/_/_/_/

李登輝前総統:靖国神社を参拝 「個人的な事情」と説明


 靖国神社を参拝し終えた李登輝・台湾前総統=東京都千代田区で7日午前10時41分、石井諭撮影 来日中の台湾の李登輝前総統(84)は7日、東京・九段の靖国神社を参拝した。靖国神社には旧日本軍人としてフィリピンで戦死した2歳上の兄・李登欽氏が祭られており、李氏は以前から参拝を希望していた。中国は李氏を「台湾独立分子」と非難し、総統退任後初の東京訪問に抗議していた。8日にドイツで安倍晋三首相と胡錦濤国家主席による日中首脳会談が予定されており、その直前の靖国参拝によって中国は日本への反発姿勢を強めるとみられる。


 参拝前、李氏は「62年前に(台湾南部の)高雄で兄と別れて以来、私の家には遺髪も遺骨も位牌(いはい)もない。家族の一人として兄への尊敬の気持ちから参拝しなければならない」と説明。「(参拝は)全く個人的な事情であり、政治的にも歴史的にも何も考えないでほしい」と強調した。参拝後、「62年ぶりに兄に会えて涙が出ます」と報道陣に語った。


 高齢な李氏は周囲に「最後の訪日となるかもしれない」と漏らしていた。また、「中国が靖国問題での批判の矛先を私に向けるのはおかしい」などとも述べていた。


 李氏は小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝について雑誌のインタビューに「多くの若者たちが国のために命をささげたにもかかわらず、この国のトップがそれに目を向けないのは大きな問題だ」などと述べ、参拝を支持する姿勢を明確にしていた。


 今年4月に訪日した中国の温家宝首相は「台湾」と「靖国」の二つの問題で、日本政府にクギを刺していた。李氏が訪日した5月30日、中国国務院台湾事務弁公室の李維一報道官は「台湾独立分子に活動の舞台を提供しないことを希望する」と日本をけん制していた。


 靖国神社へは05年4月、李氏を精神的指導者とする台湾政党「台湾団結連盟」の蘇進強主席(当時)が所属議員とともに参拝している。【鈴木玲子】


毎日新聞 2007年6月7日 11時24分 (最終更新時間 6月7日 13時46分)


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


_/_/_/_/_/▼YOMIURI ONLINEより引用▼_/_/_/_/_/

李・前総統が靖国神社参拝

 靖国神社に到着した李登輝・前台湾総統 来日中の李登輝・前台湾総統(84)が7日午前10時過ぎ、東京・九段の靖国神社を参拝した。


 同神社には第二次大戦中、日本軍人としてフィリピンで戦死した実兄、李登欽(日本名・岩里武則)氏がまつられており、参拝を終えた李氏は記者団に感想を聞かれ、「62年ぶりに兄に会えて、涙が出ます」と話した。中国政府は李氏を「台湾独立派の代表」とみなしており、反発を強めるものとみられる。


 参拝には、曽文恵夫人と作家の三浦朱門、曽野綾子夫妻らが同行した。


 参拝前に都内のホテルで記者会見した李氏は、「(兄と私は)二人兄弟で仲が良かったが、62年前、(台湾南部の)高雄で別れたままとなった。うちには遺髪も遺骨も位牌(いはい)すらない。いまは靖国に(魂が)残されているだけとなっている」などと説明、政治的な意図がないことを強調していた。


 李氏は来日した5月30日、「靖国神社に行かないのは、人情としても弟としても忍びない」と述べ、今月9日までの滞日期間中に参拝する意向を示し、関係者と調整していた。


 李氏の来日について、中国外務省は5月31日、「目的は台湾独立をあおり、中日関係を破壊することだ。日本政府が訪日を認めたことに強烈な不満を表明する」と日本側を非難。中国政府は、靖国神社について「日本の侵略戦争を美化するもの」と強く批判している。


(2007年6月7日13時3分  読売新聞)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


_/_/_/_/_/▼中日新聞東京新聞 より引用▼_/_/_/_/_/

李登輝前総統が靖国参拝 「兄に会いに来た」
2007年6月7日 13時53分


 来日中の李登輝・台湾前総統(84)は7日午前、日本軍人として第2次世界大戦で戦没した実兄が祭られている靖国神社(東京都千代田区)を参拝した。A級戦犯も祭られる靖国神社について中国は、大陸侵略を正当化するものとして批判してきており、中国が「台湾独立派の代表」とみなす李氏の参拝は、日中間の新たな火種になる可能性をはらんでいる。


