スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

仕分け人の診断を仰せつかる

◇診断対象生体:
・民腫党居候 仕分け人

◇固体の分類:
・夢想目 友愛科 口先類

◇所見:

・国防・国家意識が朦朧状態であると認む。
・自己発言陶酔癖の発作が頻発するを認む。
・一部女性には支那モンの香りの体臭を認む。
・スパコンプレックスを認む。
・国益視野の劇的減少と超ド近視を認む。
・夢現判断思考の衰弱と激烈劣化を認む。

◇検査結果:

・血中自画自酸値:
  激しく上昇、危険域に達す。
  急激、過大な権力浴を行った事が要員と推測される。
  過ぎたるは及ばざるが如しである。

・血中万年野糖値:
  未だ相当残留。
  野党時代に長く堆積したもので、水銀並みに体内に残留する。

・ヘマグロビン:
  大量に検出。友愛科には基本的に多い。
  ヘマをしても問題にならなかった野党時代に増殖したと思われる。

・クニウリニン含有量:
  益々上昇。
  クニステロイド系の菌(金)により体内に生産される。

・クニステロール値:
  クニウリニンの触媒効果により、既に危険域に達す。

・近隣酸値:
  中韓値を越えて検出。

・外国人酸性:
  phは14を越える程の超強酸性で危険。
  種に近隣酸の濃度が影響する。

・心伝図:
  度々反時計回りの不正金脈が認められる。

・自己虫:
  存在を確認す。
  通常虫は腸等に多いが、これは脳に湧く。

◇診断と病名:

・『国家観健忘喪失症』を認む。
 自己発言陶酔の発作頻度が高くなると、重症の兆候で、相当に末期的症状が多々見られる。
 ついには母体である「国家」が融解してしまう、世にも恐ろしい難病である。
 
・『あんたが大症候群』を認む。
 急激に権力浴を行った為に「血中自画自酸値」が上昇すると度々発症する。
 脳内の「自己虫」も活動している場合が多い。
 他人の意見は全て異見に聞こえる幻聴を併発している事が多く、別名「裸王症」とも言う。
 
・『近隣症候群』を認む
 高い「近隣酸値」や強い「外国人酸性」による影響が強い。
 クニウリニン、クニステロールの相互作用により、工作員増殖や近隣諸国の営業を公然と行うようになる。
 喧嘩相手からナイフを買えと言う営業発言は、もはや危険な状態である。
 
◇治療法:

・相当に重症な病気を併発しており、治療には細心の注意と時間を要す。
・特効薬は現在のところ開発されて居ない。
・現状では「外国人酸性」の中和や「不正金脈」の外的治療が効果を表す可能性が高い。
・特に『国家観健忘喪失症』は、「政権抗体」の投与があるが、大量の国民の意思が必要であり、時間もかかる。
 対症療法として「脳手術」があるが、何と言っても効果的なのは「隔離」と「絶命治療」である事は自明である。
 
やはり絶命治療!と思う方→  

スポンサーサイト


一息・日本の力 | コメント(1) | トラックバック(1)2009/11/28(土)11:58

福岡憂国忌も無事終了しました。


 憂国忌三十九度かさねつもいまだかなはぬ烈士の想ひ


 ご参加、ご協力頂いた方々、本当にありがとうございました。
 この場を借りて、深く御礼申し上げます。
 302名もの方の参加を頂き、一部立ち見も出ました。
 座れなかった方、大変申し訳ありませんでした。
 
 私はと言えば、当日式典では「檄」の朗読を担当いたしましたが、仕事で、16日の月曜から宇都宮方面に出張し、新型ではない風邪を頂いて参りました(いらんのですが!)。
 福岡憂国忌の準備等も気になるやら、本番で声が出るか、咳が出ないか冷や冷や物でありました。
 まあ、何とか無事に大役を努める事が出来、一安心と言うところです。

 西村眞悟先生の講義は、直会の準備をしながらでしたので、所々聞き取れませんでしたが、式典の後、ホテルに会場を移しての「囲む会」では、わざわざ声をかけて頂きました。
 囲む会では、他の方々からも色々と情報を頂きました。
 何と言っても、鳩山氏なんかより小沢氏が危険と言う点は、一致しているところでしょう。
 
 ところで、トノゴジラはどんな仕事をしているのか?
 どうでも良い事ですが、コンピューターのソフトウェア技術者です。
 銀行などのでっかい奴とは違って、PC上で動くアプリケーションとか、計測器や制御器に内蔵されているコンピュータのプログラムを開発しています。
 結構硬いお仕事でしょう?

 work_desuk_1e.jpg work_desk_e.jpg
  

 私のお仕事デスクは写真のような感じですが、これは私の家ではなく会社の私の仕事場です。
 色々目に付くとは思いますが・・・・・・
 壁紙は、靖國神社の神門からの風景です。

