スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

■平成23年度富士総合火力演習を見学して

 ふとインターネットの自衛隊のサイトを見ているとき、「申し込み受付中」の文字が目に入ったのがきっかけでした。
 「平成23年度富士総合火力演習」・・・
 富士総合火力演習(以下総火演と呼びます。)は、陸上自衛隊が年1回行う、総合火力の演習を自衛隊幹部や政府要人、そして一般民間人にも披露する催しです。
 催しが行われている事は知っていましたが、場所も遠いし、私には現実的なものではありませんでした。
 しかも、この催しに参加(見学)するには申し込みをして抽選に当たらなければなりません。
 自衛隊のパンフレットによれば、インターネットで8.8倍、はがきで10.9倍の競争率だそうです。
 他のブログ等の情報では、駐車場券の付く方は60倍とも言われて居るようです。
 しかし、発作的に申し込みをして、申し込みをしたことさえ忘れていましたが、何故か当選はがきが届きました。
 こうなれば「行かいでか!」とばかり金策をして、参加する事にしました。

 この記事では、個々の装備品等の詳しい説明は省き(と言うかよく知りません)、現地に行かなければ体験できないであろう事を中心に書く事にします。
 ピンボケが多い写真ですが、雰囲気を少しでも感じて頂ければ幸いです。

 8月28日 午前5時に、前泊していた沼津のホテルにて起床。
 5時50分に御殿場線御殿場方面行きのホームで、東京から来て沼津駅周辺に宿泊している筈の相方とホームで合流予定なので、5時40分にホームに行ってみました。
 6時1分発の始発電車は既にホームに居て、なんと座席は埋まっていました。・・・
 ともあれ、相方とも無事合流して電車に乗り、御殿場駅が近付いた時の車窓からの風景が下の写真です。
 画像 012

 間も無く、御殿場駅に到着です。
 御殿場駅で降りると、演習場行きのシャトルバス待ちの列が出来ています。
 何とか2台目に乗れて発車です。(車内の時計は6時52分と表示しています)
 画像 015

 30分ほどで、会場に到着です。
 会場に到着すると、隊員さんが沢山案内に立っています。
 はがきを見せて、見学席入り口に並びましたが、そこではスタンドには座れないと聞いて、一度、出店の並ぶスタンドの裏側にでて、私達が座れるEスタンドの入り口に並び換えます。
 画像 019

 パンフレット(防衛ホームの号外)を貰って入り口を入ると、スタンド席とシート席があります。
 座席や会場の図も、その中にあります。
 富士総火演1 富士総火演2

 富士総火演3

 私達はスタンド席に向かいましたが、シート席の一番前列は、とにかく近くで見たい人達で既にいっぱいです。
 私達の座ったEスタンド席は、会場に向かって右の端の方ですが、Aスタンド側を見ると、いったいどれだけの人が来るんだろうと思ってしまいます。
 画像 020 画像 031
  
 ひたすらスタンドで開始を待ちますが、会場では大きなモニターがあったり、戦車や装甲車が移動したり、路面整備が行われたりと、結構暇つぶしが出来ます。
 画像 022 画像 041

 画像 047 画像 051
 
 そんなこんなでスタンドに座っていると、あのイラクのサモーアに派遣された陸上自衛隊の「ヒゲの隊長」、佐藤正久参議院議員がスタンド下の通路を通りました。
 目ざとく「隊長」を見つけたファン?が写真をねだりますが、「隊長」は快く引き受けていました。
 その様子を見ていたほかの観客が、我も我もと集まり、臨時撮影握手会が始まってしまいました。
 画像 054

 開始時刻が近付くと、陸上幕僚長、東郷幕僚長、防衛大学校長、防衛大臣等が、次々と入場してきます。
 写真は防衛大臣到着時のものです。
 画像 063

 私個人としては、この場に、支那に尻尾を振って首相の靖國神社参拝を非難した五百旗頭防衛大学校長や腰抜け防衛大臣(大臣に関しては自民党も同じ)が参列する事だけが、残念でなりません。
 演習中、遂に霊峰富士が姿を見せなかったのもきっとその勢です。(八つ当たりですか)

