スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

東海新報のコラムに思う。

東海新報のコラムに、当たり前の事が書いてあった。
しかし、谷垣氏までもが蜜罠にかかっていたとは初耳だが、言動を見ると宜なるかなでありんす。
産経新聞ご購読の方は「中国の対日宣伝工作についての特集」も合わせてお読み頂きたい。


_/_/_/▼Web 東海新報 コラム【気仙坂】より引用▼_/_/_/_/_/


指桑罵槐の裏を読めば
 
☆★☆★2006年07月25日付


 よくやるよ――と思うのが中国の日本懐柔策あの手この手である。産経新聞が昨日付から中国の対日宣伝工作について特集を始めたが、そのタイトルに「友好の舞台裏」とあって、まさに表では友好を口にしながら、裏ではいかに日本国内世論を分断するかと秘術を巡らす中国政府の手口を紹介している。
 内容を要約すれば、要するに中国政府は利用できるものは徹底的に利用し、利用できないと分かる相手はこれまた徹底的に排除し、日本国内に親中派を増殖するため戦略的に宣伝工作を続けているというものである。
 こうした工作は中国のお家芸で、むろん相手に気づかれてはならない。さりげなくしかも当地方言でいえば「こそろに(こっそりと)」やるのをよしとする。これは情報戦の常道で、戦前から今日にいたるまでこうした老獪なやり方で日本はずいぶん煮え湯を飲まされてきた。なにせお人好しの国民性だから、あっさりとだまされる。日中友好とは決して互恵ではなく、あくまで中国を利するものでなくてはならないという原則を見抜かないとあとでホゾをかむことになりかねない。
 だが、現実には相手の思うツボにはまりつつある。これは中国四千年の歴史が育んできた生き残り術の精華であって、いかに相手を幻惑するか、戦わずして勝つかは「孫子の兵法」を生んだ国らしく極意に富んでいる。それに気付かず「日中間のノドに突き刺さった骨を取り除かなければならない」などと善意オンリーで取り組んでいると、しらず国益をおかす結果を招くことがあり得るのである。
 しかし日本人とてそこまで極楽とんぼでいられない。多くの識者(ここでは保守的といわれる人々で、むろん進歩的文化人はその範疇外である)が、中国政府のそうした高等戦術を見抜いてしかるべき対応を説いているが、なにせわが国のマス・メディアというのは反日・親中的だから中国のご機嫌を損ねるようなことは避けて書かない。ゆえに世論は素直に信じて、小泉首相の靖国参拝が友好を妨げていると考える。この問題に世論が二分しているのは、まさに婉曲な日本包囲網が徐々に広がっている証左であろう。つい先年までは中国が参拝云々を持ち出すことはなかったことからも、これは明らかに宣伝戦の効果である。
 中国には「指桑罵槐(しそうばかい)」ということわざがある。桑を指さしてエンジュをののしるということで、これは中国の遠交近攻戦略や、間接外交を表す言葉として最近とみに使われる?代名詞?となった。つまり「日本政府はけしからん」と直接指さすのではなく、周囲にそう思わせるようにすることだ。周囲とはむろん日本国民であり、みごとその術中にはまりつつあるのが国内世論というわけである。試しにポスト小泉の三候補(福田氏が一抜けたから)が揃って訪中したとする。
 胡錦濤主席が会うのは谷垣氏だけで、安倍、麻生両氏は冷淡にあしらわれるであろう。それは利用価値があるかないかが判断基準となるからである。実際「首相になっても靖国参拝はしない」と言明している谷垣氏を持ち上げることは中国の国益にかなうからである。その谷垣氏がハニートラップ(蜜の罠=色仕掛け)に引っかかったことは記憶に新しいが、その負い目がなお続いている印象を与えるのはマイナス要素であろう。
 いずれ中国が深刻な内政問題を抱え、いかに国内のガス抜きをするか国外にその利用材料を求めているのは明白で、この辺の事情を詳しく綴った杉本信行元上海総領事著「大地の咆吼」を読めば指桑罵槐戦略のすべてが氷解する。一筋縄ではいかないその外交、とりわけ対日宣伝工作が、国内の不満要素を取り除くためのきわめて必要性にかられた結果であることを思い知らされる。
 だが、そこは儒教の国である。戦略として必要ではあっても、向こうから近寄って来る人間は信用しない。利用するだけである。逆に信念を曲げない人間に裏では密かに信を置いているはずだ。媚びず、阿らず、諫言、直言することこそが互恵・平等、真の日中友好のカギであろう。     (英)


