スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

油断大敵

 北海道新聞に依ると、政府・与党は、永住外国人地方選挙権付与法案について、今国会への提出を見送る方向で調整に入ったそうです。
 北海道新聞ですからねぇ・・・・・
 もっとも「今国会」への提出を見送ると言うだけの話ですね。
 勘繰りますね、わたしゃ、性格歪んでるから・・・・
 法案阻止派の抑制記事ではないのか?とか、
 ふと安心させて一気に「夫婦別姓」を提出するための援護記事では無いか?とか。
 そこまで勘繰らなくても!と言われても、勘繰るんですよ。
 天邪鬼ですからね。
 そういえば、何でも検察庁の人事が、一部前倒しで3月1日にあると言うのを小耳に挟んだのですが・・・・
 これによって「小沢起訴派」が動くかもしれない、それも政治資金規正法ではなく「脱税!」だそうです。
 真偽の程は3月末までに分かるでしょうね。
 その結果によっては、またまた「悪の法案」が首を擡げます。
 阻止活動もですが、やはり危険性を多くの国民に知ってもらう啓蒙活動を怠ってはならないと思いました。

 そうこうしているうちに、夫婦別姓法案が危険水域に達しようとしています。
 
 夫婦別姓法案見ユトノ報ニ接シ、連合有志団は直チニ出動此レヲ撃滅セントス
 外参権ノ波ヤヤ鎮マレド夫婦別姓ノ波高シ
 皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ各員一層奮励努力セヨ
 
 
なんて、聞こえてきそうです。




 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

油断大敵!と思う方→  




>>続きを読む

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(3) | トラックバック(0)2010/02/26(金)13:18

追い込みです

   産経_外国人参政権_街宣
 別に借金を取り立てる訳ではありません。
 去る2月21日に福岡ソラリアステージ前で行った「永住外国人参政権付与法案阻止」の街頭活動の様子が産経新聞に載っていました。
 その時に配ったチラシは数種類ありましたが、抗議激励先の一覧を載せたチラシを紹介しておきます。
   外国人参政権_チラシ_日本会議

 本物は表裏に印刷してありますが、画像では纏めてあります。
 長崎県知事選挙で、民主党は大敗しました。
 今、民主党の地元議員への陳情・抗議は絶好の時期です。
 民主党は本件に関して、議員に緘口令を布いているようで、議員はアンケートにすら答えようとしません。
 そんな、情け無い風見鶏議員たちに、CMじゃありませんが、生暖かい言葉を贈って上げて頂きたいと思います。
 
 「小沢将軍の一兵卒として今期限りで議員生活に終止符を打ちたいですか?」
 「日本の国会議員として、まだまだ働きたいですか?」
 
 


 
 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

 絶対阻止!と思う方→  


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(5) | トラックバック(0)2010/02/25(木)08:52

竹島プロジェクト2010

 竹島にはためくべきは世に一つ白地に赤き日の丸の旗


竹島は日本の領土です!





 美しい竹島の写真をクリックすれば、詳しい解説がされているところ「Web竹島問題研究所」に飛べます。

 因みにこの海は「日本海」ですが、韓国の執拗な活動により、EUで「日本海」表記が消されようとしています。
 EUから日本は遠い国であり、海の名前などどうでも良いのでしょう。
 だったら、五月蠅いのを黙らせる安易な選択をするという事かもしれません。
 日本は真剣に、世界に向けて「領土・領海」をアピールしなければなりません


               kaerukai.jpg

 本記事は、2月22日「竹島の日」まで、TOPに置きます。次記事以下に通常の更新記事が有ります。



竹島は日本領!と思う方→  


外患・国防と領土・領海 | コメント(9) | トラックバック(2)2010/02/22(月)23:59

目が悪いので・・・

本日は竹島の日ですが、こっちが目に入りました。


◇長崎県知事選確定得票数◇

当 316,603中村 法道<1>無新

  222,565橋本  剛 無新=[民][社][国]

   98,200大仁田 厚 無新

   30,902押渕 礼子 無新

   21,291深町 孝郎 無新=[共]

    6,634山田 正彦 無新

    2,889松下 満幸 無新


 大仁田厚氏の所の行間ならぬ字間が見えたのですが・・・・


   98,200大仁田 厚顔無恥
   















 幻のようです。
 
 一瞬そう見えたんですってば!
 
