スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

■水になりたい

  (水)
   器にはしたがひながらいはがねもとほすは水のちからなりけれ


 この歌は、以前にも引用した明治大帝の御製です。
 解釈はいろいろあろうと思いますが、おおよそ以下の様な意で大異は無いと考えています。

・水はそれを容れる器物の形に従って、どんな歪な形にもなるもので、極めて無意思、従順、軟弱な物に見えますが、一面には、岩の根をも掘り砕く偉大な力があるものです。

 私は最近この歌に嵌っています。
 昨年は、おそらくこの歌を読まれた明治大帝でさえ想像し得なかった「水」の力の強大さを目の当たりにしました。
 しかし、この歌は、日本人の性質を歌っているように思います。
 
 耐えて、耐えて、耐えて、、、、、しかし、、こと国體の危機に直面すれば、如何なる大敵であろうと国體を守らんが為に戦う。
 その力は侮れる物ではないと言う事ではないでしょうか?

 日本人のDNAには「大和魂(ごころ)」が潜伏していると思います。
 その大和魂には、世界一優れていると言われる「中庸」と言うバランス感覚が備わっています。
 ここで日本人と言うのは、何度も言って来ました様に「日本国籍を有する」と言う意味ではありません。
 そのDNAに「大和魂(ごころ)」が潜伏している人の事です。
 「大和魂(ごころ)」には、国體の危機に対し、同じ「大和魂」を持つもの同志は強く結合する特質も持ち合わせていると思います。
 これが「公」であり「忠」と呼ばれるものではないでしょうか?
 そして、「大和魂(ごころ)」は「大和魂(だましい)」に変わるのではないでしょうか。
 
 元寇、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争・・・・
 歴史はそれを幾度も証明しているように思います。
 
 現在の日本は、日本人は、もう十分に器には従って来たのではないでしょうか?
 いい加減、はがねを通す水となるべき時に来たのではないでしょうか?
 水の一滴は大した力にはなりませんが、これが大量に結合した時には強大な力となるはずです。
 私は、同じ志をもつ方々と共に「いはがねもとほす」水の一滴になりたいと思います。

 (トノゴジラ)


目覚めよ日本人!と思う方→  


スポンサーサイト


一息・日本の力 | コメント(0) | トラックバック(0)2012/05/31(木)09:23

■父の記憶


見送るも行くも別れを知りながら微笑むこころ誰か知るらむ


父の記憶と言っても、他界した父を思い出す話ではありません。
大正15年生まれで、今なお健在の父が、私のやっている活動などを少しづ知って、やっと最近ぽつぽつと話す戦争中の記憶の事です。
父は、高等小学校を出て、勉強して海軍通信学校に入団しました。
当時、海軍は「入団」、陸軍は「入営」と言ったそうです。

「あん時は、俺も一生懸命勉強したなぁ!」

と自慢しておりましたが(笑)、志願して海軍を目指す憂国の士!と思い、志願の理由を問うて見ました。

「そりゃぁ、お前、海軍の制服がかっこ良かったけん・・」(爆)

全く想定外の回答に、ソファから滑り落ちましたよ。
しかし、考えてみれば当時は軍の存在は当然であり、軍人は尊敬される時代です。
貧乏な家で育ち、当時それなりの給料と安定感のある海軍は、就職先としても憧れの的だった様です。

そして、父は海軍鹿屋航空基地で終戦を迎えました。
鹿屋は、あの有名な知覧よりも多くの特攻機が飛び立った基地です。
基本的には、知覧は陸軍、鹿屋は海軍の特攻基地と言う事のようです。
一度思い切って聞いた事があります。

「特攻隊って・・・どんなだった?」

父は、一瞬の間の後話してくれました。

「自分は穴倉の中が仕事場だから、いつも見送った訳じゃないが、あいつら出撃の前の晩は大騒ぎしよったなぁ。」

「で、出撃する時は、飛行機に源頼朝だかなんだかの弁天様の幟を立ててな、笑って行きよった。」

この、幟は、恐らく源頼朝や北条政子が戦いの前に戦勝祈願をしたと言う「旗上拚戝天」と描かれたものでは無いかと思われます。
 旗上弁財天の幟

父が私に嘘を言ってもしょうがないので、この辺りの事は事実だと思います。

「笑って行きよった・・・・」

事実であろうだけに、胸が詰まります。

最近、私の車に乗って買物に行きました。
「海の進軍」と言う軍歌がかかっていましたが、父はなつかしい!と言うと思いきや、

「この歌はなんという歌だ?聞いた事が無い!」

と言いました。
考えてみれば、当時の軍歌は、ある意味「銃後」の方が沢山聞いていたのかも知れません。
兵隊は、各々の基地や部隊、船等の中で歌い継がれた歌は知っていても、その他の軍歌を知る術が無かったのでしょう。