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む

スポンサーサイト


外患・国防と領土・領海 | コメント(24) | トラックバック(2)2006/07/25(火)19:49

日経記事の怪しさに思う。

本記事は、日本再生ネットワークさんのメルマガの、まんまコピペであるが、さすがに私など気が付きもしないことが補足してあるので、載せさせて頂くく事にした。


_/_/_/▼日本再生ネットワークメルマガより引用▼_/_/_/_/_/


※宮内庁長官は昭和62年までですが。

 日経新聞に載っていたメモ帳の写真は、昭和62年となっていたり、
 今回の報道は、どうもおかしいと思うのですが。
 
◆富田朝彦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9C%9D%E5%BD%A6
昭和62年(1987年)昭和天皇は、十二指腸乳頭周囲癌のため、バイパス手術
を行うこととなったが、歴代天皇最初の開腹手術の実行を宮内庁長官として
決断した。同年6月14日宮内庁長官を辞任し、後任の宮内庁長官には、前内
閣官房副長官(事務)の藤森昭一が就任した。

◆閲覧可能画像:http://dentotsu.jp.land.to/img/chikushi_20060720_4.jpg

引用続く


 



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(20) | トラックバック(9)2006/07/22(土)15:17

「昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感」のメモに思う

昨日は私の誕生日である。
記事とは何の関係も無いが、
その誕生日にしかも靖国神社に向かう電車の中で、
目の前の人が広げていた日経新聞の横抜き見出しがいやでも目に飛び込んできた。
たいそうな誕生祝いを頂いた。


こちらは、ウェブサイトの記事である。
_/_/_/▼NIKKEI NETより引用▼_/_/_/_/


昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ
 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。 (07:00)


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/_/_/_/



>>続きを読む


靖国・近代の戦い | コメント(22) | トラックバック(9)2006/07/21(金)08:12

畜屍迭爺の診断を仰せつかる

診断書


診断対象類
:畜屍迭爺


個体の分類
:邪analyst目 特亜妄言夢虫科 日本寄生虫類
             学名:NIPPONKISEIHITOMODOKI



>>続きを読む


一息・日本の力 | コメント(16) | トラックバック(1)2006/07/15(土)18:28

住民投票資格、外国人を削除に思う

四国中央紙市が制定を進めている自治基本条例素案から「外国人」を削除する事になったそうである。
各ブログでも四国中央市への反対意見の投稿依頼や、酷い説明会のドキュメント等が上げられていた件である。


_/_/_/▼愛媛新聞社ONLINEより引用▼_/_/_/_/_/


住民投票資格、外国人を削除 四国中央素案


 四国中央市が愛媛県内初の制定を進めている自治基本条例の検討委員会会合が13日夜、同市役所であり、素案の住民投票資格から「外国人」を削除することを決めた。
 素案は9章32条からなり、住民投票をめぐる条項では、解説部分に「自治の重要な事項に対する住民参加の『究極の形』」と記載。在日韓国・朝鮮人ら特別永住外国人と入管法上の許可を受けた永住外国人を含む16歳以上(居住3カ月以上)の住民に発議・投票権を与えるなどの提案をしていた。
 同日の会合には、検討委員約20人が出席。5月下旬から6月末にかけて寄せられたパブリックコメントの件数が報告された。意見は延べ2272件で、このうち外国人投票権に反対するものが2116件、投票・発議資格を「20歳以上の日本国籍者」とする意見が54件あったとした。
 この後、各委員が投票資格について意見表明。「門戸を狭めるべきではない」との意見の一方、「市民の声を重視すれば、見直しはやむを得ない」との意見が多数を占め、「外国人」部分の削除を決めた。


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(16) | トラックバック(0)2006/07/15(土)16:32

アジアのミサイル開発競争に思う

安保理も中国と露西亜が、北の制裁抜きの「皆が駄目だと言ってるだろう。いい加減にしときなさい!」程度の代替決議案を出す模様だ。
既に日本などの提出している決議案に対し、中国は「拒否権」を使うそうである。
北朝鮮は7発のミサイルを発射した。
インドも弾道ミサイル「アグニ3号」の発射実験を行った。
日本はこれからどうすれば良いのだろうか


_/_/_/▼朝鮮日報より引用の図▼_/_/_/_/_/

_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/


日本は、まるで遊園地の玉投げの鬼の様な位置にある。
この位置にありながら、玉が頭に当たるまでは、頭を手で覆いじっと我慢するべきだとお思いか?
玉が当たれば「ウオ~ン」と泣けば良いのか?真っ平御免である。
しかも、玉は「ミサイル」という当たれば「痛い」では済まない兵器ではないか。