 氏に、何の思いも恨みもありません・・・・




 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

見えた!と思う方→  



一息・日本の力 | コメント(1) | トラックバック(0)2010/02/22(月)12:50

外国人参政権、最高裁暴論は政治的配慮

   産経_参政権政治的配慮
 産経新聞によると、永住外国人の参政権の裁判において、憲法違反の判断を下しながら、傍論で「憲法に違反しない」とした判決に加わっていた(ご存知のように最高裁は複数判事制です)園部逸夫元最高裁判事が、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言したそうです。
 さらには地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」事を想定していたと語り、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討している事を「ありえない」と批判しました。
 最高裁が、公の判決の傍論で、ごく一部の外国人をなだめる為に国家の主権を揺るがす様な事を言うこと自体「ありえない」とは思いますが、この告白により民主党や民団等がこの法案を推進する根拠の屋台骨が大きく崩れたのは間違いありません。
 また、推進派の良く口にする「強制連行されてきた多くの人々」と言う常套句も、昭和34年の朝日新聞で既に否定されています。
 そもそも「外国人への参政権付与法案」等は、「傍論」を「判決」そのものであるかの様に吹聴しなければ話題にさえならない様なものであったという事です。
 だから、民主党はマニフェストに載せられず、カムフラージュのインチキな夢物語ばかり並べて、この法案を隠していたのです。
 今こそ、この法案が以下に欺瞞に満ちているかを多くの方々に知って頂き、今国会のみならず、未来永劫話題にも上がらないように、徹底的に葬らなければならないと思います。
 明後日2月21日(日)は、ソラリアステージ前で情宣する私達だけでなく、天神界隈では他の団体や、街宣車も反対の情宣をする様です。
 一般の方には「外国人参政権?何それ?」と言う方も多いはずです。
 しかし、あちこちで同じ事に反対しているのは一体何事なんだ?と思ってもらう事から、感心を持ってもらう方へ、更にはこれは危険な事だと認識してもらう様に啓蒙しなければならないと思います。
 それが、この法案を永久に葬る唯一無二の方法だと信じます。



 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

外国人参政権阻止!と思う方→  

>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(1) | トラックバック(0)2010/02/19(金)09:35

福岡 76.8MHZ

 福岡市に「Style FM」と言うコミュニティFM放送局があります。
 正式名称は「福岡コミュニティ放送」というらしいです。
 放送エリアとしては、福岡市早良区、西区、城南区、南区、中央区の各一部と言うことになっていますが、送信所が福岡タワーにありますので、実際には、福岡市の博多湾沿い、福岡市郊外の糸島市・糟屋郡新宮町・春日市・大野城市・筑紫郡那珂川町などでも聞こえるかも知れません。
 この放送局で、平成15年10月から日曜日の午前中に「Style FM日曜討論」と言う番組をやっています。
 放送時間は10:00~12:30です。
 今回は私も出演する予定です。
 当日は、午後から福岡市天神ソラリアビル前で「外国人地方参政権付与法案反対」の街宣とチラシ配りが行われますが、その前にちょっと喋って来たいと思います。
 お時間のある方は聞いて頂けるとありがたいですし、その後もこの番組を毎回聞いて頂けると嬉しい限りです。



 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓

ちょっと聴いてみるか!と思う方→  


お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)2010/02/15(月)12:36

中国の戦略

 産経_南シナ海
先日の産経新聞に「南シナ海 中国が軍事的進出 米公聴会『日本の海上輸送危険』」と言う記事が載っておりました。
 これを見て、以前に聞いた、現代中国の軍事・外交の専門家である平松先生の講演を思い出しました。
 これについては、当時、平成18年6月に、<<中国は日本を併呑する>>と言う表題で拙ブログでも取り上げています。
 その時に紹介した平松先生の著書の中に「(中国は)近年に入り、国家目標の対象が「核・海洋・宇宙という三つの領域に明確に焦点を定められ、それらが個々バラバラでなく、国家の総合力として有機的に機能し始めているのである。」と言う表現があります。
 どうですか、皆さん。
 昨今の中国関連のニュースを見聞きしていて、思い当たることが多々あるのでは無いでしょうか。
 
 また、ブログ記事の中で私は「実際に西沙諸島の島にあっと言う間に2600mの滑走路を造ったり、南沙諸島の島とも言えぬ岩礁に掘っ立て小屋を建て、翌年にはプレハブになり、更に翌年には鉄筋コンクリート2階建ての施設を作ってしまう様をOHPで紹介されたときは、会場がどよめいた。」と書いてあります。
 近年、そのようなコンクリートの建造物や滑走路はどうなっているかというのが、下の写真です。
中国_南沙諸島_基地1 中国_南沙諸島_基地2