 いよいよ、演習開始です。
 ひたすら、写真だけ見てください。
 思い出したら、少し解説を書いておきます。
 ピンボケのF2戦闘機と、着弾模擬爆発の写真です。
 画像 067 画像 068

 下の写真は、連続して撃った弾を、時間差をつけて空中で爆発させる事で、弾道を見せた時のものと、同時に多くの砲から弾を撃ち、同時に爆発させて、富士山の形を描くと言う高度な技術が披露されたものです。
 画像 076 画像 079

 ヘリが着陸できない場所での、ロープをつたっての降下です。
 画像 093 画像 094

 ロケット弾の発射です。
 こういう写真は、素人には難しく、偶然発射されたロケット弾のお尻が僅かに写っています。
 画像 102

 装甲車等に緑や赤の旗が揚がっているのがお解かり頂けると思いますが、敵味方を示すものではなく、赤旗が次に射撃を行うと言う印です。
 また実際の射撃が、観客席からかなり近い場所でも行われる事がお解かり頂けると思います。
 画像 116 画像 117

 迷彩服と言うだけあって、隊員の姿を探すのは一苦労です。
 画像 083 画像 119

 2台同時射撃が綺麗に写っています。まぐれ写真です。
 画像 128

 これは、戦闘へりがホバリング(空中停止)状態で、機体下部の機関銃を撃っている所です。よく見ると薬莢がバラバラ落ちているのが分かります。
 画像 142

 偵察から攻撃展開への流れ演習の中のひとコマです。ヘリから偵察用オートバイを降ろしています。
 画像 166 画像 168

 攻撃要員がヘリから降りようとしていますが、ヘリはかなりお互いが接近しています。
 画像 173
 
 続いて、軽装甲車がヘリに吊られてやってきます。
 画像 179 画像 181

 さらに、兵員輸送車ごと兵員を積んだヘリが着陸し、お尻から兵員の乗った輸送車が出てきます。
 画像 188 画像 190

 画像 192 画像 193

 敵の反撃から、味方の兵を援護するために、戦車も発砲します。
 実は、この戦車の発砲音が、とにかく物凄く、あちこちで子供が泣き出します。
 画像 201 画像 203s

 戦車だけでは無く、ミサイルも援護の為に発射されます。
 ピンボケ、ブレと最悪の写真ですが唯一発射の瞬間を捉えていたので貼っておきます。
 着弾地に煙が上がります。
 画像 207 画像 208

 さらに、応援の戦車も来て発砲します。発砲の瞬間が偶然写っています。
 画像 203s 画像 210

 こちらも同時発砲ですが、かなり観客席の近くなのがお解かり頂けると思います。
 画像 212 画像 214

 こちらの写真は、戦車の発砲中、ホバリングで待機するヘリ部隊ですが、ピクリとも動きません。凄いです。
 画像 215 画像 217

 戦車がいっせいに機関銃を発射しています。
 画像 220s

 いよいよ、演習も終わりです。
 陸、空のまさに分列行進は、壮観です。
 画像 221 画像 222

 画像 224 画像 225

 素晴らしい体験をしましたが、帰りのバス待ちは、尋常ではありませんでした。
 左の写真を撮った位置から乗車するまで、2時間以上かかりました。
 画像 227 画像 228
 
 ひたすら、行列・・・・・・・
 残念なのは、バスが来るのが遅いと隊員に文句を行っている人が居た事です。
 隊員の勢じゃないでしょう?
 また、観光バスタイプは定員乗車で運行していました。
 「自衛隊の演習見学シャトルバスが定員オーバー!」と記事にしたがるマスゴミを嫌っての事かもしれません。
 更にバス会社の係員が、道が混んでいるので申し訳ないと謝っているのに「嘘ばっかり言うな!」と罵倒していたオッサンも居ましたが、日本人でしょうか?
 実際、駅に近付くと道は渋滞していました。

