スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「長崎市長への七三○○通の手紙」を読んだ。

 つい最近も、「伊藤長崎市長」が銃撃され、残念ながらその一命を落とすと言う事件が有った。
 市とのトラブルだとか、城尾哲弥容疑者が半島系だとか、大物政治家が絡んでいるとか様々な情報が乱れ飛んでいる。
 犯行は、背後から至近距離で、拳銃によって行われた事は確かなようだ。
 どんな怨みがあったのか?どんな理由が有ったのかは知らないが、背後からの銃撃と言う卑劣な方法だけは許せない事であろう。
 長崎市は、市長は2代続けて銃撃されるという未曾有の事態にある。
 故伊藤長崎市長のご冥福をお祈りする。

 今回の記事の長崎市長は、故伊藤市長の話ではなく、平成2年1月18日、同じく銃撃された、伊藤市長の前任である元長崎市長の本島等氏の話である。
 事件については、ネット上だけでも情報は山程あるので、「事件史探求」サイトから簡単に紹介する。


 _/_/_/_/_/▼「事件史探求」より引用▼_/_/_/_/_/

 -経緯-
平成2年1月18日午後3時頃、長崎市長の本島等さん(当時67歳)が市役所正面から公用車に乗り込もうとした時、長崎市に本拠地を置く右翼団体所属の田尻和美(当時40歳)が至近距離からピストルを撃った。ピストルの乾いた音が響いたと同時に本島市長は倒れ病院に搬送された。田尻は周辺にいた市関係者らが取り押さえ警察に引き渡された。


病院に搬送された本島市長は緊急手術を施された。22口径の銃弾は右胸を貫通、致命傷には至らなかったが3ヶ月の重傷を負った。本島市長は「戦争は天皇に責任がある」と発言。それ以来、市長への嫌がらせや脅迫が続いており長崎県警は100人体制で警戒していたが、その警戒を解除した矢先のテロだった。


-市長の発言-
本島市長は隠れキリシタンの末裔で代々の熱心なクリスチャンであった。昭和63年12月の定例市議会で、共産党員の質問に対して「戦後43年経って、あの戦争が何であったかという反省は十分にできたと思います・・・私が実際に軍隊生活を行い、軍隊教育に関係した面から天皇の戦争責任はあると、私は思います」と発言。同日の記者会見でも「天皇が重臣らの上奏に応じて終戦をもっと早く決断していれば沖縄戦も広島・長崎の原爆投下も無かったのは歴史の記述から見ても明らかです」と重ねて発言した。


本島市長の発言は国民の間に賛否両論の意見が沸騰。本島市長も「覚悟の発言です」と発言の撤回は一切ないことを示唆した。これに対して、全国の右翼団体が抗議活動を始めた。長崎市に街宣車が終結し本島市長に抗議声明やビラを撒いたりと物騒な状態となった。


そんな中、地元に本拠を置く右翼団体所属の田尻がピストルを隠し持って市長が市役所から出てくるところを狙い打ちした。田尻は警察の取調べで「昭和天皇には戦争責任がある」との発言に対して憤慨、反発のため銃撃したことを自供した。平成12年刑期満了で出所。同右翼団体の創始者と養子縁組してNo2の幹部となっている。

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 当初抗議・糾弾の手紙・メール等が多かったが、この事件の後、急激に賛同・擁護・応援の手紙が増えて、双方合わせて7300通あまりの手紙等が、市長宛に届いた。
 「長崎市長への七三○○通の手紙」は、この手紙から215通ほどを抜粋して掲載した物である。
 
   



>>続きを読む

スポンサーサイト


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(13) | トラックバック(1)2007/04/29(日)00:00

今日から、国旗を掲揚しよう!