中国_南沙諸島_基地 中国_西沙諸島_基地
 
 どう見ても、立派な軍事基地として機能していますね。
 こんな変化が起こっている間、、、、、、、、
 日本では、胡座を書いた自民党が小沢独裁政権に取って代わられるという、何とも平和ぼけした騒動があっていたわけです。

 ところで、南沙だ西沙だと言うのは一帯どの辺りの事でしょう?
 ご存じの方も多いとは思いますが、平成19年11月の拙ブログの記事<<中国が南沙、中沙、西沙諸島を行政区画「三沙市」にする>>では、これらの基地のある南シナ海一帯を、自国の「市」であると宣言した記事があります。

ブログにもありますが、下の図がその位置関係を教えてくれます。
右側は、その辺りの地図です。
中国_三沙市 中国_三沙諸島_基地地図1

 下は、その周辺の広域地図です。
中国_三沙諸島_基地地図
 
 広域地図の左側に聞き覚えのある地名が見えますね・・・・・「ソマリア」
 中東で石油を満載したタンカー等の、日本の基幹産業と言うよりライフラインに必要な物資を運ぶ船舶が、ソマリア沖から海賊を避けながら東に向かいます。
 そして、マレー半島とスマトラ島の間のマラッカ海峡を抜けて北上し、この南シナ海を通って日本に到達します。
 先程揚げた「三沙市」が中国領であれば、日本へのシーラインは「中国」を横切る形になります。
 中国共産党政府に「友好」という文字はあっても、実態は「有効」でしかありません。
 いくら日本政府が「友愛」と喚いても、中国共産党政府は「有賄」しか受け付けません。
 行き着くところ「有哀」です。 
 そして、いよいよその危険性が表面化してきたのが、産経新聞の記事でしょう。

 また、「ロシアに日本漁船が銃撃された」とか「あのシーシェパードがついに日本船乗組員をけがさせた」等の事件が起こっているにもかかわらず、日本国内では、防衛相たるものが「自衛隊の幹部が何とか言ったから処分する」とか「竹島には安保は及ばない」とか、まるで温泉旅館の宴会後に寝言を言うが如くフータラぬ~るい話をしています。
 国家とは何か!
 国體とは何か!
 国防とは何か!
 平和とは何か! 

 こんな事も分らない様な、博多弁?で言うと「アンポンタン」な政治家は要りません。
 否、寧ろ「害」です。
 ママにお小遣い貰った事も知らない様な首相の次の発言は・・・・
 「侵略されてたなんて知らなかったもん」でしょうか?
 まったく、いい加減にしてくださいね。

 危機は「今そこにある!」と言うのに・・・・・・・・・・ 





【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です

危機は今そこにある!と思う方→  



_/_/_/_/_/_/産経新聞より引用 _/_/_/_/_/_/



◆南シナ海 中国が軍事的進出 米公聴会「日本の海上輸送危険」

 米国議会の4日に開かれた公聴会で、オバマ政権の高官や議員側から東南アジア、とくに南シナ海での中国の軍事がらみの進出への懸念が表明された。日本の海上輸送もこの中国の軍事進出により危険にさらされるという見解も述べられた。

 米国議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」は4日、「東南アジアでの中国の活動と米国にとってのその意味」と題する公聴会を開き、オバマ政権の高官らの証言を聞いた。

 ロバート・シェア国防次官補代理は、中国が東南アジア全体で外交や経済の関与を深める一方、軍事活動をも強化していると述べ、とくに「南シナ海での軍事プレゼンスを高め続けている」と証言した。同代理は「中国軍は海南島の海軍施設を増強して米軍側の海上と航空の活動への対応を強めている」と強調した。

 シェア代理はまた中国が南シナ海の諸島の領有権をめぐるベトナム、フィリピン、マレーシアなど計6カ国との紛争で、一方的かつ戦略的に主権を主張する方法は米国政府としては認めないと述べた。同代理は、中国が南シナ海で国連海洋法による陸地から200カイリの排他的経済水域(EEZ)を事実上の自国領海扱いし、同水域内の他国の軍事艦艇の航行に許可を求めるなどの措置を取っていることに対しても「拒否する」と言明した。

 デービッド・シアー国務次官補代理も南シナ海に関する中国の言動に関連して、中国当局がベトナムの石油・ガスの開発活動に米国などの企業の参加の禁止を指示し、指示に応じなければ、重大な結果に直面すると警告したことを取り上げ、「米国企業に脅しをかけることは自由市場の原則に反する」と反論した。