 行ってみないと分からない!と言ってしまえばそれまでですが、やはり実際の演習展示は「迫力!」と一言では片付けられない何かが感じられます。
 風景も、音も、臭いも・・・
 そして、ついに姿を現してはくれませんでしたが、霊峰富士の裾野の空気!
 姿を見せてくれなかったのは、あの防衛大学長や、あの防衛大臣が居たからだと、八つ当たり的感想を持ちました。

 震災の被災地からも150名ほど招待されていたそうですが、皆さんが、自衛隊の「本業」を目の当たりにして、災害派遣だけでなく、自衛隊の本業にも感謝してくれるのを願って止みません。

 自衛隊が、軍としての本分を発揮し、今でさえ高い技術と士気を持つ兵士達が、さらに誇りを持って任務に当たり、国民が皆それを応援し感謝する・・・・・・

 そんな、普通の国に、早く戻さなければならないと、痛感した一日でした。

(トノゴジラ)

>>続きを読む

スポンサーサイト


一息・日本の力 | コメント(2) | トラックバック(0)2011/08/30(火)14:19

9月以降のイベント

 10月2日には、なってはならないのですが、恒例になってしまいました「北朝鮮人権侵害問題」の集会及び国民大行進が福岡で行われます。
 是非、この国家主権そして人権侵害!の象徴とも言える拉致問題を訴える集会・国民大行進に、万障繰り合わせてご参加いただきたいと思います。
 首都圏、近傍の方は、9月4日に拉致関連緊急国民集会が開かれますので、そちらへお越し下さい。

 

_/_/_/_/_/ イベントのご案内(講師敬称略) _/_/_/_/_/

 秋に向けても、たくさんのイベントや講演会が催されます。
 予定は変更されることがあります。
 特に諸般の事情から中止されるものも多くあります。
 紹介文やチラシ画像にある主催者等に直接確認を取った上で、是非ご参加・ご協力をお願いします。


■生きているのになぜ助けられない!9/4緊急国民集会

・日時:9月4日(日)14時00分~16時30分(開場13時30分)
・場所:星陵(せいりょう)会館
    東京都千代田区永田町2-16-2 TEL 03-3581-5650
・登壇者:主催3団体、政府代表、各党、知事の会、地方議会、調査会
・司会:櫻井よしこ
・主催:家族会・救う会・拉致議連
・参加費:無料(先着順 事前申込み不要)
・交通:地下鉄有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅下車(6番出口)徒歩3分(参院議長公邸・北海道東京事務所の坂を下り右側)
    千代田線「国会議事堂前」駅下車(5番出口)徒歩5分、
    銀座線、丸の内線赤坂見附駅下車徒歩6分
・地図: http://www.seiryokai.org/kaikan.html
・連絡先:救う会 03-3946-5780
     〒112-0013東京都文京区音羽1-17-11-905


■辛亥革命100周年記念シンポジウム
 ~革命の実像と今日的意味~
 H230909_辛亥革命100年表 H230909_辛亥革命100年裏
 
・日時:9月9日(金)14時30分~16時30分(開場 14時00分)
・場所:憲政記念会館 講堂
    〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
・パネリスト:加瀬英明(外交評論家)
       頭山興助(農村資源開発協会理事長)
       石平(中国問題評論家)
       久保田信之(アジア太平洋交流学会代表理事・修学院院長)
・主催:アジア太平洋交流学会、 NPO法人 修学院
・後援:台北駐日経済文化代表處
・連絡先:辛亥革命100周年記念シンポジウム事務局
     FAX 045-949-0535 Email info@shugakuin.jp


■北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会 定例街頭情宣

・日時:9月10日(土)14時00分~ 
・場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
・主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)


■「尖閣諸島を守れ!」街頭情宣・署名

・日時:9月24日(土)13時00分~ 
・場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
・主催:日本会議福岡時局部会、日本再生ネットワーク


