スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

マッカーサーの昭和天皇への尊敬の念

 昭和天皇が、初めて東京の米国大使館において、マッカーサー元帥と面会し、陛下のお言葉を聞いたマッカーサーは興奮の余り陛下にキスしようとしたくらいだと語っていた。
 「もし国の罪をあがなうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申し出るという、この日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、その後ますます高まるばかりでした。」
 とも語っていたそうである。

_/_/_/_/_/▼国際派日本人の情報ファイルより引用▼_/_/_/_/_/

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

重光葵が伝えたマッカーサーの感動

伊勢雅臣
--------------------------------------------------------
 1955(昭和30)年8月、重光は外相として初めて訪米した。
それに際し、那須のご用邸に滞在中の昭和天皇に渡米のご挨拶を申し上げた。降伏文書調印の時以来、10年ぶりの拝謁である。

 この時、昭和天皇はもしマッカーサー元帥と会う機会があれば、「自分は米国人の友情を忘れたことはない、米国との友好関係は終始重んずるところである。特に元帥との友情を常に感謝して、その健康を祈っている、と伝えてもらいたい」と重光に依頼された。

 重光は、ニューヨークのホテルに、マッカーサー元帥を訪ねて、昭和天皇からの伝言を伝えた。元帥は「自分は日本天皇の御伝言を他のなにものよりも喜ぶものである。私は陛下にお会いして以来、戦後の日本の幸福に最も貢献したのは天皇陛下であると断言するに憚らないのである」と語った。

 マッカーサーは続けて、重要な証言をした。

 天皇に初めてお会いしたのは、東京の米国大使館内でした。どんな態度で陛下が私に会われるか、と好奇心をもってお会いしました。しかるに実に驚きました (much to mysurprise)。陛下は、まず戦争責任の問題を自ら持ち出され、つぎのようにおっしゃいました。これには実にびっくりさせられました (to my utter astonishment)。

 すなわち、「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。また私は、日本の名においてなされたすべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題でない (go ahead)。私は全責任を負います。」 これが陛下のお言葉でした。

 私はこれを聞いて、興奮の余り、陛下にキスしようとしたくらいです。もし国の罪をあがなうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申し出るという、この日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、その後ますます高まるばかりでした。

 マッカーサーは感動をこめて語った。

 重光はマッカーサーの話を聞いて感動し、これはぜひ日本国民に知らせたいものだと、元帥の会見に同席して速記をとっていたスクリップ・ハワード通信社社主のロイ・ハワード氏に頼んで速記のコピーを貰い、同席した人にも元帥の発言を確認し、帰国してから、邦訳して『読売新聞』に寄稿した。それは昭和30(1955)年9月14日付け朝刊に『天皇讃えるマ元帥 新日本産みの親 御自身の運命、問題とせず』のタイトルで掲載された。[1,p238]

 わが国の歴史上、最も聖なる場面の一つは、こうして重光の手によって記録に残された。昭和天皇の御心を体して、平和のために一生を捧げた重光こそ、陛下の大御心を伝えるに最もふさわしい人物であった。これも天の配剤だろうか。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 ポツダム宣言受諾後、昭和天皇とマッカーサー元帥の会見については様々な記録のある所であるが、マッカーサーが昭和天皇の面会要請に対し「どうせ、命乞いに来るのだろう」と高を括っていたとも言われ、面会後その場で送るべき所、思わず玄関まで行ってしまったという話も残されているようだ。

 昭和天皇とマッカーサーの会見については、こちらにも写真入りで紹介されているので、会わせてご覧頂きたい。

>>続きを読む

スポンサーサイト


靖国・近代の戦い | コメント(12) | トラックバック(0)2007/10/31(水)14:52

自治基本条例の危うさを認識すべし

 自治基本条例とは、要するに、すべての決定事項の前に住民に意見を聞くと言うのが、ポイントである。
 ここで、住民というのは、その自治体内で生活している人全体を指すので、外国人も入るのがこれらの条例の特徴となる。
 
 詳細は、自治体が提案する素案を読んで個々に対処するしかないが、「有権者」ではなく「住民」という表現を見逃さないようにしなければならない。
 特に「住民投票」「県民投票」「市民投票」等は、その対象者に注意しないと「外国人参政権」よりも始末が悪い事にもなりかねない。
 こういう場合、実際に活動を行う多くの「市民」等は、頭に「プロ」が付く事が多いからである。
 この様な条例によって、やりたい放題の「権利」「自由」を得ておいて、当該地方自治体が「破産」状態になっても「責任」も取らず「義務」も果たさないのがまた「プロ」の住民であり、苦汁を飲まされるのは、美辞麗句に踊らされた「善良な」住民である。
 
