スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

日本の漢字文化を廃らせてはいけないと思う

 私は情けない事に漢字があまり書けない。
 パソコン等を使用すれば、辞書が豊富で、相当にややこしい漢字も使える訳だが、読むのに比べて圧倒的に書けない。
 しかし、当て字等、漢字を使った遊びは好きである。
 一つの文字に、意味があり、物によっては、いくつもの意味がある。
 同様に、読み方(発音)が幾つもある。
 世界中探したって、なかなか無いじゃないか。


_/_/_/▼SankeiWebより引用▼_/_/_/_/_/

◆【主張】創作四字熟語 豊かな漢字文化の再興を (産経 06/12/24)


 師走に入って、漢字にまつわる2つのニュースが目に留まった。1つは、日本漢字能力検定協会による恒例の世相を表す漢字が今年は「命」に決まったというものである。悠仁親王殿下のご誕生や、いじめ自殺多発など、明暗取り交ぜて、命について考えることの多かった1年だった。


 もう1つは、住友生命が公募した今年の世相を映す「創作四字熟語」である。


 「虚業無常」(諸行無常)、「再就団塊」(最終段階)、「産無人科」(産婦人科)、「少子恒例」(少子高齢)など、実にわさびの効いた庶民の批判精神があふれていて、思わずにやりとさせられた。


 このもじりの滑稽(こっけい)味から連想されるものに江戸期の狂歌師のペンネームが挙げられる。


 朱楽菅江(あけらかんこう)、子子孫彦(このこのまごひこ)、釈氏定規(しゃくしじょうぎ)、酒上不埒(さけのうえのふらち)、智恵内子(ちえのないし)、昼寐興兼(ひるねのおきかね)…など、名を聞くだに噴き出してしまいそうになる。


 日本人が漢字を取り入れて千数百年、自家薬籠(やくろう)中のものとして自在に操ってきた漢字文化の一側面が、今に脈々と流れ来ていることに一種の感慨を抱かずにいられない。


 仮名やローマ字を表音文字というのに対して、漢字は表意文字といわれるが、意味だけでなく字形と字音とを兼ねた語を表す表記符号だ。


 だから、今年の世相を表す文字として「命」という漢字が強い輪郭をもって印象づけられ、記憶されるのである。ちなみに阪神大震災やサリン事件のあった平成7年は「震」の字が選ばれている。


 「少子恒例」のような文字遊びも、「しょうしこうれい」と、仮名で書いたのなら、なぜそこに滑稽味が生じ、なぜ笑い飛ばすような批判精神が盛れるのか誰もなかなか理解できないであろう。


 漫才や落語のような話芸でも、そこに笑いを生じさせるのは、無意識的に音声を漢字に翻訳することで、言葉の二重性とそのアンバランスな取り合わせを認知するからだ。


 思えば戦後の国語政策は国語を表すのになくてはならないその漢字を排斥する方向で進められたのは残念なことであった。豊かな漢字力があれば文字遊びも一層興隆し、漢字文化を底上げするであろう。


 常用漢字の見直しに当たっては、思い切って戦後国語政策からの脱却を打ち出すようなかじの切り替えを期待したい。
_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む

スポンサーサイト


国旗・国歌・文化・伝統・教育・躾 | コメント(18) | トラックバック(0)2006/12/25(月)15:23

署名された「カイロ宣言」の存在は確認されていない。産経じわり反省

 先に揚げた「カイロ宣言」の件だが、新展開が在った。
 「台湾の声」の再質問に「回答」が在ったわけではない。
 しかし、「SankeiWeb」で特集している台湾の教科書問題の中で、台湾の研究者の主張の後に、短いが「実際、署名された「宣言文」の存在は確認されていない。」と明記している。
 
_/_/_/▼SankeiWebより引用▼_/_/_/_/_/
歴史再評価、台湾で一歩 教科書刷新
 
 【台北=長谷川周人】台湾の高校歴史教科書が、今年9月から使われている改訂版で様変わりした。古代王朝に始まる「大中国主義」の歴史観を貫くこれまでに対し、改訂版では台湾史を中国史から切り離し、系統的に学ぶ。日本の台湾統治が「章」として初めて取り上げられ、インフラ整備などプラスの側面にも言及されている。史実を客観視しようとする姿勢は、台湾の歴史再評価を促す一歩となりそうだ。


 改訂版は台湾の独自性を強調する陳水扁政権の教育指針を反映している。最大野党・中国国民党は「中華民国が中国全土の正統政権」という建前から教科書の改訂について「祖国の歴史を分断するものだ」と反発してきた。