■北朝鮮人権侵害問題啓発集会&国民大行進
 H231002国民大行進

・日時:10月2日(日)北朝鮮人権侵害問題啓発集会 13時00分~
           国民大行進 14時00分~
・場所:福岡市庁舎15階講堂(集会)及び天神界隈届出コース
・主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する九州連絡協議会
    救う会福岡 代表 青木英実
    救う会大分 代表 伊藤田雄三
    救う会熊本 代表 加納良寛
    救う会宮崎 代表 吉田好克
    救う会長崎 代表 松藤悟
・登壇者:北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
     -市川健一
     -市川龍子
     -増元照明(事務局長)
     北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
     -西岡力(会長) 
     北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
     -衞藤晟一(参議院議員)
・後援:福岡市/日本会議福岡
・連絡先:救う会福岡 事務局長(松尾)090(9607)2758
・呼びかけ人:救う会福岡 代表代行 辻幸男 090(1086)7008


■日本会議福岡 松尾新吾会長就任記念大会・講演会
 H231016日本会議福岡新会長就任大会表 H231016日本会議福岡新会長就任大会裏

・日時:10月16日(日)
    式典:13時00分 開始(12時30分 開場)
    講演会:14時45分 開会
・場所:ホテルニューオータニ博多
    福岡市中央区渡辺通1-1-2 TEL 092(714)1111
・講師:曽野綾子(作家)
・会費:前売券 1,500円 当日券 2,000円
    大学生以下 無料
・主催:日本会議福岡
    福岡市博多区千代4-30-2 山本ビル4F
    TEL 092(641)3236 FAX 092(641)3265
     



目覚めよ国民!と思う方→  


お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)2011/08/30(火)08:21

 日の丸突き破り

 民主党_日の丸侮辱広報誌

 これが政権与党の機関紙の表紙です。

 民主党_日の丸侮辱広報誌カラー

 この件を問われた藤本祐司広報委員長は
「これはこいのぼりだったか、子供の遊び場で撮られたものなんですよ。言われてみれば日の丸に見えなくもないけれど、そんなこと言ったらいくらでも言いようがあるじゃない」
 とお答えになったそうでございます。
 選挙の時の日の丸継ぎ接ぎ事件といい、今回の日の丸突き破り事件といい、とにかく民主党の日の丸への思いは熱いのです。
 日の丸を侮辱する事で、至極の快感を得て、悦楽の境地に至り、恍惚の表情になる生き物達なのだと私は思います。
 冒頭の藤本祐司広報委員長の台詞を聞いて、そんな表情が浮かびませんか?
 そんなに嫌いなら、何故日本に住むのですか?
 日本から出て行けば良いじゃないですか?
 日の丸を突き破っている子供の赤い帽子は「五星紅旗」の色でしょう?
 どうぞ「日の丸」の国から「五星紅旗」の国へお移り下さいまし。

 何度でも言います。
 今マスコミが菅を叩くのは、民主党政権を維持し、この国賊民主党から次の総理を出すために、他の候補が「菅よりまし!」に見えるようするための必死の工作です。
 「民主党の議員にもまともなのが・・」とか、未だにちょっとでも思っているあなた!
 まともなら、こんな左翼人間の巣窟民主党から、とっくに飛び出しているはずでしょう?
 今の時点で民主党にしがみついて次の総理を狙おうなんて輩は、所詮国賊です。
 この国旗への侮辱極まれる表紙の機関紙で、「子供手当ては存続する!」とも書いています。
 こんな嘘つき、詐欺師、破廉恥人間の巣窟が民主党です。
 それでもまだ、民主党の中にいる人間に期待しますか?
 未だ民主党に住み着く輩は、国籍はともかく、日本人では無いと思います。
 だから、外国人参政権等与えたがるのです。

 今こそ、日本の政権を日本人の手に取り返さなくてはなりません。
 眠っている日本人も、決して日本が終わることを望んでいるわけでは無いと思います。
 眠っている方々に、この表紙を見せてやってください!
 この中で、まだ子供手当てを継続すると言っている事を教えてやってください。
 日本人が目覚めなければ、、、日本は終わってしまいます。

 (トノゴジラ)


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(2) | トラックバック(0)2011/08/21(日)12:24

週末からのイベントのお知らせ

 10月2日には、なってはならないのですが、恒例になってしまいました「北朝鮮人権侵害問題」の集会及び国民大行進が行われます。
 是非、この国家主権そして人権侵害!の象徴とも言える拉致問題を訴える集会・国民大行進に、万障繰り合わせてご参加いただきたいと思います。
 

