スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

これも国防でしょう

 邦人を守るは重き軍の任知らぬ政府を選ぶ愚民や

   産経_チュニジア_邦人救出   産経_チュニジア

 1月18日の産経新聞に、チュニジア政変で日本人旅行者と在留邦人計247の出国問題が掲載されていました。
 政府は民間チャーター機や政府専用機派遣の検討に入ったそうですが、政府高官からは「法改正は急務だ」との指摘も多いそうです。
 ドラマじゃ無いですが「何、ねむたい事言うとるねん!」と言わざるをえません。
 もう、25年も前になりますが、イラン、イラク戦争の時、同胞の救出に自衛隊も出せず、民間機も派遣を拒否し、なんとトルコの民間航空機が危険を冒して邦人を救出してくれた事がありました。
 これは、明治時代の、トルコ軍艦エルトゥール号遭難事件以来、非常に親日的なトルコの方々の勇気と決断によるものです。
 http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse187.html
 
 どれだけお礼を言っても言い尽くせない恩義を受けたのです。
 日本は、同胞を外国から救出する事が出来ない国・・・と言う評価が世界に示されました。
 そして、25年が経ち、日本は命懸けで同胞を救ってくれたトルコのためにも、
 「あの時はお世話になりました、もうお世話になる事は無いと思いますし、何かあれば何時でも連絡を下さい。今度は日本がお力になれるはずです。」
 と言える国になって居なければならなかったのでは無いでしょうか?
 しかし、現実には25年もの間何もせずに「法改正は急務だ」等と行っているのです。
 これは、現民主党政府のみならず、以前の自民党政府時代から、国政に携わる人間が、自らが為すべき事を分かっていないと言う事です。
 政府の大きな仕事の一つに、国民の生命、財産を守るという事があります。
 これには、海外在留邦人も当然含まれます。
 「自己責任」と言って終わらせてはいけません。
 そもそも、邦人救出すら自国責任で出来もしないのに「自己責任」等ちゃんちゃらおかしいのです。
 政府が「自己責任」と言うには、相応の事を常にやって居なければなりません。
 一つは、海外の正確な情報を国民に知らせる事と危険度に応じた警告を発する事ですが、これは、外務省などがそこそこやっています。
 二つ目は、海外在留邦人救出プログラムの確立です。
 これは、戦争でも自然災害でも必要です。
 警報発令とともに、邦人は領事館などの指示に従い行動し、日本からは自衛隊及び同盟国の軍隊、場合によっては民間輸送機関が、政府の指示の下に邦人救出活動を行うと言うことです。
 これだけの準備をして、初めて、この決め事に従わない邦人に「自己責任」と言えるのではないでしょうか?
 
 旧日本軍の仕事の一つには、はっきりと「邦人保護」と言うものがあります。
 ph_hojin_hogo.jpg

 日本国内において、災害時などに自衛隊が行っている救助作戦は、海外在留の邦人に対しても当然に行われて然るべきではないでしょうか?
 
 「何、ねむたい事言うとるねん!」とは言いながら、無い物は作らねばなりません。
 自衛隊の行く所が非戦闘地域とか何とか言った方もおいででしたが、私は「自衛隊でなくても行ける場所」が安全な場所ではないかと思います。
 爆発物処理班は「爆発しない事が確認された爆弾」だけを処理するのでしょうか?
 危険だからこそ、訓練を積んだプロが行かなければならないのではないでしょうか?
 一刻も早く、海外在留邦人救出プログラムを含む、法整備を望んで止みません。

 イラク派遣時の自衛隊員の言葉を思い出します。
 「イラク派遣がいいか悪いかは、シビリアン・コントロールのため言えない。政治家の判断に従うまで。あなた方が選んだ政治家なんですよ」
 邦人が、海外で安心して活動できるかどうかは、その邦人、つまり私達が選ぶ政治家の資質によって大きく左右されるという事を肝に銘じておくべきだと思います。
 

とっとと法整備を!と思う方→  



>>続きを読む

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(1) | トラックバック(0)2011/01/19(水)16:05

イベントのご案内

◆イベントのご案内

 今年もたくさんのイベントが催されます。
 今後不定期ながら随時ご紹介致して行きます。
 講演会、請願の署名活動、チラシ配り等に、是非ご参加・ご協力をお願いします。
 