 神奈川県で、その条例を制定しようと言う動きが起こり、検討中の「自治基本条例素案」に対する県民の意見を募集しているそうだ。
 
 これを危惧する方々は、是非意見を送って頂きたいとの要請があっている。
 
 諸氏には「反対」或いは「必須条件」等の意見を、是非送って頂きたいと思う。


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(4) | トラックバック(1)2007/10/30(火)09:04

ダライ・ラマ14世 来月15日に来日予定

チベット亡命政府のダライ・ラマ14世が来日するそうだ。
チベット情勢についてここでは触れないが、ダライ・ラマ14世は、中国のインターネット検索禁止ワードになっている程嫌っている人である。
日本では何が起こるのだろうか?
昨年の来日では、「チベット問題を考える議員連盟」代表である民主党の枝野幸男元政調会長とも会談している。
昨年の民主党は、中国様にまだ余り期待されていなかった様だが、参院第一党となった民主党、「人権問題」の民主党はどうするのだろう?
党代表等が会えば中国様のご機嫌を損ねるのは間違いない。
政府は、その「民主党」の賛同?を得て、ダライ・ラマ14世との会談をセットしてはどうだろうか?
「人権問題」の民主党が会談を要求、「媚中」自民党政府が反対等の捻れ茶番劇はあるのだろうか?
民主党が多数を得ても尚、超党派の「チベット問題を考える議員連盟」だけでしか行動しないのであれば、民主党の「人権問題と外交」感覚の底が見える。

_/_/_/_/_/▼Yahoo ニュースより引用▼_/_/_/_/_/

ダライ・ラマ、来月15日に来日
10月23日1時3分配信 産経新聞

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が、来月15~23日の日程で来日を計画していることが22日、分かった。日本の仏教団体などの招きによるもので、日本政府は来日目的について「政治活動ではなく、宗教活動」として入国を受け入れる方針だ。
 チベット独立の精神的象徴でもあるダライ・ラマをめぐっては、今月中旬のブッシュ米大統領との会談や米議会による「議会名誉黄金章」の授与に対し、中国が「中国内政への粗暴な干渉だ」と反発し、米中間の外交問題に発展している。中国はダライ・ラマを「僧衣を着た国家分裂主義者」と非難し、日本に対しても入国を認めないよう求めており、日中関係に影響を与える可能性もある。
 ダライ・ラマの来日は昨年11月以来1年ぶり。日本滞在中、17~18日に三重県伊勢市内で行われる宗教関係のフォーラムに参加するほか、20日には横浜市内で仏教団体などが主催する講演会に出席する。昨年の来日では、超党派の「チベット問題を考える議員連盟」代表である民主党の枝野幸男元政調会長とも会談している

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(8) | トラックバック(0)2007/10/29(月)12:22

航空自衛隊芦屋基地の航空祭に行った

 先日、航空自衛隊の芦屋基地(福岡県)の航空祭に、元陸自現在某県警のヘリ整備士の友人と2人で(後にもう1人合流)行ってきた。
 福岡県は航空自衛隊の基地が二つもあるのに、私は航空祭は初めてである。
 写真を150枚ほど撮ったが(デジカメとは便利ですな)バカチョンデジカメと素人カメラマンの組み合わせ故ヘナチョコ写真が多い。
 しかし、せっかくなので、少し写真を載せてみる。
 展示だけの機体等は、写真を割愛するが、少しでも雰囲気が伝われば幸いである。
 (写真はクリックすると大きめの物に!)

 さて、車は渋滞するとの情報で、JR+連絡バスで行くことにする。
 電車が駅に着く直前、窓から「調査飛行」で「T-4」が飛んでいた。+(0゚・∀・) + ワクテカ +
 電車の中で「連絡バスも渋滞道路を走るのでは?」なんて、ふと思いながらも、無事渋滞もなく現着!(実は、往きは良い良い、帰りは・・・・だったのだが)

 スケジュールは以下のとおり
 00Eventjikoku.jpg

 
 まだ、早い時間だがすでに、椅子、脚立、カメラ、シート、色々持った人々が歩いている。
 バスを降りて、会場の飛行場へ向かう。

>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(4) | トラックバック(0)2007/10/25(木)17:18

「太田光の私が総理大臣になったら」で外国人参政権問題

 10月22日 投票受付完了にて追記!
 
 スタート時は反対が70%そこそこであったが、
 
 最終結果は以下の通り!
 
 反対 81%
 賛成 19%

 81%の反対を、当然の圧倒的多数と解釈するか?
 19%の獅子身中の虫を、多過ぎると解釈するか?

 私は、一安心した物の、後者に近い感触を持った。

 諸兄のご協力に感謝!