_/_/_/_/_/ イベントのご案内(講師敬称略) _/_/_/_/_/

 秋に向けても、たくさんのイベントや講演会が催されます。
 予定は変更されることがあります。
 特に諸般の事情から中止されるものも多くあります。
 紹介文やブログ↓のチラシ画像にある主催者等に直接確認を取った上で、是非ご参加・ご協力をお願いします。


■スタジオ日本 日曜討論番組を支える会
 定期総会・講演会・懇親会
 H230821_スタジオ日本
 
・日時:8月21日(日)(開場 13時30分)
・場所:テルラホール
 定期総会:14時00分~14時30分
 講演会:14時30分~15時30分
 懇親会:15時30分~17時00分 予定
・講師:江崎道朗(日本会議 専任研究員)
・演題:マスコミの報じない歴史の真実
    -開戦70周年-東京裁判史観の見直しがアメリカで始まった。
・会費:講演会 500円
    懇親会 5,000円
・主催:スタジオ日本 日曜討論番組を支える会
    福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル 13階
    TEL 092(721)0101 FAX 092(725)3190(担当 茅野・高山)


■「人権侵害救済法」に断固反対!!
 集会及び国民大行進 in 佐賀
 H230828_人権擁護法案反対@佐賀
 
・日時:8月28日(日)集会14時00分~ 大行進15時00分~
・場所:どんどんどんの森公園 芝生広場北側 及び 届出済みコース
・主催:人権侵害救済法に反対する市民協議会
・連絡先:大島一政 TEL 080-5243-6495 Email kazumasa0229@gmail.com
     九州防人の会 Email sakimorinokai@gmail.com


■辛亥革命100周年記念シンポジウム
 ~革命の実像と今日的意味~
 H230909_辛亥革命100年表 H230909_辛亥革命100年裏
 
・日時:9月9日(金)14時30分~16時30分(開場 14時00分)
・場所:憲政記念会館 講堂
    〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
・パネリスト:加瀬英明(外交評論家)
       頭山興助(農村資源開発協会理事長)
       石平(中国問題評論家)
       久保田信之(アジア太平洋交流学会代表理事・修学院院長)
・主催:アジア太平洋交流学会、 NPO法人 修学院
・後援:台北駐日経済文化代表處
・連絡先:辛亥革命100周年記念シンポジウム事務局
     FAX 045-949-0535 Email info@shugakuin.jp


■北朝鮮人権侵害問題 & 国民大行進
 H231002_救う会国民大行進

・日時:10月2日(日)
    北朝鮮人権侵害問題啓発集会 13時00分~
    国民大行進 14時00分~
・場所:福岡市庁舎15階講堂(集会)
    福岡市庁舎北側玄関集合・出発、天神界隈届出コース(大行進)
・集会登壇者:西岡力(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長)
       衛藤晟一(北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟)
       ※北朝鮮による拉致被害者家族連絡会とも交渉中
・主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する九州連絡協議会


■日本会議福岡 松尾新吾会長就任記念大会・講演会
 H231016日本会議福岡新会長就任大会表 H231016日本会議福岡新会長就任大会裏

・日時:10月16日(日)
    式典:13時00分 開始(12時30分 開場)
    講演会:14時45分 開会
・場所:ホテルニューオータニ博多
    福岡市中央区渡辺通1-1-2 TEL 092(714)1111
・講師:曽野綾子(作家)
・会費:前売券 1,500円 当日券 2,000円
    大学生以下 無料
・主催:日本会議福岡
    福岡市博多区千代4-30-2 山本ビル4F
    TEL 092(641)3236 FAX 092(641)3265
     