 ※1月12日 一部加除訂正


■「尖閣を守れ!」・「尖閣の日」街頭署名・情宣・チラシ配り
 尖閣チラシH230101

・日時:1月15日(日) 12時00分~(11時半集合)
・場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
・主催:日本会議福岡時局部会・日本再生ネットワーク


■北朝鮮人権侵害問題啓発写真展

・日時:1月17日(月)~21日(金)  9時~17時
・場所:福岡市役所本庁舎 1階ロビー
・入場:無料


■北朝鮮人権侵害問題啓発講演会
 拉致人権講習会@福岡_

・日時:1月24日(月) 14時00分(13時30分開場)~16時30分
・場所:福岡市役所本庁舎 15階講堂
・講演:荒木 和博氏(特定失踪者問題調査会代表)
・演題:「北朝鮮による拉致問題の現状について」
・参加費:無料
・主催:福岡市
・連絡先:市民局人権企画課 TEL:092(711)4338 FAX:092(733)5863
・協力:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)


■日本の建国をお祝いする集い
 H23紀元節_日本会議_表 H23紀元節_日本会議_裏
   
・日時:2月11日(金:祝日) 13時30分開会(12時30分開場)
・場所:福岡国際会議場 メインホール
    http://www.marinemesse.or.jp/congress/
・記念講演:恵 隆之介先生(拓殖大学客員教授)
・演題:「皇室と沖縄-沖縄史の真実」
・参加費:一般 500円 学生 無料
・主催:日本会議福岡 TEL:092(641)3263 FAX:092(641)3265


■救う会福岡 定例街頭署名・情宣

・日時:2月12日(土) 14時00分~16時00分
・場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
・主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会


■講演会
 ウイグル講演会
 
・日時:2月20日(日) 14:00~
・場所:サンメッセ鳥栖 4・5階ホール
    http://www.tosu-zaidan.or.jp/archives/183.html
    JR鹿児島本線東口
・講師:イリハム・マハムティ氏
   【略歴】
   1969年、ウイグルのコムル(ハミ)生まれ
   1998年、新疆大学卒業(人文学)
   2001年、来日、日本語学校、コン ピュータ専門学校を経て2005年日本のIT企業に就職
   2008年、世界ウイグル会議の日本支部である「日本ウイグル協会」が設立され、その代表に就任
   世界ウイグル会議、日本全権代表。
   米国在住のウイグル人活動家ラビア・カーディル女史(ノーベル平和賞ノミネート)らとともに ウイグルの人権問題解決のために日夜奮闘している
   著書に『7.5ウイグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起きる』
   共著に『中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い』等
・演題:「これからの日本~ウイグルの歴史と現状を踏まえて~(仮)」
・参加費:一般 1,000円 学生 500円
    (会場費その他諸々の経費が必要となりますので、ご協力をお願いいたします。)
・主催:ウイグルを支援する佐賀県有志の会
・共催:頑張れ日本を応援する九州有志の会
・協賛:SNS-FreeJapan
    http://sns-freejapan.jp/
・連絡先:ウイグルを支援する佐賀県有志の会 大島
    uyghur.saga@gmail.com


興味ある!と思う方→  


お知らせ | コメント(2) | トラックバック(0)2011/01/07(金)12:00

国立の名が泣く博物館

 国立歴史民俗博物館が、沖縄戦時の集団自決について「軍の指示」があったと言う表現の展示を行うそうです。
  産経_国立歴史博物館

 「国立」と名の付く「博物館」が、極一部の意向に沿って表現を行う等と言う事はあってはならないと思います。
 「集団自決」については、戦争の恐怖を体験していない私達に、一体何が語れると言うのでしょう。

 私事ですが、私の母は昭和7年生まれです。
 終戦間近には、国東半島に疎開していたそうです。
 しかし、既に制空権も崩壊していたために、米軍の恐らく爆撃機の護衛だと思いますが、時々戦闘機が低空飛行をしていたそうです。
 そして、
 それに怯えて逃げ惑う生徒たちに向けて、面白半分に機銃掃射をして行ったそうです。
 その度に、教師の指示で森の方に走り、大きな木の陰に隠れていたのだそうです。
 その横を銃弾が掠めて行く・・・・
 そして、終戦時、母は13歳ですが、親や周りの大人に言われたそうです。
 「髪を切れ!男物の服を着ろ!顔を汚せ!」
 どういう意味かは、お解かり頂けると思います。
 鬼畜と言われ続けた連合軍の兵隊が、占領軍として駐留すると言う事実を知った時の普通の国民の当然の反応ではないでしょうか?
 今は病で記憶が戻らない母ですが、戦争に関しては口数が少なかったのです。
 しかし、いつもこう言っていました。