 議会側からも共和党のデーナ・ローラバッカー下院議員が「中国は軍事力で南シナ海の自国権益を拡大しようとしており、パラセル(中国名・西沙)諸島のウーディ島、スプラトリー(同・南沙)諸島のフィアリークロス礁にいずれも最近、軍事関連施設を建設し、フィリピン西岸のミスチーフ環礁(同・美済礁)の海軍施設とともに、南シナ海からインド洋への海上輸送路の軍事支配能力を高めている」と証言し、中国のこうした軍事能力の増強は「日本をも弱体にする」と警告した。

_/_/_/_/_/_/_/ ここまで _/_/_/_/_/_/

祖国存亡の危機!と思う方→  


外患・国防と領土・領海 | コメント(3) | トラックバック(0)2010/02/13(土)15:23

『日本の建国をお祝いする集い』の御案内

 2月11日は紀元節(建国記念の日)です。
 国旗を掲げてお祝いしましょう
hinomaru_nuko.jpg
 マスコットヌコもうれしそうです。
 でも、
 絶対に下のような事をやってはいけません。
 こんな切り裂いて繋いだ国旗の前で喋っている人がどんな人かは、秘書が3人も逮捕されたという事でわかります。
国旗を切り刻む民主党_動画から02
 
 で、当日は、全国各地で建国をお祝いする行事が行われます。
 福岡市では、今年も日本会議福岡主催による『日本の建国をお祝いする集い』が開催されますので御案内申し上げます。
 今年は九電ホールが無くなった事もあり、会場を福岡国際会議場(福岡サンパレス横)に移し、13時30分より開会です。
 奉祝式典に続いて、多数の著書はもちろん、日本テレビ「世界一受けたい授業」等にも出演されている小川義男先生(狭山ヶ丘高等学校校長)を講師にお迎えしての記念講演があります。
 こういう講演は、テレビでは憚るリアルなお話もあり、聞く価値があると思います。

 どなたでも自由に御参加いただけます。
 参加費は500円ですが、大学生以下は無料となっております。
 是非御家族お揃いで、又 友人や知り合いの方にお声を掛けていただいての御参加をお待ちしております。
 御参加いただいた方々には「日の丸の小旗」と「お祝いの記念品」を進呈致します。

  【講師紹介】
  昭和7年、北海道生まれ。昭和34年、北海道教育大学札幌分校を卒業。
  北海道および東京で公立小中学校の教諭、教頭、校長を歴任。亜細亜大学
  大学院法学研究科および早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。
  早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程修了。
  平成8年より現職。民間教育臨調協力委員。
  主な著書に『学校崩壊なんかさせるか!』 『あらすじで読む日本の名著』
  『気品ある生き方』 『名物校長の教育論』等多数。
  日本テレビ「世界一受けたい授業」に出演するなど幅広く活躍。

=======================================
『日本の建国をお祝いする集い』

 日時:平成22年2月11日(木/祝)13:30開会

 場所:福岡国際会議場 メインホール
    福岡市博多区石城町2-1(福岡サンパレス隣)
    TEL 092-262-4111
 【交通の御案内】
 http://www.marinemesse.or.jp/congress/access/
 地下鉄箱崎線、呉服町駅から
 バス「国際会議場サンパレス前」バス停下車
 *博多駅・・・博多駅センタービル前Eバス停より乗車(行先番号88)
 *天 神・・・天神ソラリアステージ前2Aバス停(行先番号80)
        天神北3バス停より乗車(行先番号80)
          
 参加費:500円 (大学生以下無料)

 記念講演:小川義男氏(狭山ヶ丘高等学校校長)
 演題:『民主党の文教政策と我が国の教育



 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓


 行きたい!と思う方→  


お知らせ | コメント(3) | トラックバック(1)2010/02/08(月)12:39

朝青龍が引退表明

 今日は4月1日では無いですね。
 読売新聞に依ると、横綱朝青龍が引退表明をしたそうです。
 横綱は「世間を騒がせたという意見があった。今は晴れたような気持ち」と語ったそうですが、本人は騒がせたとは思っていないと言うことですね。
 いや、こんな騒ぎになるとは思っていなかったのでしょうね。
 相撲は格闘技と言われますが、やはり源は「神事」でありましょう。
 正に日本の伝統文化の一つのはずです。
 朝青龍は日本国籍を取得していなかったそうですが、そんな人を日本の国技の最高峰に着かせた事自体、問題だと思います。
 以前は、横綱の条件に日本国籍と言うのが在ったような気がしますが、変わっていたのですね?
 まるで、外国人参政権のモデルケースですね。
 少なくとも横綱は下る事は出来ないのですから、国籍条項は必要だと思います。
 日本人になれない人に、日本の国技は理解できないと思うからです。
 他の格闘技での活躍を祈念いたします。
 それなら、応援もするかもしれません。 