目覚めよ国民!と思う方→  


お知らせ | コメント(2) | トラックバック(0)2011/08/16(火)13:30

「あいつら日本人じゃない」

 昨、8月15日、靖国周辺はどうだったのでしょう?
 詳しい情報を知りませんので、ご存知の方は教えて頂けるとありがたいです。

 東京都の石原知事は、靖国神社参拝後報道陣に対し、首相と全閣僚が靖国神社に参拝しない方針を示した事に「あいつら日本人じゃないんだ」と激しく批判したそうです。
 http://bit.ly/pobmgW
 私は、石原都知事については、オリンピック誘致の時の皇室に対する発言(即ち考え方)を未だ許せません。
 しかし、それを除いては概ね日本の政治家であって欲しい人の一人です。
 今回の発言は、日本人として至極当然の想いを口にしただけで、別に激しい非難でも何でもないと思います。
 日本人と言うの言葉を、国籍では無く日本魂(やまとごころ)を持つ人間であると考えれば、事実を言っただけの事です。
 違いますか?
 何度でも言いますが、公僕の頂きたる内閣や官僚は、年二回の例大祭等は揃って公式参拝すべきでしょう。
 これに、英霊の数が頭抜けて多い大東亜戦争の節目である8月15日も加える事に依存はありませんが、8月15日に拘るより毎日でも僅か数分の時間が許せば、参拝すれば良いのです。
 その時は、一日本人として小泉方式で賽銭箱に小銭でも一向に構わないと思います。
 
 昨日、私は福岡県護国神社の終戦記念際に参列して参りました。
 11時より祭事が始まり、11時40分頃に祭事のみ終了。
 戦没者追悼式のテレビ中継が始まる11時50分までの間に「玉音放送」が流されます。
 テレビ中継が始まると、式典に合わせ、国歌斉唱、黙祷、天皇陛下のお言葉拝聴を行います。
 その後、宮司の挨拶があり、祭事・式典は滞りなく厳かに終了いたしました。
 途中、祭殿前で民族派の団体が「国民儀礼」を行っていましたが、粛々と行われたようで静かな物でした。
 
 福岡の場合、護国神社の斜め向かいに武道館があり、こちらは自治体主催で追悼式が行われます。
 追悼式に参列される方も、一旦護国神社に参拝されて会場に向かうという姿が多く見られます。
 8月15日は、このようにあって欲しいと思います。
 靖国神社でも、一番うるさいのが「蝉の声」である8月15日を願ってやみません。
 
 (トノゴジラ)


靖国・近代の戦い | コメント(4) | トラックバック(0)2011/08/16(火)12:27

■復興置き去りの反原発・反核

 
  反核も反原発も復興を妨げるだけのイデオロギーかな


■復興置き去りの反原発・反核

 あの未曾有の震災から5ヶ月が過ぎようとしています。
 しかし、瓦礫は一向に片付かず、未だに永田町は責任の擦り合い合戦の真っ最中です。
 東京電力や他の電力会社を叩く事で、民主党政権の大震災に於ける重大な責任は影に隠れ、原発だけが悪者のであるかの様な風潮が漂い始めています。
 もちろん、その風潮を作り出しているのは、言うまでも無くマスコミです。
 さらには、復興を金のばら撒き方=誰が金を出すか?と言う所にばかり焦点を当てて報道しています。
 政権交代を無理押ししたマスコミにすれば、腐った政府でも必死で擁護するのは必然でしょうが、度を越えています。
 しかしながら、流石のマスコミも「菅政権」を支える事は、限界に来ているようです。
 そこで、最近は少々趣を変えてきました。
 
 ・まず「菅首相」を叩く側にシフトして、菅首相を降ろそうとする他の民主党幹部を頻繁に画面に露出させます。
 ・与党とか野党とか言っている場合では無い等と言い散らし、国民の声が其処にのみあるかの様に報道して野党を牽制します。
 ・菅首相を更に叩き、これを引き摺り下ろした英雄を民主党内から出す準備をします。
 ・民主党を潰さなければならないのに、野党までもが「菅でなければ良い・・」と錯覚し始めます。
 ・民主党の代表選挙で新しい代表が誕生し、野党は民主の切り崩しも出来ずに、まんまと第3次民主党政権が誕生します。
 ・野党が手をこまねいている間に、怒涛の亡国法案成立を謀ります。
 