 国民の祝日には、国旗を掲揚しよう
 
 今日4月28日は、深手を負いつつも、日本が連合国の占領から主権を回復した、言わば「再独立記念日」である。
 独立国として、主権を回復した日は、やはり祝日だと思う。
 
 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)
 一部改正  平成17年5月20日法律第43号
       平成19年1月1日施行

 
 には、今日の日は指定されていないが、私は、祝日として国旗を揚げることにした。
 
 また、今日以降、先の法律では

 昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
 憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
 みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
 こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

 と、能書きはともかく、祝日が続く。
 
 「春分の日」依頼1ヶ月以上眠っていた国旗を、存分に、はためかせてあげようではないか!
 
 


 「再独立記念日」の今日、少しサンフランシスコ条約の復讐復習をしておくのも良いかも知れない。



>>続きを読む


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(16) | トラックバック(0)2007/04/28(土)15:58

日本帝国海軍の「武士道」

 昨日、フジテレビの「アンビリーバボー」で帝国海軍駆逐艦「雷(いかづち)」工藤艦長以下乗組員の偉業が、取り上げられた。
 この偉業は「敵兵を救助せよ」(惠隆乃介氏 著)で紹介されている物である。
 友人から聴いたが、残念ながら私は見ていない。
 本も読んでいない。
 何処かに動画は無いだろうか?
 ご存じの方は教えて頂きたい。
 
 この駆逐艦「雷」工藤少佐の偉業とは...


 日本の駆逐艦「雷」の艦長だった工藤は、1942年3月1日にスラバヤ沖で撃沈された英国の軍艦2隻の乗員422名を救助した。
 戦闘中の危険な救助作業をあえて命じ、英国人を前に貴官らは名誉あるゲストだと名スピーチをした。
 オランダの病院船に引き渡すまで、体力回復にも腐心した。
 マレー沖海戦で沈めた戦艦の漂流者にも日本の駆逐艦や飛行機が銃弾を浴びせなかった逸話は、米軍の乱暴な無差別機銃掃射としばしば比較される。 
 工藤は山形の人であるが、健康を害して終戦直前に待命になった。
 彼は生前功を誇らない謙虚な人柄であった。
 死後に英国の軍人からその偉業を聞いた惠隆乃介氏が埋もれていた感動的な秘話を書物に再現していたものだ。


 「国際派日本人養成講座」のHP(メルマガ)に本件が少し詳しく書いてあったので紹介しておきたい。



>>続きを読む


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(12) | トラックバック(5)2007/04/20(金)13:50

「国史画帖 大和櫻」その3

 「国史画帖 大和櫻」も「その3」になる

 今まで見ていて思うのは、「忠臣」は美しく、強く、たくましく、「逆臣」は正に悪人に描かれていて、見れば分かる・・・という気がする。

 では、まずはこれ!

 ご存じ、五条の橋での「弁慶と牛若丸」でありんす!
 
      

  「義経、鵯越えの奇襲」

      



>>続きを読む


国史画帖 大和櫻 | コメント(8) | トラックバック(0)2007/04/19(木)18:39

国民投票案 最低投票率は必要か

 憲法改正の国民投票案が衆議院を通過し参議院へ送られた。
 この法案について、最低投票率の規定を盛り込むべきだと言う論議が、野党・マスコミ・弁護士会等からぞろぞろ出ているようだ。
 
 朝日新聞が、電話による「全国世論調査」を行っている。


_/_/_/_/_/▼asahi.comより引用▼_/_/_/_/_/

国民投票法案、79%が最低投票率は必要 朝日新聞調査
2007年04月16日19時06分


 朝日新聞社が14,15の両日実施した全国世論調査(電話)によると、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、「投票率が一定の水準を上回る必要がある」と考える人が79%に上った。法案の今国会での成立には「賛成」40%、「反対」37%と意見が分かれた。安倍内閣支持率は40%、不支持率は38%で、前回調査(3月31日と4月1日)の37%対43%から回復した。支持が不支持を上回るのは、1月以来3カ月ぶり。


 13日に衆院を通過し、参院で審議が始まった国民投票法案には、改正のために必要な最低投票率などの規定は盛り込まれず、有効投票の過半数の賛成があれば、投票率の高低にかかわりなく、憲法改正が成立する。質問では、こうした説明をした後、投票率が一定の水準を上回る必要があるかどうかを聞いたところ、「必要」が多数を占め、自民、公明支持層でもほぼ8割。民主支持層では9割近かった。


