スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

こんな性教育を真顔でやっているのか?

 「みんな、目を閉じてください。そして、好きな人を心の中に登場させましょう。家族の中の誰かというのは困るけど、タレントでもいいよ。想像できましたか。その人と話しをしましょう。
 手をつないで歩いたり、(中略)キスをしたり、胸をさわり合ったり。好きな人とだったらほんの少し肌と肌がふれあうのも素敵ですね。
 だんだん幸せな気分になってきましたね。
 互いのからだにふれあうことも“性交”といっていいと思います。
 もしそれが女と男だったら、勃起したペニスをワギナに入れたくなるかもしれません。
 でも、性器と性器の結合だけが性交なのではありません。
 お互い優しい気持ちで、心と心を通わせながら肌と肌をふれあえば、それもとても素敵な“性交”ですね。
 (少し時間をおいて)
 はい、目を開けて。幸せな気持ちになれたかな

 

 これはいったい何だ?
 決して、ポルノ系新興宗教の『説教』ではないのである。
 『20の授業展開例と資料で示す 中学校性教育の全貌
 という教師・学校用の性教育指導書に記述されている内容である。
 
 以前に、日本の性教育に関するテキストが、海外で『低俗ポルノ本』酷評されたと聞いたことがある。
 このテキストの事では無いようであるが、こんな『指導書』による性教育がまかり通っているとは、背筋が凍る思いである。

>>続きを読む

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(18) | トラックバック(3)2007/08/29(水)10:09

積水ハウス 営業停止

積水ハウスが営業停止を命じられた。
『ねずみ裁判』
かと思ったが、別件だった。

_/_/_/_/_/▼福島民友(minyu-net)より引用▼_/_/_/_/_/

積水ハウスを営業停止(08/27 16:08:38)

 国土交通省近畿地方整備局は27日、マンション新築工事で義務付けられている監理技術者を置かなかったなどとして、建設業法に基づき大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市)に、愛知など4県での営業停止を命じた。

 営業停止は民間工事が対象で、期間は9月11日から25日までの15日間。対象区域は愛知のほか静岡、岐阜、三重の各県。住宅やマンションの請負工事などの営業ができない。

 近畿地方整備局によると、積水ハウスは2月から3月にかけて、名古屋市北区のマンション新築工事の現場に監理技術者を置かず、同市名東区のマンション新築現場では、直接雇用関係にない専任監理技術者を配置していた。


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/

例の『ねずみ裁判』


 大阪地方裁判所
 平成18年(ワ)第7778号
 慰謝料請求事件
 原告 徐 文平


とは違って、建設業法に基づいた行政処分の様である。
我が家のすぐ近所にも、積水ハウスがマンション新築工事をしているが、義務付けられている監理技術者を置いているのだろうか?
下請け丸投げ知らんぷりじゃあるまいな。
斯様な事件を記事にするつもりでは無かったが、『ねずみ裁判』続報と思って見てしまったので、ついでに揚げておく。
以前は、『耐震技術』等で『積水ハウス』には、良い印象が在ったのだが、最近は良い話を聞かない。
技術のある企業は、折角なら、技術以外でも、クリーンで他企業の模範となって欲しいものだ。


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/08/28(火)18:37

中国が太平洋を山分けしようと米国に提案?

産経新聞(共同通信発)によると、17日付の米紙ワシントン・タイムズは、キーティング米太平洋軍司令官が最近訪中して中国軍事当局者と会談した際、中国側が、太平洋を東西に分割し東側を米国、西側を中国が管理することを提案したと報じた。


_/_/_/▼Sankei Web より引用▼_/_/_/_/_/

中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否
 
 17日付の米紙ワシントン・タイムズは、キーティング米太平洋軍司令官が最近訪中して中国軍事当局者と会談した際、中国側が、太平洋を東西に分割し東側を米国、西側を中国が管理することを提案したと報じた。米側は拒否したという。提案の詳細には触れていない。


 米太平洋空軍のへスター司令官は「空間を誰にも譲らないのが、われわれの方針だ」と記者団に述べ、西太平洋地域を米軍の影響下に置く必要性を強調した。


 米政府内の親中派の間では提案に前向きな受け止めもあったが、国防当局は西太平洋の覇権を中国に譲り渡す「大きな過ち」だと主張。日本などアジアの同盟国との関係を台無しにしかねないとして断ったという。(共同)


