スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

外国人参政権付与、民主が調整大詰め

 しつこい民主党が、またしても『永住外国人への地方参政権付与』に動き出した。
 7月26日付け読売新聞には『外国人の生活保護世帯急増』という記事が出ていた。
 厚生労働省によると、全保護世帯は108万世帯あり、外国人世帯は、国籍別で韓国・朝鮮が最多の22,356世帯、中国の2847世帯、フィリピンの2399世帯が続くそうである。
 原因として
 「韓国・朝鮮人の高齢化やフィリピン人女性の離婚の増加などが、急増の要因とみられる。」
 としているが、主要因は違うと思う。
 特に在日朝鮮人は日本人とは比較にならない保護を受けており、安い収入で働くより生活保護を受けた方が楽でよい暮らしが出来るからである。
 日本人には、生活保護は本当に最終手段で、働けるのに保護を受けるのは恥ずかしいと言う感覚があるようだ。
 実際、私の知り合いにも母子家庭等がいくつかあるが、母親の正直な心情である。
 子供の教育にも、働けずではなく、働かずして保護を受けるのは良くないと思うと言う。
 ある意味、日本人の根底にある「恥」と「誇り」が言わしめるのかも知れない。
 しかし、外国人の多くに左様な文化は無く、働かず取れるものは取る!という輩が多いのではないか?
 人口と保護人口を見れば、そう推測するに大きな間違いも無さそうに見える。
 その様な外国人に「参政権」を与えるという民主党は何とも太っ腹である。
 しかし、その太っ腹は国を危うくする。
 民主党内でも反対があるようなので、ここで民主党への反対意見と抗議、反対派議員への激励を送ろう。
 
外国人に参政権は不要!と思う方→  


>>続きを読む

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(6) | トラックバック(0)2008/07/28(月)10:55

竹島で日韓戦闘になったら

 韓国海洋戦略研究所が主催するセミナーでの韓国の安炳泰(アン・ビョンテ)元海軍参謀総長の発言が、「独島病」に犯された韓国民に衝撃を与えている。
 元海軍参謀総長の発言で、おそらく衝撃を受けたであろう部分は、竹島をめぐり日韓で軍事衝突が起こった場合に、
 「1日もかからないかもしれない。断言はできないが、半日かからないかも…」
 と言う部分であることは、想像に難くない。
 もちろん、半日かからないのは「韓国海軍」の勝利までではなく、日本海軍!の勝利までだからである。
 と言ってもこの発言は3年以上前のことである。
 3年以上の歳月が流れ、このシミュレーションに変化があるのか、実際の戦力比較を中央日報が行っていたので、まあ読んでない方は読み物感覚で読んでいただければ幸いである。
 ただし、これを「国際裁判」でも「軍事力」でも日本有利!で笑っていては成らないのではないか?
 韓国は、その不利な状況でも、無理だらけの領土でも、自国が領土としている場所の防衛に必死である。
 もちろんその行動に「民度」を感じる事も日常ではあるが、「領土を守る!」と言う気持ちを多くの国民が持っている事は見習うべきであろう。
 そして日本は国民も政府も「民度」と「矜持」を保った上で、領土問題解決に強力な行動を取るべきである。
 国民は、韓国大使館や領事館に抗議デモをかけるも良いだろう。
 もちろん、韓国旗や大統領の写真などに不敬な事をしたり卵やペンキや火炎瓶を投げ込んだりするのではなく、合法的に粛々と、先の「日本有利」の余裕を持って「強く品性のあるデモ」である。
 政府はそのような国民の行動に押されたふりをしてでも、強く対処に出るべきであり、間違っても合法なデモを、長野のように不当に鎮圧などすべきではない。
 自衛隊が防衛するのは「竹島」も含めた日本の領土・領海であるはずだ。
 海上保安庁がしっかりとした行動が取れるように、自衛隊がバックアップする体制を作り、そして「見せる」事が重要だと思う。
 