 李氏は午前10時すぎに靖国神社に到着、本殿に昇殿し参拝した。境内には報道陣や日台の関係者ら計100人以上が集まったが、李氏は参拝後の質問などには答えなかった。


 参拝に先立って都内のホテルで記者会見した李氏は「兄に会いに来ることは私にとって当然であり個人的なこと。政治的なものではない」と涙ながらに心情を語った。


 李氏の実兄、李登欽氏は日本海軍の軍人として大戦中の1945年、フィリピン戦線で没し「岩里武則」の日本名で靖国神社に祭られている。李氏は靖国参拝を希望、一方、靖国側も昨年訪台した南部利昭宮司が、李氏に面会し参拝を直接要請したという経緯がある。


 先月30日、李氏は日本に向かう機中で「最後の日本訪問になるかもしれない。60年以上も兄貴に会いに行かないのは人情として弟として忍びない」と話していた。


 関係者によると当初、李氏を招いた国際教養大学の中嶋嶺雄学長が参拝に難色を示したが、最終的には了承したという。


(東京新聞)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/
 

スポンサーサイト


靖国・近代の戦い | コメント(16) | トラックバック(8)2007/06/07(木)17:00

コメント

李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ

李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ

2007/06/07(木)17:16| URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM. [ 編集]

良かったです。有り難い。

>>日本は早く『台湾』と「国交」を回復するべきである。<<

同意します。

2007/06/07(木)17:54| URL | おばりん #- [ 編集]

ご苦労な事です

何がご苦労って、いちいち「どうか、歴史的政治的にとらえないでほしい、あくまで兄の戦死を弔うため。家庭の事情である」
「個人的な家庭の事情での参拝。政治的にとらえないでほしい」
と言わねばならないことでしょう。

そうでなくとも、李さんからすれば、日本は若いときは自国であったのに対して、大陸なんぞははなっからよその国で、いまだによその国でしかない。「独立云々」言う筋合いのことじゃないでしょう。
有史以来、台湾をまじめに統治しようとしたのは、日本と、独立後の本省人のみ。ただ食いして、グレードダウンしてしまう連中が「わが固有の領土」なんぞという資格はありません。

2007/06/07(木)18:08| URL | DUCE #- [ 編集]

 ♪嫁に行く日が来なけりゃ良いと♪
 本当に思っている男親なんているんですか?
 娘が、ごく小さいウチなら別ですが、
 「何時までもいられたら困る?」
 のではないですか?
 そう思わないのは、子供を食い物にしている親だからと推測します。
 台湾は、一人でもやっていけるのだから何時までも中国に集られている事は、ないんじゃないの?
 と言うよりも中国が、早く一人立ちしたら?

2007/06/07(木)18:17| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

 李さんは余分なコメントをせずに、騒ぎが大きくならないよう、個人で参拝されました。これが正しい参拝のありかただと思います。感謝いたします。
 マスコミは静かにしているべきで、中国の反発なんて書く必要はないと思います。
 さらには・・日本の政治家が参拝するしないを大騒ぎするマスコミのほうが大問題ですよね。ましてその参拝を正しいだの誤りだの、偉そうにジャッジする権利が、編集者ごときにあるのでしょうかと思います。
 サミットでサルコジさんが日本にエールをくれました。それもあまり報道されません。なんとも悲しい限りですよね。
 

2007/06/07(木)22:41| URL | SAKAKI #- [ 編集]

>屋根の上のミケさん

コメントありがとうございます。

TBありがとうございます。

>李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ
・大変な気遣いをして頂きながらの参拝、感謝致します。

2007/06/08(金)08:40| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>おばりんさん

コメントありがとうございます。

>良かったです。有り難い。
・本当に有りがたいです。
 普通に参拝して頂いて。
 

>>日本は早く『台湾』と「国交」を回復するべきである。<<
>同意します。
・ありがとうございます。
 現在台湾と国交のある国々を見ると、途上国と小国ばかりですね。日本が国交回復するというのは、非常に重大な意味があると思います。

2007/06/08(金)08:44| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>ご苦労な事です
>何がご苦労って、いちいち「どうか、歴史的政治的にとらえないでほしい、あくまで兄の戦死を弔うため。家庭の事情である」
「個人的な家庭の事情での参拝。政治的にとらえないでほしい」
と言わねばならないことでしょう。
・これには本当に頭が下がります。
 官邸サイドとの話も当然有ったでしょうが、安倍さんが押し切ったとも言われていますね。

>そうでなくとも、李さんからすれば、日本は若いときは自国であったのに対して、大陸なんぞははなっからよその国で、いまだによその国でしかない。「独立云々」言う筋合いのことじゃないでしょう。
・独立は支那の話術でしょう。既にあるアジアの一つの国として、日本は国交回復すれば良いのです。
 「独立派の分子?」独立する必要なんか無いので支那の言い分も空しいです。

