今日から、国旗を掲揚しよう!

 国民の祝日には、国旗を掲揚しよう
 
 今日4月28日は、深手を負いつつも、日本が連合国の占領から主権を回復した、言わば「再独立記念日」である。
 独立国として、主権を回復した日は、やはり祝日だと思う。
 
 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)
 一部改正  平成17年5月20日法律第43号
       平成19年1月1日施行

 
 には、今日の日は指定されていないが、私は、祝日として国旗を揚げることにした。
 
 また、今日以降、先の法律では

 昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
 憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
 みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
 こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

 と、能書きはともかく、祝日が続く。
 
 「春分の日」依頼1ヶ月以上眠っていた国旗を、存分に、はためかせてあげようではないか!
 
 


 「再独立記念日」の今日、少しサンフランシスコ条約の復讐復習をしておくのも良いかも知れない。


 昭和26年9月8日、サンフランシスコ会議(9月4日~8日)の最終日に、日本は、ソ連・支那・インド等を除く旧連合国48ヶ国との間に講和条約を調印した。
 正式には「日本国との平和条約」(対日平和条約)と呼ばれる様だが、調印された場所が米国のサンフランシスコであったために、「サンフランシスコ平和条約」と呼ばれることが多い。
 この条約は、ソ連・支那・インドと言った諸国の反対を無視する形で、米英だけで草案を作成し、会議も討議も一切認めない議事規則で強行されたと言う背景もあるようであるが、調印の翌年、昭和27年4月28日に発効した。
 新制日本は、私と同い年である。
 本条約の最大の特徴は、日本の個別的・集団的自衛権を承認し、日本の再軍備と外国軍隊の駐留継続を許容した点にあると言われる。
 日本の再軍備は「自衛隊」(警察予備隊→保安隊→自衛隊)として、集団的自衛権と外国軍隊駐留継続は、本条約調印同日に調印された「日米安保条約」として具現化している。
 又、沖縄・小笠原諸島におけるアメリカの施政権継続も謳(うた)われており、多分にアメリカの極東戦略が色濃く反映された条約だったのは間違いなかろう。
 しかし、
 兎にも角にも、この条約の調印・発効をもって、日本は主権を回復したのである。
 
---日本国との平和条約---

昭和27年4月28日 条約5号
昭和26年9月8日 サンフランシスコで署名
  11月18日 国会承認、同日内閣批准
  11月19日批准書認証
  11月28日批准書寄託
 (外務省告示10)
昭和27年4月28日午後10時30分 発効
 (内閣告示1


----------------


 しかし、あれだけ「権利」を主張する人達が、「国家」の主権となると急になりを潜め、無頓着になるというのもおかしな話ではあろう。
 
_/_/_/_/_/▼「立ち上がれ!日本」メールマガより引用▼_/_/_/_/_/


 今年も4月28日(独立記念日)がやってきた。日本人の多くは4月28日の重要性を戦後認識してこなかった。この日はいうまでもなく、昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を取り戻した「主権回復の日」に他ならない。別の見方をすれば、終戦記念日は昭和20年8月15日ではなく、7年間の占領状態から開放された昭和27年4月28日が本来の終戦記念日であり、同時に「主権回復の日」なのである。だからこそしっかり記念日(国民の祝日)として銘記しておくべきなのである。しかし、多くの日本人は主権回復という事実の重要性を忘れ、ひいては回復された主権を「固守」しようとする精神さえも失っている。日本外交に自主独立の精神が無いのもそこに原因がある。  
 そのため韓国に竹島を不法占拠され、北朝鮮に日本人が拉致されるという主権侵害が行われても、竹島の奪還、拉致された日本人を救出するという行動に出る勇気(自衛隊の出動等の実力行使)さえないのである。
 また国家の根本精神である憲法(日本国憲法)は、主権が占領軍権力下におかれていた「主権喪失」ともいえる時期に他人である米国に押し付けられ、その後、一度も改正されないまま今年で施行されて60年目を迎える。人間でいえば還暦にあたる。人間の体は時々新陳代謝をしないとバランスを崩すように、憲法も時代が変われば、それに合った内容に改正するべきである。本来であれば、主権回復後、直ちに憲法改正(自主憲法制定)を行うべきであった。
 しかし安倍政権の誕生により、少しずつ「戦後の呪縛」から開放されつつあるのではないだろうか。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 「権利」「主権」と言う物を、この機会にもう一度考えてみるのも、黄金週間の過ごし方の一つかもしれない。