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 空母を造っているかと思っていたら、今度はそれを浮かべる海を寄越せと言うことか?
 一体大平洋の特に西側には、何各国が面していると思っているのだ。
 日本が、インドや豪州等と手を結び始めたのをみて、いきなり米国に直談判をしてみたと言うところか。
 すぐに、色よい返事がある等とは思っていないだろうが、提案そのものは本気に違いない。
 『台湾は日本の生命線』と言うブログでも、この記事を取り上げている。

 その中で、「この太平洋分割こそ、中国が思い描く二十一世紀における新国際秩序であるに他ならない。かつて日本が同海域を大東亜共栄圏と言う新秩序の下に組み入れたのと同様、中国もまた中国主導の秩序をそこに築こうとしているのだ。」
 と言っている。
 私も、そう思う。
 最近の中国の軍拡、特に海軍の膨張への力の入り方は尋常ではない。
 全ては、この『新国際秩序』の為であることは明白である。



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(16) | トラックバック(5)2007/08/22(水)21:53

民主党、小沢代表の秘書は韓国人女性

 聯合ニュースに載っていたが、民主党の小沢代表の秘書は、金淑賢(キム・スクヒョン)さんと言う韓国人女性だそうだ。

   


 別に違法でも無いだろうし、外国人の秘書は居るものであろう。
 しかし、今の日韓関係を考えたときに、徹底反日教育を受けた韓国の女性を秘書にする意味は何だろう?
 記事にもあるように、『駐日韓国大使館とも随時政局などについて情報交換を行っており、アジア外交を重視する小沢代表の韓日関係に対する認識にも大きな影響を与えているものと金さんは自負している。』
 つまり、諜報活動ではないのか?
 どんな友好国であっても、諜報活動は必要だし、対諜報対策は必要である。
 小沢氏は日本の国会議員で、日本の政党の党首で、次期政権を欲しがっている人である。
 私は、そのネクスト総理大臣の秘書は、韓国人でなくとも、外国人の時点で「不適切」だと思う。
 外国人の政党・国会・政府への研修等は他にもいろいろ方法はあるはずだ。



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(8) | トラックバック(1)2007/08/13(月)16:20

拉孟に、正真正銘の「従軍慰安婦」が居た。

 8月号の「靖國」に、桜林美佐氏の投稿がある。
  題名は「耳を澄ませば聞こえる 彼方からの声」

   


 桜林氏は、「ひとり語りの会」の活動をしておられる。
 『南方に北方に没した二百四十万人に及ぶ戦死者のうち、未だ戦場に取り殉されている百十五万余のご遺骨を「取り戻す」という作業も重要課題だ。しかし、これがままならないのが実情である。全てのご遺骨を日本の土に帰すことは、もはや不可能と言われる中、それでも諦めず、遺骨収集と鋲魂に尽力されておられる方々には感謝の念に堪えない。
 私は、ご遺骨を拾うことは出来ずとも、そうした英霊たちの「真心」を集め、いま一度生き返らせたいと思っている。その試みの一つが借越ながら、私が独自に始めた「ひとり語りの会」だ。語られず、教科書にも載らず、歴史からとり残され、日本人の記憶から消されつつある様々な事実を物語とし、本として書くだけでなく、その朗読を聴いてもらうことで、英霊たちの声や息遣いを蘇らせることはできないかという、大変おこがましい挑戦である
。』
 と述べておいでだ。
 その最新作が「拉孟(ラモウ)に散った花」
 中国の雲南省とビルマ(現ミャンマー)との国境付近「拉孟」で、五万人もの敵兵を相手に、僅か千三百名の将兵で百日余りも戦い、正に死守・玉砕した「拉孟守備隊」についての話であるが、私は、そこに、正真正銘の「従軍慰安婦」が居た事を初めて知った。
 思わず、画面が曇ってしまった。



>>続きを読む


靖国・近代の戦い | コメント(34) | トラックバック(5)2007/08/09(木)15:04

トノゴジラ鈴鹿8耐につきまとう?

2輪の有名なレースに、「鈴鹿8時間耐久レース」というのがある。
ライダー2名~3名で8時間走り、一番長い距離を走ったチームの勝ち!
ライダーの腕もさることながら、メカニック、スタッフのチームワークが勝負を決める。
上はワークスライダー(プロ)からアマチュアまで混走する。


下の写真は、7月29日に行われた、その鈴鹿8耐を疾走する、
ゼッケン[45]、チーム「ブルーヘルメット」のマシンである。
ラーダーは友人の小林氏である。(アマチュアだぁ)
写真をクリックして頂ければ、落書きのない大きな写真を見ることが出来る。



ところで、この落書きの↑の先は・・・・・



>>続きを読む


一息・日本の力 | コメント(10) | トラックバック(0)2007/08/03(金)13:36

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。