スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

我が家の国旗掲揚柱

 写真は、集合住宅の我が家の国旗掲揚柱です。
  国旗掲揚柱

 集合住宅なので、表に穴あけや壁にアンカー打ちは出来ません。
 で、ホームセンターで2x4の木材を購入してカットして貰って防腐剤を塗ってみました。
 幸いささやかな鉄製格子の門扉があるのでこれを利用します。
 床に立てる形なので、重さを支える必要はありません。
 倒れ防止だけ考えればよいので、門扉に傷をつけないように裏側から同じ木材でサンドイッチにしてみました。
 ベルトの様なもので括っても十分です。
 ベルトの色や幅、位置を工夫すればデザイン的にも面白いかもしれません。
 軒先があれば木材の長いものを使えば固定方法もまたいろいろ思いつくのではないでしょうか?
 「国旗を掲揚したいけど」と思いながら掲揚されていない方。
 もしかして、無意識の内に「国旗を掲揚出来ない理由」を作ったり探したりしていませんか?
 「正しい国旗の揚げ方」とか「旗の大きさ」とかに拘って、こんな風に掲揚したら「あーだこうだ」言われるのではないかと思っていませんか?
 軍隊や官公庁は、TPOに応じて細かく掲揚方法が定められていますが、家庭の国旗掲揚はあまり難しく考えないで良いと思います。
 祝祭日には、一国民として自分の住んでいる場所に国旗を掲揚すると言う、世界標準の本能的な行為です。
 素朴に、「気持ちを込めて」掲揚する事が一番だと思いますよ。



目覚めよ日本人!と思う方→  



スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/08/31(土)08:40

水五訓

先日の勉強会、講師は博多では有名な銘菓会社「如水庵」の社長さん。
演題は、今度あの狗HKの大河ドラマになる黒田如水こと黒田官兵衛。
「如水庵」の名前は、もちろん黒田如水から・・・

その如水の水五訓がこれです。

一、自ら活動して他を動かしむるは水なり
一、障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり
一、常に己の進路を求めて止まざるは水なり
一、自ら潔うして他の汚れを洗い清濁併せ容るるは水なり
一、洋々として大洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり
  雪と変じ霰と化し疑っては玲瓏たる鏡となりたえるも其性を
  失わざるは水なり


そういえば、明治大帝の御製にも水がありました。

  器にはしたがひながらいはがねもとほすは水のちからなりけれ

私の好きな御製の一つです。
先人達は、自然の力を良く知り、自然から学び、自然を崇めていたのだなぁって思います。
だから、八百万の神が坐。

そして、如水の辞世は

  おもひおく言の葉なくてつひに行く道はまよはじなるにまかせて

このような心境で逝けるとは凄い事だと思います。
私も、こうありたいものですが、なかなか出来そうもありません。
なんせ、邪念や煩悩の固まりですからね。



目覚めよ日本人!と思う方→  




一息・日本の力 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/08/28(水)14:20

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。