_/_/_/_/_/▲追記ここまで▲_/_/_/_/_/
 

 メールを見落としていたようだ。

 今日の放送である
 

_/_/_/_/_/▼「靖國の友より引用▼_/_/_/_/_/

「外国人参政権に反対する会」から緊急のお願いです。

日本テレビの政治バラエティ番組「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」
で今週外国人参政権問題が議論され放映されます。
 この番組の中では参政権の是非が討論されその後番組内で投票され結果が発表されます。
我が反対陣営から米田建三氏・金美齢氏・平沢勝栄氏・百地章氏が出演され弁舌をふるっていただきますが、15日(月)の録画では投票は2対1で我がほうに不利な結果になりました
この番組は視聴者も携帯等を通じて投票に参加できます。
 当然推進陣営(主として創価学会と大韓民国民団)は猛烈な票集めを行うことは瞭かです。
たかが政治バラエティ番組ですがこの時期に外国人参政権問題を俎上にあげる企画が出てくることは民団等の働きかけがあったことは推察できます。
 この緒戦とも言うべき戦いに負けるわけには参りません
 緒戦の敗退はマスコミにとって好餌となり世論調査でも不利に働きかねません
 言うまでもなくたとえ地方参政権と雖も認められてしまえば日本は未来永劫真の独立国になることは出来ません。
 愛国者である皆様のご投票を伏してお願い申し上げます。

  番組放映 10月19日(金)午後8時より
        日本テレビ系列(関東地方では4チャンネル)
  なお投票は 携帯電話番組開始1時間前から番組終了後24時間行えます。
  投票ページ(番組1時間前に更新されるはずです)
  http://www.ntv.co.jp/souri/manifesto/index.html
  最新放送のところのテーマをクリックすると、投票ページに移ります。

 その他 携帯・ワンセグ・データ放送等での投票方法
  http://www.ntv.co.jp/souri/manifesto/howto.html

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 この番組は、あの民主党のネクスト法務大臣が、リンチで殺された子の母親に「殺した方にも都合がある」と言ってのけた事が記憶にある。
 たしか自民総裁選もやったと思うが、その時は麻生氏の圧勝だったと思う。
 麻生氏の総裁選での付加得票、言い換えれば「民意」を知り寝返った自民党議員の中に、この番組の影響が多少なりともあったことは想像に難くない。
 ある程度視聴率が高い番組なので、お時間ある方は、是非お仲間共々投票して頂きたい。
 この番組で、こういう問題を取り扱うのは、芸能界に某学会や某民団の勢力が席巻している証でもある。
 折角「民意」を示す機会が提供されたので、使わない手は無い。


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(14) | トラックバック(0)2007/10/22(月)19:45

海外での自由行動と責任

 イラクで、横浜横浜国立大4年、中村聡志さん(23)が誘拐された事件では、まもなく解放されるとか、それはないとか、情報が錯綜している。
 
_/_/_/_/_/▼YOMIURI ONLINEより引用▼_/_/_/_/_/

イランで誘拐の中村さん、解放めぐり情報錯そう

【テヘラン=工藤武人】イラン南東部で、横浜国立大4年、中村聡志さん(23)が誘拐された事件で、イラン政府当局者は14日、読売新聞に対し、中村さんが同日中にも解放されるとの情報があることを明らかにした。

 ただ、同国のファルス通信は14日、この情報を否定する治安当局者の発言を伝えており、中村さんの解放をめぐる情報は錯そうしている。

 イラン治安当局は、中村さんを誘拐したのは、同国南東部を拠点とする麻薬密売組織シャハバフシュと特定。同組織との接触を図り、中村さんの救出を目指す一方、大規模な捜索を実施していた。

 この政府当局者は、「解放に向けた最終的な手続きが残っているが、現地からよい知らせが来ると期待している」と語り、シャハバフシュと当局側の交渉で具体的な進展があったことを示唆した。

 一方、中村さんの救出活動を主導する革命防衛隊の地元基地の広報担当者は、ファルス通信に対し、中村さんの解放が近いとする情報を否定。中村さんが誘拐されたケルマン州副知事(治安担当)も「何の情報も得ていない」と語った。

 同組織は、中村さん解放の条件として、治安当局に拘束されている指導者の肉親の釈放を要求していた。

 中村さんは、パキスタンを経由して今月5日にイラン入り。同州バムにある古代城塞(じょうさい)遺跡、「アルゲ・バム城塞」を見学するため、7日にバムのゲストハウスを出た後、連れ去られた。その後、中村さんは、バムから約250キロ東のシスタン・バルチスタン州ザヘダン周辺の山岳地帯にある同組織の拠点で拘束されているとみられている。