国籍条項は必要!と思う方→  



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(7) | トラックバック(0)2010/02/04(木)16:08

不思議な鳥

 極く近きいにしえに、何処かに於いて目に留めし「不思議な鳥」のお話でござりまするが、新型インフルエンザに負けじと席捲せる様相にて、ついには、あの永田町辺りのスズメ達にまで周知せると、聞き及びまする。
 されば、拙ブログにても、流行事とて、ここにご紹介致すに至りまする。


「日本に正体不明の鳥がいる」・・・・・・・・・・

 中国から見れば「カモ」に見える。

 米国から見れば「チキン」に見える。

 欧州から見れば「アホウドリ」に見える。

 日本の有権者には「サギ」だと思われている。

 オザワから見れば「オウム」のような存在。

 でも、鳥自身は「ハト」だと言い張っているようだ。

 

 いい得て妙であります。
 
 小生には、その鳥のピーチクパーチク発言を聞く限りには、まさしく「ヒヨコ」にあろうと思い、また普天間等に関する足取りを見るにつけ、沖縄の人でなくても「チドリ」としか思えませぬ。
 されど、その鳥の群れには、百羽を越える「カザミドリ」を生みたる、豪腕「コウノトリ」が君臨すると聞き及びまする。
 
 昨今、その「コウノトリ」を狙う「タカ」がトリ物を始めましたが、はてさて如何なる結末の待ち受けましょうや・・・・・




 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓


トリモノ応援!と思う方→  


一息・日本の力 | コメント(2) | トラックバック(0)2010/02/03(水)14:30

街頭情宣のおしらせ

 来る2月21日(日)
 
 「外国人地方参政権付与法案反対
 「夫婦別姓選択法案反対

 上記、二件に付き、下記のとおり街頭情宣活動を行います。
 このような法案は、今回の国会に限らず永遠に葬らねばなりません。
 それには、こんな法案は百害あって一利なしという事を、多くの市民・有権者に知っていただく事が重要です。
 そして、これは決して外国人排斥運動でもなく、差別でもない事も周知しなければなりません。

 祖国の国籍を離れると言うことは断腸の思いでありましょう。
 しかし、そこで日本人としての義務を背負うと言う大変重い決断をして、努力をし条件をクリアして日本国籍を得た元外国人の方々が多くいらっしゃいます。
 帰化された方々です。
 彼らには当然に、日本人としての権利が平等に与えられています。
 彼らから見れば「何の努力も、決断もせずに権利だけよこせ!」と言っている人に、同じ権利を与えるなんて逆差別も甚だしいと言うことになります。

 主旨に賛同される方は、是非お出で下さい。
 デモ行進は致しません。
 ビラ配りは行う予定ですので、ご協力頂ける方は当日でも結構ですのでお申し出頂ければ幸いです。

  実施要綱

 情宣内容:外国人地方参政権付与法案反対
      夫婦別姓選択法案反対

 日時:平成22年2月21日 日曜日 午後1時~4時半

 場所:福岡市 天神ソラリアステージ前歩道

 共催:日本会議福岡時局部会責任者 辻幸男
    日本再生ネットワーク責任者 鵤卓徳


 尚、当日同じく午後1時から1時間程「在日特権を許さない市民の会 福岡支部」の主催による「外国人参政権反対署名活動&断固反対・民主党に抗議」の定例街宣が同じ場所で予定されています。
 情宣項目が酷似していますが、共催ではありません。
 
 現在主催者側にて、在特会と情宣方法等に付いて協議を行っています。
 「北朝鮮に拉致された日本人を救う会」の街頭情宣でも、場合によっては隣に共産党の「核廃絶・・・」の街宣等とかち合う事もまま在ります。
 しかし、公の場所ですので、お互い粛々とマイクを握り情宣を行います。
 今回も、私達は粛々と情宣を行うつもりですし、在特会の方もそうされると思います。
 一般市民の方々に周知・啓蒙するには、紳士的に、誠意をもって情宣する姿勢が必要だと思います。





 【自衛隊にエールを送りませんか】・・・続行中です↓


亡国法案撃滅!と思う方→  


お知らせ | コメント(6) | トラックバック(1)2010/02/02(火)14:36

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。