 へそ曲がりの私には、そう見えてしょうがないのです。
 菅首相にすれば「反核」「反原発」のイデオロギーを持つ支持団体へのアピールは十分過ぎるほどできた筈です。
 もちろん国の事など毛頭脳内には無く、後は己の保身、自己顕示欲を満たすだけです。
 そもそも、菅首相の「反核」運動すら、信念を持った物ではありますまい。
 長崎原爆記念日に式典でスピーチを行い、原爆投下の日を8月8日と言い間違えると言う、ありえない失態を晒しています。
 「反核」の信念を持って活動していたなら何は無くとも記憶にあるはず、いや普通の日本人であれば間違うはずの無い日ではありませんか。
 しかも、この平和を願う式典で「核攻撃」を受けた日を間違えていながら「反原発」だけはしっかりと主張しました。
 「反原発」を喚き散らすマスコミも酷いものです。
 某テレビは、東北産の米の当選者を茶化して「セシウムさん」等と表現し、リハーサル用が出てしまい申し訳ない等と言い訳をしましたが、そういう問題では無いでしょう?
 東海TVセシウムさん
 その某テレビのキー局は、広島原爆記念日の翌日に、人気ドラマ?「イケめんパラダイス」の中で、有ろう事か出演者にわざわざ「LITTLE BOY」と書かれたTシャツを着せて見せました。「LITTLE BOY」とは、広島に投下された原爆の名称です。
 リトルボーイTシャツ
 こういう連中がしたり顔で「反原発」「反核」等と言っているのです。
 
 政府とマスコミの、震災に於ける政府の重大責任隠匿のキーワードが「反原発」さらには「反核」です。
 もう一つ、政府の責任を隠すキーワードが「反原発」の攻撃対象「東京電力」です。
 津波に関しては、東京電力は1次被害者です。
 今般の原発事故に於ける東京電力にどれほどの責任があるのでしょうか?
 責任があるとすれば、どんな責任があるかと言う事だと思います。
 東京電力は、原発を建設するにあたり、国の数多の法的基準や指導に遵っていなかったのでしょうか?
 東京電力は、原発を稼動・運用するにあたり、国の数多の法的基準や指導に遵っていなかったのでしょうか?
 遵っていなければその責任は重大である上に、事故の原因がその遵っていなかった部分にある場合は、更に重大です。
 もちろん、どれ程の過失があったかによって責任の大きさは変わると思います。
 しかしながら、
 東京電力が、国の数多の法的基準や指導に遵っていた場合はどうなるのでしょうか?
 あるいは、その過失が非常に小さな物であった場合はどうでしょうか?
 「不可抗力!」と言う事になるでしょう。
 この場合に責任があるとすれば、重大な結果に対する企業としての「無過失責任」であり、強いて言えば「道義的責任」でしょう。
 では、その責任をどう取れば良いのでしょうか?
 マスコミは東京電力に「もっと金を出せ!」
 政府までも東京電力に「金を出せ!」
 その政府は、税金で自らの腹は痛まないので、とにかく金のばら撒きをしています。
 マスコミの放送にも、それが現われています。
 テレビのニュースではキャスターが「さて、ここで一番重要な補償金の話です・・・」
 彼らの脳内が透けて見える発言です。
 さらに、東京電力の賠償金について被災者にインタビューして流す台詞は「少なすぎますよ。私達は家も流されて住む場所も無いんですよ!」
 家が流れたのも東京電力の勢にされています。
 天災による「不可抗力」であっても、責任はあると言うのであれば、大津波を予測できず、適正な安全基準も示せず、護岸工事や避難指針を出し得ず、結果万単位の犠牲者を出した国や自治体こそ責められるべきでしょう。
 
 国や自治体が復興の為に為すべき事は、反原発を唱えたり増してや反核等ではなく、早急に産業の復興を図るべきです。
 そのための電力を維持するために、如何に既存の原発の安全を図るか!点検停止中の原発を如何に速やかに再稼動するか!こそが大切だと思います。
 やらせメールが問題になっていますが、そもそも原子力発電等と言う国の根幹に関わるエネルギーの問題を、民間企業と地元住民だけに丸投げするから問題になるのです。国の政策としてやるべき事をやらなかったからこんな事になるのだと思います。
 