 しかし、民主化と「台湾化」が進む中、李登輝前総統は1997年、中学1年の教育課程に「認識台湾(台湾を知る)」という科目を導入。実質的に初めて授業で台湾史が取り上げられた。この第二弾として陳政権は高校生が必修科目で使う歴史教科書の抜本改定に踏み切った。


 新しい教科書は8冊が当局検定を通過し、うち5冊が実用化されたが、国民党政権下ではタブー視されてきた軍による住民弾圧の「二・二八事件」(1947年)や民主化活動家が弾圧された美麗島事件(1979年)などを詳述。一方で台湾独立の根拠となる「地位未確定論」にも言及している。


 台湾の主権は一般に「満州、台湾、澎湖諸島は中華民国に返還される」とした「カイロ宣言」(43年)を踏まえ、この履行を日本が受諾した「ポツダム宣言」(45年)、さらに領有権放棄を明言したサンフランシスコ講和条約(52年)などにより、確定的になったと認識されている。


 この解釈が中国が台湾領有権を主張する根拠ともなるが、台湾の研究者による調査では、カイロでの合意は法的拘束力に欠ける「プレス・コミュニケ(公報)」であって「宣言」でなく、台湾の帰属は講和条約以降、「未確定」という主張が台湾で広がっている。実際、署名された「宣言文」の存在は確認されていない。



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(6) | トラックバック(2)2006/12/22(金)11:51

 インドのマンモハン・シン首相の演説に思う

 インドのマンモハン・シン首相が来日され、衆議院で演説をされた。
 シン首相の言葉を借りれば「世界で最も大きい民主主義国」の首相が「世界で最も進んだ」民主主義国の国会で演説した事になる。
 
 演説は、1990年初頭のインドの経済危機に対する日本の支援への御礼等も含まれていたが、私は以下の部分に思わず目が潤みそうになった。
 
 「戦後、パール判事の下した信念に基づく判断は今日に至っても日本で記憶されています


 議場には大きな拍手が湧いた。
 この後、何度か拍手は湧くが、私にはこれが一番印象に残った。
 
 議員達はどの様に聞いたのであろうか?
 
 そして、
 「私は92年に財務大臣として来日しましたが、その時に受けた感動は忘れられません。90年代初頭、インドは深刻な経済危機に見舞われましたが、日本は迷うことなく支援を続けてくれました」
 との感謝の言葉もあった。
 
 日本との戦後処理は既に完全に終わっていること。
 日印の貿易額が、韓印とほぼ同じ、これは変えなければならない事。
 
 内容が多く、深い演説に感じられた。
 
 さらに、先にも書いた様に、
 「日印は、自由、民主主義、基本的権利、法の支配といった普遍的に擁護される価値を共有するアジアの大国です
 とも述べれれた。
 
 ご近所の国々とは違うと感じないだろうか?
 この後、天皇陛下との懇談もされている。
 来年2007年は「日印友好」の年でもあり「日印観光交流」の年でもある。
 「有効」ばかり露骨に表す国ではなく、この様な国とこそ、「友好」を築くべきではないのか。
  
 勿論、「友好」以前にインドは政治的にも地理的にも重要な国である。
 麻生外相の言う、所謂「自由と繁栄の弧」のキーとなる国でもある。
  
 経済界も少し顔を洗って、目を覚ましてはいかがか?
 そう言えば、対中投資は30%以上減っているとか。
 もう、目は覚め始めているのだろうか?
 
 
 インドって何処にあるんだ?
 もちろん、「アジア」にあるんだよ!
 何時も「アジアを大切に!」と唱える皆さん、よろしくね。
 
 
 国会での演説の動画はここ↓
 http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=32990&media_type=rb
 何はともあれ、自分の目耳で直接感じて下され。


一息・日本の力 | コメント(11) | トラックバック(1)2006/12/19(火)13:58

「日本国憲法」を考える(2) 第一章 天皇

 前文からかなり時間が経ったが、ようやく「天皇」について書いてみる事にした。
 私のような知識・語意の少ない頭では、考えていることを上手く表現できずにいた。唯一最初からはっきりしていたのは、
 「天皇は日本国の元首であり、皇位は皇室典範の定める所により皇男子孫が此を継承する」
 焦点はここだと思っている。