海自は竹島巡回をしろ!と思う方→  


>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(5) | トラックバック(4)2008/07/28(月)10:06

ザ・サバイバル!北京五輪、開催近づく

 唱歌「お正月」の節で・・

 もういくつ寝ると北京五輪
 北京五輪には、マスクして、防弾チョッキで行きましょう
 早く無くなれ北京五輪


 世界中の多くの有能なアスリートの健康が、これほど心配される五輪等、有史以来存在しえたのであろうか?
 結集する選手達は、もちろん世界のトップクラスであり、各出場国からすれば、お国の宝にも等しい優秀なアスリートたちである。
 しかし、
 その、五輪が開催される北京はといえば、
 大気汚染、水質汚染、報道規制、人権蹂躙こそ世界のトップクラスだが、こと五輪を開催する都市としてのいろいろな意味での「安全性」については、お世辞にも世界の標準とさえ言えないのではないか?
 北京五輪期間中、米国・英国などの外国選手は大気汚染遮断用マスクを使用する可能性が高まっているという。
 大気汚染対策の厳しい交通規制にもかかわらず、汚染度は思うように下がらないという。
 危険は大気汚染だけではない。
 先の中国のバス爆破についてウイグル独立組織が犯行声明を出し五輪施設攻撃も予告しているそうである。
 テロについてはドイツでも厳重な警戒の元に行われた事はあるが、今度の五輪はテロ、空気、水の三重苦である。
 こんな所で五輪をやると決めた連中も酷いものだが、そこに選手を送り込むJOCの役員も首を洗っておく必要があるのではないか?
 訓練を受け装備もある自衛隊を「危険な地域」に送らないと言う人達は、有能なアスリート達を、より危険な地域へ派遣する事には諸手を挙げて歓迎している。
 マスコミは五輪切符を手に入れるのに長蛇の列が出来たと「五輪人気が凄い」と報道しているが、
 その列を撮影しようとしただけで香港の記者が当局に暴行を受け拘束された
 選手も、観客も、報道陣も、あらゆる意味で、命がけの五輪になりそうである。
 しかし、開催直前の時期に北京のホテルは予約が入らず「歓迎-閑古鳥ご一行様!」状態であるらしい・・・・。

 やめたら!と思う方→  

>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(5) | トラックバック(1)2008/07/26(土)16:08

動労千葉って何の団体よ?

 『動労千葉』という団体がある。
 正式には『国鉄千葉動力車労働組合』だそうなので、労働組合であろう。
 そこのHPに「日本政府は新学習指導要領解説書を撤回せよ」なる文字を見つけたので、これは半島の労働組合だと思ったが、なんと日本の労働組合だそうだ。
 そして、日本政府に対して独島領有権主張を弾劾するそうである。
 その『独島領有権主張弾劾』なる文書を読んでみたが、日本の労働組合等ではなく、朝鮮総聯か民団の機関誌の主張である。
 「日本政府は7月14日、韓国の独島(日本名「竹島」)を~」の書き出しは、竹島は「韓国領」と断定しているすさまじい文章である。
 「これは、体制崩壊の危機に直面する日本政府が、帝国主義的領土略奪と国益主義・排外主義の扇動で危機を突破しようとする許し難い攻撃である。」ともいっている。その昔、学生運動華やかなりし頃しばしば目にした語句が多々登場している。
 朝鮮総連や民団の工作員が多数潜伏しているのであろうか?
 私も小さな企業の『労働組合』の執行委員長を務めているが、このような半日政治団体が『労働組合』等と名乗る事は、本来の、労働者と企業の関係から大きく逸脱しており、多くの中小零細の労働者が『労働組合』=『半日政治団体』という有らぬ風評被害にさらされる事にもなる。
 労働者の多数を占める中小零細企業の労働者の事など、全く頭の隅にもない斯様な団体が『労働組合』と名乗るなど即刻やめてもらいたいものである。
 政治団体もどきであれ『動労千葉』の主張は自由である。
 私は到底賛同できる内容ではないが、広く主張したいものだと判断し『独島領有権主張弾劾』の内容を全文引用転載して紹介しておく。

7月25日 追記 
動画です。

私の竹島ですが、何か?