 先日、福岡の天神ど真ん中で「菅名首相は即刻退陣せよ!」「原発を再稼動せよ!」と言うデモが800人規模で行われましたが、マスコミは一切報道しません。
 しかし、電力会社の前でわずか数人が「原発反対」の座り込みをすれば報道します。
 今の日本のマスコミは、ジャーナリズムが失われ、公共の資源である電波を使った権益団体に成り下がっている事を、読者の皆さんも自身で確認していただき周りの「眠れる日本の人々」を起して頂ければと思います。



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(2) | トラックバック(0)2011/08/11(木)12:32

佐賀デモ・・イベントのお知らせ

 先般 佐賀県でも「日本会議佐賀」が設立されました。
 日本会議が全てではありませんが、リアルの活動で大きな力を持っている事は間違いありません。
 現状、日本会議会員の平均年齢は高いです。
 できれば、年配の方々が元気な今こそ、若い方々にご入会頂いて、世代間の引継ぎ等を行なっていただきたいと思います。

 佐賀でも「人権侵害救済法案」反対のデモが行われます。
 ふるってご参加頂き、未だ眠っている日本人の目を覚ましましょう。

_/_/_/_/_/ イベントのご案内(講師敬称略) _/_/_/_/_/

 終戦の月に向かい、たくさんのイベントや講演会が催されます。
 予定は変更されることがあります。
 特に諸般の事情から中止されるものも多くあります。
 紹介文やブログ↓のチラシ画像にある主催者等に直接確認を取った上で、是非ご参加・ご協力をお願いします。


■福岡縣護國神社 みたままつり

・日時:8月13日~16日 (雪洞点灯 18時30分~21時00分)
・場所:福岡縣護國神社
    http://fukuoka-gokoku.jp/
    福岡市中央区六本松1-1-1
    TEL 092(741)2555
・会費:無料(雪洞点灯中 駐車場も無料)




■スタジオ日本 日曜討論番組を支える会
 定期総会・講演会・懇親会
 H230821_スタジオ日本
 
・日時:8月21日(日)(開場 13時30分)
・場所:テルラホール
 定期総会:14時00分~14時30分
 講演会:14時30分~15時30分
 懇親会:15時30分~17時00分 予定
・講師:江崎道朗(日本会議 専任研究員)
・演題:マスコミの報じない歴史の真実
    -開戦70周年-東京裁判史観の見直しがアメリカで始まった。
・会費:講演会 500円
    懇親会 5,000円
・主催:スタジオ日本 日曜討論番組を支える会
    福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル 13階
    TEL 092(721)0101 FAX 092(725)3190(担当 茅野・高山)


■「人権侵害救済法」に断固反対!!
 集会及び国民大行進 in 佐賀
 H230828_人権擁護法案反対@佐賀
 
・日時:8月28日(日)集会14時00分~ 大行進15時00分~
・場所:どんどんどんの森公園 芝生広場北側 及び 届出済みコース
・主催:人権侵害救済法に反対する市民協議会
・連絡先:大島一政 TEL 080-5243-6495 Email kazumasa0229@gmail.com
     九州防人の会 Email sakimorinokai@gmail.com


■辛亥革命100周年記念シンポジウム
 ~革命の実像と今日的意味~
 H230909_辛亥革命100年表 H230909_辛亥革命100年裏
 
・日時:9月9日(金)14時30分~16時30分(開場 14時00分)
・場所:憲政記念会館 講堂
    〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
・パネリスト:加瀬英明(外交評論家)
       頭山興助(農村資源開発協会理事長)
       石平(中国問題評論家)
       久保田信之(アジア太平洋交流学会代表理事・修学院院長)
・主催:アジア太平洋交流学会、 NPO法人 修学院
・後援:台北駐日経済文化代表處
・連絡先:辛亥革命100周年記念シンポジウム事務局
     FAX 045-949-0535 Email info@shugakuin.jp
     



目覚めよ国民!と思う方→  


お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)2011/08/11(木)09:08

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。