 法案の今国会成立には20、30代でほぼ5割が「賛成」で多数だが、40代以上では反対がやや上回った。回答を保留した「その他・答えない」も全体の23%あった。


 内閣支持率は、男性では支持36%、不支持46%と前回からほぼ横ばいだが、女性は支持44%(前回39%)、不支持30%(同38%)と支持が拡大、とくに若年層でその傾向が強い。公明支持層の内閣支持が前回の46%から58%に回復、内閣支持率低下が続いていた無党派層でも22%→27%と初めて上向きとなった。


 不支持の理由で「政策の面」を挙げた人は全体の21%で前回の25%から減少。政策面の拒否感の低下が支持回復につながった様子がうかがえる。


 政党支持率は、自民31%、民主14%などで前回とほぼ同じ。無党派層は50%から46%に減った。


_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 へぇ~、自民、公明支持層でも8割が「必要」と思ってるのか?
 と思う気にさせてしまうところが、さすが朝日新聞である。



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(10) | トラックバック(1)2007/04/18(水)12:28

米国議会報告書は「慰安婦の組織的強制徴用」は無かった!

 産経新聞によると、米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。

>『同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも』
・確かに矛盾というか、迷彩塗装した玉虫みたいだった。亜米利加に言われる前にきっぱり言って欲しかった。


>『焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。同報告書はさらに決議案の日本側へのこれ以上の謝罪要求に懐疑を示し、賠償を求めれば、日本側から原爆の被害者への賠償請求が起きかねないという懸念をも表明した。』
・やはり、原爆に話が行くのは防止したいだろうな。
 良識ある米議会と言うべきか、ひょうたんコマで外務省の裏ロビー活動GJか?


 細かいところは突っ込みどころが多いが、まずは主要部の事実認定と言うことで歓迎すべきであろう。


_/_/_/_/_/▼Sankei Webより引用▼_/_/_/_/_/

「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書
 
 【ワシントン=古森義久】米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。同報告書はさらに決議案の日本側へのこれ以上の謝罪要求に懐疑を示し、賠償を求めれば、日本側から原爆の被害者への賠償請求が起きかねないという懸念をも表明した。


 議会調査局の専門家により3日付で作成された「日本軍の『慰安婦』システム」と題する同報告書は議員の審議用資料で23ページから成る。


 いわゆる慰安婦問題の主要争点とされる「日本軍による女性の強制徴用」について同報告書は「日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろう。とくに朝鮮半島ではそうだった」と述べ、いま下院に提出されている慰安婦問題での日本糾弾の決議案が「日本軍による20万人女性の性の奴隷化」という表現で非難する日本軍による組織的、政策的な強制徴用はなかったという趣旨の見解を示した。


 しかし同報告書は安倍首相らの強制徴用否定の言明について(1)慰安婦システムの一部分である「徴募」だけの否定の強調は軍が大きな役割を果たした慰安所の設置や運営、慰安婦の輸送、管理などを矮小(わいしょう)化する(2)一部の言明は徴用にはいかなる軍の強制もなかったと受け取られ、日本政府自身の調査をも含む元慰安婦らの証言に矛盾する-と批判し、「強制性」の最大の論拠としては2002年に米英両国で出版された「日本の慰安婦」(田中ユキ著)という英文の書を挙げた。


 同報告書はその一方、日本政府が慰安婦問題に対して1990年代前半から「アジア女性基金」の設立などで謝罪や賠償の努力を重ねてきたことを詳述し、「同基金は元慰安婦たちに償い、助けるための日本政府の真実の努力だ」して、女性たちによるその基金からの賠償金の受け取りを韓国政府が事実上の脅しにより阻んだとして非難した。同報告書はとくに賠償について政府間ではすでに対日講和条約や日韓関係正常化で解決ずみとの見解を示し、もし諸外国が日本にいま公式の賠償を求めれば、「日本側は戦争中の東京大空襲の死者8万人や原爆投下の被害への賠償を求めてくる潜在性もある」とも指摘した。