労働組合を名乗るな!と思う方→  


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(13) | トラックバック(0)2008/07/25(金)13:50

「竹島は日本領」中学の指導要領解説書

 昨日は「海の記念日」であった。
 我が家には国旗が掲揚される。
 何故20日に国旗を揚げるのかと質問をされるが、「明治天皇が~」と言っても馬耳東風の人が多いので、そう言う人には「私の誕生日だからだ!」と言うことにしている。事実でもある。
 本日21日は「海の日」であった。
 「幸福月曜」なるあまり気に入らない祝日であるが、こちらも国旗を掲揚する。
 「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」というのが主旨だそうである。
 この「海の日」の主旨から行けば、「領海・領土」について考える日であっても良いはずである。

 既に多くの報道があり、ブログ・メルマガでも取り上げられているが、文部科学省は中学校『社会科』の『学習指導要綱解説書』に「『竹島』は日本の領土であると記述した。
 馬鹿馬鹿しい!
 そもそもこんな事が今ごろ為されること自体が異常である。
 本来至極当然のことでニュースに等成り得ないものであるが、長年の異常事態がやや正常に向かい始めたと言う意味では確かにニュースかも知れない。
 一部の報道にあるように、それでも、常軌を逸した極低民度の隣国に『配慮』して、「日本固有の領土」とは書け無かったそうである。
 『配慮』とは如何に?
 『配慮』『気遣い』等というものは、民度の高い人間同士が、和を保つために『お互いに』先を見越して相手の琴線に触れぬようにする事である。
 そう、『お互いに』である。
 福田首相の言う『相手の嫌がることはしない』というのは、本来こういう高いレベルでの腹芸で無ければならないのであるが、どうも『盲従』とか『隷属」と勘違いしている輩が多いのには困ったものである。
 日本の主権による内政問題である、中学校社会科の学習指導要領解説書の記述が、自国の捏造したものと違うとて、日本大使館前で生きた雉(日本の国鳥)を生裂にするような民度の国等には、そもそも『配慮』等という日本語は成立し得ないのである。
 無惨な雉↓

http://image.moneytoday.co.kr/extern/2008/07/2008071718190781431_1.jpg

 また韓国はこれに抗議し、権哲賢駐日大使を本国に召還させたが、段々と捏造が日本国民に知れ渡ると、自国でのように命の危険にさらされるとでも思ったのであろう。
 大変保身感覚に優れた、賢い駐日大使である。

 大使は熨斗を付けて送ろう!と思う方→  


>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(5) | トラックバック(0)2008/07/21(月)22:13

初めて「みたままつり」に行ってきた

 先の記事の様にドタバタでも、一つぐらい良いことはあるようだ。
 急な出張が靖国神社の「みたままつり」とがちあった。
 これ幸いに、月曜日夕刻に、在京の交友ブロガーと連絡を取り、遊就館で待ち合わせて一緒に参拝する事になった。
 初めての「みたままつり」の雰囲気を楽しみ、献灯を我が目で確認し、その後杯を交わし談義に花が咲いた。
 月曜日の打合せの関係で、前日(日曜日)から上京できたのも幸運であった。

 日曜日と月曜日に撮った写真を少々紹介しておく事にする。
 腕の方はいっきゅう逸級品なのでご容赦!