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(16) | トラックバック(0)2007/04/28(土)15:58

コメント

7/20が、祭日でなくなっても国旗は、掲げますか?

 自分の都合で勝手に休む人だから祭日も勝手に変えるのでしょうね?
 それぞれに意味がある事が分かっている?
 我が家では3/31に国旗を掲げます!

2007/04/28(土)17:07| URL | 鵺娘 #/9u.keZw [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/28(土)19:42| | # [ 編集]

主権

>しかし、あれだけ「権利」を主張する人達が、「国家」の主権となると急になりを潜め、無頓着になるというのもおかしな話ではあろう。

日狂礎の主張からすれば、それって当然でしょうねぇ。何しろ、何かに付けて「国家の強制、反対」ですからねぇ。彼らにしてみれば、国家主権という概念は、ただひたすらに国家が民衆を抑圧すると言う風に考えているのでしょう。


2007/04/28(土)21:45| URL | DUCE #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/04/28(土)22:39| | # [ 編集]

国旗掲揚

昨日今日(昭和の日)とさわやかな青空の下に国旗掲揚できてうれしく思います。国旗は見れば見るほどいいものだなあと思います。
逆にあまり見なくて、悪いもの嫌なものと教えられればそう見えるのもまたしかりです。国旗の成り立ちや歴史を勉強することが大切ですね。そして国旗を掲揚しましょう。いつも目に触れるところに掲げましょう。「しんそこ」好きになりますよ。

2007/04/29(日)08:26| URL | さくらこ #- [ 編集]

近年、おいら家も国旗掲揚しなくなってました。
親父の代から使っていた日の丸が、だいぶ痛んで買い換えなくてはと思いながら、ついつい先延ばしと言うか、買い忘れて今日に至りました^^;;
早速、新しい国旗を新調しますわ。

2007/04/29(日)18:49| URL | ばんばん #- [ 編集]

町内に日の丸発見!

 昨日、子供と一緒に近所を散歩していて、古びた日の丸を掲揚している家を見つけました。
 我が家でも掲げていますが、町内にもう一軒旗日に国旗を掲げている家があることが解り嬉しかったです。

2007/04/30(月)13:04| URL | 山本大成 #E6psF8zg [ 編集]

>鵺娘さん

コメントありがとうございます。

>7/20が、祭日でなくなっても国旗は、掲げますか?
・最近、この辺を考える様になりました。
 少なくとも7/20は、国旗を揚げようと思います。

>自分の都合で勝手に休む人だから祭日も勝手に変えるのでしょうね?
・彼らには、休むための祝日でしかないようですね。

>それぞれに意味がある事が分かっている?
・分かっていれば変えないでしょうね。

>我が家では3/31に国旗を掲げます!
・むむっ! N姫の生誕祭以外に、、、、思いつきません。

2007/04/30(月)20:54| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>DUCEさん

コメントありがとうございます。

>日狂礎の主張からすれば、それって当然でしょうねぇ。何しろ、何かに付けて「国家の強制、反対」ですからねぇ。彼らにしてみれば、国家主権という概念は、ただひたすらに国家が民衆を抑圧すると言う風に考えているのでしょう。
・教室では、五月蠅い親のいる生徒に媚び、そうで無い生徒を弾圧弾圧して快楽に酔っているんでしょうね。