「愛国行進曲は無いのか?」

と言うのでかけると、口ずさんでいました。

「海ゆかばは?」

と言うので、これもかけましたが、
今度は口ずさむ事は無く、

「これを聞くと涙が出る・・」

と言ったきり黙ってしまいました。

父の様に、軍隊に居ながら、戦争で死なずに済んだ人間は、靖國神社や護国神社に祀られる英霊と違って、
「生き残ってしまった者」にしか解らない「何か!」を背負っているように思います。
だから「俺達が代わって日本を再興する」と言う思いがあったように思います。
それが、あの高度経済成長時代を呼んだのではないかとも思います。

情報の溢れる現代では、ややもすると「生き残ってしまった者」は悪者にされる様に感じる言動が目見に付きます。
そんな人達は「生き残ってしまった者」が、靖國神社に参拝するまでには、時間と勇気を必要とした事を知ってもらいたいと思います。
何と言っても、英霊の御霊の重さを、一番良く解っているのは「生き残ってしまった者」なのですから。

今年も、靖國神社、護国神社の「みたままつり」には献灯をしようと思っています。



目覚めよ日本人!と思う方→  




靖国・近代の戦い | コメント(6) | トラックバック(1)2012/05/25(金)14:16

今週末からのイベントのお知らせ

 今週末以降のイベント案内です。
 最近は、リアルの活動が増え、このブログもイベントの案内ばかりの様相ですが、私のブログの目的である「目覚めよ日本!目を覚ませ日本人!」と言う主旨から、是非、折角の機会ですから、皆さんにも参加して頂きたく、案内を優先しております。
 私の放言・暴言は、事あるごとに今までどおり書いて参りますので、今後ともよろしくお願いします。

 5月27日(土)には、ひげの隊長こと佐藤正久参議院議員の講演があります。専門知識を踏まえた尖閣問題を語っていただけると思います。
 5月31日(木)には、平日ですが、あの東條英機元首相の直系のひ孫にあたる東條英利氏が『日本人の証明』と題して緊急出版され、記念全国キャラバン講演会が筥崎宮で開催されます。
 6月10日(日)には、北九州で田母神元幕僚長の講演会もあります。
 
 支那が益々露骨な動きを見せる中、国防の知識や日本人の心構えなど掴んでいただければ幸いです。

>>続きを読む


お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)2012/05/24(木)08:47

■祝 沖縄県祖国復帰40周年

  「県民ハ斯ク戦ヘリ」と中将が伝ふる史実いと重からむ


 去る5月12日~15日に沖縄に行ってまいりました。
 前半は、日本会議の方々と、12日に宜野湾市民会館で開催された「沖縄県祖国復帰40周年祈念大会」、及び13日に平和祈念堂で行われた沖縄戦戦没者慰霊祭に参加し、後半は15日に沖縄県庁前県民広場で行われた「SNS-FreeJapan 沖縄県祖国復帰祝賀記念立会演説会」に参加しました。
 (写真はクリックすると大きい画像で見る事が出来ます
 
 5月12日(土)
 朝、福岡空港に日本会議の面々が集合し、結団式を経て沖縄に向かいます。
 私は、結団式の後、何故か皆さんを見送り、一つ後の便で沖縄に飛びます。
 一人だけ現地で延泊して上記の立会演説会に参加し15日に帰る為に、行きも飛行機の便が別になったためです。
 皆さんは団体なのでぎゅうぎゅう詰めだったようですが、私は結構まばらな客で、ゆったりと行く事が出来ました。
 みなさん、ごめんなさい!
 空港に着くと、早速バスで宜野湾市民会館に向かいます。
 昼食はバスの中で、お弁当です。
 DSCN2275s.jpg DSCN2279s.jpg