 九段下駅を出たところから、普段とは全く趣が違い、何ともにぎやかである。
   mitamamatsuri_kudansitayori.jpg   mitamamatsuri_yukata.jpg

 行ってみたいな!と思う方→  


>>続きを読む


お知らせ | コメント(7) | トラックバック(0)2008/07/16(水)23:01

近況、私事三題

 私事であるが、最近ドタバタしているので、近況をつらつらと・・・

その一、
 先週より会社の開発用パソコンのハードディスクのデータが突如見えなくなった。
 昨今、若干怪しい動きをしていたので、バックアップ作業の準備をしていた矢先である。
 しかし、最近は優れものの復旧ソフトがありWindowsでも機械的に破壊されていない限り殆ど復旧すると聞いた。
 さっそく使用してみたが、なるほど時間は相当に要するが、ほぼ復旧できた。
 ところが、事はデータだけでなくOS(Windows2000)に及び、結局ハードディスクの新品購入を含め、金曜日にやっとOSが復旧したようである(多分・・そう願いたい)。
 この後、未だ開発環境のインストールというひたすら再起動を繰り返す鬱陶しい作業が残っている・・_| ̄|○

その二
 そうこうしているうちに、月曜日、火曜日打合せの出張が決まり、日曜日に上京の予定である。
 ん?これは靖国神社の「みたままつり」中ではないか?
 今年は、自身の目で献灯を確認できると言うことだ。
 昨年と同じく、無理を言って現地特派員をお願いした、「家族がいちばん」の練馬のんべさんからの極秘情報(写真付き)によれば、私の献灯はもう取り付けられているとの報告である。

    kentou_juku.jpg 

 英霊に申し訳ない国にしてはならない!と思う方→   



>>続きを読む


お知らせ | コメント(7) | トラックバック(1)2008/07/12(土)20:18

左翼が下関市長と教育長に抗議開始

 先に記事に揚げた下関の朝鮮学校の補助金集り行動の際の、教育長の言葉を、良識派の市民が応援・激励・支持している件について、サヨサヨは「ネトウヨが騒いでるけど、まともな市民は相手にしない」なんて雰囲気であったが、まともな市民の化けの皮を剥いできたようである。
 「ネトサヨ」か「工作員もどき」かは知らないが、「集り」の応援指令のメールを流し始めたようだ。
 読んで吹き出している場合では無いが、迷文なのでリテラシーの教材にしてみたい。

取りあえず集るな!と思う方→   



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(9) | トラックバック(1)2008/07/05(土)23:38

五輪招致如きに皇室を利用するな!

 7月2日付産経新聞の29面(社会面)の右側に小さく記事が載っていた。

   産経_石原妄言29面   産経_石原妄言

 Webの記事は微妙に違う様だが、石原慎太郎東京都知事が、福田康夫首相と会談し、事もあろうに、たかが東京五輪招致の最終ロビー活動に皇太子殿下のご協力を仰ぐよう政府に正式要請したという物である。
 北京政府と同じ感覚ではないか?
 皇室は、日本そのものであり、世界に唯一の存在である。
 その皇室を、しかも皇太子殿下を、今やスポンサー付で金まみれIOCの商業イベントと化した五輪招致に利用するなど、身の程知らずも甚だしい。
 五輪は他のスポーツイベントや商業イベントとは違い、政治的色彩も濃いだけに、こと皇室が動けば何と言おうと強力なバックアップには違いない。
 石原都知事が「招致の『旗頭』として活動してもらいたい!」と言っているのは、皇室の威力を良く承知しているからこそであろうが、五輪招致の『旗頭』如きに、皇太子殿下を祭り上げるなど不敬千万である。
 皇室にご足労願わねば招致すら出来ないようなら、五輪等止めてしまえば良いではないか!
 決定後、日本で開かれる五輪開会式に、皇族のご出席を仰ぐのとは、次元の違う話である。
 
 如何に都の職員に元皇族が嫁がれたからと言って、調子に乗りすぎではないか。
 そうだ、民間人であっても皇室にひけをとらない方がおいでではないか。
 都職員の黒田氏をIOCに出向させてIOCの総会に出席させるとか、民間人である黒田令夫人をJOCの名誉会長や名誉理事にお招きするとかでもよろしいのではないか?
  何と言おうと、皇太子殿下を商業五輪招致の『旗頭』にするなど絶対にあってはならないと思う。
 