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(24) | トラックバック(3)2006/07/13(木)09:42

「思わない」を「思う」と誤訳するテレビに思う

ちょっと遅れたが、やはり上げておくことにした。


アメリカの議員の、靖国参拝に関わる発言「I don't feel~」 を 「I feel~」と、そう中学生でも間違わない、肯定と否定を間違えて字幕に流した。


_/_/_/▼ZAKUZAKUより引用▼_/_/_/_/_/



TBSがまた“超訳”小泉の靖国参拝のコメントで
米下院委員長談話「強く感じてるわけではない」のに…


 筑紫哲也氏がキャスターを務めるTBSの「ニュース23」(29日放送)が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語ったヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長(共和党)のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」という日本語字幕を付けて放送。7月5日、番組中で釈明した。


 同局では「字幕表示に一部正確さを欠く表現があった」としているが、コメントのキモとも言える部分での誤訳だけに致命的だ。


 TBSの“超訳”はこれが初めてではない。翻訳ではないが、同局は平成15年11月放送の「サンデーモーニング」でも、石原慎太郎東京都知事の「日韓併合の歴史を100%正当化するつもりはない」という発言を「100%正当化するつもりだ」と字幕を付けて放送。同知事から告訴と損害賠償訴訟を起こされ、謝罪して先月、和解したばかり。


 はたして、能力不足なのか、それとも…?


ZAKZAK 2006/07/08


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/




>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(22) | トラックバック(2)2006/07/10(月)15:09

千鳥が淵戦没者墓苑拡充の論議に思う

最近新追悼施設云々について、千鳥ケ淵戦没者墓苑拡充を絡めた動きが散見、否かなり頻繁に見受けられる。


_/_/_/▼北海道新聞より引用▼_/_/_/_/_/


千鳥ケ淵戦没者墓苑拡充 自民内で賛否 検討チーム初会合、議論難航も  2006/07/08 07:09
 自民党は七日、千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)の整備に関するプロジェクトチーム(PT)=座長・武見敬三政調副会長=の初会合を開いた。隣接する国有地を利用して墓苑を拡充し、外国要人らが訪問しやすい施設にする目的で、本年度中にも結論を出す方向だ。ただ党内には靖国問題解決に向け同墓苑の国立追悼施設化を求める動きがある一方で、靖国神社の形骸(けいがい)化を懸念する声も根強く、議論は難航も予想される。
 同墓苑拡充を提案した中川秀直政調会長は初会合で「墓苑は入り口も狭く、なかなか一般者が出入りできない。しっかり整備するのが肝要だ」と狙いを説明。「靖国問題とか国立追悼施設とは関係ない」とも強調した。
 同墓苑には、主に第二次世界大戦中の戦没者で引き取り手のない遺骨約三十五万柱が安置されている。面積は約一万六千平方メートル。拡充の検討対象の国有地は、農水省や宮内庁の宿舎など約一万七千平方メートルで、実現すれば墓苑面積は倍になる。
 拡充案に対しては、新たな国立追悼施設建設を目指す議連の会長である山崎拓前副総裁が、「国立追悼施設として最有力な案」と賛意を示している。山崎氏らは、追悼の中心を靖国神社から同墓苑に移すことで、靖国問題解決につなげたいとの期待を抱く。
 一方、日本遺族会会長を務める古賀誠元幹事長は「靖国神社は戦没者遺族の唯一の追悼施設」と語っており、同墓苑拡充案を含め新たな追悼施設建設には反対の姿勢だ。この日の会合でも出席者から「靖国神社との関係はどうなるのか」など拡充後の墓苑の定義などをめぐる質問が相次ぎ、論争は過熱気味だ。


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む


靖国・近代の戦い | コメント(18) | トラックバック(1)2006/07/08(土)11:38

「対話と圧力」の圧力について思う

「対話と圧力」とは、「交渉と実力行使」ということであろう。
日本は「対話」ばかりで「圧力」が無さ過ぎるのではないか?
まして、事は国防に関わる問題では無いか!