2007/04/30(月)21:08| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>さくらこさん

コメントありがとうございます。

>昨日今日(昭和の日)とさわやかな青空の下に国旗掲揚できてうれしく思います。国旗は見れば見るほどいいものだなあと思います。
・最近つくづく感じます。

>逆にあまり見なくて、悪いもの嫌なものと教えられればそう見えるのもまたしかりです。国旗の成り立ちや歴史を勉強することが大切ですね。
・教えないのが不思議です。
 また、国旗への敬意が示せない人達が、外国の国旗にも敬意を示さない行動をして、これはもう国歌の恥です。

>そして国旗を掲揚しましょう。いつも目に触れるところに掲げましょう。「しんそこ」好きになりますよ。
・私の場合、日の丸オタクに近いかも(´∀`*)ウフフ

2007/04/30(月)21:12| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>ばんばんさん

コメントありがとうございます。

>近年、おいら家も国旗掲揚しなくなってました。
親父の代から使っていた日の丸が、だいぶ痛んで買い換えなくてはと思いながら、ついつい先延ばしと言うか、買い忘れて今日に至りました^^;
早速、新しい国旗を新調しますわ。
・是非そうして下さい。
 5月3~5日、3連チャンで国旗を揚げる機会はそうないですから、良い機会ですね。

2007/04/30(月)21:15| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>山本大成さん

コメントありがとうございます。

>町内に日の丸発見!
>昨日、子供と一緒に近所を散歩していて、古びた日の丸を掲揚している家を見つけました。
・おおっ。素晴らしい!
 最近、企業、商店でも見かけるようになり、嬉しく感じています。
 博多の老舗の御菓子屋さんが、チェーン店すべで、入り口に日章旗を揚げていて感激しました。

>我が家でも掲げていますが、町内にもう一軒旗日に国旗を掲げている家があることが解り嬉しかったです。
・私も、学校でも、家でも発見すると嬉しい気持ちになります。
 今度、デジカメを買い換えたので、国旗写真集でもやってみようかな?

2007/04/30(月)21:21| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

TB有り難うございます。

私も一昨日は気持ちよく国旗を掲揚しました。明後日は「国民が祝う」日ではないので、半旗でも掲揚したいけど、さすがに怪しまれそうです…

2007/05/01(火)19:16| URL | 練馬のんべ #.GslOXVU [ 編集]

>練馬のんべさん

コメントありがとうございます。

>私も一昨日は気持ちよく国旗を掲揚しました。明後日は「国民が祝う」日ではないので、半旗でも掲揚したいけど、さすがに怪しまれそうです…
・5月3日は私も迷います。
 4月28日を独立記念日として国旗を揚げる私としては、独立国として必要な憲法「大日本帝国憲法 改訂版」が施行された日はやはり憲法記念日ですので、国旗を揚げます。悪法も法なり!
 私達は、憲法を改正する権利も、また現行憲法によって保障されていますから、現憲法は、早く改正すべきです。
 今度は、気持ちよく国旗が掲揚できる憲法に改訂し、11月3日公布、5月3日施行してもらいたいと思っています。

2007/05/02(水)08:41| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

>しかし、あれだけ「権利」を主張する人達が、「国家」の主権となると急になりを潜め、無頓着になるというのもおかしな話ではあろう。

そういった方々の主張の多くは、
『自分にとって都合が良い』に限定ですか?
主張できるのも『国家』があってこそでしょうに…


それから、国旗を掲げる風習、
復活したいですね。
わずか30年前に出来ていたのですから!

PS
メールは届いたでしょうか?

2007/05/02(水)11:54| URL | 刀舟 #cMnBD31A [ 編集]

>刀舟さん

コメントありがとうございます。

>主張できるのも『国家』があってこそでしょうに…
・正に、これが抜けているのですよ。
 どこに生息しているのだと言いたいですね。

>それから、国旗を掲げる風習、
>復活したいですね。
>わずか30年前に出来ていたのですから!
・我が家は復活して(始めた?)おります。
 今までの分取り返そうと、車にも・・・・・

>メールは届いたでしょうか?
・届いています。
 連絡せずに申し訳ないです。
 返事は、、、その内に届くと思います(*´д`*)アハァ

2007/05/02(水)15:20| URL | tono #vFsRzAws [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。