7月5日 石原知事の思い上がり記事追加
 産経新聞によれば、宮内庁の野村一成東宮大夫が記者会見で「招致活動の段階からかかわることは難しい」と述べた事に対して、石原知事は宮内庁ごときが決める問題ではないと宣うたそうである。
 何が「国運」のかかった問題」だ。
 野村東宮大夫の言うように「すでに決まった式典に出席されるのとは違う話」である。
 皇太子殿下まで担ぎ出した挙げ句招致に失敗したら、二重橋で腹を切るつもりか?
 「皇太子殿下でもダメだったのだから」等と責任逃れの口実にするだけではないか?
 たかが都知事ふぜいが、思い上がるのもいい加減しろと言いたい。
 
 是非とも抗議をお願いしたい。

 <石原知事への抗議>
 東京都知事秘書室
 FAX:03-5388-1200
 東京都知事本局 第一庁舎11F北
 TEL:03-5388-2101(局長席)

 <担当部署への抗議>
 東京都オリンピック・パラリンピック招致本部企画部総務課
 第一庁舎15F北
 TEL:03-5388-2219(課長席)
 FAX:03-5388-1224

 東京都庁(代表)
 TEL:03-5321-1111

不届き者め!と思う方→   

>>続きを読む


天皇・国體・皇室 | コメント(9) | トラックバック(1)2008/07/04(金)14:48

下関市長や教育長は正常感覚

 一体何を騒いでいるのだ?
  山口県では、そもそも出さなくても良いはずの、朝鮮学校に通う生徒への補助金なるものを、本年度から、1人当たり年額1万円増額して5万円も支給している。
 下関市も山口朝鮮初中級学校に20万円と生徒1人あたり1,000円(合算で1人あたり約5,100円)もの血税を支給している。
 朝鮮学校と言えば、現在進行形で日本人を拉致し続けている、北朝鮮の工作機関「朝鮮総聯」の工作員養成機関ではないか。
 その山口朝鮮学園の金鍾九理事長や保護者らが、下関市に対し、助成を現在の約5倍にするように求めたが拒否された。
 盗人猛々しいとはこの事である。
 同席した保護者らは歴史的経緯をふまえて対処してほしい等と重ねて要望した来たので、嶋倉剛教育長は「要望において歴史を持ち出すのは筋違い」であり、その話に立ち入ることを否定する以下のような発言を行った。

  「いまの話で植民地支配と言うことに部分については歴史的事実に反しますので、それは私の方からそういう形では受け入れられない。植民地支配だということを前提に、そういう日朝併合の部分をいかにいうかは自由です。それを植民地支配だったと事実関係を変えて語ったんでは全然、事実関係は進まない。そこの部分は日朝交渉でちゃんとやっていただければいい話。そこの部分がどうだったか、皆さん方の教育に対してどのような影響があるのかは議員連盟の方でちゃんと話をしてほしい。」

 これに対して、朝日新聞等が、『いまの話で植民地支配と言うことに部分については歴史的事実に反しますので~』という部分を、『植民地支配』は『歴史的事実に反する』等とひとり歩きさせているのである。ご丁寧に、村山首相談話や教科書まで引用して、もう涙目である。

 江島市長は定例記者会見において、教育長発言についての認識を問われ、
 「補助金支援制度に対して過去の歴史を持ち込んでくると、これは筋違いだということを言おうとした。私もその通りであろうと思う」と述べた。
 