_/_/_/▼スポニチ大阪より引用▼_/_/_/_/_/


◆ 基地や同盟国狙うなら金総書記宅攻撃と警告…米国 ◆


 北朝鮮北東部のミサイル基地に、ほぼ完成した新たなテポドン2号1基があることを米軍事衛星が撮影していたことが6日、分かった。防衛庁などは2発目のテポドンを発射する可能性があるとみている。
 一方、テポドン2号が日本などを狙って発射された場合、米国はすぐさま反撃ミサイルを金正日総書記の自宅に向け発射するという警告を北朝鮮に向けて伝えていることも分かった。
 新たなテポドン2号は発射台には設置されておらず、燃料も注入されてない。ただ備品などが付近にはなく、組み立ては終了した可能性が高い。日本政府筋は「いつ発射可能かは分からない」とした上で、「1発目の失敗で、(北朝鮮も)原因究明が必要ではないか」と指摘した。
 金総書記自宅攻撃作戦を明らかにしたのは、米ハドソン研究所首席研究員の日高義樹氏。この日スポニチの取材に、「米国は中国を通じて“米軍基地や同盟国へ向けてミサイルを発射しようとすれば、金総書記の家を撃つ”とすでに北朝鮮へ伝えられている」と語った。
 日高氏は「5日のミサイル発射は北朝鮮が、米国に反撃されないことを計算したもの。もし、米軍や同盟国の方向へ向き、燃料も十分に入っていることが分かればすぐに攻撃する」とし、その際には「潜水艦などから金総書記の家へミサイルが向かうだろう」と説明した。
 金総書記の官邸は平壌市内に数カ所ある。攻撃は、潜水艦からの巡回ミサイル、トマホークが使われるという。 
[ 2006年7月7日付 紙面記事 ] 


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/
 



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(10) | トラックバック(2)2006/07/08(土)10:45

新しく発見された「戦艦大和」の写真に思う

戦艦大和、沖縄出撃直前の写真が発見されたそうだ。


_/_/_/▼Sankei Webより引用▼_/_/_/_/_/
戦艦「大和」出撃直前の写真発見 広島、呉の歴史科学館
 
新たに発見された山口県周南市沖の瀬戸内海に停泊する出撃直前の戦艦「大和」(米国立公文書館所蔵、大和ミュージアム提供)
 広島県呉市の市海事歴史科学館は3日、昭和20年4月の沖縄特攻出撃直前の戦艦「大和」を上空からとらえた写真を発表した=写真(大和ミュージアム提供)。米国立公文書館で発見された。
 大和には雑役船が横付けされており、周囲を巡洋艦「矢矧(やはぎ)」や駆逐艦など6隻が取り囲んで護衛にあたっている。出撃前の無傷の状態の写真は珍しいという。
 大和の10分の1模型を復元、展示する同科学館は「復元作業は数少ない図面や関係者の証言などを基に行ったが、今回の写真でほぼ正確だったことが裏付けられた」と話している。
(07/03 23:12)
_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/


http://www.sankei.co.jp/news/060703/sha113.htm



>>続きを読む


靖国・近代の戦い | コメント(24) | トラックバック(5)2006/07/05(水)17:55

半島の国々のミサイル発射、EEZ内侵入に思う

北朝鮮がテポドン2号を含むミサイル3発を発射し日本海に着水した。


_/_/_/▼Sankei Webより引用▼_/_/_/_/_/


テポドン2号の発射を確認 実験は失敗
 
 【ワシントン支局】AP通信によると、ホワイトハウス当局者は4日、北朝鮮による長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射を確認した。発射から約40秒後に実験は失敗したと述べた。
(07/05 08:00)


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/


 



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(14) | トラックバック(8)2006/07/05(水)09:09

赤坂御用地内にパラシュートで降下する事に思う

カテゴリーに迷ったが、やはり国防と言うことで。


クイズ番組の収録で、赤坂御用地にパラシュートで降下した大不埒物が居る。


_/_/_/▼読売新聞より引用▼_/_/_/_/_/


日テレ番組のパラシュート、強風で赤坂御用地に不時着


 2日午後、皇太子ご一家はじめ皇族方のお住まいがある東京都港区元赤坂2の赤坂御用地内に、テレビのクイズ番組の収録に使われていたパラシュートが強風にあおられ“不時着”するというハプニングがあった。人気お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さん(23)と、インストラクターの男性(35)が着地したが、けがなどはなかった。
 皇宮警察などによると、この日は着地点から約1キロ離れた神宮球場で、日本テレビの番組「全国高等学校クイズ選手権大会」の関東大会の収録が行われており、中田さんは2100メートル上空のヘリコプターから、インストラクターとともにパラシュートで降下。クイズの正解を示すため、グラウンドに書かれた「○」「×」の文字の上に着地する予定だった。
 ところが、パラシュートが風にあおられ、午後0時45分ごろ、赤坂御用地内の北側にある鮫(さめ)が橋門近くの草地に着地した。
 赤坂御用地内を警備する皇宮警察の護衛官が、降下中のパラシュートを発見。現場に駆けつけ、着地した2人と、謝罪に訪れた番組プロデューサーに口頭で注意した。インストラクターは「(風の影響で)球場には着地できないと判断し、安全な場所を探した。赤坂御用地だという認識はなかった」と説明したという。
 赤坂御用地には皇太子ご一家のお住まいの東宮御所のほか、秋篠宮家など各宮家の宮邸があり、一般の立ち入りは禁止されている。パラシュートが着地したのは東宮御所から北東に約200メートル離れた地点だった。
 日本テレビ総合広報部は「ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます。今後こうしたことが起きないよう、安全管理に万全を期します」などとするコメントを発表した。
 気象庁によると、この日の東京は大気の状態が不安定で、早朝から強風注意報が出され、午後には大手町で最大瞬間風速20・5メートルを観測した。
 オリエンタルラジオは、「武勇伝、武勇伝」と歌いながら踊るネタが人気の若手お笑いコンビ。
(2006年7月3日1時22分  読売新聞)