 途中の車中から停泊中の豪華客船ふじ丸を目にしました。
 DSCN2283s.jpg
 http://bit.ly/K63icQ 
 
 白い船体は、沖縄の海に似合います。
 やがて、宜野湾市民会館に到着し「沖縄県祖国復帰40周年祈念大会」が始まります。
 最初に幼稚園児が宮沢賢治の「雨にも負けず、風にも負けず・・・」をみごと最後まで元気よく素読してくれました。
 明日の沖縄を背負うであろう子供達です。
 DSCN2290s.jpg DSCN2298s.jpg

 そして、挨拶等の後、ペマ・ギャルポ氏の提言に続き、俳優津川雅彦氏の講演が始まります。
 津川氏のブログ等を知っている方等は、面白おかしい民主党叩き等を期待したかもしれませんが、津川氏は大人です。
 縄文式土器の出土等を語りながら、千島から沖縄南西諸島までは古来の日本であると言っていました。
 唱歌「蛍の光」の4番に歌われているとおりですね。
 ♪
  千島の奥も 沖縄も
  八洲のうちの まもりなり
  いたらん国に いさおしく
  つとめよわがせ つつがなく
 ♪
 
 5月13日(日)
 朝食を済ませ、一路平和祈念公園に向けてバスで移動します。
 こ一時間で公園の駐車場に到着し、歩いて平和祈念堂に向かいます。
 中には高さが約12メートルの平和祈念像が鎮座しておりました。
 http://bit.ly/JhqeYs

 この記念像の前で、沖縄県神社庁青年部の神官によって、慰霊祭が催行されます。
 舞は「みたま慰めの舞(一人舞)」が奉納されました。
 DSCN2325s.jpg DSCN2334s.jpg

 慰霊祭の後、各地から集まった面々は、それぞれの県の慰霊塔に向かい、各々慰霊行事を行います。
 慰霊塔を背にして見ると、正面に摩文仁の丘が見えます。
 モニュメントの手前で曲がり、各県の慰霊塔がある「霊域」に向かいます。
 DSCN2348s.jpg DSCN2353s.jpg
 
 まず目に入るのは「島守の塔」・・・・
 これは戦死された島田沖縄県知事や県職員の方々の慰霊塔です。
 DSCN2355s.jpg

 さらに奥へと進み、福岡県出身の戦没者を祀る福岡の塔の前で、国歌斉唱、献花、焼香等の次第による慰霊祭を行いました。
 福岡県出身、沖縄戦戦没者4,015柱の御霊に感謝の誠を捧げて参りました。
 同じバスで同行した、山口県等他県の慰霊祭にも参列させて頂きました。
 DSCN2363s.jpg DSCN2367s.jpg 
 DSCN2365s.jpg DSCN2366s.jpg

 その後バスに戻りますが、予定には無かった「ひめゆりの塔」による事になります。
 「沖縄陸軍病院第三外科壕跡」・・
 ここに「ひめゆりの塔」はあります。
 DSCN2377s.jpg DSCN2379s.jpg

 当時14歳から17歳の女子軍属のご英霊が此処に眠っています。
 ここでも女性参加者の進行によって、国歌斉唱、献花等の次第による慰霊祭を行いました。
 別便で動いていた、大阪方面からの参加者達と偶然遭遇し、一緒に君が代を歌いました。
 
 バスに戻り、沖縄県庁前へ向かいます。
 途中の港に、支那と戦う第11管区海上保安本部の巡視船が停泊していました。
 偶然ですが、手前に見える「くにがみ」「もとぶ」の2隻は、本年4月27日に竣工して、今月初めに配属されたばかりの最新鋭巡視船でした。
 DSCN2409s.jpg
 http://bit.ly/Lba2Wz
 
 バスは、県庁前の県議会議会棟前に到着し、ここで日本会議のツアーは一旦解散となり、皆さんは夕方空港に集合となります。
 お疲れ様でした。
 DSCN2413s.jpg
 
 私はと言いますと、皆さんと別れた後、後半部の「SNS-FreeJapan(FJ)」の催しに参加します。
 FJ代表である行橋市議と合流する為に、県庁前から沖縄唯一のバス以外の公共交通機関「ゆいれーる」に乗って空港に向かいます。
 空港で、その他のメンバーとも合流し何故か、ポスティングに参加します。
 内容は、此処で書くと長くなるので省略します。
 途中普天間高校横を通った後に「日章旗」と「星条旗」が並んで掲揚されていましたので、おそらくここが「普天間基地」ではないかと思います。
 DSCN2422s.jpg DSCN2423s.jpg