 至極当然の対応であろう。
 「言葉狩り」を趣味とする「アサヨ連合」意外に、本来問題になる様な発言ではあるまい 。

 朝日新聞に依ると、本件に関して30日までに815件の意見が、市役所に届いており、教育長の発言を支持する内容が712件、不支持が103件で、支持のうち665件はメールによるものだったそうであるが、不支持のうち何件がメールによるものかは書かれていないのは流石に朝日新聞である。
 早速某ブログでは、支持は「ネトウヨ」だけ、マトモな人は一々メールなんか出さない等と呼応しているところが「アサヨ連合」の面白い所である。
 新聞がマトモなら、斯様な集りに等しい陳情の件など、そもそも記事になるような話では無いと思うが。

 『植民地支配』は、総聯や民団、特に朝日新聞、毎日新聞等のマスコミが『日韓併合』を極悪非道の『植民地支配』と言うイメージに持って行く為に『啓発用語』として多用する。
 本来『植民地』の定義は幅広いが、一般には『国外に移住者が移り住み、本国政府の支配下にある領土』と言うところであろう。しかし、大航海時代にヨーロッパ諸国が『植民地主義』による侵略によって獲得した海外領土に『植民地』のイメージが強い為に、当然良いイメージは無い。
 
 朝日新聞は、その植民地支配時代に下の様な記事を書き、毎日新聞はハングル版の新聞を発行している。

   ハングル毎日新聞   朝日強制連行記事1
   朝日強制連行記事2   朝日強制連行記事3     

 読むほどに、極悪非道の『植民地』とは、、、、どうしても思えない・・

 しかし「アサヨ連合」はしつこいので、江島市長、嶋倉剛教育長には激励を送ろう。
 場合によっては、財政逼迫の折、各種学校に過ぎない朝鮮学校への補助を廃止するように陳情、要請でも良かろうと思う。

■下関市-教育委員会教育政策課
 〒750-8521 下関市南部町1番1号
 TEL:083-231-1560
 FAX:083-222-8333
 メール:kisomuka@city.shimonoseki.yamaguchi.jp

■下関市長への意見先(メール)
https://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/opt2/sodan/s_entry_sodan_mayor.jsp

■下関市へのご意見(メール)
https://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/opt2/sodan/index.jsp

■秘書課 担当事務
 〒750-8521 下関市南部町1番1号
 TEL:083-231-2412
 FAX:083-223-1110

下関市長も教育長もGJ!と思う方→   

>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(7) | トラックバック(0)2008/07/03(木)21:17

気が付いたら、放言・暴言をもう二年間も吐いていた。

 思えば、ブログを開設して、言いたい放題を初めて、既に2年が経過してしまった。
 
 良く飽きないな?
 私は、本来飽きやすく、三日坊主である。
 にもかかわらずブログは続いている。
 何故だろう?
 一に、この拙いブログの読者の方々、多くのご意見、助言、叱咤激励を頂いた方々のおかげである。
 二に、ブログを通じて新しい方々と知り合い、またその方々とのOFF会が楽しいと言うのも大きな要素であろう。
 三に、同じくブログを通じて知り合った方々とOFF会とは趣が異なる活動に多少足を突っ込んだ事である。
 実際何度も飽きたのだが、不思議とまた書いてみようと言う気になる。
 飽きるのも三日坊主?で復活するようである。
 
 ここに、読者の方々、OFF会でお会いする方々、活動の同志の方々、、
 諸兄には、心から感謝の意を表したい・
 
 一年目にも書いたが、この偉そうな文体は今後も続けて行くつもりである。
 深く考えずに慣れて頂き、今後ともお付き合い頂ければ幸いである。←ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

 現在は、PC環境が変わり、ドタバタとやっている最中であり、やや更新が停滞中である。
 まあいつものことかも知れないが、斑の多い更新頻度である。
 こちらにも、慣れて頂き、また寄って頂ければ幸である。

  歌共に 下手な記事吐く 我がブログ
  
  飽きつ戻りつ 数えで三つ

もっと吠えろ!と思う方→   


お知らせ | コメント(18) | トラックバック(1)2008/07/02(水)17:11

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。