>有史以来、台湾をまじめに統治しようとしたのは、日本と、独立後の本省人のみ。ただ食いして、グレードダウンしてしまう連中が「わが固有の領土」なんぞという資格はありません。
・李登輝さんも話されていましたが、中国人が一度でも行った地域は「固有の領土」と解釈するのが中国人の中華思考だそうなので、都合良く蒋介石も中国人なのでそんなこと言うんですね。

2007/06/08(金)08:56| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>♪嫁に行く日が来なけりゃ良いと♪
 本当に思っている男親なんているんですか?
 娘が、ごく小さいウチなら別ですが、
 「何時までもいられたら困る?」
 のではないですか?
・これは、仰るようにごく小さい娘がそのままでいて欲しいというファンタジックな願望かも知れませんね。

>そう思わないのは、子供を食い物にしている親だからと推測します。
・そうですね。中学生の娘のTバック写真集を出そうとした親がいませんでしたか?

>台湾は、一人でもやっていけるのだから何時までも中国に集られている事は、ないんじゃないの?
・まさに、集られていますね。
 早く手を切るというか、タイマンの付き合いになるべきですね。

>と言うよりも中国が、早く一人立ちしたら?
・無理です!ヾ(゚Д゚ )ォィォィ 断定か!
 中華思想の独り立ちは

  我一人 集れる群れの 中に立つ

 見たいなきがします。

2007/06/08(金)09:05| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>SAKAKIさん

コメントありがとうございます。

>李さんは余分なコメントをせずに、騒ぎが大きくならないよう、個人で参拝されました。これが正しい参拝のありかただと思います。感謝いたします。
・本当に感謝したいです。
 というか、参拝ですから、理由が必要な訳も無いですね。
 
>マスコミは静かにしているべきで、中国の反発なんて書く必要はないと思います。
・一部を除いて、必ず書いてますね。
 まあ、支那から指令でも出ているのでしょうか?

>さらには・・日本の政治家が参拝するしないを大騒ぎするマスコミのほうが大問題ですよね。
・これもおかしな物です。
 でも、過去の外国、特にアジアの要人の参拝は黙殺するんですね。

>ましてその参拝を正しいだの誤りだの、偉そうにジャッジする権利が、編集者ごときにあるのでしょうかと思います。
・正しい、誤りだのと言うこと自体が誤りだと言うことも分からない連中でしょうにね。

>サミットでサルコジさんが日本にエールをくれました。それもあまり報道されません。なんとも悲しい限りですよね。
・asahi系のラジオはやっていましたが、エールではなく、サルコジさんが全てブッシュ大統領と根回しをしていて、安倍さんは後からそれに乗った様な怪説でしたよ。

2007/06/08(金)09:15| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>自分で自分の首を絞めているとは、こういう事ではないのか?

その通りだと思います。
バカま話ですね。

それにしても、相変わらずの中国の反応ですが、
そんなことは知ったことではありません。
日本は李登輝前総統の靖国参拝に感謝すべきだと思います。

PS
こちらからのTBも反映しないようです…
私も真似させて頂きます。

http://ameblo.jp/kyouikusituke/entry-10036028785.html

2007/06/08(金)12:01| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

TBありがとうございます。

>その通りだと思います。
>バカま話ですね。
・まあ、馬鹿ですが・・・

>それにしても、相変わらずの中国の反応ですが、
>そんなことは知ったことではありません。
>日本は李登輝前総統の靖国参拝に感謝すべきだと思います。
・李登輝氏は「私的」な参拝です(´∀`*)ウフフ、支那がとやかく言う筋合いではありませんが、おかげで「台湾」は「一つの中国」の内側で独立を企てている地域などでは無いと自ら暴露してくれました。
 日本は、堂々と「台湾」と国交回復をしましょう。
 李登輝氏には、大感謝です。

>こちらからのTBも反映しないようです…
>私も真似させて頂きます。
http://ameblo.jp/kyouikusituke/entry-10036028785.html
・バッチリ、TB掛かってますよ。

2007/06/08(金)13:43| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

覺醒への契機

近代・現代の歴史は殆ど學校では教へられませんから・・・
そのあたりになると授業時間が足りなくなつてゐるのですね。

もしかすると、日清戰爭の勝利以降、大東亞戰爭敗戰に至るまでの50年間、臺灣は日本が統治してゐたことすら知らない人が増えて來たのではないかと恐れてゐます。

ましてや、中華民國がいつの間に無くなつたのか?といふ當然な疑問を持つ人は少なくなつたでせう。

中華人民共和國が何で「遺憾に思ふ」なんてことを云ふのか、それを奇異に感じられる人が増えれば幸ひです。

2007/06/08(金)16:01| URL | 仙丈 #ee9pMIsY [ 編集]