_/_/_/▼日本国憲法より引用▼_/_/_/_/_/


 第一章 天皇


第一条【天皇の地位・国民主権】
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。


第二条【皇位の継承】
 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。


_/_/_/▲_引用ここまで▲_/_/_/_/_/


 以下については、詳細な記述はあるが、全てこの第一条と第二条を変えてしまえば、付随する物だと思う。


(以下 放言・暴言 案)


第一条 【天皇の地位】
 天皇は、日本国の元首であって、日本国民を含む日本の国体の象徴である。


第二条 【皇位の継承】
 皇位は、皇室典範の定める所により、皇男子孫がこれを継承する。


以下略


 ここがやはり「日本国憲法」の肝というか、日本という国体の肝だと思う。
 だからこそ、連合国も何とか天皇制を破壊しようとした。
 しかし、出来なかったのだ。
 天皇制がどれだけ素晴らしいものであるのか、私の言葉ではなかなか言い表せないが、
「反日ワクチン」さんが素晴らしいエントリーをされているので、是非一読頂きたい。

 モルデカイ・モーゼ著・あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」
 
 この著書を引用されてのエントリーだが、私は全く知らなかった話しだ。
 大思想家ジャン・ジャック・ルソーの言葉に「我もし随意に祖国を選べといわれれば君主と国民との間に利害関係の対立のない国を選ぶ。しかし現実にそのような国があろうはずもないから、止むを得ずその代替物として民主主義国を選ぶ」これだけは聞いたことが有るのだが、その理想の「君民共治」が日本にあった。
 ご存じの方も多いとは思うが、もしご存じなければ、ご覧になって頂きたいと思う。



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(39) | トラックバック(5)2006/12/13(水)13:02

韓国にも、安秉直名誉教授のような考えがあるんだ

 韓国の安秉直(アン・ビョンジク)ニューライト財団理事長(70歳、ソウル大学名誉教授)は、先月30日の教科書フォーラム(常任代表:朴孝鍾)による代案教科書シンポジウムで、日韓併合、慰安婦問題などに持論を展開して、4・19革命同志会員らに胸ぐらをつかまれるという騒ぎがあった。


_/_/_/▼韓国版オーマイニュースより引用▼_/_/_/_/_/


◆「4・19団体の暴力、法的責任問う」 (韓国版オーマイニュース)


  2日午後に麻浦区のニューライト財団事務室で会った安秉直(アン・ビョンジク)ニューライト財団理事長(70歳、ソウル大学名誉教授)は、登山服姿だった。先月30日の教科書フォーラム(常任代表:朴孝鍾)による代案教科書シンポジウムで4・19革命同志会員らに胸ぐらをつかまれるという侮辱を受けたが、大きい負傷は無さそうだった。安教授は最初に「物議をかもして国民に申し訳ない」と述べた。 <中略>


  しかし安教授は、日帝植民統治が韓国の近代化に寄与したということと、韓米同盟によって韓国が体制を維持できたということ、朴正煕軍事政権の経済努力に対しては、確固たる信念を表明した。


  まず安教授は、教科書フォーラムの代案教科書が日帝強占を正当化した日本の「新しい歴史教科書をつくる会の主張と似ているとの指摘に対して、「草案を読んでいないから」と一蹴した。また、「日帝時代、土地収奪は無かった」として、「親日派だ、『つくる会』と考えが同じだ、と批判されても、私は(日帝の土地収奪があったという)そんな事実を受け入れることはできない」と述べた。


  しかし安教授は、自分の主張はあくまで韓国の近代化過程に関する歴史的評価であって日帝強占の美化ではない、という点を明確にした。教授は、「日本人の制度改革は、近代的制度に近い改革だと評価しうる」としながらも、「しかし日本人が朝鮮人のためにしたというのは、話にならないことだ」とはっきり述べた。


  従軍慰安婦の記述を落としている、とか、抗日武装独立運動を意図的に縮小している、という非難に対しても、「現在の歴史の中心軸におくべきではないからだ」と述べた。更に、「(日本軍隊慰安婦問題などを)落とすことはできない」として、なんらかの形で代案教科書に載せる予定だと語った。


  ただし安教授は、日本軍慰安婦に関して「みな貧しさから出たことだ」「親が貧しくなければ、どうして自分の娘を売ったりするものか」と述べており、論難が予想される。教授は、「そんな事実(貧乏)については一言も言わないで、『倭奴(ウェノム)が無条件・強制的に捕えて連れて行ったから慰安婦になった』と言っているが、そんな話はウソだ」と主張した。


  以下は安教授との一問一答だ。



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(20) | トラックバック(1)2006/12/08(金)10:31

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。