 仕事が混んで来ましたし、忘年会シーズンに突入ですが、ゆっくりと記事の更新を始めたいと思います。
 
 「自衛隊にエールを送りませんか」・・・・継続受付中です。

 私もエールを!と思う方→  


お知らせ | コメント(3) | トラックバック(0)2009/11/25(水)20:23

自衛隊にエールを送りませんか

 私も軍事の事は詳しくありません。
 そして十数年前までは「軍隊」「自衛隊」という言葉に意味も無く拒絶反応を示していました。
 何故か?
 基本は、軍事=戦争、政治=平和と言う、夢想をいつの間にか脳内に注入されていたのでしょう。

 対外国交渉と言うものは、外交力が物を言います。
 国際政治は外交力のバランスで成り立っています。
 それは、そんな事を知らない人が善良であるようなイメージをいくら醸し出してみても、残念ながら、現実の国際社会は仲良しクラブではありえないのです。
 私は外交力と言うものは、政治力・経済力・軍事力の総合力だと思います。
 軍事力の行使は外交の最終手段ではありますが、軍事力の背景は「虎の威」の大きさでありましょう。
 最後に手を上げて喧嘩になったら、勝たなければなりませんが、「虎」が強そうであるほど、本当の喧嘩にはなり難いものです。
 
 軍事力とは、装備の量や兵隊の人数だけでしょうか、
 『艦船勤務』と言う軍歌があります。
 その一部・・・・
♪四面海なる帝国を、守る海軍軍人は
 戦時平時の別ちなく、勇み励みて勉べし

 如何なる堅艦快艇も、人の力に依りてこそ
 其の精鋭を保ちつゝ、強敵風波に当たり得れ♪

 以前も記事を書いた事がありますが、昔も今も同じです。
 この歌は海軍ですが、軍人は、自らを律しその自負によって「国防を担う誇り」を持って任を全うしていくものでしょう。
 
 一方、軍人に最前線を託す我々民間人は、「国防を担う軍人」に対しては「ご苦労様です」の気持ちを忘れてはならないと思います。
 矢面に立つ者、銃後を護る者、お互いが「感謝」「尊敬」の念を忘れずに支え合わなくては「国」は護れません。
 「自分の生きる国は、自分たちで護る」の思いがあれば、極当たり前の事だと思います。

 先日の天皇陛下御即位20年の祝賀会でお話した、自衛隊の幹部の方々も「国民が応援している」「感謝している」と言う話をしたときに、それが一番隊員の士気につながりますと話されていました。
 
 提案です。
 自衛隊の方々に、皆さんの激励・感謝・叱咤の言葉を届けたいと思います。
 今回は、私が直接名刺交換をした幹部の方々に、皆さんから頂いたメッセージを全て紙に印刷して、郵送又は手渡しで届けたいと思います。
 今回お会いした方々は皆さん陸上自衛隊の方ですが、陸・海・空を問わず自衛隊全体に向けて頂きたいと思います。
 コメント欄に-自衛隊の方々へ-と書いて下さっても結構。
 メッセージやメールフォームから送って頂いても結構。
 直接私宛のFAX 092-985-8586 に送って頂いても結構です。
 詩でも、和歌でも、俳句でも、絵でも良いと思います。
 少し時間をとって、出来るだけ多くの声を届けたいと思います。
 各ブログ等の管理人の方で主旨にご協力頂ける方は、拡散や纏めて頂ければ幸いです。
 住所・氏名は自由ですが、出来れば、住居地(県)・性別・年齢を書いて頂ければと思います。
 
 憲法で手足を捥がれ、最高責任者の首相は自衛隊を蔑ろにして政争の具としか思わず、マスコミには目の敵にされる。
 外交力の最終手段でもある軍事力(自衛隊)を支えるのは、結局、私達だと思います。


自衛隊に感謝・激励を!と思う方→  


外患・国防と領土・領海 | コメント(73) | トラックバック(1)2009/11/10(火)13:52

今度は11月12日に国旗を揚げましょう

 何の日?
 私の嫁の誕生日ではありますが、もちろん、だからと言うわけではありません。
 この日は、本年、ご即位20年となる今上陛下の「即位礼」の日です。
 今上陛下のご即位関係の祭事・式辞・国事行為は、平成2年1月23日 賢所・皇霊殿・神殿に期日奉告の儀から約1年間に渡り行なわれました。
 その中でも、11月12日は「即位礼当日賢所大前(かしこどころおほまへ)の儀」・「即位礼当日皇霊殿(こうれいでん)・神殿に報告の儀」・国事行為である「即位礼正殿の儀」が行なわれた日でありますので、前政権ではご即位20年に当たる今年の11月12日を奉祝特別休日にする法案が用意されていました。
 しかし、民主党の反対によって断念した経緯があります。
 休日であろうと無かろうと、この佳き日に国旗を揚げてお祝いをしようと言うのは、国民の自然なこころではないでしょうか。
 と言うわけで、私は国旗を揚げます。
 町中で、多くの国旗が揚がる風景が見たいものです。

   hinomaru_nuko.jpg

私もお祝いしよう!と思う方→  


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(6) | トラックバック(0)2009/11/08(日)23:23

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。