 下院決議案は日本の首相や政府に改めて謝罪の表明を求めているが、同報告書は河野談話や歴代首相の「アジア女性基金」賠償受け取りの女性への謝罪の重要性を強調し、「それでも不十分だとする批判者たちはなぜ不十分なのか理由を明示していない」として、謝罪要求への懐疑を明確にした。同決議案はさらに米側の一部が「日本の国会での謝罪決議」を求めることに対しても、「そうした決議が成立する見通しはきわめて低い」として、この種の要求の非現実性を指摘する形となった。

(2007/04/12 07:37)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(16) | トラックバック(5)2007/04/12(木)19:16

輝く海軍寫眞帖その3

 海軍に入るというのは結構競争率が高かったらしい。

 勉強して合格しても、半年後に再検査がある。 見事合格すれば憧れの水兵服


      

 そして、晴れて 入団式! 海軍は「入団」、陸軍は「入営」と言っていたそうな。

   



>>続きを読む


輝く海軍寫眞帖 | コメント(12) | トラックバック(2)2007/04/11(水)18:02

「矜持」という歌をご存じか?

 矜持

受け継いだもの忘れないで
いつも心に思い描いて
そして繋げる次の世代へ
共に歩んで行く末来日指して

あの原子爆弾 2個もってして
焼き尽くせなかったもんですぜダンナ
あんな惨禍超えてきたんだ
やっぱ日本てスゲー
少ない鉱物資源
核という名の人体実験
克服してきた人材人間の
子孫がここにはいっぱいいるぜ
日清・日露・大東亜聖戦
江戸・明治・大正・昭和・平成の
経験が詰まった先人の英知に
今こそ学べ 前進の精神
こそが何ものにも換え難い
未認定無形重要文化財
逆襲の日本さあ来るぞ
まずは心に核武装


日本 美しき国
日本 日が昇る国
日本 素晴らしき国
日本 日本 日本
日本 神の住む国
日本 大好きな国
日本 俺達の国
日本 日本 日本 日本



>>続きを読む


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(8) | トラックバック(4)2007/04/07(土)16:00

中国の温家宝首相が池田大作氏に会いに来日

_/_/_/_/_/▼外務省発表より引用▼_/_/_/_/_/

温首相4月11日来日・外務省発表

 外務省は27日、中国の温家宝首相が4月11日から13日まで来日すると正式発表した。安倍晋三首相との会談は11日。12日に国会で演説し、13日には京都を訪問する予定だ。中国首相の来日は2000年10月の朱鎔基首相(当時)の来日以来。塩崎恭久官房長官は27日午前の記者会見で「戦略的互恵関係の構築という新たな指針について議論を深められるのは有意義だ」と語った。(13:01)

_/_/_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 戦略的互恵関係の構築?、意味不明である。
 私の頭が悪い勢なので、気にしなくてよろしい。
 ただ、悪い頭は、中国の戦略的主従関係構築の間違いでは無いのかと思ってしまうのである。


 国会で演説する予定も有るという。
 インドのシン首相の演説は、殆どのマスコミが黙殺したが、今度は1面トップか?
 韓国に寄ってから来日するらしいが、日本は韓国の弟分と思っている韓国には良いプレゼントであろう。
 来日中に、天皇陛下にも表敬訪問されるらしいが、先に訪日した江沢民国家主席は宮中晩餐会で、あろうことか

 「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々に大きな災難を齎した

 と無礼千万な発言を臆面もなく行っている。
 温家宝首相は何と言うのだろうか?
 