 「あの恐さと言ったら、、、体験しないと絶対に分からんよ!」

 本土で疎開をしていた少女であった母でさえです。
 沖縄では、目の前に海を埋め尽くす米艦隊を見て、上陸してどんどん進軍してくる「鬼畜」を目の当たりにして、どう言う心理が働いたのか想像も出来ません。

 「軍の関与があった」?
 当時の沖縄は、戦争中且つ戦闘地域であったのですから・・・
 手榴弾等は、兵器であり軍の管理下にありますから、盗むか兵隊に貰わなければ手に入りません。
 民間人は、軍の指揮を受ける事があるのは、当然では無いですか。

 だから、軍の命令で自決した!

 違うと思います。
 軍にとっては、大切な手榴弾です。
 民間人を護り切れないと思った軍が、民間人からの懇願に軍命を破って渡したと言う説は、赤松元大尉の話等を考えても大いにありうる事でしょう。
 恐らく硬い言葉で言えば「人間の尊厳を護るための究極の生死の決断」が迫られていたと推察します。

 国立博物館ともあろう物が、このような戦争中の「究極の決断」を、一部の権益団体の主張に沿ってあたかも史実の如く偏向表示するなどは、この国を残してくれた先人達への冒涜以外に何であるのかと言いたいのです。
 諸説があるならば、それぞれの意見を表示しておけば良い事ではないですか?
 それを見た国民が、それぞれの歴史を心に刻むのではないでしょうか?
 にも関わらず、一つの見方を押し付けようとすれば、その行為そのものが「押し付けなければ事実がばれる」と言う証左になると言う事が分からないのでしょうか?
 国立博物館には、軍命があった、無かったと言う単純な抗議ではなく、諸説のある歴史の解説は、複数説をそれぞれ表示せよ!と訴えたいと思います。
 その中立性こそが、正しい歴史を個々の国民が知るきっかけになるのであり、「国立」たるものの使命ではないかと考えます。
 読書の皆様に於かれましては、一部団体の主張たる一方的な表現の中止を、上記の様な意を含めて訴えて頂ければ幸いです。

 戦争は異常事態です。
 平常時しか知らない私達には想像を超えるものがあるのです。
 しかし、避けていてはいけないと思います。
 戦争中の先人の行動を、平時の感覚で安直に非難する等は、あってはならず、異常事態の異常性を正しく知る事こそが重要ではないかと思います。


【国立歴史民俗博物館】

 〒285-8502
 千葉県佐倉市城内町117
 
 TEL:043-486-0123(代表)
 FAX:043-486-4125(総務課)
 Email:syomu@ml.rekihaku.ac.jp

(トノゴジラ)


偏向表示を止めろ!と思う方→  


>>続きを読む


靖国・近代の戦い | コメント(3) | トラックバック(0)2011/01/06(木)14:05

謹賀新年

デザイン年賀_2011_ブログ


 あけましておめでとうございます。
 新しい年を迎え、年始から、さっそくイベントが催されますので、ご紹介致します。
 情宣活動は、亡国政策妥当や、拉致問題(定例)等が予定されています。
 請願の署名活動、チラシ配りに、是非ご参加・ご協力をお願いします。

■救う会福岡 定例街頭署名・情宣

 日時:1月9日(日) 11時30分~13時30分
 場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
 主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会


■「尖閣諸島を守れ!」・「尖閣の日」制定!街頭署名・情宣・チラシ配り活動
 尖閣チラシH230101

 日時:1月9日(日) 14時00分~(13時30分集合)
 場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
 主催:日本会議福岡時局部会・日本再生ネットワーク


 日時:1月15日(日) 12時00分~(11時半集合)
 場所:福岡市天神 ソラリアステージ前歩道
 主催:日本会議福岡時局部会・日本再生ネットワーク

 画像は、準備の都合上事前に参加数の大枠を把握するための記載がありますが、事前に予定が判明しない方で、ご協力頂ける方は、当日現地でも受け付けますのでよろしくお願いします。


お知らせ | コメント(3) | トラックバック(0)2011/01/01(土)00:00

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。