 夜は、翌日の打合せを兼ねた食事会を行いましたが、ステーキが大きくて厚くて安いのが印象的でした。
 
 5月14日
 昨夜の打ち合わせどおり、メンバーは各々行動し、昼食の為に某スーパーマーケットの駐車場に集合します。
 私とFJ代表は、朝から空港に、自民党の前衆議院議員赤池誠章氏を迎えに行きます。
 集合まで時間がありましたので、赤池氏を地元山梨県の慰霊塔にお連れしました。
 山梨県の慰霊塔「甲斐の塔」は平和祈念公園内の摩文仁の丘からは少し離れたところにあります。
 DSCN2438s.jpg

 此処には他に高知県の慰霊塔「土佐の塔」が隣にあります。
 何故、摩文仁の「霊域」ではないのかは解りませんが、塔から見下ろす海岸をみると、きっと山梨や高知の部隊は此処で戦ったのではないか?と感じました。
 DSCN2464s.jpg DSCN2460s.jpg

 その後、殆ど時間がなくなりましたが、平和祈念公園にある、あの悪名高き「平和祈念資料館」にも寄ってみました。
 何とも立派な建物です。
 多くの公費が投入されているはずですが、入り口を入ってすぐ、いきなり「侵略戦争・・・」等の頭がくらくらするような展示文が並んでいます。
 海に向けた廊下と言うかロビーから摩文仁の丘の断崖が見えます。
 胸が詰まります。
 あの場所で、沖縄県民の方々は、沖縄方面本拠地隊司令官大田実中将が「沖縄県民斯ク戦ヘリ県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と遺されたように、軍と共に戦ったのです。
 自らの島を、家族を、祖国日本を護る為に戦ったのです。
 しかし、この資料館は、その先人達の崇高な思いを踏みにじり、侵略者の片棒を担いだ極悪人、ただただ哀れな被害者としているのです。
 DSCN2476s.jpg DSCN2483s.jpg

 この話は長くなりますので、此処ではこれくらいにしておきます。
 やや時間に遅れてしまいましたが、ほぼ全参加者が揃っての昼食をとりました。
 赤池氏、村田春樹氏も一緒に食事をしました。
 DSCN2486s.jpg

 その後、道の駅かでなへ向かいます。
 ここの4階展望所からは、嘉手納基地が一望できます。
 DSCN2487s.jpg DSCN2505_7s.jpg

 たまたま戦闘機が2機離陸するところでした。
 DSCN2498s.jpg DSCN2501s.jpg

 道の駅を出発し、沖縄県護国神社に向かいます。
 DSCN2518s.jpg DSCN2519s.jpg

 此処で揃って昇殿参拝を行いました。
 DSCN2527s.jpg DSCN2534s.jpg
 
 境内には、今上陛下の御製(流歌)と皇后陛下の御歌の碑が鎮座しています。
 また、傷痍軍人夫婦像と言うのもありました。
 DSCN2530s.jpg DSCN2536s.jpg

 この沖縄県護国神社、初詣には26万人の参拝があるそうです。
 これがどういう数字かと言うと、沖縄県の総人口は140万人、福岡市の人口147万人に匹敵する人口です。
 因みに、あの靖国神社の初詣は27万人だそうです。
 その後遅れてきた三橋貴明氏や現地の有志らも加わっての懇親会に参加しました。
 沖縄の人も博多と同じく、結構のんびりで「沖縄時間」があるようです。
 懇親会会場の壁にもこんな川柳が貼ってありました。
 
  飲み会で定時に来てるの俺のみかい!
  DSCN2549s.jpg
 
 終了後店の横の駐車場で「聖寿萬歳」を行って解散となりました。
 翌日(既に当日ですが)はいよいよ演説会です。
 
 5月15日
 私の宿泊したホテルは「牧志」と言う「ゆいれーる」の駅の側です。
 駅前には、沖縄名産壺屋焼の巨大シーサー「さいおん❤うふシーサ」がありました。
 DSCN2561s.jpg

 有名な国際通りなので、ここから、県庁まで歩いていく事にしました。
 私が目に付いたのは、1分でプリントしてくれるTシャツ屋さんが幾つもあったことです。
 現地で撮った写真を、そのままTシャツにプリントする事も可能だそうです。
 国際通りを抜けると県庁が見えてきます。
 DSCN2563s.jpg DSCN2568s.jpg
 