 毎朝聞くラジオの報道では、この後の要人往来計画は既に出来ていて、
 1)まず安倍総理の訪中、
 2)その次が、要人よりも驚いたのだが、何と中国海軍が「五星紅旗」を掲げての東京湾入港だそうだ。
 3)さらに、海上自衛隊が「日章旗」と「海軍旗」を上げて「青島」に入港する。
 4)そして、北京五輪開会式に皇太子殿下・妃殿下のご出席。
 録音した訳では無い、しかも、我が地元の「朝日放送」であるので、本当かいな?と思う。
 ただ、例の「自衛隊はイラクから夜逃げのように撤退した」と宣った御仁が、1)4)に比べて2)3)を伝える時に露骨に嫌そうな話し方が印象に残っているので、言ったことは間違いないであろう。
 
 私は、3)だけを、然もインド→インドネシア→台湾→中国の順で行って欲しいのだが。。。


 そして、恐らく主たる目的は、創価学会の池田名誉会長との会談ではないのか?
 内容は問題ではない。
 一国の首相が、恐らく公賓として来日中に、一宗教団体の名誉会長と会うという事実こそが重要なのだ。
 ローマ法王と肩を並べる存在なのか?



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(18) | トラックバック(1)2007/04/06(金)19:03

「国史画帖 大和櫻」その2

作業はなかなか進まないが、「国史画帳 大和櫻」のその2である。

まあ、たらたらと眺めて頂ければと思う。

まずは、富士山も美しい「仁田四郎忠常の高名

 
 




尚、今回から拡大した絵は別ウインドウで開きます



>>続きを読む


国史画帖 大和櫻 | コメント(12) | トラックバック(0)2007/04/06(金)09:47

「従軍慰安婦」は「南京」の前奏曲か

 米の「ホンダ」なる中国の子飼い議員の活躍によって、米議会で「従軍慰安婦」というフィクションが採決されようとしている。
 採決は5月に延びたという話も伝わっている。
 最初は「ホンダ」の影は「コリア」だと思っていたが「中国」だった。
 何故に中国が「従軍慰安婦」かと思っていたが、中国の「宣伝外交」の次の目玉「レイプ・オブ・南京」の前奏曲じゃないか。
 「日本軍は悪」という意識を植え付ける為の物である。
 時代劇じゃないが、毎回悪代官が企みをする商人が「越後屋」ばかりだと、「越後屋」が登場すれば「悪人」と思ってしまう物だ。
 そのタイミングで、既に10本は作られているという反日映画「南京」の五月雨攻撃が開始される。
 「原爆」の覆いにこれを使おうとする亜米利加人までが加担しているのも始末が悪い。
 
 しかしこれを、指をくわえて見逃して良い訳がない。
 既にご存じの方も多かろうが、日本でも、「南京の真実」を伝えようと、日本文化チャンネル桜 代表の水島総氏等が立ち上がり、『映画「南京の真実」製作委員会』が発足した。
 
 

 日本国内のみならず、世界中で公開して頂きたい物である。
 ほんとうに些少ながら、私も支援を送った。
 私は、どちらかと言うと、この様な「カンパ」には慎重な方である。
 今回は、仮に無駄になろうと送らずには居られなかった。理由はうまく説明できないが・・・・
 ここにおいでの皆さんには支援をお願いする物ではないが、この映画製作の応援を是非お願いしたいと思う。
 勿論、完成した暁には、国内では多くの方に見て頂いて、南京のフィクション思考から脱却して頂きたい。
 その時は、皆さんにも宣伝をお願いしたいと思う。
 
 中国に魂を売った、国内の国賊達やマスコミは必死になるだろう!
 自分の生まれ育った国を侵略しようとする国と結託して何がしたいのだ?
 中国にとって不要になれば、即廃棄されるだけだろうに!
 こんな奴らに、この日本をどうこうされてたまるか!
 
 どうして、自分の生まれ育った国を愛せない!どうして裏切る!情けない
 究極の選択を考えてみれば簡単なはずなのに・・・・
 
 祖国の為に死ぬか
 中国の為に死ぬか
 
 
 そう言えば、そのプロパガンダ爆弾「レイプ・オブ・南京」は50万部を超えるベストセラーとなり世界的に話題になった。
 しかし、同書の日本語訳が、この翻訳大国日本でいまだに出版されていないのは、言われてみれば一つの謎ではある。
 
 理由を拓殖大学の藤岡教授が「正論」で語っている。



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(13) | トラックバック(3)2007/04/02(月)11:14

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。