(2007年10月15日1時48分 読売新聞)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

 中村さんが拘束された場所は、最近治安が悪化しているイラン南東部のパキスタン国境付近で、中村さんは周辺諸国を回った後、今月に入ってからイラン入りしたという。
 この地域については、外務省が危険情報を出しており、シスターン・バルチスタンとケルマンの各州は「渡航の是非を検討してください」としている。
 今年8月には、この地域を旅行中のベルギー人夫婦が誘拐されている。
 他にもドイツ人やアイルランド人が誘拐されるなどの事件が起きている。
 また、昨年12月に自動車に仕掛けられた爆弾が2カ所同時に爆発するなど、治安の悪化が指摘されている場所である。
 


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(12) | トラックバック(0)2007/10/15(月)10:12

米ステルス爆撃機「B-2」、中朝全域を睨む

 米空軍は、ミズーリ州ホワイトマン空軍基地にあったB-2ステルス爆撃機4機を、グアムのアンダーソン空軍基地へ移動した。 
  これによって、中国と北朝鮮の全域がB-2の作戦範囲に入ることになる。 

       B2作戦範囲に支那・北鮮

 米国空軍の「エアフォース・タイムス」によれば、「B-2をグアムに配備したことで、太平洋地域の『潜在的敵国』に対する抑制力を確保することができるようになった」と言うことになる。
 米中露の外交は、やはり「外交の基本は軍事力」を忠実に実行していると言うことか?
 米中融和路線が既定のように見えても『潜在的敵国』に対する抑制力は担保するのが当然であろう。

_/_/_/_/_/▼Chosun Onlineより引用▼_/_/_/_/_/

米空軍ステルス「B‐2」、中朝を作戦範囲内に

 米国空軍の最新鋭ステルス爆撃機B-2「スピリット」が、北朝鮮と中国の全域を作戦半径に収めるグアムのアンダーソン空軍基地に配備された。米国空軍は9日、「太平洋地域における戦略爆撃能力の維持に向け、ミズーリ州のホワイトマン空軍基地にあったB-2爆撃機4機を、今月7日にグアムのアンダーソン空軍基地へと移動した」と、報道資料を通じて明らかにした。

 ノースロップ・グラマン社が開発したB-2爆撃機は、従来のB-52爆撃機に比べ100倍も優れたレーダー探知回避能力を誇る多目的長距離戦略爆撃機。B-2の作戦半径は約9600キロ(空中給油を受ける場合は1万6000キロ)で、グアム基地を基準とすれば、北朝鮮と中国の全域がこの範囲内に収まる。アンダーソン基地からの距離は、北京までが4500キロ、平壌までが3800キロにすぎない。米国空軍はB-2とともに、オハイオ州防衛軍所属の空中給油機兼輸送機「KC-135」もアンダーソン基地へと移動した。

 B-2のグアムへの配備は、最近、中国軍がロシア製スホーイ27戦闘機を実戦配備し、ロシアがグアム近海にまで戦略爆撃機の飛行演習範囲を拡大したことを受け、行われた。米国空軍の週刊誌「エアフォース・タイムス」はこれと関連し、「B-2をグアムに配備したことで、太平洋地域の潜在的敵国に対する抑制力を確保することができるようになった」と分析した。このように、戦略的にも重要拠点となっているグアム基地に、米軍は2004年3月以降、B-1、B-52などの戦略爆撃機を相次いで配備してきた。


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(7) | トラックバック(0)2007/10/13(土)09:25

沖縄タイムスに写真は捏造か?

 来春から使用される高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決」の記述から、日本軍の「強制」を修正するようにとの検定結果の撤回を求める県民大会が9月29日に行われた。
 これに先立ち、キャンペーンを張った沖縄タイムス紙に掲載された写真は捏造ではないかとの批判が上がっている。
 問題の写真はこれである。  okinawa_times_jiketu.jpg
 
 実は、この写真、今私の手元にある本の中にも掲載されている。
 琉球新報社発行の『写真記録 これが沖縄戦だ(大田昌秀氏 編著)』である。
 前書きの前に掲載されている3枚の写真の一つとそっくりで、恐らく同じ出典であろう。
 「これが沖縄戦だ」に掲載されている問題の写真は以下のもので、
   koregaokinawasenda000hyoshi_800w.jpg     koregaokinawasenda004bakushi.jpg

 『米軍の説明では、本島南端で砲撃による死とあるが、あきらかに手榴弾による集団自決とみられる(6月21日9』
 と説明が記されている。
 如何なる根拠をもって「あきらかに~みられる」のかは示されていないが、米軍の説明は虚実であるとしている。
 この写真のどこを見れば「日本軍の強制」が解るのか、私には理解できない。


>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(18) | トラックバック(7)2007/10/01(月)17:17

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。