 暑かったので県庁内のロビーで涼み、ついでに食堂で昼食を済ませました。
 DSCN2572s.jpg DSCN2575s.jpg

 いよいよスタッフが、演説会の準備を始めました。
 そして、開始・・・
 DSCN2577s.jpg DSCN2583s.jpg

 私は、先陣FJ代表の次、二番手で喋りました。
 ・沖縄の祖国復帰を祝う時は、40年前ではなく、少なくとも67年前まで顧なければいけない!
 ・沖縄戦で戦い、散った先人への感謝なくして復帰祝賀を語ってはいけない!
 ・米占領下、沖縄民政府、臨時北部南西諸島政庁、八重山民政府、宮古民政府の4つに分かれていた各民政府の教育基本法が、本土との通信を絶たれていたにも拘らず、全て本土の教育基本法の精神をそのまま踏まえたものになっていた事実は、先人の祖国復帰の強い思いが溢れている!
 そんな事を話させて頂きました。
 その後、沖縄祖国復帰運動を行ってこられた当事者の仲村としこさんや、赤池誠章氏、村田春樹氏等等、色々な方々が登壇されました。
 また、この演説会に際し、著名な議員さん等からも多くの祝辞が届いており、披露されました。
 祝辞を頂いた方々は、以下の通りです(順不同・敬称略)。

 平沼赳夫(衆議院議員)
 下村博文(衆議院議員)
 新藤義孝(衆議院議員)
 木原稔(前衆議院議員)
 三橋貴明(作家・経済評論家)
 さかき漣(作家)
 城内実(衆議院議員)
 衛藤晟一(参議院議員)
 野村哲郎(参議院議員)
 藤井聡(京都大学大学院教授)
 福岡資麿(参議院議員)
 佐藤正久(参議院議員)
 宇都隆史(参議院議員)
 吉田康一郎(東京都議会議員)
 島尻あい子(参議院議員)
 小池百合子(衆議院議員)
 高市早苗(衆議院議員)
 山谷えり子(参議院議員)
 稲田朋美(衆議院議員)
 佐藤ゆかり(参議院議員)

 ありがとうございました。
 
 演説会が続く中、私は飛行機の時間もあり、先に失礼して会場を後にしました。
 またしても「ゆいれーる」に乗って空港に向かいます。
 「ゆいれーる」は航空自衛隊那覇基地の側を通って那覇空港に到着します。
 DSCN2600s.jpg

 空港に着いたとき、怪しげな雲が見られましたが、この雲のおかげで着陸が遅れた便が出たようです。
 バスで搭乗機に向かう途中で懐かしい、旧塗装の全日空機を見かけましたが、何で此処にいるのかは不明です。
 DSCN2605s.jpg DSCN2609s.jpg

 こんな感じで私の沖縄は終わりました。
 沖縄戦を考えずに、沖縄をどうこう言ってはいけないのではないか?
 基地問題は、現地の感覚は本土で感じているのとは、微妙以上に違う空気がある?
 基地に反対している「平和団体」等が九条に固執しなければ「米軍」の基地の相当部分は「日本国軍」の基地ではなかったのか? いろいろな事が脳内を巡りました。
 しかし、やはり沖縄を語るには、沖縄に行かないと真相がわからないと感じた4日間でした。
 
 毎度ながら、ダラダラ文に最後までお付き合い頂いた読者の皆様には、心より感謝申し上げます。
 (トノゴジラ)
 


目覚めよ日本人!と思う方→  





>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(2) | トラックバック(0)2012/05/21(月)16:52

連休中と以降のイベント案内

 最近は、リアルの活動が増え、このブログもイベントの案内ばかりの様相ですが、私のブログの目的である「目覚めよ日本!目を覚ませ日本人!」と言う主旨から、是非、折角の機会ですから、皆さんにも参加して頂きたく、案内を優先しております。
 私の放言・暴言は、事あるごとに今までどおり書いて参りますので、今後ともよろしくお願いします。

 福岡市では、5月5日こどもの日にデモもあります。
 どんたくの余韻で、鯉幟でも持って参加しましませんか?
 5月12日には沖縄、宜野湾市で祖国復帰40周年記念大会が開催され、俳優の津川雅彦氏が講演されます。
 沖縄に行かれる方は寄ってみてはいかがでしょうか?
 詳細は、以下のイベント紹介文やチラシを御覧下さい。


>>続きを読む


お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)2012/05/01(火)10:51

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。