>仙丈さん

コメントありがとうございます。

TBありがとうございます。

>近代・現代の歴史は殆ど學校では教へられませんから・・・
そのあたりになると授業時間が足りなくなつてゐるのですね。
・良く言われますよね。私なんかまず明治から教えて現代まで来たら日本書紀当たりに戻れば等と思います。

>もしかすると、日清戰爭の勝利以降、大東亞戰爭敗戰に至るまでの50年間、臺灣は日本が統治してゐたことすら知らない人が増えて來たのではないかと恐れてゐます。
・現実に増えていると思います。
 統治時代をひたすら悪く言う半島については、要らぬ修飾語付で統治そのものは知らされています。
 悪く言わない台湾は、統治した事実そのものが消されようとしています。統治時代は良かったと言う話は、日教組には都合が悪すぎますからね。

>ましてや、中華民國がいつの間に無くなつたのか?といふ當然な疑問を持つ人は少なくなつたでせう。
・核の力で中共が取って代わった当たりをしっかり教えれば、また違った意識も持てると思うのですが。

>中華人民共和國が何で「遺憾に思ふ」なんてことを云ふのか、それを奇異に感じられる人が増えれば幸ひです。
・そうですね。
 増塵は、実際躊躇していますね。
 どんどん、多くの人に疑問を持って貰いたいです。

2007/06/08(金)17:14| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

TB有り難うございます。

今回の各紙の報道は確かに適当にお茶を濁した感じだけど中共も一応反応した、というくらいに見えます。今騒ぎたくないのでしょうね。

2007/06/09(土)23:37| URL | 練馬のんべ #.GslOXVU [ 編集]

>練馬のんべさん

コメントありがとうございます。

>今回の各紙の報道は確かに適当にお茶を濁した感じだけど中共も一応反応した、というくらいに見えます。今騒ぎたくないのでしょうね。
・一つの中国と一つの台湾が存在することがどんどんばれますからね。
 中国との国交を否定しませんが、だから台湾と国交しないと言うの別問題ですね。

2007/06/10(日)20:47| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://tonogodz.blog70.fc2.com/tb.php/120-85d0f020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

李登輝前総統閣下の靖国参拝、ばんざーい

『李登輝氏が靖国参拝 戦死の実兄しのぶ』(産経) 李登輝前総統閣下、ばんざーい

2007/06/09(土)23:42│家族がいちばん

No.738-9 李登輝先生訪日

先月30日から日本を訪れていた台湾元総統李登輝先生は念願の奥の細道を歩かれ、6日に東京に戻られた。 昨日7日には、東京・ホテルオークラにおいて講演会と歓迎レセプションが開かれ、約1400名が出席。 ...

2007/06/09(土)20:39│千点写行

李登輝氏が帰国の途へ

ランキング(政治)に参加中日本人は誇りを持ち、強くあれ!李氏が今日帰国の途へ芭蕉、家康への思い…李登輝氏、念願の日光訪問  来日中の台湾の李登輝前総統(84)は8日、栃木県日光市の日光東照宮など世界遺産の2社1寺と松尾芭蕉

2007/06/09(土)16:07│博士の独り言

日本は中国の属国ではない!

何言ってるんだか…  中国、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を    ?  CRI onlineより引用>中国外務省の姜ユ報道官は7日北京での定例記者会見で、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を示しました。 >台湾独立を企

2007/06/08(金)11:54│☆独断雑記 XYZ

どこの国の新聞だ!

イチイチうるさいな…  李登輝氏、靖国参拝へ=中国政府の反発必至                      時事ドットコムより引用>来日中の李登輝前台湾総統は7日午前、記者団に対し、靖国神社を参拝すると言明した。李氏を「台湾独立勢力」の代表的人物と

2007/06/08(金)11:53│☆独断雑記 XYZ

李登輝氏、靖国参拝

亡き兄君に62年ぶりに再會できたことを、李登輝氏のために喜びたい。

2007/06/08(金)09:14│仙丈亭日乘

サミット通信

 どこのどいつのガンダムか知りませんが、警官隊とデモ隊が「おしくらまんじゅう」だの「鬼ごっこ」だの「裸まつり」だの・・盛り上がっていますねぇ。あははぁ・・「ドイツ・ハイリゲンダム」の「G8サミット」の話

2007/06/07(木)22:23│湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学)

李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します

<html><font size="5"> 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します</b></font><font size="3">台湾の李登輝前総統が、念願の靖国神社参拝を果たされました。李登輝氏のお兄様が、日本兵としてフィリピンで亡くなられ、靖国に

2007/06/07(木)17:15│屋根の上のミケ

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。