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む


外患・国防と領土・領海 | コメント(11) | トラックバック(0)2006/07/03(月)11:25

台湾の人が「すごいと思う国、住みたい国はニッポン」に思う

台湾の経済誌の世論調査で、
「すごいと思う国、住みたい国はニッポン」という結果が出たそうである。


_/_/_/▼西日本新聞より引用▼_/_/_/_/_/


感服し、旅行・移民したい国=日本1位 台湾経済誌世論調査 親日ぶり裏付け
 【台北2日遠矢浩司】「すごいと思う国、住みたい国はニッポン」―台湾の経済雑誌「遠見」が実施した「台湾人の世界観」世論調査で、日本が「旅行したい国」「移民したい国」「感服する国」の3項目で米国を抑えて1位になった。「親日的」といわれる台湾人の姿が数字で裏付けられた形だ。


 同誌が今年5月に電話調査、台湾全土の20歳以上の1071人から回答を得た。


 国を回答に選ぶ質問は4問。回答は1問に3カ国選ぶ形式で、「最も感服する国」では日本が47.5ポイントで1位、続いて米国40.3ポイント、3位は中国の15.8ポイントだった。「移民したい国」は日本32.3ポイント、米国29.1ポイント、カナダ26.5ポイントの順。「旅行したい国」でも日本が52.7ポイントで2位米国に24ポイント差をつけた。「留学したい国」だけが米国に続く2位だった。


 同誌は「台湾人は以前から日本好きだ」としながらも「日本や米国など限られた国を通じて国際社会をみており、台湾人は広い視点が不足」と指摘。また、中国が「感服」「旅行したい」で3位になり、「その存在がだんだん大きくなっている」としている。


 一方、「台湾の国際的地位についてどう思うか」との問いに対し「低い」が56.6%を占め、中国との政治的対立により国際社会の認知度が低いことへの不満も浮き彫りになっている。


 =2006/07/03付 西日本新聞朝刊=


_/_/_/▲ここまで▲_/_/_/_/_/



>>続きを読む


一息・日本の力 | コメント(18) | トラックバック(2)2006/07/03(月)10:48

ラジオで総理大臣に「アホか」宣うマスコミに思う

先週末あたりから、公私ともに慌ただしく、落ち着いてPCに向かえない所であります。
そんなときに、またしても、九州朝日放送(KBCラジオ)「中村もとき」様の登場である。
本日7月3日朝の「中村もときの通勤ラジオ」において、中川大臣等の「消費税と所得税の上限アップ」の話しから、税の無駄遣いを止めるのが先、社会保険庁の無駄遣いと流れ、「だいたい為政者は傲慢ですよ」と宣う。
まあ、批判、批評の範囲かと思い聞聞き流し折、首相訪米の映像の話しから「何ですか、メガネかけてはしゃいで、、、、」そして「アホか」と言い切った。



>>続きを読む


内憂・日本国憲法・法律・自由・権利と義務・責任 | コメント(4) | トラックバック(0)2006/07/03(月)10:01

«  | HOME |  »




 祝日には国旗を揚げましょう!   
日の丸をクリックすると
国旗掲揚のルール
がご覧頂けます


メルマガを発行しています。(予定)!  

配送先メルアドを入れて[送信]     

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

ランキング参加しました↓  
  

プロフィール 

tono

Author:tono
この日本が好き。
今のおかしな日本をあるべき姿にしたいと思う。

本ブログを見て頂いた数

最新の記事&ご意見-感謝

月別アーカイブ

ブログ内検索



天皇の御紋章




日本国政府(内閣)紋章


防衛省・自衛隊







ご意見・お便り

スレ違いや極秘情報、ご意見、お便り、秘コメではいやだと言う方はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

返信は管理人の気分によりますが、出来るだけしたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。